2009年05月04日

なぜ、働くのか


さて、第2弾


「なぜ、働くのか」


41Daa2V1gwL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA240_SH20_OU09_




第一弾とは一変して、おそろしくまじめな内容の本です。



いつも読んでいるような「仕事観」の本とは明らかに一線を画しています。



田坂さんは、「働くには思想が大切」と言っています。


そしてその「思想」と共に「覚悟」も大切になると説いています。



では、どうやったら、その「思想」と「覚悟」が身につくのか。




3つの原点から自分を見つめなおすことが必要だそうです。



「生死観」
「世界観」
「歴史観」



稲盛さんのお話で、魂を浄化させるためにとはよく聞きます。

致知の藤尾社長なども死ぬときにどんな思いをもつかを大切に生きています。

鍵山さんもそんなようなことをおっしゃっていた気がします。




イマイチ、ピンとはきませんでした。

死ぬときのことってそんなに考えられないから・・・。



砂時計の話がありました。



人の人生も砂時計と同じ。



生まれた瞬間から死に向かって進んでいる。

少しもとまることなく、ちょっとずつ、だけど確実に・・。



人はそれが見えないだけ。


人は誰しも最後の場面に向かって歩いています。

そうであるなら、その最後の場面から人生を見つめて歩むべき。



人は必ず死ぬという覚悟を決めて、「いかに生きるか」を求め
思想を深めていく。




世界観という観点でいうと、

私達は恵まれています!


本にはこう書かれてありました。


1.半世紀以上も戦争もない平和な国に生まれ
2.世界で有数の経済的に豊かな国に生まれ
3.最先端の科学技術を活用できる国に生まれ
4.世界一の長寿を教授できる国に生まれ
5.国民の多くが高等教育を受ける国に生まれ



こんな条件がそろった国に生まれる確立はどうでしょうか・・・。

しかもこの時代に・・・



地球上の人類のなかでこうした好条件を満たした環境の元に
生まれることのできる人間はどれだけいるのでしょうか」・・・。



裕福な家系じゃないとか、才能がないとか、どれほどの問題でしょうかということも書いてありました。




そしてそんな恵まれた人間が忘れてはならないのが「使命」です。



これだけ恵まれた状況なのに、世界を見ないで自分のために生きることはどうなのか・・・。





この本に「なぜ働くのか」の答えはありません。



それは自分に問いかけないといけないからです。


そしてこの問いは「生涯の問い」




田坂さんは「知性」を「答えを見つける力」と定義せず

「問い続ける力」と定義しています。



答えのない問いを続けることが知性であり、そこで人間が磨かれる。



田坂さんのほかの著書にも書いてありました。


「人生は矛盾連続で、そこに向き合うことで人は成長する」






今までにない観点から仕事に対して考えることができたいい機会でした。




使命感を持って一日一日を大切に全力で真剣に生きていきたいです!
posted by M at 09:00| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1日目とはうってかわってまじめな本。
深く仕事について生きることについて考えさせられる本でした。
普通の生活ではなかなか見つめられない視点から
の話も、わりと深く考える機会がいとう眼科では多いことも感じました。
本当に高い視点から多くのことを沢山学ばせてもらってます。
感謝です。
思考を深めます。
Posted by kaori at 2009年05月04日 11:25
あっ!!!

本間違えた・・

すみません!!

読み直します!!!


やってしまった〜〜〜〜(>_<)
チャーーンス(●^o^●)
Posted by GYU at 2009年05月04日 11:40
■■ kaoriちゃん ■■

いろいろなところから考える習慣って大切だよね。
ブレないものも必要だし、だからといって周りが見えないのも困るし。。
常に勉強ですね!
修行、修行!


■■ GYUちゃん ■■

やってしまいましたね・・・。
ちなみに先に読んだ本は、
「なぜ、働くか」の次にでた本です。
いずれ読んでもらうつもりだったから、OKですよ
Posted by エム at 2009年05月04日 16:00
挑戦から始まり、勘違いから更にハードルが高くなった計画だったのですね。
ブログ読んでいてみんなすごいなって思いました。
旅行中にも本を片手に合間を縫っては読んでいるのでしょうか。
同じ本で同じところで笑えたり、感動したり、また違うところに何かを感じる人がいたりするとそれがまた勉強になったりと、いい連鎖がうまれそうですね。
休み明けの4人の「やり遂げたぞー」の盛り上がりが楽しみです。
Posted by むっちー at 2009年05月04日 17:26
■■ むっちー ■■

今日は遊園地でしたが、
いつもは並ぶの嫌いだけど、今日は「パパが並んでくるね!」
とすすんで一人で並んで順番を取っていました!
もちろん、本を読むため・・・。
一石二鳥です!
Posted by エム at 2009年05月04日 20:11
読み終えました!!

田坂さんの本と出会えてよかったです!事務長!!

明日死ぬ修行 とか私に合っている気がします!笑

死のついて書かれてある本だから、すごく重い本かと思いきやスーっと入ってくるものがあったのでとても良かったです!

エムさん並びながら本を読む姿想像できます・・

私も読書感想文誘われたとき
逃げようとしていたけれど
逃げなくて挑んでよかったです

ここまでして読書しているエムさんを知って読まないわけにはいきませんよ!!
Posted by GYU at 2009年05月04日 21:46
■■ GYUちゃん ■■

逃げようとしてたんだ〜(笑)
全然見えなかったけどね・・・。

明日死ぬ修行ってなんだかちょっと・・・。
それを合っているとは、GYUちゃんおもしろい!

あと2冊もすぐに読める本ですよ!
内容全然違うけど、期待しください!

ちなみに、4冊目の途中まで行きましたよ!
Posted by エム at 2009年05月04日 22:41
遊園地で並びながら読書しているんですね・・・。
さすが、事務長!!
私はケンカしながらでしたが・・・。
とても一言一言が深い本でした!!
すごく使命感を感じられた本でもありました!!
昨日とはちがう余韻を感じられた本でした!!
事務長、ありがとうございます!!
Posted by トム at 2009年05月05日 23:50
■■ トムくん ■■

お互い、ふふふだね。
この本はふか〜いし、一緒にわたしてある
次の本もきっとふか〜いんだろうね!
本のある生活って、最高だね!
Posted by エム at 2009年05月06日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。