2009年05月05日

仕事で磨く人間力


さあ、第3弾。


「仕事で磨く人間力」


book_06.jpg



日創研の社長、田舞さんの最新刊ですね。



この本は読みやすかったです。

日ごろ私達が仕事に対して思っていることがたくさん書かれてあったので
理解しやすかったですし、共感した部分がたくさんありました。

(知っていてこの本選んだんだけど・・・)





この本は5つの章からなります。
ほとんどすべてがいつも私達が考えていることに酷似しているので
あえて詳しくかかず、概略だけ説明しますね。


1.仕事を自分のものにせよ


仕事はつらいもの、仕方なくやるもの、生活の為にやらなきゃいけないものと
考えている人はすごく沢山いると思います。
それでは、人生愉快に生きられない。
仕事は自分磨きの場として、ど真剣に向き合い、そこから楽しさを
見出すもの。



2.仕事を自分の学問にせよ


仕事を楽しくするためには、あえて苦に挑むことが大切。
楽(ラク)と楽しいは同じではない。
目の前のことをまじめにコツコツと忍耐強くこなすことで
仕事に意義が見出せるようになります。
すぐに結果を求めようとすると成就しません。




3.仕事を自分の趣味にせよ


仕事を趣味にした人が真に幸せな人です。
仕事を通して自分を磨き、仕事を通して社会に貢献し
そんな仕事が趣味になれば、きっと最高の人生のはずです!



4.卒業証書はないと思え


人間は天命をまっとうするまで卒業証書はありません。
人間は未完のうちに生まれ、未完のまま死にいきます。
つまり一生勉強。自分の使命をしり、少しでもそれを果たそうと
することに、人生の意義があります。
そのもっとも大きなものが仕事なのです。





5.月給の額を忘れよ


なんの為に働くのかをよく考えると、お給料のためではないというのが
よくわかってくると思います。もちろん生活の為にお給料は
必要ですが、それよりも大切なものに気付くのです。
お給料の為に働いて、高額なお給料と幸せを手にした人はそうはいないはず。
どんな人が幸せか・・・。
社会に貢献することを考えて仕事をしていた人。
そして、健全な会社なら、そんな人にお給料を払いたいと思うものです。



昨日の本に戻りますが、何のために生まれてきたのかって考えることが基本のような気がします。


それを考えていくと、昨日のブログでも書きましたが、使命を感じます。


その使命を全うするには、一生懸命自分を磨き、人間力をみにつけ
仕事を通して社会に貢献しなければならないのです。


仕事でなくても・・・


ということももちろんあります。



仕事じゃなくてもいいんです。


人それぞれですから・・。



ただ、私はあくまで「仕事」にこだわりたいです。

というか、私にはその道が与えられたものなのだと思っています。



それをどこに感じるかは人それぞれ。



私はたまたま「仕事」に感じたので、これからもやりますよ〜!








さて、本題とはあんまり関係ないですが

好きな文章がありましたので、紹介して終わります!




「物事を完成させるためには、まず兆候が現れるまで長い
 潜伏期間があり、それを経なければならない。
 まだ誰もやっていないことを実現しようとしても、
 周囲や社員がすぐに納得するのもではありません。
 周りの人を納得させ、その夢を実現するためには
 悠遠に見えざるところにおいて、休みなく努力をすることです」



posted by M at 07:00| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も生まれてきたからには
どんな生き様ができるかを考えてようとおもいます!
生涯学び続け、自分磨きしていきたいとおもいます!
少しでも多くの人にプラスの影響与えられるような人間になるために。
言ってるだけじゃだめなので
自分にきびしく、自分で決めたルールは守り
やっていきます★
Posted by kaori at 2009年05月05日 08:30
何のためにうまれてきたか、
使命を感じます。
ここから考えると生きていることに感謝し
何でも出来るし、幸せですね。
人は忘れる生き物だということを
改めて感じました。
原点に戻って顔晴ります。
Posted by イッシー at 2009年05月05日 09:41
■■ kaoriちゃん ■■

すごい決意です!
厳しさと自分を赦せる大きさを持ちたいね。
俺の場合は、今井ちゃんを怒らない大きさを!
そのためには、やはり生涯勉強ですね!


■■ イッシー ■■

そうだね。
俺もついつい忘れてしまって、エゴが出ちゃうんでよね・・。
感謝と使命を忘れてしまう日々に、サヨナラ。
なんでもできる今の幸せを再確認です。
雨のヨコハマから・・・・。
Posted by エム at 2009年05月05日 15:32
「趣味が仕事」ではなく、「仕事を趣味にする」と言うのが先日読んだ本に書かれていました。

そのくらい自分の仕事を好きになれば、やるべきことも見えてくるし、向上心も出てくるし、夢も目標も前に進めば進んだだけ大きくなってくるのでしょうね。

それにしても、エムさん、遊園地で順番待ちしながら読書なんて・・・すごい!!

Posted by むっちー at 2009年05月05日 19:44
私も仕事にこだわりますよ〜〜〜(>_<)

仕事ラブです!!

ただ仕事一本になると周り見えなくなってしまうときがあるんです

ですので、

常に感謝の心を持ちづつけ、人のためにを考えていきまっす!!


雨のデウシ家から
Posted by GYU at 2009年05月05日 19:50
たくさん共感できる本でした!!
日創研の社長さんの本というのも、日創研帰りの私にとっては嬉しかったです!!
私も使命をまっとうするためにも、一生かけて自分を磨いていきたいと思います!!
Posted by トム at 2009年05月05日 23:45
■■ むっちー ■■

どうせ仕事をやるなら、楽しまなきゃだよね。
それは正職員だろうがパートだろうが関係ないですよね。
それが、すっごくうまくできているのがむっちーですね!ほんと、尊敬します!
順番待ちの読書は意外といいんです!
家族には堂々と本を読めるし、貢献もしてるし!
おすすめです!


■■ GYUちゃん ■■

周りがみえなくなるくらい没頭することも
絶対に大切だと思います。
何度もいいますけど、そんな時期がないとダメなような・・。
そんな経験が絶対に必要です!
結婚すると、かな〜り、厳しくなるから、
今のうちですよ!


■■ トムくん ■■

いろいろな意味で、日創研ではゆれるよりチャンだね(笑)
でも、あいかわらずのタイミングで読んだ本ですね!
「使命」ってカッコイイよね!
磨きましょう!
Posted by エム at 2009年05月06日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。