2009年04月27日


いとう眼科・いろいろあります!

チャンスの連続です!




最近よく考えるんです。

いとう眼科はどこへ向かうのだろう・・・。

コレ実は、29日のエムゼミのテーマ!




すごい嬉しいこと。

ずっと突っ走ってきた私。

私が止まればいとう眼科が止まるって思ってやってきました。

自分のペースダウンがいとう眼科のペースも落とすって。

今でも思ってはいます。

でも、今は私はブレーキ役に周ることがでてきました!





つまり、私以上に突っ走りたいって思うスタッフが出てきたってこと。


これは嬉しいですね〜。





いとう眼科スタッフ、しっかり私の背中見てくれました!

「厳しい」って背中を(笑)




ウチのスタッフとにかく自分に厳しいんです。

仕事に厳しいんです。

甘えがないんです。



その厳しさ大丈夫かなって思えるほどのレベルにまで・・・。





私はずっとハードワーク論を信じている人間です。

稲盛さんとか、藤尾さんとか北尾さんとかです。



ワタミの渡邊社長は20代はとにかく苦労を!
わき目も振らず、仕事に没頭すべき!と言っています。


エンジャパンの越智会長などは、仕事の厳しさの中でしか
人間は成長できないとおっしゃっています。




でも、そう信じていても、リラックス論もあるし、世間には
「頑張らなくても」ということを主張する風潮もあります。



厳しい企業は人が辞めるって問題が付きまといます。



特に今の人は、ゆとり教育の中で育って、そして景気がいい時代に
そだってきていますから。世は癒しブームですし。。。






いとう眼科、ガチガチなんですね。

ちょっとブログではかけないほど、ガチガチに厳しいです。
(次回のエムゼミに外部の方もいらっしゃるので
 そのときには話します)


でも、以前も書きましたが、それは決して私だけが望んでいるのではなくスタッフもそうなんです。

しっかり私の背中見ちゃいましたから・・・。


私が押し付けたら危険なんです。

でも、スタッフが望む分にはそれが医院の文化だからいいのかなって。




だからこそ、この短期間でチームができたんです。

そしてお互いをここまで思えることができたんです。




でも、光があれば陰がある。



やはりついていけない(正確には『あわない』)スタッフもでてくる。

極端ですから。




それでいいのか・・・。



私達はスタッフの幸せを考えています。




スタッフが辞めるということは、幸せなことなのか・・・



ちょっと道を間違えているのではないか・・・




そう思うときもあります。





今日も外来後プチミーティングをしました。





仲間が辞めるのは、いとう眼科のスタッフにとっては
とんでもなくつらいこと。



いとう眼科スタッフはありえないレベルで、新人を受け入れます。

そりゃ、すごいんですよ。こんなところ絶対にないです。

一人二人ならいます。でも、いとう眼科は全員なんです・・。

リーダーは常に無償の愛を与えています。。




だからこそ、辞めたときはツライ。




そんな辛さをスタッフに味わってもらいたくないから

少しやり方を変えたほうがいいのかなとも思っていました。





でも、今日のミーティングで少しわかりかけてきました。





仲間が辞めることにショックを受け、悲しむのは少し違う。

確かに悲しいけど、嘆く前に、自分自身を見つめる。



「もっとしてあげられることがあったのでは・・・・・」

「本当に本気で関わっていたのか・・・・・」




そして、その前にもう少し考えなきゃいけないこともあるのでは・・。




望みすぎてはいないか?

急ぎすぎてはいないか?





伊那食品の塚越会長の著書のなかでこんなくだりがあったのを思い出します。




「急激な成長は絶対につまづく」





私はあえて立ち向かいたいと思います。


傍から見れば、いとう眼科は急いでいる。


でも、当の本人たちはそれほどに思っていない。

ただ、やりたいからやっているだけ。




尊敬する稲盛さんも若い頃は死ぬ気でやってました。



何かを成し遂げる人はみなそうかもしれません。




私達は死ぬほどなんて到底やっていません。






ミーティングでこんな意見がスタッフから出ました。



多分いとう眼科でやっていること、いっていることは間違ってはいないと思う。

辞めていく人も、辛い思いをしたかも知れませんが、今後の人生で役に立つ経験をしたのかも。


いとう眼科は「学び場」でいいのではないか。



辞めるのは確かにお互いに辛いけど、「辞める=不幸」ではないです。


いとう眼科で新たな世界を発見して自分の道を見つけることができ辞めていったスタッフもいます。


もちろん辛くて辞めたのですが、自分自身と深く向き合って、そして一旦ひいて自分の道を探ろうとしている人もいます。




スタッフからこんな意見もでました。



「いとう眼科は厳しいけど、逆にこんなに人に優しい職場は他にない」




まだまだ未熟でその厳しさが危険な道になってしまうこともあります。


なので、もっともっとスタッフと一緒に考えて、


永遠に続く、しっかり安定した道を作りたいと思います。





Mゼミが楽しみです!




posted by M at 23:48| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもブログ見させてもらって、
影響受けてる3番です♪



人の上に上司として立つと、下の立場ではわからなかったことが分かり、これでよかったのかと思うこと、すごくありました。




それ程に僕にとって、人を育てることは難しかったです…
だから、エム先生や野村先生は尊敬できちゃう。
ほんと頭が下がります。





チームから人がいなくなる時って、目指してるものがはっきりと違う!とわかってしまった時だと思います。


また、どんなに技術や実力に差があったとしても、物事に傾ける情熱が同じならば、違和感は感じないと思います。




カリナさんと話すとキラキラしてます。

エム先生のブログも文字が眩しいっす!

それに負けない輝きを放てるように
僕ももっと精進したいと思います。




今日もカリナさんからパワーもらいました!

コメントせずにはいられなくなっちゃいました。


最後に、いつもまとまりの無い文章で申し訳ありません。


3号でした。

Posted by カリナの3番目 at 2009年04月28日 00:32
厳しさがあるって、いいですねー

私なんか自分を甘やかしすぎです(苦笑

厳しさだけじゃなくて、
愛がなければだれもついてこないし

厳しさの中に、何か楽しさを見つけられないと
辛くなるし。

楽しさは、自分の成長でもいいし
チームワークでもいいし。

厳しさと愛と楽しさがあれば何かが生まれるんだろうなぁ
Posted by ただお at 2009年04月28日 01:37
■■ カリナの3番目さん ■■

コメント、ありがとうございます。
私なんて本当にやばいくらいまだまだなんです・・。

だから、実は本当に最近まではたとえ一日の人であっても
スタッフが辞めるって結構こたえたんですよ・・。
なんか否定されたような気分になって・・。
自分の信じている道が・・。

違いがあって当たり前なのに、おかしいですね・・・。

3番目さんのおっしゃるように、「情熱」レベルが同じなら
うまくいくのかもですね。
違いがあってもお互いに認め合い、そして刺激しあってさらに高まり。

そんな関係が嬉しいですね。

ちなみに勝手に野村先生と私はそんな関係と思ってしまっています。
(野村先生、スミマセン)

カリナさんは日に日にすごくなっていきます!
最近の発言力もすごいです!
さすがだな〜。

いつもコメント本当にありがとうございます!


■■ ただおさん ■■

ご無沙汰しております!

以前少し悩んだことがありました。
スタッフに接する際、厳しさを出したほうがいいのか
優しさを出したほうがいいのか・・・。
もちろん時と場合ですが・・。

でも、私はどうしても厳しさが出てしまう・・。
そして私の尊敬する人は、ありえないくらい優しさが出る人・・。

憧れたりもしましたが、行き着いた先は「愛」があれば
どっちでもいいのかなって。

ただおさんからは「楽しさ」がすごい伝わりますよ〜。
いいな〜って憧れます!
Posted by エム at 2009年04月28日 01:54
昨日のミーティングありがとうございました。

自分にとっても何かと向き合える時間となりました。日々の仕事に追われちょっとだけ立ち止まって周りを見渡せる事ができました。

いとう眼科最高です!!
Posted by かりりん at 2009年04月28日 06:36
「厳しいけれど優しい場所」その通りですね。

その厳しさはいつかどこかでわかってもらえるときが来るのではないかと思います。

相手に何かを期待すると不満がでると福島先生に教えてもらったばかりなのにやっぱり望んでいたのでしょう。

もっと何かできることがあったのにって思いますが、何かに気付いて、いとう眼科を離れたとしてもその先を応援したいなって思います。

まずは自分を見つめなおすことが大事ですね。

今日はこれから家庭訪問です。ちょっと緊張しています。先生と何を話そうか考え中ですが、今年一年子供たちが楽しく学校に行けたらそれだけで満足だな〜って思います。

明日はいよいよバーベキューですね。楽しみ〜!!!
Posted by むっちー at 2009年04月28日 15:24
辞めるということは悪いことではないですよね。
私はいとう眼科に来る前に勤務していた所で
頑張ってね!!という言葉をもらい
今、いとう眼科で顔晴ってます。
辞める時の理由だったり、辞め方にも
よるとおもいます。
せっかく出会った人達を失いたくないです。
色々経験ですよね(^−^)byイッシーばばぁ
明日、バーベキュー楽しみです!!
Posted by イッシー at 2009年04月28日 18:52
明日は、いとう眼科の皆様、
お世話になります。
初エムゼミ 楽しみです。

ワクワクしています 
ドキドキもしています。。

ハンカチの用意をしていきます・・・

Posted by けんちゃん at 2009年04月28日 19:51
いつも勉強させてもらってます。

外からは何もいえませんが

ただ・・

エムさん、感謝してますよ。

そして正解も間違いもない・・
目の前のことに一生懸命に
向き合うしかないって感じてます。

あとは全て個性でしょう(^^)
鍵山氏、稲盛氏、松下幸之助氏

みんなまっすぐなところは共通
してますね。
原点回帰の時代のような気がします。

Posted by こいど at 2009年04月29日 13:20
「厳しくて優しい場所」ないとう眼科。
本当にそうだと思います。
私は皆から毎日すごく愛をもらっています。
もらってばかりではなく、愛をすごく与えたいです。
幸せのかたちは人それぞれです。
私も誰かの幸せを常に全力で応援したいと思います。
Posted by ayako.w at 2009年04月29日 23:28
今日はBBQとボーリング&Mゼミと充実した1日を過ごせました!取り急ぎお礼まで。
Posted by ayako.w at 2009年04月30日 00:18
今日はありがとうございました!!
本当に充実した一日を過ごすことができました!!
たくさん考え、自分自身のことについて振り返ることが出来ました!!
私も今はがむしゃらに進んでいきたいです!!
それができる環境にいるのに動かないのはすごくもったいない気がしてなりません・・・。
いとう眼科がたくさんの人の幸せの場になるよう、その担い手になれるよう頑張っていきます!!
Posted by トム at 2009年04月30日 01:59
一日ありがとうございました!!

エムさんはかりりんの言うように「優しさ」があるのだとわかりました笑

と、いうのも最初にかりりんから、「こんな優しいところはないよ」
と言われて「えっ???」
って思ったのですが・・・・

いつも厳しいエムさんですが、それ以上にスタッフにたいして優しさをもっていて

いつだって私たちのこと考えてくれていますもんね!!
ありがたいです

そして、今日BBQやエムゼミに参加してくださった皆様ありがとうございました!!

エムゼミではたくさんの貴重なお話をありがとうございました!!

やはり人は大事だな・・・

そして採用も・・・

人と関わることって難しいことだけど、こうやって話し合いの機会では毎回学びがあります!
これからも試行錯誤しながら、関わっていきたいなと感じました

ありがとうございました☆☆


Posted by GYU at 2009年04月30日 02:03
■■ かりりん ■■

自分と向き合うって本当に大切だよね。
先日教わったけど、少し離れてナナメからみることも
大切らしいですよ。
いわゆる「俯瞰」ですね。


■■ むっちー ■■

最近わかってくれてもわかってくれなくても
どっちでもいいように思えてきました・・。
もちろんわかってもらえたほうが嬉しいけど
まあ、人はそれぞれですからね・・。
「わかってほしい」って期待をしちゃうと
わかってくれなかったときにがっかりしちゃって
それが怒りとかの原因にもなってしまうのが、私ですから・・。


■■ イッシー ■■

悪いことではないです。
人だから合う合わないって絶対にありますもんね。
彼氏彼女と別れることが悪いことって
思わないですもんね。
相手のことを思っていたいな〜って。


■■ けんちゃん ■■

う〜ん。もう来てしまった今となっては
コメントのしようがないですが。。
遅くなってスミマセン・・。
でも、考えを聞けてすごくよかったです!


■■ こいどさん ■■

コメントありがとうございます!

「正解も間違いもない」ってそう思います。
「一生懸命に向き合う」ってこともすごく共感できます。
「あとは個性」ってとこもです!

原点回帰ってそういえば、そんなタイトルの本、この間
買いました・・。


「われがわれがの『が』を捨てて、おかげおかげの『げ』を拾う」

感謝して人の為に組織もありたいですね(できてませんが・・)


■■ a.wadaさん ■■

子供が体調悪い中、ずっといてくれてありがトン。
そしてもちろん「愛」を与えてもらっていますよ〜(笑)
無理しないで信じて頑張ってください!
大丈夫!


■■ トムくん ■■

がむしゃらになることっていいことだと思います。
そんな時期があってもいいんです。
周りが見えなくなるくらい何かに没頭するって
きっと何かを成し遂げた人に共通することなのでは・・。
よりちゃん、すげ〜(牛)


■■ GYUちゃん ■■

しかし、よりちゃんも、牛君もこんな遅くに・・。
昨日も寝てないのに・・。

そっか、俺が優しいってようやく気づいたか・・
遅っ!!!!!(笑)

でも、優しくないですよ、多分!
厳しさは抜群にありますけどね!

経営ってほとんど「人」ですから。
だから、そこに最も力を入れるのは、至極当然!
もっともっとやりましょう!

Posted by エム at 2009年04月30日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。