2009年04月30日

エムゼミ


先日も写真で触れましたが、4月29日はいとう眼科の日(?)でした。



前日の火曜日は通常どおり手術をやりましたので、術後の患者さんだけ
朝から診させていただきました。


その後はBBQ。


本当はいとう眼科だけでやろうと思っていましたが、なんか仲間と楽しく
やりたいなって思って、急遽数名の方にお声がけをさせていただきました。。



急なお誘いにも関わらず、BBQには渡辺ファミリー、けんちゃんとスタッフの遠藤さん

が参加してくださいました。


嬉しかったな〜。




お肉はいつもの「富光」さん。先日の写真にもいます。


ここのお肉はメチャメチャおいしくて、いとう眼科が勝負のときは

富光さんを使います!


伊勢崎で少し遠いのですが、高速道路を使ってエイって感じです。



前回のBBQではお肉があまりにおいしく、子供が食べ過ぎて大人の分が

なくなるという緊急事態に遭遇したので、今回少し(かなり)大目に頼みました。



典子先生じゃないですが、肉汁がすごすぎです!



うまかったな〜。



でも、やっぱり、仲間がいるからよけい楽しいんですね。




主婦’sも相変わらず完璧な準備でした。


富光さんが焼肉のたれを忘れてしまいましたが、


イッシーが病院にあるもので、すかさずタレを作ってくれました!


すげ〜な〜。





そしてその後はボーリング。


BBQにいた人は全員きてくださいました。

コレも楽しかった・・



もういとう眼科恒例の罰ゲームでしょ。

ちょっとイマイチインパクトがない罰ゲームなのでそこは反省点です。




きっと「絶対いや」ってスタッフもいると思いますが

やっぱ、罰ゲームがなきゃ、盛り上げれない!




緊張感たっぷりのボーリングでした。。
特に典子先生は(笑)



でも、結局は私でしたがね・・。




今回は完璧なタイムスケジュールでできました。

珍しいですね〜。




予定時刻に終了し、エムゼミも予定通り17時から開始できました。



ただね・・・。


ただ、終了時間は21時の予定。4時間くらいはやろうって思いましたが、


結局終わったのが22時。気づけば休憩なしのノンストップに5時間。

お弁当は用意させていただいたのですが、それすら食べるヒマなし!



スタッフの言葉を借りると

「頭使った〜」



一応のテーマはあったんですね。



「人が辞めない組織を目指すべきか」みたいなもの。。。


それと「プロフェッショナル」を皆でみて、議論する。




でも、あのそうそうたる顔ぶれをみたら、まずDVD鑑賞まで
行かないな・・・と。



的中です。



全く時間が足らなかったですね。。




話はあっちこっち飛びました。



もうブログにまとめることは不可能な内容ですね。



ただ、一人ひとりの発言や質問に対して、すごく考えるところがあり

いろいろな思いが交錯しました。




最後に内容をまとめることがミーティングの趣旨でもないし

答えを見つけることがすべてでもないですもんね。

そもそも答えなんて人によって違いますから・・・。





野村先生もけんちゃんも言っていましたが、


「自分のチーム」でいいんだなって。



いい、悪いを考えちゃうと辛くなりますモンね。




自分の信じた道、信じたやり方でいいんだと再確認しました。




ただ、自分と違う考えをきちんと知って、そして知るだけでなく理解しないと

危険ですよね。。

そのために、ただただ毎日勉強ですね。


人と会い、本を読み・・・



それしかできないですが、自分達しか見えなくなることのないように・・。







今回ゼミをやる前は、チームのことに関して、いろいろな考えを聞いて

そして正解を見つけて、自信をもってチーム作りに関わりたいって思っていました。




でも、正解なんてないんですね。




けんちゃんの質問にはっとさせられました。




「どんな医院を理想としているのか」




そうですね。


理想に関して言えば、他人がとやかく言うことではないですもんね。






結局は理想に向かってチーム作りをしているだけですもんね。




理想が違えばチームの作り方も違う。





ちょっと思ったのは、今度エムゼミで、「私達の理想のチーム」について

話したいなって。




そこをもっともっと明確にしたいなと思いました。


仮に前に話し合ったことがあったとしても、今の状態は違うはずですもんね。




だから、これは頻繁にやっていきたいですね!





そしてそれが明確になったら、映像化!





これって、1年前に大嶋さんからいただいた指摘でしたね・・・





辞めるのが「仕方ない」「いけない」という議論はナンセンスかもですね。





そこより、理想に向かって進んでいくやり方のほうがはるかに大切ですもんね。




なんだか、すごくすごくいろいろなことを考えたので、行き着いたとこが

あんまりゼミの内容と関連しないかもですが、そんなものなのかもですね。




それだけ、参加者が、本気の思い、様々な思いをぶつけてくれたのですから・・・。






5時間通しでやったのは、少し辛く感じた方もいたかもですが

ついついアツくなってしまい、申し訳ございませんでした。






もし懲りていなければ、是非また!





皆様、本当にありがとうございました!


posted by M at 23:33| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あたりまえ


さて、さて。


今日の御昼はコレ↓

P1000168.JPG


スタッフが昨日の食材の残りで作ってくれました。

本当にありがたいです!


いつもありがトン。





そして、昨日の罰ゲーム。


P1000681.JPG


なんかアングルがいいよね〜。




今回の行事ですが、企画や手配は私がしましたが

実際の運営はほとんどスタッフがやってくれました。

あすなろ歯科さんほどまだまだ任せることができませんが

(私の任せる度量不足で・・)、それでも、少しずつ

スタッフにお任せです。




おかげで私はずっと話していることもできました。



ありがたいです。




エムゼミ中にスタッフからこんな発言がありました。




「いとう眼科でやってもらっていることを当たり前と思わない。」





すごい心がけです。




この話は「いとう眼科での鉄板ルールは?」

という問いかけに対してです。




すげ〜な〜。




けんちゃんはこんなことを言っていました。



「感謝の気持ちとかしか湧いてこない」






私は、そこまでは全然いけてないですが

そんなスタッフ達に大大感謝です。


みんながやってくれていることは決して当たり前とは思っていませんよ。





いつもありがトン。



posted by M at 14:03| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント



昨日は医院に泊まりましたよ。




読すめと諏訪先生のおうちにいって、医院に戻ったのが3時過ぎでしたよ。




そして、今日は外来を少し開けましたよ。




外来後


BBQ → ボーリング → Mゼミ → 卓球



楽しかったですよ。



今日も医院にお泊りですよ。







P1000001.JPG P1000031.JPG

P1000065.JPG P1000078.JPG

P1000097.JPG P1000138.JPG

P1000141.JPG P1000146.JPG



続きはまた書きますが


渡辺先生、典子先生、かけくん、けんちゃん先生、遠藤さん

宇田川先生、野村先生、千里さん、上田先生、いとう眼科スタッフ・・。





本当にたのしい時間をありがトン



posted by M at 01:57| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰?




掲載期間は終了いたしました(笑)
posted by M at 01:28| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日


いとう眼科・いろいろあります!

チャンスの連続です!




最近よく考えるんです。

いとう眼科はどこへ向かうのだろう・・・。

コレ実は、29日のエムゼミのテーマ!




すごい嬉しいこと。

ずっと突っ走ってきた私。

私が止まればいとう眼科が止まるって思ってやってきました。

自分のペースダウンがいとう眼科のペースも落とすって。

今でも思ってはいます。

でも、今は私はブレーキ役に周ることがでてきました!





つまり、私以上に突っ走りたいって思うスタッフが出てきたってこと。


これは嬉しいですね〜。





いとう眼科スタッフ、しっかり私の背中見てくれました!

「厳しい」って背中を(笑)




ウチのスタッフとにかく自分に厳しいんです。

仕事に厳しいんです。

甘えがないんです。



その厳しさ大丈夫かなって思えるほどのレベルにまで・・・。





私はずっとハードワーク論を信じている人間です。

稲盛さんとか、藤尾さんとか北尾さんとかです。



ワタミの渡邊社長は20代はとにかく苦労を!
わき目も振らず、仕事に没頭すべき!と言っています。


エンジャパンの越智会長などは、仕事の厳しさの中でしか
人間は成長できないとおっしゃっています。




でも、そう信じていても、リラックス論もあるし、世間には
「頑張らなくても」ということを主張する風潮もあります。



厳しい企業は人が辞めるって問題が付きまといます。



特に今の人は、ゆとり教育の中で育って、そして景気がいい時代に
そだってきていますから。世は癒しブームですし。。。






いとう眼科、ガチガチなんですね。

ちょっとブログではかけないほど、ガチガチに厳しいです。
(次回のエムゼミに外部の方もいらっしゃるので
 そのときには話します)


でも、以前も書きましたが、それは決して私だけが望んでいるのではなくスタッフもそうなんです。

しっかり私の背中見ちゃいましたから・・・。


私が押し付けたら危険なんです。

でも、スタッフが望む分にはそれが医院の文化だからいいのかなって。




だからこそ、この短期間でチームができたんです。

そしてお互いをここまで思えることができたんです。




でも、光があれば陰がある。



やはりついていけない(正確には『あわない』)スタッフもでてくる。

極端ですから。




それでいいのか・・・。



私達はスタッフの幸せを考えています。




スタッフが辞めるということは、幸せなことなのか・・・



ちょっと道を間違えているのではないか・・・




そう思うときもあります。





今日も外来後プチミーティングをしました。





仲間が辞めるのは、いとう眼科のスタッフにとっては
とんでもなくつらいこと。



いとう眼科スタッフはありえないレベルで、新人を受け入れます。

そりゃ、すごいんですよ。こんなところ絶対にないです。

一人二人ならいます。でも、いとう眼科は全員なんです・・。

リーダーは常に無償の愛を与えています。。




だからこそ、辞めたときはツライ。




そんな辛さをスタッフに味わってもらいたくないから

少しやり方を変えたほうがいいのかなとも思っていました。





でも、今日のミーティングで少しわかりかけてきました。





仲間が辞めることにショックを受け、悲しむのは少し違う。

確かに悲しいけど、嘆く前に、自分自身を見つめる。



「もっとしてあげられることがあったのでは・・・・・」

「本当に本気で関わっていたのか・・・・・」




そして、その前にもう少し考えなきゃいけないこともあるのでは・・。




望みすぎてはいないか?

急ぎすぎてはいないか?





伊那食品の塚越会長の著書のなかでこんなくだりがあったのを思い出します。




「急激な成長は絶対につまづく」





私はあえて立ち向かいたいと思います。


傍から見れば、いとう眼科は急いでいる。


でも、当の本人たちはそれほどに思っていない。

ただ、やりたいからやっているだけ。




尊敬する稲盛さんも若い頃は死ぬ気でやってました。



何かを成し遂げる人はみなそうかもしれません。




私達は死ぬほどなんて到底やっていません。






ミーティングでこんな意見がスタッフから出ました。



多分いとう眼科でやっていること、いっていることは間違ってはいないと思う。

辞めていく人も、辛い思いをしたかも知れませんが、今後の人生で役に立つ経験をしたのかも。


いとう眼科は「学び場」でいいのではないか。



辞めるのは確かにお互いに辛いけど、「辞める=不幸」ではないです。


いとう眼科で新たな世界を発見して自分の道を見つけることができ辞めていったスタッフもいます。


もちろん辛くて辞めたのですが、自分自身と深く向き合って、そして一旦ひいて自分の道を探ろうとしている人もいます。




スタッフからこんな意見もでました。



「いとう眼科は厳しいけど、逆にこんなに人に優しい職場は他にない」




まだまだ未熟でその厳しさが危険な道になってしまうこともあります。


なので、もっともっとスタッフと一緒に考えて、


永遠に続く、しっかり安定した道を作りたいと思います。





Mゼミが楽しみです!




posted by M at 23:48| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

果報者



最近すごいスタッフから甘えさせてもらってるな〜って。


ありえないレベルです。


だって、


だって、


自分の部屋で仕事していると、おやつが運ばれてくるんです・・・。



外来もあるのに、合間を縫って、わざわざ・・・。



今日はこれ!


おやつ.JPG



これって、手作りです。



マジ、うめ〜!


ただのプリンじゃなく(プリンだけでも大好き!)
生クリームとフルーツのトッピングつき!

しかも紅茶のカップはわざわざ私のためにスタッフが
買って来てくれたもの。





なんで、こんなに優しいんだろう・・・。



最近よく出てくるんですよ、手作りおやつが・・・。





果報者ですね。。



今日のお昼も、外に食べに行こうかな〜って思ったら

スタッフが「混ぜご飯作ってきたから食べますか?マリネもありますよ」って。



そりゃ食べるでしょ!



外食が多くなっていると、手作りが本当においしい!



想いが詰まっていますからね!





ウチのスタッフたちは、いまさらですが、神です!




いつもありがトン。
posted by M at 21:57| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振り返り



せんちゃん曰く、学習は振り返りのときに起きます。


なので、今日はきちんと先日のセミナーの振り返り!


セミナーはさわとんのカウンセリングとせんちゃんのコーチングの
2本立てで、教室のような会議室で行われました。


妙に懐かしさがあり、アットホームでしたよ!


sentyan.JPG sawaton.JPG



一限目はさわとんのカウンセリング。


とその前にカウンセリングとコーチングの違い。


まあ、どちらも他人の問題を解決する手助けを手段ですよね。



カウンセリング・・・カウンセラーがクライアントと一緒に悩み不安を解消できるようサポートすること



コーチング・・・・・コーチがクライアントの悩みや問題を解消し、目標のゴールにたどりつけるようにサポートすること
(後で詳しく触れます・・・)



カウンセリングの重要な要素は3つ



1.傾聴
2.共感
3.承認   


だそうです。

私達はカウンセリングではないですが、1の「傾聴」に特に力を入れています。



「聴く姿勢」とか「聴くちから」とか行っています。
これは徹底的にやりたいですよね。
最近いとう眼科は外部の人にも「安心できる空間」と言っていただく
ことが多くなりました。
そういう空気があるのでしょうか・・・。

もしあるとしたら、それはスタッフの「聴く姿勢」なのではないでしょうか。
そしてそれは相手への関心を表すことです。

自分に関心を持ってもらえればそれは安心して話せもしますし、
心を開けますよね。

つまり、聴く姿勢は相手の自己重要感を満たすすごく大切なこと!



なので、かなり厳しく言います!




カウンセリングのベースにあるのは「共にいる」ことだそうです。




「共感とは相手の立場に立って、相手の気持ちを想像し
 一緒に幸せや楽しさを共有すること」と教えていただきました。



これが目の前の人すべてにできて、そしてお互いがそれをやっていてば
すばらしい世界になりますね!


さわとんはすごくステキな世界観を持っています。

今回は3人でさわとんを応援する「さわトントン」会員になりました!





そして、2限目はせんちゃんのコーチング。


私はコーチングは嫌いでした。

なんか、ゴールを押し付けちゃっているようで、そしてテクニックに
走るのもいやでしたし、とにかくまどろっこしいので・・・。



そんな固定観念がせんちゃんのコーチングの話を聴いていると
崩れ落ちていくのですね・・。


せんちゃんが常々言うのは、問題は常に自分!


だから、極端な話コーチは聴いていればいい!


コーチは相手の問題に入り込まないことと言っていました。


でも、相手を思うことは大切です。

他人を精一杯応援できるせんちゃんだからこそ、言えるんですね!


相手を思っていない人かいくらコーチングの技術を
持っていても使えないですね。




さわとんも言っていましたが、結局は

「人対人」  なんですね。




コーチングの基礎はこの間終了した塾でも習いました。



1.セットアップ
2.アイスブレイク
3.ゴールを決める
4.エバリエーションプランを決める
5.ゴールを明確にする
6.現状を明確にする
7.ギャップを明確にする
8.具体的な行動を決める
9.エバリエーションプランを確定する
10.フォロー


このとおりに進めれば、意外とできちゃうらしいです。



大切なことは「問いかけ」



「人生は問いかけ」  とも言っていました。


「一流の人は自問自答する人」




問いかけることで、人は気づき、気づくことですでに
問題の解決方法が浮かぶんですね。




人が悩むのは問題の解決方法がわからないからじゃなくて
本当の問題がわからないから。


だから、本当の問題がわかった瞬間に視界が開けます。




そのために、常に「問いかけ」




自分の夢も問いかけ。

自分の本当に望むものも問いかけ。



問いかけこそ充実した人生を送るキーワードなのかもですね!




せんちゃんは本当に深いです。


ブログでは紹介できないようなこと沢山教えてもらいました。

そして、それは何ででも聴きたい・・・




また塾に行きたくなってしまいましたよ!






最後に大切なこと。

さっき紹介したコーチングの方法の5と6の間に実は
もうひとつあるんです。




ゴールを手に入れたらどうなっているか、5感を入れる



例えば日本一を夢見ているとする。

その日本一がかなったら、どんな状態になっているのか?



その状態こそが本当に自分が望むもの!



それは「幸せ」であったりとか「安心」であったりとか
「充実」であったりとかあいまいなもの。



人は最終的に望むのはそこ!


そして、その感覚を得たいために、いろいろなことをやる。



つまり「日本一」は手段なのですね。。。




こういったふか〜いお話をしていただきました。


この話、何度も聴きたいです!


塾でも聞きましたが、まだまだ理解しきれていません。






一緒に行った、今井ちゃんもGYUちゃんも相当満足していました!




また行きましょう!




とてもとても充実したナイスなセミナーでした!









posted by M at 00:26| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

運命



最初に反省。。


コメント返しができていません・・・。
必ずやりますので、たいへん申し訳ないのですが
少しだけお時間をください。。。





今日はさわとんとせんちゃんの、カウンセリング&コーチングセミナーに
行ってきました。

良かったですよ〜。

詳細はまた後日・・・(ネタが沢山ありすぎで困ってます・・)





そこで、サプライズ。


またまたあってしまったのです。


志保さんに・・・。




もう4回目ですね。



すごいご縁。こりゃ、なにかある!絶対に何かある!



中途半端で申し訳ないのですが、今日はこのあたりで。







明日はいよいよよりちゃんの最終日です!

頑張れ、よりちゃん!
posted by M at 02:58| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

変革



今日は大嶋さんの続きの予定でしたが、急遽変更で
よりちゃんの話をちょっとだけ。


今、よりちゃん日創研に行っています!


あのビビリのよりちゃんんが。。。



どんだけよりちゃんがビビリかというと、それはブログでは
とても説明できないほどです。



体に異変が現れるくらいのビビリです(笑)




そんなよちりゃんは前回行った日創研の研修でめちゃくちゃ強くなってきました。


甘えがなくなってきました。




「本気」を決意したんですね。



知らず知らずに逃げ道を作っていたらしいです。



いとう眼科から逃げる道を。


別に嫌だとかそういう意味じゃないですよ・・。



だから、本気でいとう眼科と向き合ってくれてもいたけど
深層心理の部分で、どこか躊躇している自分がいたと・・・。



そこに気づき、腹を据えたのですね。。




まさに、「腹!肝!」ですね!



行動に迷いがなくなりましたよ。


そして、甘い感情に流されず、自分にも厳しく、そして仲間のためにも
厳しいときは厳しくなりました。




そして前回帰ってきてからすぐ「次も行かせてください」と。



びっくりしましたよ。



だって、みんなには最初の「SA研修」より2回目の「SC研修」のほうが
はるかに厳しいって行っていたのに・・。


しかも、SCは特に行かなくてもいいんじゃな・・・って言ってたのに。





すごいな〜。



今頃ホテルで課題やってるかな?



今日はぼろぼろだったはず・・・・。



できない自分、動けない自分、やってるつもりだった自分、甘い自分に嫌ってほど気づかされた1日だと思います。




でも、そこからです。



よりちゃんは、動いた!




やるかやらないか迷ったときは動いた!



動くのはよりよい人生を送るため。


自分が成長するため。


他人を幸せにするため。




動いたから気づいた!




そして出会った!




あとは、もう勝手に成長しますよ!



絶対にコレだけは約束できます。




落ちた分だけ上がります!




あと2日研修は続きます!



気絶するまで頑張って!
posted by M at 22:37| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンタリング塾

今日はメンタリング塾でした。


講師は大嶋さん!


なんと、4時間のロングセミナー!


大嶋さんのセミナーは何度も聞きましたが
今回は全く新しい内容!

DVDもできたての映像です!



満喫しましたよ。



ちょっと時間も遅いので、あんまり書けませんがひとつだけ。





「ストロークの法則」



人の心の中にはプラスとマイナスがたくさん入っています。

その総量は変わりません。


ただ、プラスが入ればマイナスが出て行く。

マイナスが入ればプラスが出て行く。


いかにプラスのストロークを与えることが大切かってわかりますよね。



ちなみにプラスのストロークとは「ありがとう」とか
挨拶とか、何でもいいんです。


ちょっと気分が良くなることならすべてストローク。




そして、プラスがあふれると、それが外にでて、人に与えたくなる。


その状態を目指しているのですね。



いとう眼科のスタッフはみんなすごくプラスで満たされているのでしょう・・・・。


だから、人にやさしくなれる。



自分が満たされていないと、なかなか人にってできないんですね。



以前DoItでおなじみのホンダカーズ東神奈川の相沢会長がおっしゃっていた
言葉を思い出しました。



「顧客満足といっても、従業員満足が行き届いていない会社で
 それを望むのは全くナンセンス。
 自分が大切にされていない従業員が、どうして顧客満足ができるのか。
 顧客満足(CS)を望むなら、まずは従業員満足(ES)です」と。



まさにそうですね。



すべてのマイナスを追い出して、プラスがあふれる状態まで持っていくことを目指しますね!



今日は懇親会まで出てしまいました・・。

大嶋さんとも沢山お話ししましたよ〜。


pto.jpg


明日また書きますね!



外来を抜けさせていただいて、ありがトン。

安心して外来を任せることができる状況、支えてくれるスタッフに感謝です!
posted by M at 01:13| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

刺激

昨日に引き続き、わたなべ歯科訪問記です!



わたなべ歯科さんに行ったのは、多分3回目かな・・。



とても3回目のような気がしないんですね・・・。


妙に落ち着いた感じ。



昨日は典子先生もいました!


相変わらずのとびっきりの笑顔で、癒されます。。




そして、吉泉さんがいたこと。


彼女はひまわりですね。



元気いっぱいすごいパワーです。



わたなべ歯科さん、いいな〜!





昨日も触れたとおり、今回は渡辺先生に勉強を教えていただきに行きました。



患者さんともっともっと向き合うためにはどういった方法があるのか。


そんな悩みをスタッフ達が持ち始めたのですが、

残念ならが私が力になれる分野ではなく、できることを探した結果

渡辺先生に頼るということでした。



渡辺先生なら・・・


そう思って行ったのですが、さすが渡辺先生!

予想を上回る人NO.1ですね!



以前一度てっぺんでお見かけした横田先生を呼んでいただいていました。



渡辺先生、横田先生、すごいです!

話のレベルが高すぎ!


論文のこととか、全く私がわからないようなこととか、ふつ〜に
話しているんです。

そして横田先生は、論文を原文で読むとか・・・。


すごいな〜。




で、一番すごいと思ったのが、2人とも、すごい学術的なことを勉強
されていると思うんです。相当ね・・・。
でも、口をそろえて言うのは

「思い・心」の部分の大切さ。


そうなんですね〜。


ああいう方達が言うから説得力があるんですね。。




渡辺先生は「聴く」をものすご〜く大切にしています。


すべては患者さんのため。



医療従事者都合の押し付けは一切ないのでしょうね。



患者さんの潜在意識の部分まで引き出して、深層心理に迫るんですね。


そういう訓練も怠っていないんですね・・。



どんだけレベル高いんだ・・・。




そしてその裏では、長山さんと吉泉さんが勉強会をしていました・・・。



すげ〜な〜。


 photo.jpg





さて、20時を過ぎたところで、場所を移して、食事へ!


そこで、なんとけんちゃん先生、上田先生が来てくださったではないですか!




こりゃ、オールスターだな・・。



隣には上田先生、けんちゃん、前には長山さん、吉泉さん、横田さん・・・


ちょっとした拷問だね。。


誰と話せばいいんだ!


贅沢すぎるこの時間。

時間たらないよ〜!




合コンみたいに途中で席替えがありましたよ!


前半はほとんど上田先生とお話していました。
いろいろ悩み、考えてやっていらっしゃります。
何ができるかな〜って考えますが、難しい・・・

でも、いとう眼科のみんなって、上田先生が大好きなんです。
尊敬しています。

だからすっごく気になるんです・・・。

何もできないですが、話を聴くことでしたらできますので、いつでお声掛けください。




後半は渡辺先生と。
先生の悩みも聞かせていただきましたし、私の悩みも聞いていただきました。

別に解決したわけではないですが、話しているうちに自分で勝手に
いろいろ理解し始めちゃうんですね。不思議ですね!


渡辺先生、ありがとうございました1




しかし、長山さんはすごかったですよ!

ずっと動きっぱなし。
気の利かせ方はハンパないです!そしてそれをサポートする上田先生も(笑)



長山さんはエライですよ!



あとは吉住さんともお話させていただきました。

無限の可能性を感じさせていただいとります!

その笑顔、ヤバすぎますね!

玄関にでっかく貼られていた写真、嬉しかったですよ!

photo.jpg2




今回は具体的にはEBMの話を聴きに行きました。

いとう眼科のスタッフ、度肝抜かされていましたよ・・。

すごい世界があるって。



いきなりは難しいかもです。

でも、知ってしまったから。

潜在意識にしっかりとインプットしたから。

いつか、それが顕在のほうに顔を出すときが・・・。

そんあ日を楽しみに待ってますね!





結局病院に着いたのは2時過ぎでしたが、みんな、本当にお疲れ様でした。


こんなに打てば響くスタッフたちばかりで、エムは幸せです!



そして今日の終礼でも、行かなかったメンバーが、アウトプットを楽しみにしてくれている。

史上最強の実力者の猪野さんも、謙虚に聞いてくれる・・



こりゃ、すげ〜な。というか、嬉しかったです。




みんな、ありがトン。







posted by M at 22:36| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたなべ歯科さん



行ってきました、わたなべ歯科さん!


今回は、医療の事で行き詰ったスタッフ達に
救いの手を・・・ということでアドバイスをいただきに。


診療後お疲れだったのに、24時過ぎまでお付き合いいただきました。


なんと、サプライズで、横田先生ご夫妻、上田先生、けんちゃん先生
までお越しいただきました。



みなさん、医療に関し、ものすごくアツい思いと、行動力をお持ちの方。


一緒に連れて行ったスタッフも、刺激受けまくりでしたよ〜。



牛くんなんかは、英語の論文読んじゃいそう・・。



どこまで行くんだ〜。




だ・だめだ・・。

頭がぼーっとしてきたので、続きは明日!





渡辺先生本当にありがとうございました!

posted by M at 03:07| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

本気

今日はアツいアツい一日でした。

なんと、午前中はあの、川越胃腸病院の事務課長さんでいらっしゃる

福島さんが見学に来ました!


福島さんは、本当に尊敬できます。
私の知り合い、皆に紹介したい人です!

この話はまた後日します!





で、今日の話は、外来後のミーティング!




いとう眼科のミーティングはいっつもガチですが、

今日のミーティングはヤバかった・・・。



すさまじい本気が飛び交うミーティングでした。




かおりちゃんのブログにもありましたが、いとう眼科は

「仲良しクラブ」を最も嫌います。



なので、言うときは言う!

最悪の事態を想定してでも、言う!



なあなあで働いてもらっても、お互いのためにならないのは皆知っています。



「待つ」とか「我慢」の大切さもみんなわかっていると思います。



でも、アツいんですね〜。

待つより道を示して信じるんですね〜。





正直いきなり新人に望むレベルのことではなかった・・。

どんなに意識が高くても、ついこの間までは学生。

日本一を目指しているいとう眼科に、すぐ100%順応できるわけがない。




時間が必要なこと。。。

重々承知です。





社会人としての考え方・行動。

いとう眼科の文化。

人として大切なこと。





かなり厳しい要求です。




正直私だって迷いましたよ。

私が押し付けちゃうと、危険だって。




だから、先輩スタッフに任せたんです。

そこで、厳しい意見が出なければそれもよし、厳しい意見がでればそれもよし。




出た意見は、むちゃくちゃ厳しい意見でした。




これ、多分他の会社や医院で言っても、多分ひかれます・・・。




私がこれを目指したら危険すぎます・・・。




でも、彼女達が自ら思い実践し、そしてそれを新人さんにも望んだのです。





正直恐ろしい集団です。

手前味噌ですが、ココまで意識が高い集団だったとは・・・。

みくびっていました。

愛と厳しさを併せ持つ集団でした。




でも、彼女達はすごすぎた・・・。




岡ちゃんの自分への厳しさもそう

イッシーの必死さもそう

牛くんのひたむきさもそう

猪野さんの気持ちいいほどの割り切りもそう

えみちゃんの決意もそう

よりちゃんの覚悟もそう

今井ちゃんの生きたかもそう




すべてが妥協なく、自分にとことん厳しく、仲間のため
いとう眼科のため、患者さんのために、突っ走っています。



頼もしい限りです。





今日のミーティング。

新しいいとう眼科の一ページを見た気がしました。。





ヨッシーもよくぞ、受け入れた!

迷ったはず。

もがいたはず。

つらかったはず。




そんな中、よくぞ先輩達のアツい思いを受け止めた!

このことも奇跡に近いですよ!

それほどのことでした。。







ヨッシー、頑張れ!

無理して頑張れ!

そんな時期も必要です!

超えられる人の前にしか壁は現れません!

かならず乗り越えられます。

そしてその先に待っているのは、感動君!




チャ〜ンス!






信じています!

応援します!


皆も応援してください!


http://yosimiho.seesaa.net/






皆も、本当に本当に、本気をありがトン。
posted by M at 23:20| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

福島先生D



さて、いよいよ福島先生最終回。


今日はエムゼミのお話。


折角福島先生の貴重なお話が聞け、そして夢を語ることができるので

このまま帰ってはもったいないと、その熱が冷めないまま、振り返りをしようと企画しました。


参加者は、川越胃腸病院の小川総務部長さん、わたなべ歯科・4名の皆さん、さくら歯科・上田先生、いとう眼科大勢・・・でした。


結局終わったの23:30頃でしたが、皆さん、アツくてアツくて・・。


相当ヤバいですよ。



正直アレだけの人数で、しかもそそうそうたる顔ぶれのなか

ゼミをやるって、かなりプレッシャーでしたが、決してうまくファシリテートは

できませんでしたが、皆さんそれぞれがすごいですから!



私の力量に関係なく、ゼミはすばらしいものになりました!



ゼミでは、夢を語ってもらったり、いつものように話が脱線して
そこからまた話が始まったりと、本当にいろいろなことを話しました。


昨日も触れましたが、皆さん、聴く姿勢がハンパないです。



もうこれって基本ですよね。基本中の基本。


相手の目を見て、心と体で聴く。


「聴く」という字は「耳+目+心」


聴く空気ができていれば、話すのが苦手な人もなんとか話せるし

しかも話したくなる!



今回のMゼミは聴く姿勢の大切さをすごく実感できました。




でも話の内容もよかったですよ。

アツいアツい夢の話もあり、
医療の矛盾に苦悶する話もあり
カミングアウトの話もあり
未来への決意の話もあり



夢会に続いてお涙頂戴のすばらしい会でした。




正直、あまりにアツすぎで、福島先生の講義の振り返りが
ほとんどできませんでしたが、それはそれでOKでしょう!


皆さん翌日は診療だというのに、遅くまで本当にありがたかったです。



もちろん今回のMゼミは福島先生の講義が無かったら
皆さんお越しいただけなかったので、その意味でも福島先生に
感謝です。



本当はここで締めのはずですが、ひとつだけ言い残したことがあったので書きます。



今回あの、せんちゃんもセミナーにお越しいただきました。
イチ参加者としてです。

せんちゃんは今回で福島先生のお話を聴くのがなんと、99回目!

おそらく話のほとんどが頭に入っているはず。


でもね・・・・



聴き方がハンパないんです・・・。



絶妙のタイミングで聞こえてくる笑い声。

そして拍手。



福島先生話しやすいだろうな〜って。



実はいとう眼科スタッフには、毎回結構口をすっぱくしていってるんです。


「講師が話しやすい姿勢で聞いて下さい」って。


間違っても下なんか向いてないで、難しい顔なんかしていないでって。


この間なんか講演中インカムで「講師はなしづらいよ!表情かたいよ!」って指示もしました・・・。



やりすぎかなっ?って思うときもありますが、

まだまだですね。。



せんちゃんの姿勢を見ていると、未熟さに気づかされます。





自分達で講師を呼んだんだから、自分達で盛り上げないと。。

折角来ていただいたのだから、気持ちよく話していただける空気を津くらないと。



てっぺんの大嶋さんもそうですね。
大嶋さんもすごい聞き方らしいですね。




今回学ばせていただきました。


次に講師を呼んだときは、もっともっと意識してやりたいと思います!







さて、締め方を忘れてしまったようですが、

先日むっちーから福島先生の本の感想文をもらったので

それを紹介して、福島先生シリーズを終了したいと思います!








どんな仕事も楽しくなる3つの物語
武藤敦子
この本はずいぶん前から読みたいと思っていながらなかなか読めずにいましたが、とうとう読むことが出来ました。この本を読んで感じたこと、それは考え方次第だということです。
やりがいのある仕事とは、自分で作り出せるということを感じました。どんなに小さく、些細なことにも、きちんと意味があり、その意味を見出すこと・気づくことで、同じ仕事をしていても楽しさが全く違ってくる。毎日繰り返される行動も決して同じことはありません。患者様はみんな違います。その人その人で違うので、話す内容も違うし、対応の仕方も違ってきます。そして、この作業をすることでどうなるのか、どう役に立つのかなどを考えて動くと楽しくなります。流れ作業にならず、常に考えながら行動できる心がけをしていこうと思います。
また、自分があきらめなければすべてのことに可能性があるということ。人は始める前に「諦めるところを決めている」これは以前にセミナーで聞かせてもらいましたが、確かにあきらめのラインを決めていたのはじぶんでした。でも、自分で諦めないと決意していれば何が起こっても乗り越えるためにはどうしたらいいのか、考えて動いての繰り返しで、きっとその先にはたくさんの可能性を無限に広げていくことが出来るのだと感じました。いとう眼科に来るまでは、今更、と自分で諦めていました。しかし、一年たった今、何でも決めているのは自分で、自分が源泉なんだということがしっかり心に刻まれた気がします。諦めずに何かを達成できたとき、大きな感動を手にすることが出来るのだと思うと、とてもわくわく感を感じられるようになりました。
本を読み終えた後に、これからの自分の可能性にワクワクしました。考え方を変えるだけで何でも出来てしまうような気がしました。それも楽しみながら。今でも十分楽しんで仕事をしているし、以前は出来なかったことが出来るようになってくるとうれしくなって、もっともっとたくさんの事を覚えたい、そして、少しでもみんなの役に立ちたいと思っています。まだまだ楽しみ方があるなと思います。
今後は以下のことを考えながら取り組んで行こうと思います。
 どんなに些細な仕事でも、その意味を考えながら取り組む
 どんな問題が起きても、前向きに受け止め、次の機会や自分の成長に活かす
 自分が源泉であることを忘れない
 自分ができることを自分らしくやり、自分らしく取り組むことで、仕事を楽しむ
 失敗しても、決して諦めない
今の便利な生活を送っているのも、たくさんの方々の努力の結果だと気づき、どんなことにも感謝の気持ちを忘れずに、今のこの瞬間を大切にして行こうとおもいます。
posted by M at 22:30| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島先生C



昨日はいつの間にか寝てしまっていました・・・。


実は病院でも2時間近く寝てしまったんです・・・。


説明会・面接が終わって、こりゃ寝ないで無事に帰れそうに
ないなって思って、10分くらい仮眠とってから帰ろうとしたのが
気づいたら・・・。


びっくりしましたよ。



やっぱ、人間に睡眠って必要ですね!(あたりまえか・・)






さて、気分を切り替えて、今日も行きましょう!



福島先生、講演もすばらしかったですが、そのあとも、とんでもなかった。



福島先生からご提案いただいた「夢会」。


時間的な制約があったので、全員はできませんでしたが、約10名が
自分の夢と仕事をとおしての感動事例を発表しました。




夢会はこんな感じですすんでいきました。


 ☆ 参加者全員、一人1分以内で自己紹介
 
 ☆ いとう眼科新人以外のスタッフ11名が1人4分以内で
   発表。
   そして、それについて誰か1分以内でフィードバック
  
 ☆ 最後に福島先生の総評


 小腹が減るので、いとう眼科主婦'sが作ってくれたパンとケーキ
 を食べながらの会でした。




自分で言うのもなんですが、相当盛り上がりました・・・。

涙涙の夢会でした・・・。



会場がものすごい聴く空気が充満して、感動空間となっていました。


この空気を創り出したのは間違いなく福島先生です。



当たり前ですが、福島先生のオーラはとんでもなかったです。



夢の巨匠の前で夢を発表できる。

しかも、この少人数で・・・。



そりゃ、皆気合い入れますって。。



発表の内容も様々でしたよ。


大きな明確な夢、身近な夢、漠然とした夢・・・

でも、それぞれが、すばらしくすべて応援したいです!



カミングアウトもありました。

過去を受け入れ、そこから前に進む。仲間を信じて・・・。



感動事例もよかったです。

すごいかぶる人もいましたが、全然違う人もいた。




改めて思ったのが、いとう眼科は夢と感動に溢れる眼科なんだって・・・。





夢をみんなで語るのって、すごい楽しいです。
また、こんなことやりたいですね。




発表の時間は取れませんでしたが、一緒に参加して下さった


川越胃腸病院の小川総務部長さん

わたなべ歯科の皆さん

さくら歯科・上田先生

そして、留学生てらさん

いとう眼科の新人スタッフ



ありがとうございました。




最後は皆で福島先生を送り出して、福島先生inいとう眼科は
終了しました。



・・・・・・そして、Mゼミへ。


つづく。
posted by M at 10:18| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

交換留学

さて、福島先生の報告は小休止。




今日は私が尊敬する山村洋志明先生率いるすまいる歯科さん
との交換留学のことを書きます。



以前も書きましたが、昨年末に、東京カシータで山村先生とお話していて
たまたまふと思いついて口にだしたこと。


お互い心から信頼しあっている医院なので、話はトントン拍子に進み
先日2回目の交換留学が終わりました。




すまいる歯科さんからは2月にちえちゃん、4月にてらさん。

いとう眼科からは2月によりちゃん、3月にGYUちゃん。



それぞれが行った先で計り知れない大きなものを得てきて、
受け入れる側も、大きな気づきと刺激を得ている、とんでもないスーパー企画です。




今回来ていただいたてらさんもとんでもなかったですよ。



私達は、すごいものをいただいてしまいました。



彼女の存在感、圧倒的だったんです。


いるだけですごい!って存在感が普通ですが、てらさんは全く逆です。


いるときは存在を消すけど、いなくなると、その存在の大きさに気づく!



気の遣い方がハンパじゃないんです。
空気の消し方、そして和ませ方、自分の強みを理解していて、すごいんです・・。


てらさんがいると、いとう眼科の空気が変わるんです。



実は今回初めて会ったスタッフが多かったんですね。

でも、全く違和感を感じさせないのがてらさん。

無理して話そうとか、そういうんじゃないんです。


ブログでの説明では伝えるのに限界があり悔しいのですが
とにかくてらさんの存在はすごいですね!



いとう眼科のみんな、てらさんが帰ってすご〜く淋しそうでしたよ。


じわじわきたらしいい・・。





あの笑顔、いや、ほんと、ありえないくらい、最高です!


いとう眼科スタッフ、てらさんリスペクトしている人多いです。



何人かはネームプレートの裏にてらさんの写真いれたりもしています。


何かあったときはてらさんの笑顔を思い出すそうです(笑)






でも、2月に来ていただいたちえちゃんもとんでもなかったですし
今回のてらさんもそう。

そして、まだまだとんでもない方達が控えています・・。




やはり、すまいる歯科さんはスーパーなのですね!







よく考えたら交換留学ってお互いが100%信頼していないと
成り立たない制度ですね。

でも、何の迷いもなくできちゃうって奇跡ですよね。



「すまいるさんなら安心」って思っちゃうんです。
親心でスタッフのことが心配で仕方ない私ですが、すまいるさんなら
必ず全員で温かく迎え入れてくれるっていうゆるぎない信頼感があるんです。




ありがたいですよね。



すまいる歯科さんは、連日全国から見学者が訪れるという
スーパー歯科さん。

そもそも、私も最初にすまいるさんを知って驚いて、感動して
アツくなってメールを送ってしまったクチ。



最近、スタッフにからかわれますが、そんなすまいるさんを創ってきた山村先生に私は心酔しきっています。




人として、リーダーとして、人を思いやる気持ちがとんでもないんです。



ありえないレベルでメンバーさんのことを思っているんです。



不肖このエム(山村先生風)もスタッフ愛に関してはそこそこいいセンいっていると
つけ上がっていましたが、
山村先生を知ると、ただただ、恥ずかしくなります。




本当にいつでもどこでも、メンバーさんはことあるごとに


「先生が・・・」って、今の自分達があるのを必ず先生のおかげって伝えています。



スタッフの一人、二人からだけそう思われるリーダーはいると思うんですよ。

でも、これだけ全員から慕われるって・・・。




先生は、きっと与えることしか考えていないんでしょうね・・。

自分の感情とか関係なく、目の前の彼女達がどうやったら成長するか。



そして自分はというと、そんな自分を信じて慕ってくれているメンバーのためにも
すべてをつぎ込んで成長しようと励んでいます。



こりゃ、憧れちゃうって。。。



仕方ないですよね(笑)






でも、もらってばかりでは、男として情けないので、私もやりますよ!




いずれ、相当近いうちにもっともっと山村先生はメジャーになるはず。
そうなったときに、家族の一員として、山村先生に恥をかかせないようにしたいです。


いや、します!



遠く離れた岡崎の同志に負けないよう、私もやりますよ!





人との出会いに心から感謝して、そろそろ寝ようと思うエムでした・・。





さあ、日本を変えるために、布団にはいろう!



posted by M at 02:44| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

福島先生B


まだまだ興奮がさめない今日です。


昨日さらに興奮が加速するメールが届きました!


送り主は、先日同行してくださった、ドリプラの事務局長・川合さん。


詳細は伏せますが、とんでもなく嬉しい内容でした!


ヤバイ・・・。





さて、今日も少し振り返ってみます!




福島先生は、もののとらえからがすごくすごくすごいです(笑)




いわゆる「プラス受信」。




ちなみに、こんな本が出てます・・・。


8672338.jpg


http://www.wordshop.jp/?pid=8672338




福島先生の言葉です。



「チャンスに受け取れないものはない」




めちゃくちゃですね・・・・

めちゃくちゃナイスな考え方ですね!





嫌なことは、人を伸ばすチャンス

人間関係のトラブルは感動を生むチャンス




「苦しいことは成長のチャンス、楽しいことは笑顔のチャンス」

byてんつくマン





昨日も書きましたが、福島先生は「決める」ことを大切にされています。






問題はチャンスって決めています!


どんな人にも会社にも問題は起きるって決めています!


解決できない問題はないって決めています!




せんちゃんの言う「前提条件」も同じことでしょうか。






決めちゃえば楽ですよね。

所詮人間は思い込みの生き物だから・・・。



何をやるか、決めた時点で決まってしまいますからね!






そういえばこんなことも言っていました。


「僕は何をやっても楽しむって決めました」




すごいな〜。

そしてそのオーラが全開なのがすごいです。




自分も断固たる決意がほしいですね。




一応こんな決意してるんですが・・



「求めないで与える」






求めるところからイライラが始まります。

求めるところから人間関係のほころびが始まります。




わかっちゃいるけど・・・。






自分の行動軸。


1.プラス受信

2.自己原因




これ、すなわち「メンタリング」






そういえば福島先生こんなこと言っていました。





世の中には3つしかない



1.感動

2.感謝

3.チャンス






シンプルにいきましょう!
posted by M at 22:56| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

福島先生A



昨日は手抜きのブログでスミマセン・・。



ちょっと眠気に負けました・・・。






さて、昨日の福島先生のセミナー。


3回か4回かに分けて書こうと思います。





今回は講義の内容です。





福島先生はすごく楽しそうにいつも話してくださいます。


実際自身も楽しんで生きていらっしゃると思います。




全てに感謝し、問題をチャンスと捉え、夢を持ち、他人を支援し・・・




最高の人生ですよね!




でも、意外と厳しいこと言ってるんですね。



もちろん押し付けではないです。

いたってシンプルな話です。




「努力」「苦しみ」「頑張り」・・・



なんか、最近の癒しブームの中では、意味を取り違えると「いけないこと」と

いうふうにされているような言葉。




でも、それをすっぱり肯定しているんですね。




感動は困難の先にあるものというのが基本的な考え方ですね。




「感動」



てんつくマンの本のタイトルにこんなのがありますね。



「感動なき続く人生に興味なし」





じゃあ、「感動」ってどんなときに感じるのか。




ちなみに以前鍵山秀三郎さんからこんなお話をいただいたことがありました。




「感激」と「感動」は違う。

「感動」は感じて、動いたときに得られるもの。    と。





蛇足ですが中国では「感即動」だそうです・・・。




感動って動いたときなんですね。




そしてその大きさは困難の大きさ、苦労の大きさに比例するんですね。




感動は楽して味わえない。



だからこそ人は困難にあえて立ち向かうんですね!




そして福島先生はその困難とワクワクして向き合う!





まさに、まさにまさに、そうですよね・・・。



今の私の座右の銘は 「努力なくして感動なし」





そして、福島先生の言葉にこんな素敵な言葉があります。





「決意とはいかなる困難も受け入れること」




講演の中で言っていました。



「世界一になる人は、やる前から決まっている」



つまり「決意」をした人なんですね。




どんな決意か。




「世界一の苦しみに耐える」という決意!





スケートの清水選手がどのくらい練習するか。

どのくらいやったら、練習をやめるのか。






「気絶するまで」








結果の差は決意の差なのかもしれません。



もちろん「決意」したら行動するって前提はありますが・・。





じゃあ、その決意ってどうやって差ができるのか・・。




どれだけの人と出会ったかですね(本も含めて)。





他を知らないと、自分で勝手にやってるつもりになるし
勝手に限界を決めてしまいますね。



その自分の限界値・ものさしを広げるのは他人。



それが私の「他人比較論」です(笑)







「世界一の苦しみに耐える決意」

「気絶したときが練習が終わるとき」



かっこよすぎます!





自分、できているのか?


な〜んにもできていないですね・・・。






実際にそこまで腹もくくれていないです。正直・・・。





だから、「できない」なんて言えないですね。。


「やっていない」だけ・・・。







「世界一の苦しみ」って正直想像できません。





でも、まずはできることを決めます。






私の決意



「スタッフより楽をしない!」








まだまだメンタリングは私には到底できていません。



感動が人のスイッチを入れ、人を成長させていくという考えは持っています。




私はまずは困難に向かう姿を見せる。


それが私のメンタリングの第一歩なのかもです。




福島先生のHPにメンターについてこんな言葉がかかれてあります。







誉めても、叱りつけても

どのように接したとしても

人は、それに応じた育ち方をする

子をみれば、親がわかり

部下をみれば、上司がわかり

社員をみれば、社長がわかる

人が勝手に一人で育つことはない

人は育てたように、育っている

自分のまわりにいる人は、自分の鏡である

相手がそうしているのは、自分がそうしてきたから

相手が本気にならないのは、自分が本気になっていないから

怒らないとやらないのは、怒ってやらせてきたから

まわりが助けてくれないのは、自分がまわりを助けてこなかったから

部下が上司を信頼しないのは、上司が部下を信頼してこなかったから

収入が少ないのは、価値を与えていないから

つまり

得るものを変えるためには、まず与えるものを変えれば良い

他人を変えたければ、自分を変えれば良い

人を育てたければ、自分が育つ姿を見せることである








話がいったり来たりしてしまいましたが、とにかく




「スタッフより楽をしない!」





決めました!



メンタリングの第一歩です!


posted by M at 20:49| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島先生@

いや、ついにこの日が来てしまいました!


夢の巨匠福島先生!


いとう眼科へ!



これは、なかなかありえないですよ!




でも、実現してしまったのですね・・。




講演もやばかったですし、その後の夢会もヤバすぎた・・・。



そして、Mゼミも23:30まで・・・。




最後は軽く飲み!




超・超濃密な時間でした・・・。





頭が働かないので、詳細は明日!


P1050160.JPG


posted by M at 02:17| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

笑顔神



てらさん、やっぱり笑顔すごいね!



「360度笑顔」って川越胃腸病院さんで聞いた言葉だと思いますが
まさに、それ!





話しかけられたとき

話しているとき

写真を撮るとき

ご飯を食べるとき

何もしていないとき・・・




トイレのとき・・・・・・・・






常に笑顔です!



正直、いるだけでいいです。そんな人がいたんだ〜。






まさに  「笑顔神」





そんな神が今日いとう眼科の2人に火をつけました!






聞き手に周ることが多いてらさん(聴く姿勢、ハンパないです!)、

でも、自分では「発信もしたい」と。

そんななか始まったのが、朝礼での一言。

人前で話すことが苦手なてらさんが、みんなの前で

お話をする訓練が始まりました。

それが端を発して今は「今日のてらさん。」へ。

読んでいるだけでほっこりするようなステキなメッセージが

愛知から発信されています。






その姿に感動したイッシーは、朝礼で「自分もやる!」と決め
早速ブログを作りました。



タイトルは





「今日より明日」




ステキですね〜。







そして、それにさらに刺激を受けた、負けず嫌い(笑)のトムくん。





そんなトム君も一歩を踏み出しました。




タイトルは






「腹!肝!」





ステキですね〜(爆)







2人ともすごいです!




この一歩は大きいですよ!


ブログに限らずやりたいな〜とか思っていてもなかなか一歩が
踏み出せないことって多いはず。ってかそんなんばっかり。


でも、こうやってひとつずつ一歩を踏み出していくと、それが
習慣になれば、もう一歩の躊躇がなくなりますよね。



だって、一歩を踏み出して後悔することないから・・・。






「失敗とは何もしなかったこと」






その2人の大きな一歩を後押ししてくれたのが



笑顔神 「てらさん」





てらさん、ありがとん!





今日も一日よろしくね!




最高の一日の予感です!!!!!!
posted by M at 05:34| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

てらさん上陸


さて、いよいよ、てらさんの留学が始まります!



今日の夕方てらさんが高崎に来ました!


高崎、初上陸!



GYUちゃんとよりちゃんと迎えに行って、東京で研修中の
今井ちゃんは駅で合流のはず・・・



が・・・


今井ちゃん、新幹線間違えて、軽井沢に行ってしまいました・・・。




あちゃちゃ〜〜〜〜〜〜〜




ちえちゃんのときもしでかしました・・・




決めるときは必ず決めてくれる人です!




最高のネタメーカーです!




で、そのGYUちゃん、よりちゃん、てらさんと、高崎駅で
今井ちゃんを出迎え、一路食事へ!




てらさんはやっぱり最高でした!
何度見ても笑顔がいい!
アレだけの笑顔の持ち主ってそうはいないです!
笑顔選手権とかあれば、日本代表とかいけますよ!


そして、やはりよりちゃんと笑顔にてる!

こりゃ、にすぎですよ!




とにかく、会った瞬間からやられましたね・・・・




食事中てらさんに聞いたんです。



「何で仕事しているんですか?」って。




即答えが帰ってきましたね。




「笑顔でいたいから」




なるほどな〜。

笑顔でいるために仕事をする。

仕事は様々な人と触れ合うことができるので自然と笑顔になれる。



人は笑顔の対象となんの疑いもなく信じているてらさんが最高です!




つらいこととかそんなにないそうです。


そうですよね、人を笑顔の対象と超プラスで見ている限り!





てらさんの笑顔、まだまだ奥が深そうです!



これから数日間で、その秘密を探求したいと思います。





てらさん留学、スタートです!

posted by M at 23:38| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

背中



今日は急遽セミナーに行くのをやめて、医院にいました。


3人がセミナーに抜けて、また土曜日で混雑するということもあって

久しぶりに外来に居座りました。



やっぱり、外来はいいですね!


なんだか、元気になるんです!



そして、新人さんのこともよくわかる!




外来を離れて自分の部屋で仕事をしていると、

どうもスタッフと距離を感じてしまうんですね・・・。

当たり前ですが。




現場にいないと気づかないこともあります。

もう少し現場を意識してみようかな〜と思いましたね。





で、今日は新人さんをよく観察していました。




頑張っています!




なんでそんなに頑張れるのかな〜って考えると

やっぱり「先輩」なんですね。



先輩がすごいですもん。





動きがすごい。

元気がすごい。

なにより、やる気がすごい!




やはり人を育てるには



「背中を見せる」



どんな言葉より「背中」なんですね。




「何を言うか」より「何をやったか」


そして


「うまくいった結果」より「チャレンジした姿勢」






いとう眼科スタッフ、いい背中見せてます!



いい循環が出来上がっていますね!




私ももっともっと背中みせなくちゃ、申し訳ないですね!





さあ、いよいよてらさん、いとう眼科・初上陸です!




気合入れていきましょう!





エムのNO.1宣言


「背中を見せる男日本一」



posted by M at 01:43| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

健康


健康って本当に大切ですよね。


実は妻が昨日から動けません。
昨日は声も出せない状況。


今日は39度まで熱がでて、あわてて救急外来に
連れて行きました。。。



のん気にブログ書いている場合じゃないか・・・。




改めて思うんです。



健康ってありがたいな〜。



最近よく見ますが「感謝」の反対は「あたりまえ」



健康ほど当たり前って思っちゃうものないですよね。



そして、妻が病気になると、家事のたいへんさに気づく。



ウチは散らかし盛りの子どもが2人。



1時間も部屋を片付けないと恐ろしいことに。



私が帰ると・・・・・。



気がめいる・・・。




ご飯の後片付け、お風呂の掃除、部屋の掃除・・・

そして、一番が子どもの面倒!




正直病院から帰ってやるのはしんどいな〜。


こんなときだから、別に苦じゃないけど



これが毎日だとしたら、もう・・・・・




主婦’sは偉いな〜。




改めて思います。



そして、そんな状態でも一生懸命頑張ってくれる姿に感動すら覚えます。



感謝です。




さて、私。



これはチャンスかも。



普段気づかないことを気づくチャンス。



健康のありがたみをしるチャンス。



子どもと向き合うチャンス!




何の気がかりもなく仕事に意識を集中できることに、ただただ感謝です。




さて、これから片付けるぞ!




起こさないようにそ〜っとね。。。





でも、先にコメント返ししよっと!
posted by M at 22:50| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンター



ありがたいことに、私にはメンターが沢山います。


勝手にそう思っているだけですが・・・



もちろんスタッフのそのうちの一人です。


スタッフから学ぶこと多いです。


昨日もすごく学びをもらいました!






今日はあるメンターかたいただいた言葉を勝手に紹介します。


勝手なので、名前は伏せますが、多分わかるでしょう・・。








患者さんに寄り添い、話を聴くためには論文・知識は必要ないんです。

むしろ、邪魔?



じゃ、何で勉強をするのか?


知識(技術)を横軸に、やる気(気持ち・想い)を縦軸に
した場合どんな医者にかかりたいか?を、よく勉強会で導入の時に問います。


もちろん、一番かかりたいお医者さんは両方を最高にもっている方ですよね。


じゃ、かからない方が良い医者は?




両方がない人、



ではなく、




「知識がなくて、やる気がある人」なんです。



私達のやっている医療行為は、どんな処置であれ、
適応が間違っていると「害」にしかならない。

間違った知識・技術をもって、でもそれが正しいと思って、
やる気満々で、対応していったら、、、、


不幸な患者さんしかうまれません。




でも、もちろん



「技術の差は意識の差」です。




やる気がない人間は、絶対に技術・知識はあがりません。




う〜ん。
確かに。

やる気だけのドクター、医療スタッフに体を預けたいとは思わないですよね・・。




でも、やる気がないと技術・知識は身につきません。




じゃあ問題は「どうすればやる気がでるか」ってことですよね。




これは難しい〜。



だれか答えがわかる人いますか?




もちろんひとつではないと思いますが・・・。






スタッフのやる気に限定したら、いろいろと手段は浮かびますけど・・・。






一番の王道は「心を磨く」ということでしょうか。






心がしっかりしている人は、その責任の重さを感じるからこそ
技術・知識に飢えるのですね。


いとう眼科のスタッフは今その時期にきているのかもしれません。


自分達のやっていることの大きさ、患者さんから寄せられる期待と信頼。



心が成長すればするほど、それらのことを重く受け止めることができるようになり
悩むんですね。




昨日の朝礼で言いましたが、問題は成長するたびにやってきますから。


というより、問題ってもともとあって、気づかないだけなんですね。


問題がやってきたということは、問題に気づくまで成長した証拠。



岡ちゃんも実感していました。



そういえば、最近岡ちゃんコメントないな・・・。




お〜い、岡ちゃん〜ん! 岡ちゃん〜ん!






話は戻して、このメンターさん。



本当にすごい人です。


そのすごさは、メンターさんが育てた(?)スタッフさんを
見ればよくわかると思います。


本人は「育てた」という意識などないと思いますが。


しっかり背中を見せた証拠だと思います。




今月はそのメンターさんと2回も会えちゃいます!


今から楽しみです!


posted by M at 05:40| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

今日は早番の日と間違えて、早く来すぎてしまった。


なので、いつも来たときにはすでに先約がいる

栄光のトイレ掃除をやりました!




やっぱ、きもちいいですね〜。

トイレ掃除も男女やると20分はかかりますね!



皆がそろうのは7:45頃。

私が来るのが8:00ちょっと前。

こりゃ、もう少し早くこなきゃいかんかな?




朝は仕事がはかどりますよね。



お世話になっている日本経営の藤澤社長は毎朝

6:00にきて、仕事をしているそうです。

あすなろ歯科の野村先生も相当早いとか・・。




朝がたがいいのはわかっていますが、どうも、夜が遅くなって・・。

結局ダラダラしてるからなんですよね・・・。





まあ、今日は早朝ブログも書けたし(あんまり内容ない・・・)

いい一日が始まりそうです!




さて、これから、朝礼でっす!






そうそう、今日の朝礼では野村先生の今朝のブログ
を発表しようかと。

いつも、いいブログありがとうございます!



http://blog.livedoor.jp/asunaroshika/archives/2009-04.html#20090408




posted by M at 08:18| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

私のリーダー論



最近は更に外来に降りる機会が減りました。



スタッフの人数が増えたというのも理由のひとつですし

スタッフが信じられるようになったというのも理由のひとつです。



でも、自分がリーダーだということを忘れてはいけません。



リーダーの役割をよく考えました。



私の理想とするリーダーとは




やっぱり、「背中を見せるリーダー」ですね。




これに尽きますね。



全てにおいてスタッフに優っている必要なんてないんですね。




でも、絶対に熱意だけはスタッフより持っていないといけません!

「頑張ること」「努力すること」もスタッフに負けてはいけません!



そして、「生き様」を見せなければいけません。





自分は生き様を見せていたのか・・・。





自立するために、自分達で考え動くことが必要!外来は任せた!


などと体のいいことを言っていただけで、実は自分が楽をしようとしていたのでは?




もっと泥臭い仕事をしなきゃ・・・。

ひたむきに仕事しなきゃ・・・。




思ったことは即行動。
気づいたことは即実践。




思っているだけじゃ、背中は見せられません。
思って動いて・・・。
そして尊敬されるくらい頑張って・・。



そうやって初めてスタッフは背中を見てくれるのでは・・。




やりますよ!


今日は短めで失礼しますね。

posted by M at 18:09| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

子どものこと



今日は久しぶりに子どもの話を書きますね。





今日は長女の登校日。

この春で4年生になりました。

早いものですね〜。




そんな長女(萌)と少し夢の話をしました。




ちょうど自分も先日夢を語ってきたばかりですし
福島先生用の「夢シート」も作成していましたので・・・。





長女は「お医者さんになりたい」と前から言っていました。




そのことが頭にあたったのでこんなやり取りをしました。





(エム)「萌ちゃんはさ、群馬大学行(医学部)行きたいの?」

(モエ)「ううん。東大(医学部)」




(エム)「・・・」




(エム)「東大って医学部だよね・・・?」

(モエ)「うん・・」




(エム)「そっか。でも、なんで群大じゃないの?」

(モエ)「東大ってさ、日本で一番難しいんでしょ?」



(エム)「多分そうだけど・・・」

(モエ)「一番難しいところにいければ、一番いいお医者さんになれると思ったから・・」


(エム)「・・・」



(エム)「モエちゃんは、お医者さんになって、何をやりたいの?」

(モエ)「病院の隣に『お話教室』も作りたいの」



(エム)「お話教室って?」

(モエ)「悩んでいる人とか、悩んでいなくてもお話がしたい人が来てくれて、話を聴いてあげるんだよ」



(エム)「・・・」



(エム)「そっか〜。いいじゃない!で、モエちゃんは何の先生になりたいの?」

(モエ)「外科の先生」






こんなやり取りでした。




外科医でありながら、心のケアもしていきたいとのことです。




最後はちょっとしたオチでしたが、正直びっくりしました・・。




いつの間にって感じですよね。





現実を見れば、今のペースでは東大の理Vは厳しいです・・・。


でも、「難しいよ」とか「ムリじゃない」とかは絶対に言いたくありません。



子どもの可能性を親が勝手に決めたくないですし・・・。




「蛙の子は蛙」って言いますが、自分の可能性も信じたいです。



そんなモエちゃんはこんな子です。


photo (2).JPG



かわいいでしょ〜(笑)






そして、我が家には最終兵器の次女がいます。



小温(こはる)といいます。



今日のこはるはこんな感じでした・・。














photo (1).JPG








衝撃的な長女の夢を聞き、
衝撃的な次女の生き様を見て



最高の休日を過ごすことができました!


posted by M at 23:13| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

知覧 後編


さて、知覧シリーズ2日目。


今日は夜のお話。


あつ〜い、あつ〜い夜でした。




富屋食堂を後にした私たちは富屋旅館へ。



なんと、旅館は貸切!




食事を済ませていた私たちがすることは・・・



そう 「宴会!」




これが熱かったんですよ!




20:00にスタートした宴会は、結局最後27:00.



7時間の濃厚タイムでした。






最初は4つのテーブルに分かれて話しがすすみました。




それぞれがいろいろな話をしていたと思いますが、




私のいたテーブルは最初から「夢」の話。




夢が明確なスタッフもいれば、はっきりしてこないスタッフもいる。


いろいろな話をしながら、みんなで夢を探っていきました。



途中ツトム君やちえちゃん、あややの思いも聞きながら

自分たちの思いと照らし合わせたりして、探っていきました。




みんな思いは一緒なんです。



「目の前の人に幸せになってもらいたい!」



でも、それは漠然としています。

だからこそ悩んでしまうんですね。




じゃあ、「幸せになってもらうため」に何をするのか。



どんなことでもいいけど、何をするのか。



この「目標」を設定することでより突き進みやすくなるんですね!






ある人は同じ思いの同志を集ってプロジェクトを発足。

ある人はより患者さんやチームのみんな、家族の為に看護師を目指す。

ある人はより患者さんの心を支えたいと心理の勉強を本格的に取り組む。




素晴らしいです!

今までかなりの時間を一緒にすごしてきても出てこなかった

決意が今日は沢山聞けました!




私はというと、やはり目の前の人の幸せ。

そして知覧記念館で感じた「人のため」ということ。


まずは来年桜の時期までに、イベントを実施します。


前々から構想はありましたが、今回山村先生とお話しさせていただき

具体的に動き出します!



東と西の医院約100名で、スタッフが思いをぶつけ合う舞台。


熱く自分たちの思いをぶつけ合う舞台を作りたいと思います。


いろいろな方たちのご協力が必要なので調整は必要ですが



平成22年3月21日



熱い志を持ち、仕事へ情熱を燃やし、精一杯生きている
全国のスタッフが激論を交わします。


そしてそれが、少しずつ広まっていき、やがては全国に飛び火し・・・。

そんな想いがあります。





宴もたけなわなとことで、な・なんと斉藤ひとりさんののお弟子さん

と言われている「永松茂久」さんが途中参戦。



ここからみんなの夢発表タイムが始まります。


総勢30名を越す発表ですので、諏訪先生から割り振られた時間は

一人約1分。



簡単な自己紹介と知覧で思ったこと、1年後の夢を語るのです。







栄光のトップバッターに指定していただきました。

(ちなみに後半のトップバッターは山村先生(笑))





まあ、さすがに1分は難しかったので、多分1分30秒くらいだったと

思いますが、自分の思いを伝えました。



「だれかの為に」


誰かの為に散っていった特攻隊員のことを思えば


自分の為だけに生きていることに罪悪感すら感じてしまいます。



「誰かの為に」



それは目の前の人もそう。

そしてもっと先にいる人もそう。


永松さんの言葉を借りれば「FOR YOU」の精神で生きます。






そんな内容でした。





でも、・・・



ずるい・・・



あとは、もう演説大会・・・。




1人、15分、20分はざら・・・。



もっと伝えたかったのに〜〜〜〜。




ってそれだけみんな熱かったんです!




いや、ほんとに凄かった・・・


すごすぎた・・・。





とんでもない空気が充満して、みなすごいんですよ・・・。




最後に締めていただいた、特攻隊の母鳥濱トメさんのお孫さん

明久さんは、あまりの感動に、部屋に帰ってから泣くと言っていました・・。

男は人前で涙は見せないと・・。


実際に発表の時から泣いている人たちもたくさんいました。。





思いのたけを語り、仲間は全力の支援の体制で聞いています。




感動の空間でした。





いとう眼科スタッフもそれぞれの夢を語ってくれました。


特に私の目の前で一生懸命夢を考えてくれて、それをみんなの
前で発表してくれたこと。


言葉にできないくらい嬉しかったです。



もう本気中の本気で支援します!



他の人も感動的でした。


みんな「誰かのため」ってフレーズが入るんですね。

カタチは違えども、「誰かのため」



「今の若者は・・・」って私がまだハタチそこそこのころから

ずっと聞いてきた言葉ですが、



そんなことない!


日本は絶対に良くなります!




ただ単に私たち大人(?)がそういう環境を作っていないだけ。


スタッフが輝ける環境を作れていないだけ。





やりますよ!




全員の発表が終わったのが24:30ころでしたでしょうか。



人の夢、本気の思いを聞くのって最高ですね!



みなさん、ステキな思いをぶつけてくださって、本当に有難うございました!





そしてそのまま2次会へ。


(といっても同じ部屋ですが・・・)




ここでは桜井社長、越智田社長、井上社長、中西さん
同室の山村先生、ツトムくん、院長
すまいるメンバーさん、あすなろスタッフさんとどーでもいい
話しから、すごいディープなお話しまで。



メガトン級のお話しです。



ここで話した人達は分野は違えども、みんな

「日本を元気にする」という類の壮大な夢を持っています!




なんか、すごいな〜って。





桜井社長は人を輝かせる男日本一。
同じ思いも持った横のつながりをもって日本を元気にする。


越智田社長はビジネスをとことん追及して、政治に物申せる
くらいの存在となり、今の日本の矛盾と向き合うと。



井上社長は生きる意味を見出せずもがいている若者に
生き様を見せ、人を育てています!


中西さんはそんな井上さんを一番近くで支える
最高のNO.2


山村先生は信じてきてくれたメンバーを心から信頼し
彼女達の可能性を伸ばすことに命を懸けています。


ツトムくんは、介護の世界で働く人たちを元気にしようと
信じられないくらい頑張り、がむしゃらに突き進んでいます。


院長は自分の信じる医療を追求し、日々悩み葛藤しながら
夢に向かっています。




そんな人たちが、時に熱く、時に楽しく夜を明かしました。






今回のツアーが決まったときから、諏訪先生に「凄い人がくるから
あわしたい」と言っていただいていました。


その人は 「井上敬一さん」です。


いや、なんというか、底が見えない・・・。





ひょうひょうとしているようで、ブレてない。



「いい話を聞けた」とか、そんなレベルじゃなくて

「井上敬一」という人間を肌で感じることができただけですごい勉強になりました。




信念、情熱、そしてなにより飛びぬけた行動力。



本当に勉強になりました。





今回は本当にすばらしいツアーでした。



今日の朝の朝礼が全てを物語っていると思います。




1人2分の振り返り。

一体何人涙していたことか・・・。




「今度は母ときたい」
「今度は主人を連れて行きたい」
「また夢を語りたい」
「今回いけなかったスタッフ、絶対に行ってください。私もまた行きます!」




こんな思いになれたのは、やはり諏訪先生の力が大きかった・・・。



企画が持ち上がってから、ずっと私達のためを思って行動してくれました。

どうやったら、私達が充実できるか。



明久さんの講演も、富屋旅館の貸切も、雨のため実行はできませんでしたが桜の下での夢会も

観光客が訪れないリアルな場所への見学も、最後の誕生日サプライズも・・・



全て私達のために一生懸命動いてくださいました。




この旅行がここまで充実したものになったのは、間違いなく諏訪先生のおかげです。




本当に本当にありがとうございました!




まだ完全に落とし込めていない部分も含めて、今回はすごい
気づきの多い旅でした。



かならず、今後につなげます!



井上さんと

P1000393.JPG



いとしの諏訪先生と

P1010565.JPG



いとしの山村先生と・・・

P1010555.JPG


鳥濱明久さんと

P1010561.JPG



いとう眼科のみんなと

いとう眼科.JPG







最後になりますが、こんな素敵な舞台が新宿でやってます。

そしてその舞台に出演している女優の松本さんと!

無題-スキャンされた画像-07.jpg DSCF1188.JPG




posted by M at 22:37| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知覧 前編



行ってきました。



九州は鹿児島・知覧。


そう、第2次世界大戦、特別攻撃隊、通称 「特攻隊」 が飛び立った
日本の秘密基地。



生きて帰ってくることが許されない
死ぬことが仕事。



生きていれば日本の将来を背負っていたであろう20歳前後の若者が
250キロ爆弾を積んで次々と沖縄周辺に停泊しているアメリカ軍艦隊へ
決死で飛び込んでいった悲しい事実。



その舞台となった鹿児島県の最南端・知覧です。



きっかけは昨年11月の諏訪ゆう子先生の笑顔セミナー。
懇親会のときに、ふと出た話題がトントンと進み、話が決まりました。



大好きなすまいる歯科さん、あすなろ歯科さん、ツトムくん,
櫻井社長、越智田社長、井上社長、ヨッシー、そして我らがアイドル
諏訪ゆう子先生と行ってきました。




いとう眼科は総勢16名。

むっちー、イッシー、ベジータ、かりりんは家族で参加!

嬉しいですね〜。




さて、今回の旅行は生きる意味を再度見つめなおすための旅行です。

単なる観光ではないので、事前にしっかり予習はしていきました!





特攻隊。


当時は軍神と崇められ、今でも「大和魂」の象徴として
捉えられています。



「命を投げ出してでも国、愛する家族を守ろうとする誇り高き青年」とういうイメージでしょうか・・。




勉強不足ということが大きいですが、歴史は難しいです。



事実は確定しています。





「20歳前後の青年が死ぬために飛び立った」という事実。





でも、見方は様々です。



戦争当時は日本の守り神「軍神」
終戦直後は「国賊」「悪しき軍国主義の象徴」



戦争自体もそうです
「侵略戦争」「防衛戦争」




第2次世界大戦にいたる複雑に絡まりあう様々な出来事。



日清戦争、日露戦争、満州事変、ポツダム宣言、日本国憲法制定、東京裁判・・・




本当の事実はわからないので、思い込みはしたくないということはあります。






太平洋戦争の日本に動きによって、欧米の植民地政策から守られたアジア諸国の存在。

特攻攻撃が成功したことによって沈められた米国艦隊に乗っていた数千のアメリカ兵。

東京大空襲・原爆投下によって亡くなった数十万の日本人。

戦争の被害によってなくなった何百万人という世界中の人々。





国の方針、政策によって個人的に何の恨みも無い人が殺し合い、相手を殺すことで英雄とされる狂気。



日本が戦争をやった正確の意味はわかりませんし、いろいろな局面から考えてやったことだと思いますので、一概に国が悪いとも思えないのです。

その結果日本国民が守られたという事実があるかもしれません。

そして戦争がなければもっといい日本があったかもしれないという事実もあるかもしれません。






でも、これだけは言えます。


戦争自体がいいはずがないです。
その言葉すら永遠に葬り去りたいです。




人が殺しあってまで得なければいけない大切なものなんてあるはずがないです。







知覧に行って感じたこといろいろあります。



記念館の壁一面に張られているおびただしい数の特攻隊員の写真・・・。


心の声を書き綴った数々の遺書・・・。




記念館では涙を流す人も多かったですが、私は軽い悪寒に襲われていました。




その後、諏訪先生の取り計らいで、鳥濱トメさんのお孫さんであります
鳥濱明久さんにご講演いただきました。





「彼らは決して笑っていった訳ではない。」




心に響きました・・・。




記念館の隊員の写真は笑顔が多いです。



「お国のために」「家族のために」喜んで自らの命を投げ出したという
印象を受けなくもないです。




でも、そんな訳ないのですね・・・。




言葉にはできない葛藤、不安、恐怖で必死に自分と戦って飛び立ったのですね。



遺書の多くに書いてあった言葉です。




「大和男子の本懐」




翌朝富屋旅館の女将さんのお話の中で「国とは何ですか?」と
問われて、全く答えが出てきませんでした。


「大和男子の本懐」・・・ 

想像はできますが、同じく答えは出てきません。





でも、ひとつだけはっきりわかったことはあります。




特攻隊員たちは自分の為に死んでいったということではないということ。




「誰かのため」




今の自分はどうか?

人のためとは言っていても、自分の命を投げ出せるくらい本気なのか?






特攻隊員はどんな未来の日本を夢見て散華したのだろうか。

自分の未来と引き換えにどんな未来を私達に託したのだろうか。



それがわかったら、自分の生きる意味も明確になるのでは。




知覧に行く前はそんなことを思いながら、その答えが見つかればいいなと
思っていました。




でも、正直求めていた答えは見つかりませんでした・・・。





ただ、事実を目の当たりにして思うこと。




精一杯生きたい。
小さく生きたくない。
誰かの為に一生懸命生きたい。



そして伝えていきたい。



そんなことを思った知覧旅行でした。



後編に続く。
posted by M at 13:47| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

3月の読書


3月の読書です。


最初はかなりハイペースでしたが、中盤からジリ貧で

結果ギリギリノルマクリアといった感じでした・・・。


こんな感じです。


P1040802.JPG



今月もいい本ばかりでしたよ!




知覧の本はどれもこれも・・・


てんつくマンの本もあっという間に読めちゃいます


けんちゃんから紹介いただいた本も新たな気付きが


金子さんからいただいた本は自分をみているよう


福島さんからいただいた本はいとう眼科の課題図書に


せんちゃんからプレゼントの本は最高のタイミングで読め


普段は読まない「高次元の国日本」では気高い日本人を改めて誇りに思い


イーグルに訊けはメンタルヘルスの衛藤先生のお勧め本!






この間読んだ「渡したい本がある君のために」にこんなことが書いてありました。




おいしいワサビは清流の中で育ちます。
新しい水がサラサラ流れていくところで少しずつ成長します。
バケツの水の中では育たないんです。

人の心もこれと同じです。
本を読んでも一冊一冊に執着せずにサラサラ流していきます。

読書は心を洗う清流を作り出すためにするものだと思ってください。

読んだそばから忘れちゃうくらいが丁度いいんです。



忘れたと思っても、自分にとって本当に必要な知識なら
ちゃーんと深いところに響いて残っているはず。


もっと読書をしなきゃいけません。



読書とは自分の芯を持ち続けるのに最も大切なことなのです。



そして本を読んだら行動に変える!







ですよね。

本は心の栄養です。

体の栄養は取るのに、心の栄養は取らないっておかしいですよね。



ご飯と同じように読書もしたいものですね。





そして行動!



さあ、これから知覧です!




行ってきます!
posted by M at 06:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

インディアンの教え

今日は朝からメンタルヘルスでした。


タイトルは


「人間成長の心理学」  です。



エリクソンという人はその過程を8段階に分けました。




1.基本的信頼(0歳)

2.自律性(2歳)

3.イニシアチブ(3〜6歳)

4.生産性(児童期)

5.自我同一性(思春期)

6.親密さ(成長期)

7.生殖性(親となる時期)

8.自我の統合(中、老年期)




だから、何?ですよね・・・。


これはブログで説明するのはちょっと困難・・・。


でも、勉強熱心なスタッフが気になるだろうな〜って
思うので紹介しただけです・・・。








なので少し本題と離れた話しをしますね。






赤ちゃんってお母さんのお腹にいるときがパラダイスらしいです。




羊水でふわふわの無重力状態

へその緒で常時栄養補給

胎音は極上のBGM

何より感じるお母さんの愛情




これ以上ない心地よい空間が胎内だそうです。



少し話は飛びますが、人ってどんなものに恐怖を感じますか?


それは経験したことや経験しなくとも知っていることですよね。



頭痛をしたことがない人に、頭痛の痛みはわからないですよね。
だから、頭痛に対して恐怖もないですよね。


では、人は何で「死」を怖がるか。




それは、誰しも臨死体験を必ずしているから。



わかっちゃいましたか?





そうです、生まれるときです。




生まれるということは胎内環境の「死」なんだそうです。





生まれたとき赤ちゃんが泣きますよね。



それは苦痛で泣いているらしいです。




今まで胎盤に守られていた自分が

出産間際になると胎盤に締め出されます。



羊水で快適な無重力状態を味わっていたのがいきなりの重力。


快適な栄養補充もないし、温度だって一定じゃなくなります。




何より、分娩のときって、1トンの加重があるそうです。



苦痛だったんだ・・・。







まあ、これがホントかどうかはわかりませんが・・・。





なが〜い前振りでしたが、インディアンの教えを紹介します。







人は生まれてくるときは絶望と悲しみで生まれてくる。

でも、周りの人は笑顔で見守る。


人は死ぬときは感謝の気持ちいっぱいで死ぬ。

でも、周りの人は悲しみに暮れる。





それが本来の姿だそうです。




じゃあ、いかに生きるのか?




沢山の人とかかわりを持って、
目の前の人、目の前に見えないずっと先の人に

ほんの少しでも、ちょっとでも幸せになってもらうことが

できるよう、自分を高め人生を歩む。





これがインディアンの教えです。



なるほどね〜。


またしても自分を高める意義を見つけてしまいました!










なんだか全くまとまりがないブログになってしまいましたが


結構全体を理解するのに難しい講座だったんですよ・・・。


スミマセン。







さて明日はいよいよ知覧。


今「おじいちゃん戦争のこと教えて」って本読んでいます。

ずっと知覧の本を読んでいましたが、少し視点をかえて

あの時代の考え方、空気、戦争の意義を知りたいな〜って思いました。



内容はあとで機会があったら触れますが、不思議な出来事を二つ。


たまたまこの本を読んでいたら、文中に『新渡戸稲造の「武士道」を
読むといい』と書かれてありました。


おぉ、たまたまありがたいご縁で、今まさにバッグの中にある!




そして、昨日読んだ清水克衛さんの本の中に立花大敬さんの

「心はごむひも」ことが紹介されていました。この本は書店では

買えない本です。

ただこの本、先日けんちゃんに紹介していただいた本でも紹介

されていて、気になっていたんです!





お告げかな〜。


「武士道」  すぐに読みます!

「心はごむひも」 何とかゲットします!





不思議ですね〜。




そうそう。清水さんの本に面白いこと書いてありましたから

あとで紹介しますね!機会があれば・・・。



posted by M at 15:02| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

5人の医師




今日はなんと5名のドクターが朝から見学にいらしてくださいました。



茅ヶ崎市 山田歯科クリニック 山田先生

足利市 しのだ歯科医院 篠田先生

高崎市 柳沢歯科医院 柳沢先生

さいたま市 ひまわり歯科 吉田先生

さいたま市 成田歯科医院 成田先生




中には朝の4時に起きてきてくださった方も・・・。

事前に下見に来てくださった方も・・・。

前泊までしてくださった方もいるとの情報が・・・。



そんな想いまでして、他科まできてくださって・・・



なんて情熱的で向上心があって、行動力がある方たちなのだろうって尊敬します!




いとう眼科も今、スタッフ増えていますから、今日は20人くらいで掃除しましたかね・・。
あっという間に終わっちゃいました!




皆さんすごく一生懸命参加してくださいました。




「掃除は腰」




皆さんすごかったです。タイル磨きなんて、すごい腰はいっていました!


P1040814.JPG P1040815.JPG P1040850.JPG






今日の外来はすいていたので、朝礼・掃除を終えて少し外来を見学していただいた後にスタッフ数人と2階で約2時間お話させていただきました。


P1040884.JPG P1040889.JPG




こういう機会って私にとってもすごくありがたいんですね。



質問していただけると、自分自身再度振り返ることができます。




これが結構大きいんです!一人じゃまずやらないですから・・。




皆さんすごく真剣にいろいろお話してくださいました。








なんとかいい医院をつくりたい・・・。






そんな思いしかないのですね。

嬉しく思います。





科は違っても、場所は離れていても、同じような思いで

頑張っている方たちがいると思うと、本当に嬉しいです。





でも、参考になったのかな・・・




質問とかたくさんいただきましたが、答えていてイマイチ、
自分自身でもピンとこないんですね・・。



間違いじゃないけど、そこかな?って。





なんとなくやってきたわけでもないし、一応何かに向かって

突き進んではきましたが、どうも質問されると・・・。






でも、結局自分なんですね。






周りに何をしたからこうなった・・というより自分が変わったからな?




「自分が!」「自分が!」ってことではないですが





特に私はリーダーなので、良くても悪くても自分なんですね。







山田先生からありがたい質問をいただきました。





「今現在、いとう眼科で何か問題はありますか?」





以前なら答えていたんだと思います。


「スタッフの○○○が問題です」って。





でも、ふっと思い浮かんだのが、「自分が問題」ってことです。






スタッフは皆一生懸命楽しんで頑張ってくれています。

それでも、まだスタッフに問題をもってくるとしたら

それはまさしく自分の問題なんだろうなって。




「スタッフの○○○が問題」って思ったとしても

よ〜く突き詰めて考えていくと、自分の問題になってるんですね。




今までもその考えはなかったわけではないですが
よ〜く考えないと自分の問題とおきかえられなかったんですね。






でも、今日は不思議なくらい自然と「自分の問題」って思ったんですね。






自分のどこが問題なのかは、問題だらけでよくわかりませんが(笑)





もっともっと成長したいですね。





昨日野村先生とお話していても思ったのですが、


人に何かを求めるから「問題」って起きるのかなって。




「求める」を「支援する」に変えれば、接し方は全く違ってきますね。





自分の都合を押し付ける、自分の為に相手を利用する・・

極端な話、こういった考えだと、「問題」は起きるんでしょうね。






自分と相手とは違うから・・。







でも、細かいことは私は言います!



返事をしない人がいたとして、それを「自分と他人は違うから」とは見過ごせないです。




「だらしない」とか「キチンとしていない」とか私、嫌いですので・・。





細かいことは言いつつも、その人の幸せを望んで、成長を望んでいれば
きっと相手も理解してくれるのではって。





私なんてまだまだですね。

自分でこんなこと書いていて恥ずかしいです。

でも、言ってしまうと、自分にプレッシャー与えられるから!






やってること違ったら指摘してください。

(できないか・・・)





今日は朝からとてもいい刺激をいただいた素晴らしい日でした。






いとう眼科の皆もありがとう。

私も結構早くきたつもりでしたが、もう来たときに何台も車が・・・。

毎回思うのですが、別に早く来たからといって給料がでる訳でも

ないのに、嬉しいですね・・・。

応えたいです!



そして、朝礼でも思う存分気持ちを伝えてくれましたね!


外来も元気でした!



よかったですよ〜!






そしてそのままの状態のままお昼の



「ベジータ誕生パーティー」へ。



楽しかったですね!




皆が家でつくってくれた、赤飯、ひじきご飯、おひたし、お新香、

胡麻和え、そうめん汁、ちょっと固めのクッキー!

最高ですね!





みんなに感謝です。ありがトン。





posted by M at 14:12| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

新学期



今日は4月1日。



いよいよ新年度のスタートです!


いとう眼科では、よりちゃん、むっちー、えみちゃんの3名が

入職してちょうど1年を迎えました。




早いですね〜。もう1年ですから・・。



3人ともこの一年間すごく頑張ってすごく成長してくれました。



今やいとう眼科の中心的存在です!



そして実は今すまいる歯科さんに行っている牛君も正職員になって

ちょうど一年!

しかもそのうち半分は学校でいなかった・・・。


信じられないですね〜。



やはり「思い」の力はとんでもないですね!



誰が見ても牛君が1年とは思えないですもんね。。





さて、ここ最近入職ラッシュです。




まず、あやさん。


この4月から看護学生として学校に通いながらいとう眼科で働いてくれます。


子供とだんなさんがいるんです。そして仕事と学校と・・・。


とんでもないですね!



意欲が凄いんですよ!もう、とにかく期待掛けまくりです!







そして、来春卒業予定の短大生が2名!


オグちゃんとカトちゃん。


2人とも、学ぶ姿勢、笑顔が最高です!


アルバイトに来てくれています!


このまま育てば、どうなっちゃうんだろうってこちらも、期待掛けまくりです!






とどめはよっしー。

先日ブログでも紹介しました。



よっしー、今日から正職員として働いてくれます。



初日が初朝礼当番の日。



朝礼の音頭は完璧でした。

練習したんだろうな〜。



そしてその前のスピーが凄かった。





「3つの決め事」を発表してくれました。





1.動く

2.感謝の気持ちを忘れない

3.自分と仲間を信じる





相変わらず、新人離れしてますね・・・。

普通スピーチなんてそんなすぐにできないですよ!



それをすらすらと・・・。いや、末恐ろしいですね!





去年の4月。

これからどんな世界が待っているのだろうとワクワクした感じ。




今年の4月。

相変わらずワクワクしています。





新人さん、4名、よろしくお願いいたします。


posted by M at 23:00| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。