2009年05月13日

スタッフ道


今日も1冊読みましたよ〜。


「スタッフ道」


そう、あの山村先生、野村先生、寄田先生など素晴らしい先生方が

所属する、歯科専門コンサルタント会社の代表であります

岩渕さんが書かれた本です。

前作のいわゆる「赤本」は私も読みましたが、もう、人事には

思えない内容で、グイグイ引き込まれたのを思い出しました。




前作の赤本は院長にスポットを当てた本でした。

医院をチームを作る難しさ、苦しさ、そして楽しさを、

いろいろな経験を通して教えてくれた小説でした。



今回のスポットはスタッフです。


3部作になっているらしく、まだ一部しか読めてませんが

一気に読みました。。。

ちなみに、こんな本です。


スタッフ道.jpg


マンガじゃないですよ〜。

あの、「Good job」の著者が、表紙のイラストを書いてくれたとか・・・。




内容はこう。

特に明確な夢があって歯科衛生士になったわけでない普通の女の子が

普通に卒業して普通に就職し、そして壁にぶちあたり、少しずつ

成長していくというものです。




何も考えないで、(もしくは考えたとしても学生が考えられることは

その経験値からそれほど深くない現状がありますね・・)就職したものだから

学生と社会人のギャップに相当苦しみます。




今の時代、新卒で就職してすぐにやめてしまう人たちが相当数います。


みんな、そのギャップに苦しむんですね。


そして、そのほとんどが、「自分のやりたいことは他にある」という

ことを言って辞めていきます。

「自分の思っていたことと違う」とも・・・。





じゃあ、自分のやりたいことってなに?


それはすぐには見つからない・・・・




見つからなければどうすればいいの?



目の前にあることを一生懸命やっていく!





逃げてたって、永遠にやりたいことなんてみつからない・・。





若い人は楽なほう、楽しいほうに行きたがります。

もしくはかっこいいほうに。




じゃあ、どんな人がカッコイイのか?




面白おかしく遊んでいる人?




違いますよね。

何かを一生懸命やっている人ですよね・・・。

それも、趣味じゃなく・・・。




本気で向かうからこそ、かっこよさも輝きも出てきて

人をひきつけるんですね。






最初から自分の好きなことに、ひたむきに頑張れる人ってものすっごく少ないのです。


ほとんどは、好きでもないことを、一生懸命本気で向き合っていくうちに

それが好きになっていく!



別に輝いているわけでもないですが、もちろん私も後者ですよ。



医院経営のことなんて何も知らなかったし、やりたいことでもなかったですが

ひたすら本気でやってきたら、いつしか、これ以上ないくらいに楽しくなりました!





その仕事の楽しさを知るまでに辞めてしまうのはもったいない!





そして、辞めないにしても、その楽しさを知る前に、楽な道を

選んで、本気で仕事と向き合わず、適当に仕事をしている人。

ひょっとしたら、本人はそのとき「楽しい」と思っているかもしれない。




でも、本気で仕事と向き合っている人からみると、そういう人たちが

かわいそうに思えるような事実があります。





そして本人も楽しいはずが、きっと心の中にはむなしさがいつもあるのでしょう。。






本はひとつの歯科医院が舞台になっています。




同時期に入った新人衛生士2人。

元からいるスタッフ3人に院長。



そのうちチーフは私達からしても理想のチーフ。

他の先輩2人は、仕事に対して熱意がない・・・。

新人2人のうち、主人公は、最初は全然ダメだったが、チーフの

影響で徐々に仕事の楽しさを覚えていく。

もう一人の新人は最初からやる気がなく、結局なじめないまま

本当の楽しさを理解できないままやめていく・・。





そんな医院を、数多くの歯科スタッフを見てきた岩渕さんが、実例を

踏まえて、おもしろく小説に書き上げています。

もちろん、様々なメッセージも伝わってきます!





大切なのは「考え方」ですね。

その「考え方」の勉強を今いとう眼科スタッフはしています。




本の中の医院は、私達からしてみると、ひどいな〜って思うかもですが

おそらく、そんなのが普通で、だから医院が元気ないのですね・・。





いとう眼科スタッフがどうしても読んだほうがいいというわけでは

ないですが、面白いことは間違いないので、興味がある人は貸します!



そして、新人さんは絶対に読んだほうがいいでしょう!




読む本が沢山あるって、超贅沢!

posted by M at 23:06| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
贅沢なのは重々承知しています。
理想通りの職業について
充実した生活を送ることができる人は
一握りだと思います。

でも、思いもよらない業務に新しい
面白さを見出せるのも素晴らしい事だと
思います。

それが自分自身を大きくしてくれる事の
ひとつだと思います。

自分の人生の残り時間を
自分の為でなく
誰かの為に使いたい。

本当に助けを必要としている人の為に
使いたいと思います。

そんな感じがします。
Posted by りんご at 2009年05月13日 23:47
謙虚さが欠けていました。
すみません。
反省しています。

もっと考えてみます。
まだまだ人間性が追いつけていない証です。
見合わない気がします。


Posted by りんご at 2009年05月14日 00:06
りんごちゃんの熱い想い、ステキだと想いますよ!!
私は正直、医療事務という仕事にあまり関心がありませんでした・・・。
でも、いとう眼科という場所に凄く魅力を感じて履歴書を送らせていただきました!!!
いとう眼科に入ってからは、まずはとにかく目の前にあることをがむしゃらにやろうという想いだった気がします!!!
でも、それが苦痛ではなかったんです!!!
そして、今では信じられないような素晴らしい経験をたくさんさせていただいてます!!
きっと、これからもっともっと凄いことが待っているはず!!!
もったいないです!!
ここであきらめちゃ!!
足をとめちゃったら!!!
いとう眼科に出会えたこと、そしてその一員でいられることに心から感謝しています!!!!!
Posted by トム at 2009年05月14日 00:47
私も就職するときは完全週休2日・・・
この言葉にかなりの魅力を感じました。

そして先生や親のレールにのっただけの就職先。

そこで見たベテランの先輩方は山ののようにいましたが、目を輝かせて楽しそうに仕事をしている人は記憶にはありません。

そういう所がたくさんある中で、いとう眼科は新人さんにとって刺激ありありですね〜・・・

戸惑いもかなりあるかもしれませんが・・・

けど、決断を早めることなく、のめり込むほど仕事をしたあとでも時間があります!

それが若さの特権!!!

・・・と言いながら

時がたつのは早い!!!

今 目の前を精一杯頑張りましょう〜!!!

頑張れ!みんな〜

おまえが頑張れ〜・・・って感じか(笑)
Posted by ベジータ at 2009年05月14日 06:18
私はトム君とは逆で学生時代から医療事務になりたくて専門の学校で勉強し、いくつかの医療機関で実習をしてから以前いた眼科に就職しました。

どんなに夢みていた職業でも壁にぶちあたることは絶対にあると思います。

でもその壁を乗り越えるごとに仕事の楽しみが増していくし、プロ意識も高くなるのではないでしょうか。
Posted by ミユッフィ at 2009年05月14日 06:25
みんなすごいコメント。。。
私の文章力のなさに、めげます。。
でも、がんばるぞ〜(^.^)/~~~

本は本当にいいですよね!
家の妹は本をよく読んでいました。
私は・・・(+_+)
でも、、、今は読むの楽しいです。
時間を見つけて少しずつですが
読んでいます。
子供に背中をみせなきゃです!!
贅沢で貴重な時間を大事にしていきます!!

Posted by イッシー at 2009年05月14日 22:33
忙しい時期に今日は皆さんありがとうございました!
かなり混んだんじゃないかな〜・・・って思います!
本当ありがたいです!!
今日はお土産話が沢山ありますよ!

事務長、この本読みたいです☆
主人公の成長・・・最近、成長に欠かせないことは、現在の自分を知ることなのかなって思います。そして受け入れること。
ななめから自分をみて、自分の状態をまず知る意識を持つところからはじめたいと思います!
それにしても一生懸命って響きはいいですね!
今日もありがとうございました!

Posted by kaori at 2009年05月15日 00:03
■■ りんごちゃん ■■

そうですね。
何かやる前から「これがやりたい!」っていって
そのことをやれて、なおかつ楽しんでやれるって
ほとんどないですよね・・。
でも、世の中楽しそうに充実して生きている人も
たくさんいて、そういう人たちって、目の前のことを
精一杯やって楽しみをみつけたひとなのかもですね。
自分の時間を誰かのためにってすごいよね!
私も、全然できてはいないのですが
与える人になりたいって思ってるんですよ。一応・・・。


■■ トムくん ■■

よりちゃんの文章ってビックリマークが多くて
すごい伝わりますね(笑)
ずっとがむしゃらに突っ走ってきたよりちゃんを
ずっとみてきて思うのは、そういう人って周りに
勇気を与えることができるんだな〜って。
よりちゃんは、いつも感謝の気持ちを忘れないで
いるので、なおさらです!
最高だと思います!!!!!


■■ ベジータ ■■

俺もそうでした・・。
大学時代の就職活動の時は、まず企業のネームブランド
(そのほうが安定していると思っていた・・)とお休み。
規模がどうとか、福利厚生がどうとか・・。
それがいかに意味のない選択基準だったかと思うと
笑えますね。でも、その当時、そういうことしか知らなかったし・・・。
俺の入った会社もご多分に漏れず「目の輝いた」先輩は
本当に少なかったですよ・・・。
一応業界のリーディングカンパニーでしたが・・・。
規模は小さくても、いとう眼科のスタッフはすごいです!
輝きが違いますね!
もっともっと輝いて周りを明るくするまでいきたいですね!


■■ ミユッフィ ■■

そういえば、ミユッフィは高校選びの時からそうでしたよね。。
そして、専門学校もその道の学校で、就職ももちろんその道。
ホントにすごいね!
やりたいことを目指してそれが実現して、そしてそこで充実
するってレアケースを体現している一人ですね!
そんなミユッフィも壁にぶちあたりましたね(笑)
壁は悪いものでも何でもなく、宿題みたいなものですね。
成長の為に、やってみなさ〜いって。


■■ イッシー ■■

イッシーの文章力、なかなかですよ、、マジで!
本の面白さに気付いてもらって、嬉しいです。
なかなか時間取れないと思いますが、世の中の
偉人はもっと超多忙。でも、もっともっと私達より
読んでいます。だから偉人なのです。
お互い頑張りましょう!
Posted by エム at 2009年05月15日 06:38
■■ kaoriちゃん ■■

この本は、今井ちゃん読んだほうがいいよ〜。
いまさらだけど、理想のリーダーが話の
中にでてくるるから・・・。
なんとなく、川越の福島さんを思いうけべてしまうな〜。
きっと刺激受けるとおもうよ!
しかもこの本、少し恋愛も入ってるんだよ。
仕事に生きがいを見つけた主人公と
夢はあるも、なかなか動き出さない彼。
さて、どうなるか!!

読みたい本だらけで、幸せですね!
Posted by エム at 2009年05月15日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。