2008年11月30日

エムとトムの感想文

昨日はギリギリで、読みにくいブログで失礼しました。。


そういえば、画像を入れててなかっので、入れますね!
11月の読書リストです。

51E2gJjSl0L__SS500_.jpg 51mjWsJnc%2BL__SL500_AA240_.jpg

32009441.jpg 32129434.jpg
 
ISBN978-4-569-69679-9.gif s_978-4-88510-165-6.jpg

41kj44YrzBL__SL500_AA240_.jpg


やべっ!
厚い本ないって気付いたかな・・・。







さて、今日は依ちゃんの感想文をアップしますね!



「こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した」を読んで
平成20年11月26日
富岡 依子
いよいよ来月、鬼丸さんがいとう眼科にやって来ます。まずは、鬼丸さんの事をもっと学びたいと思い本を読ませていただきました。
鬼丸さんは私と同世代です。同世代の人がこんなにも世界に目を向け自分にできることをまず考え、大きな一歩を踏み出しているという事にすごい刺激を受けました。この半年にたくさんの方々に出会ってきましたが、すごいと尊敬できる人はみな、自分の為だけに仕事はしていませんでした。みな命の大切さに目を向け、社会貢献や世界平和の為に「志事」をしている人ばかりでした。鬼丸さんもそうです。世界平和のため、地雷を無くし、元子ども兵の社会復帰のため、それらを自分の志事として日々奮闘しています。
「変えられないものなんてない。
なんだって可能性だ。
僕たちはいつだって、自分のやれる限りのことをめいいっぱいすればいい。」
鬼丸さんを強く支えている義足のランナー、クリス・ムーンの言葉は私の心にもずっしりと残りました。何でも無理・難しいと投げ出して逃げるのではなく、自分にできる事は何なのかを考え、まずは一歩を踏み出す事が大切なのだと学びました。てんつくマンの「動けば変わる」「微力であっても無力でない。たとえ1mmの努力でも、みんながすれば世界がかわる」という言葉を思い出しました。
最近は日本の特攻隊についての映画をみたりして、戦争という言葉に敏感になってはいるものの平和な日本にいると何となくどこか人事のように思ってしまう部分もあります。でも、世界では今なお戦争が続いている場所があります。私達はその事実に目を逸らしてはいけないのだと思います。小さな事でも「積み重ね」が大事だと鬼丸さんの本は教えてくれました。私も募金をしたり鬼丸さんの話を周りの人にしてみたりと、できる事からはじめていこうと思います。
鬼丸さんの本の中のたくさんのメッセージは、世界平和への想いだけでなく、自分の生き方も見直すことができました。
未来を決めるのは誰でもなく自分自身。そして、未来に結果を見ようと思ったら、「今」を動き出すしかない。「今」動き出さないと、未来に結果を見ることはできない事を学びました。そして、強い想いは必ず形になる事を鬼丸さんの今までの姿勢や行動が教えてくれました。
12月9日の鬼丸さんの平和セミナーがとても楽しみです。実際に鬼丸さんにお会いできるのが待ち遠しいです。本だけでは感じられないものを鬼丸さんからたくさん吸収していきたいと思います。




この間鬼丸さんの講演の画像見つけちゃいましたよ。
興味があるかたはこちら。
http://ameblo.jp/yumeouen/entry-10031775037.html

鬼丸さんも気付けば、もう10日!
講演会の前には少年兵の本も読みたいと思っています。


前も書いたけど、この本は結構啓発系のニオイがする本なんですよね。
今自分達にできることは、知ること。
知ったら何かが変わるかも。
違う世界のことと遠ざけないで、今回は知ろう。
そうすれば、なにができるかがわかってくるかもですね。


当日はNHKラジオの取材もあります。
誰がインタビューされるのかな〜。

posted by M at 23:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

エム感想文3連チャン

今月はきつかったな〜。イヤ〜、きついというより危なかった〜。


今月は中旬くらいまでで読んだ本は1冊・・。
正直、もうダメかと思いましたよ。


でも、違うんですね!


「読書する時間がない」なんてウソでしたね。あるんですね。時間って。
ちょっとした細切れの時間や家に帰ってからの時間の使い方次第で
いくらでも読めるんですね。


そして、目標の大切さを身にしみました。
7冊を目標にしていなかったら、絶対に諦めていて、せいぜい2,3冊だったとおもいます。

でも、絶対に読む!って決めてたから意地でも読みました!

そして、目標以上ってなかなかいけないってことにも気づきました。
多分「8冊」と目標にしていたら、8冊読めたでしょう・・・。


そこまで数にこだわらなくても・・・
もっとじっくり読んで、実践にうつさないと意味がない・・・


という声も聞こえてきそうです。
でも、これから書く本「脳を活かす勉強法」by 茂木健一郎
にも多読、濫読が脳にはいいって書いてありました。
あくまで「脳」にですけどね・・・。




では、早速その「脳を活かす勉強法」を少し紹介。



著者の茂木健一郎さんって結構有名な人ですけど、知ってます?
多分写真を見れば「あ〜!」って。


脳科学者で書いた本は相当な数に上るはずです。

この本も発売されてまだ1年たっていませんが、50万部突破したとか。

この本、私が買ったわけではなく、家にあったというから、それがゆるぎない証拠でしょう・・。


そしてメディアにも数多く出ています。
「プロフェッショナル仕事の流儀」のパーソナリティーをはじめ
最近ではレッドカーペットの審査員としても出たらしい。

とにかく、有名人なんですって。



この手の本って結構前半に著者の伝えたいことが多く書かれていることが多いような気がします。

そしてこの本もそう感じました。



脳の中では「ドーパミン」と呼ばれる物質がキーらしいです。

ドーパミンとは、脳から分泌される物質で、
その分泌量が多ければ多いほど、人は大きな快感や喜びを感じるらしいです。


逆に言うと、ドーパミンが分泌されなければやっても楽しくない。


そうであれば、大切なのはどうやってドーパミンを分泌させるか、
本の言葉を借りて言うと「ドーパミンによる強化サイクル」をつくるかが重要になってきます。



ただ、脳は「できる」とわかっていることを続けても喜ばないそうです。
ドーパミンは出ないそうです。

苦しければ苦しいほどその後の喜びは大きく、より強化される。
それが脳のメカニズムだそうです。


自分に負荷をかけて「コレは無理かもしれない・・・」という難しい課題にチャレンジする。
そしてそれが成功したときに脳が喜ぶ。
これがとても大切で、ありとあらゆる現場で起こっている現象らしいです。



「脳に負荷をかける」



これが、とても大切なことなんですって!




そしてその負荷の掛け方も説明がありました。


「タイムプレッシャー」

その名のとおり、時間制限の事ですね。
大切なことは、

1.人から強要されたタイムプレッシャーでないこと
2.自分のキャパシティ以上のプレッシャーをかけること   です。


このドーパミンを操ることができたら・・・







そしてあとひとつ大切なのが集中力です。


「周りから隔絶された環境のなか、全身全霊を書けて集中する」


大切なことは3つ。

1. 速さ(作業のスピードを極限まで速くすること)
2. 分量(とにかく圧倒的な作業量をこなすこと)
3. 没入感(周囲の雑音が入らないほど夢中になること)


人並みはずれて勉強が出来る人、世界の超一流スポーツ選手、ビジネスの成功者はみな無意識にこれを実践しているそうです。



やはり、ラクをしては、得るものはたかがしれてるんですね。
何かを得るにはそれなりのことをキチンとやっているんですね。


でも、エムな私は自分に負担を掛けることはそれほど苦にはなってないので
励みにして、ますます行きたいですね!







さて次。

「あなとた会うと元気になるといわれる人の共通点」


これも、たまたま家にあった本です。

タイトルにある「共通点」を95個紹介されている本です。
なので、非常に感想文が書きにくい・・。


かなり大雑把ですが、まとめにまとめて簡潔に書きます。

人を元気にさせる人って「ただ元気がいい人」じゃないんですね。
見るからに元気がいい人が、必ずしも人を元気にさせる人とは言えない。


元気にする人の共通点

○ 自分が落ち込んでいるときにでも会いたくなる人
○ いてくれるだけで楽しい人
○ 自信をつけさせてくれる人

だそうです。



つらいとき、ただそばにいてくれる人
そっと何気なく声を掛けてくれる人
話を聞いてくれる人
不平不満を言わない人
芯の強さがあり、メッセージ性のある人
強く生きている人



が具体的な「元気にする人」の共通点です。



なんか、自分の周りを見回して考えてみると、そんな人が多いな〜って気づきます。
だから、俺は毎日幸せなのか〜。。


自分も少しずつそうありたいですね!







最後は「小さな人生論ノート」。


私のNO.1お勧めの本「小さな人生論」のメルマガバージョンです。

メルマガで読んだものがほとんどでしたが、やはり読み行ってしまいます。
この本もお勧めの1冊ですね。


いろいろな言葉が多く紹介されていますが、今回はその中から2つだけ紹介します。




「獄中の人間学」が教えるもの


18年間、中国の撫順監獄で共に過ごした2人の方のお話です。
なお、「撫順監獄」とは戦時に、戦犯とされた人達が収容されていた場所です。

18年間の獄中生活は過酷で、神経衰弱になり死んで行く人も多かったと。
そして神経衰弱になる人には共通点があったと。


1. 監獄の管理人に気に入られようとゴマをする人間
2. 家族の写真を眺めてため息ばかりつく人間


対話した2人は「どうにもならないこと」には目を向けず、今いるこの環境で
何をしたら一番ためになるのか、実になるのかのみに心を向け、実行していたと。



現実というものは否定してはいけない
肯定してもいけない
容認しなくてはいけない


松下幸之助さんの言葉です。


そのような過酷な状況が私自身に降りかかってくることは今の時点では想像
できませんが、普段の仕事、生活でも同じことは言えますね。

今いる環境の中でできることを、最善を尽くす。

そこに道が開ける。

できないことを嘆くのではなく、悲しむのではなく

できることを考える。


よ〜く、覚えておきたいことです。





もうひとつ。

「一生懸命仕事をしても成果をあげられる人、あげられない人」

鍵山さんの言葉が紹介されています。

同じ努力をしても結果に違いがでる理由。

結果が出ない人は無駄が多く、エネルギーが無駄に流れていって、成果につながらない。


では、どうしたら無駄がなくなるのか?


「気付く人になること!」


では、どうしたら気付く人になれるのか?


ひとつは、

僅差・微差をいつも追及し続けること。
ちょっとでも、1ミリでもいいと思ったら、そっちのほうへ僅差・微差を追及していく。
そうすると気づきが連関し、連鎖していく。




もうひとつは、
人を喜ばせることをいつも念頭に置く。
どうしたら喜んでもらえるかってずっと考えていたら、自然と気付く人になれるんです。
そこでまた気づきが連鎖していき、人生が変わります。



本当は鍵山さんのことだからもうひとつ「掃除をする」ってあると思いますが
この本では触れていませんでした・・。



気づきがここまで大切だったんですね。
気付くって、もう意識ですよね。無意識になんとなくしていたら、当然気付かない人に。

気付く人は、人にも喜ばれるし、成果も出すし、言うことなしですね。


気付く人になろう!

と、今回は決意が多いな。


posted by M at 18:27| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「夢」が「現実」に変わる言葉

タイトルの本を読みました。



いい本だな〜って素直に思いました。


ほとんどが一度は聞いた言葉であるにも関わらず、「そうそう」と頷きながら読んでいる自分がいました。

福島先生って不思議な方なんですね。
話を聞いていると、なんだか元気になるんです。

決して迫力がある話し方をしている訳ではなく、政治家の演説ようなテクニックに走った話し方をしている訳ではありません。でも、聞いていてすごく心地いいんですね。


先生の講演での話にありましたが「福島さんは何を質問しても答えがわかってしまう」と受講者に言われるらしいです。どんな悩みを相談しても、プラスの事しか変えてこないそうです。
実際に私も福島先生に夢を語ってみました。やはりこたえは「絶対できますよ!」でした。

なんか、すごいです。

そんな福島先生の書かれた本が元気にならないわけがない!
この本はいつも自分の近くに置いておきたいと思うような本です!
マイベスト10入りかもです。


いくつか言葉を紹介します。





「最も速く走ったマラソンランナーが最も疲れない」

最も疲れているはずの人が笑顔で優勝インタビューを受ける。体は疲れているかもしれないのに、決して「疲れた」とは言わない。「楽しかった」という。
人は誰でも最高のつらさを最高の喜びに変える「充実感」という魔法の力を持っている。






「夢に可能性は関係ない」

夢を見つけたときそれだけで1%実現する確立が生まれる。
その夢でワクワクしたとき1%実現する確立が高くなる
その夢を人に話すとさらに1%実現する確立が高くなる
その夢に向かって努力すると1%ずつ実現する確立は高くなっていく

そして諦めずに努力し続けると、いつか実現する確立は100%になっている






「いつかいいことは起きない いいことは今日起こすもの」

いいことは「起きるもの」ではなくて「起こすもの」
いいことを起こすためには夢を信じて自分を信じること
自分の行動によっていいことが起きると思うこと






「毎日が人生の分岐点」

人生は毎日の選択の結果
今日また、何を選択するかで未来が変わっていく
目指すことを変えれば、選ぶ基準が変わり
その時からそれまでとは違う人生が始まる

いつでも新しい人生を始めることができる

今日も分岐点
さて、何を目指そうか






そして最近の私に最も響いた言葉




「人はうまくいかないことで試されたり、うまくいくことでも試されたりする」


物事はうまくいってからが難しい。問題に対し鈍感になるからだ。
うまくいっていると、問題が大きくなって初めて気付く。そしてそのときは手遅れ。
本当に試されるのはうまくいってから





まだまだうまくいっているとはいえないかもですが、新生いとう眼科になってから比較的順調に行っています。私自身も満足をしてしまっている部分もあります。
でも、そこが怖いんですよね。
福島先生の言葉もそうですし、ハングリーさが少しずつ失われていく・・・。

この言葉はたしか稲盛さんも言っていました。

つまり、だれもが通る、乗り越えなければいけない壁なのですね!



乗り越えましょう!
壁は乗り越えられる人の前にしか現れないですから・・・。




しかし、この福島先生、本当にいとう眼科に来てくださるなんて、信じられないです・・。


それまでに、もっともっと成長していたいですね!







さて、今日はHP用にYouTubeのアップの練習をしていました。
試しに2つ載せてみました。ようやくです。
1つは10分オーバーですので途中切れちゃいましたが・・。

これからは、動画もブログにもアップしちゃいます!
便利な世の中だ・・・

渡辺先生、上田先生、ありがとうございました!










posted by M at 15:35| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イッシー3連チャン(パチンコじゃない)

今日はイッシーの感想文を続けますよ!
頑張って読書して、感想書いてますね。
最近の主婦’sの頑張りはすごいです。
時間がないからこそ、濃密な時間をすごしているって感じですかね。

でも、イッシーの感想文って読みやすいね。
飾るとこがないし、自分の気持ちを素直に伝えるって姿勢が文から伝わるよ。


ウンチクはこれくらいにして、では!






てっぺんの朝礼
                     石田 幸代

朝礼についての本には、興味深いものがありました。
いとう眼科での朝礼、最初はかなりの衝撃でしたが、この本を読んで
まだ自分の中に沢山の色々な可能性があるのではないかと思いました。
まだ出し切れていないと、実感してしまいました。

夢を叶える為に努力し、叶えられた時の感動。
挫折を繰り返し気付いていくことは、少しも恥じる事ではないことで
まして挫折があったからこそ今という素晴らしい時間がおくれているという事。
ピンチはチャンス!クレームをきっかけに、何かを感じマニュアルにない行動から
得られたチャンス。
面接の内容にも感動しました。
“ やるか、やらないか ”確かにそうだと思います。
今は素直にそう言える私がいますが、ついこの間まで迷っていた私を思い出しました。
やらされているではなく、やると自分で決める。
本気を引き出していただいたのだと今は実感しています。

大嶋さんが、ある中学で講演をした時のお話ですが、子供からの質問の中で
「大人って楽しいですか? 辛いですか? 夢はあるのですか?」
と聞かれ驚いたそうです。
子供達はそう見ているのかと私も驚きました。親としてその様な背中は見せずに
生きていきたいと思い、大人が変われば子供も変わるという大嶋さんの考えを
広めていきたいです。

成功する人間に共通する三の能力(三感力)
「運を感じる力」 「喜を感じる力」 「恩を感じる力」を大嶋さんは持っているとの
コメントがありました。この三感力を全て兼ね備えている経営者は多くないそうです。
中でも、恩を感じる力(使命感から社会に対する恩返しをしようとする力)を持っている経営者は全体の5%に満たないとの事ですが、いとう眼科ではみなさんが大事にしている事の中のひとつだと思いました。

過去と他人は変えられないという言葉、最近気付き得た事です。
まず自分自身がかわらなければ何も始まらないと思います。
自分から動き、失敗し、成長する事。
つまり、やるか、やらないか、やらなければ何も始まらない。
今は挑戦して失敗して初めて分かる事が多いです。しかし今までは、失敗して
怒られて、落ち込み、悔しいだけの感情で仕事をしてきたような気がします。
子供は何でも怖がらず挑戦し吸収するとありましたが、その通りだと思いました。
大嶋さんが「子供二人が僕の師匠」と言って写真を紹介している姿、想像できました。
とても感動しました。

「成功する人は成功するまでやり続ける」

今までの私にとっては耳の痛い言葉でした。
成功とは何なのかと言われたら表現するのは難しいですが、諦めず何事に対してもやり続けて楽しんでいる事ではないかと思いました。
これから先、夢にしても成功するというビジョンも変化していくかもしれませんが、この気持ちだけは忘れずに生きていきたいです。






いとう眼科での朝礼の意味って、この本に凝縮されてるんですよね。
コレ読んだら、本気でやらないわけいかないよね!


なんでもそうだけど「本気」じゃなきゃ意味ないんだよね。
そんなイッシーからは常に100%の姿勢感じますよ!



「自分から動き、失敗し、成長すること」


それです!
イッシーは自分でも自覚してるみたいですが、ミーティングではちょっと発言がないよね・・。
思いはあるはず。でも、いえない。
まず言おう!そこから変わるはず!
言わなければ何も変わらないし、ただうなずいているだけでは逃げているということ。

一番の失敗ってやらなかったことですよね。
やってできなくても、それは失敗ではなくて、成功のための気づきであり
きっかけです。当たり前ですが、後悔はしないですよね・・


「成功する人は成功するまでやり続ける」ってたぶん松下幸之助さんの言葉かな・・。


俺の好きな言葉でもあります。

そして、ここでもやはり「コンティニュー」!









鏡の法則
                     石田 幸代

いつもより薄い本なので、内容はどうなのかと思いつつ読み始めました。
実際、あった話という事でした。
とても身近な話に共感を持ちました。

母親として、一度は経験する子供の悩み。
何が一番気になり、悩むかと思えば“いじめ”です。
私は自分がいじめにあった事がありました。
いじめというより、自分がどういう人間かという気づきを教えてくれた出来事と
今は受け止められるようになりました。
しかし、自分の子供がそういう立場になった時は、我を忘れてしまい
いじめられているんだという錯覚に落居ってしまう事は確かです。
相手を責めてしまう傾向になるのも分かります。
この物語は、自分の子供を責める訳でもなく、相手の子供を責める訳でもなく
いじめられている子供の親がどう接しているかに着目し解決していく。
そんな事で解決できるの?という気持ちでいっぱいでした。
「現実に起きる事は結果であり、結果には原因がある。その原因は心の中にある」
何とも言えない衝撃をうけました。
栄子さんの気持ち、私も同じ様な気持ちがあったので、ほとんど同じ気持ちで読みました。
母が父の悪口を言う、子供にとって何よりの苦痛だと私自身、経験してきた事です。
そんな気持ちにさせたくないので、私は絶対に言いませんでした。
子供にとっての父親はたった一人なのですから。
ただ、現実的には無理な事もあると思いますが、言わなくても子供はどちらが悪いか分かると思います。

「必然の法則」
人生で起こる問題、何か大切な事を気づかせてくれるために起こる。
自分に解決出来ない問題は起こらないとありました。
確かに、自分が判断しなければならない事ばかりの人生です。
乗りこえて、初めて分かる事のほうが多いです。
ゆるすこと。ゆるすこととは、ひとつをゆるす事ではなく、色々な意味での
ゆるし。
ゆるして、自分も気づく。浅はかな考えを持っていた私は反省しました。

信頼すること。
私自身、子供を信頼しているかと考えました。
100%信頼しているかと言えば嘘になります。
自分の子供は疑い、まわりを信頼していなければいけないと思ってきました。
でも違う事に気付きました。
信頼しないで、誰が子供を信頼してくれるのかと思った答えは、簡単でした。
私しかいないのですね。
こんな簡単なことに今まで気付けなかったのには、正直がっかりしました。

ゆるすためのステップは実践していきます。
まわりにゆるす事が出来ない出来事があり悩んでいる人にも伝えていきたいと
思いました。
そして今の自分に対して、ゆるすことが出来る人生を歩んでいきたいです。




この本、たしか90%が泣いたって帯に書いてありましたよね。
イッシーは泣きましたか?
ちなみに、俺は泣けない10%の人間でした・・。
本が感動しないって意味じゃないですよ・・。ただの事実として。

さて、鏡の法則。
たぶん今GYUちゃんが行っている日創研でも、このことは学びます。
よく稲盛さんの本に出てくる「原因と結果の法則」という本にも通じる内容です。
ただ、小説仕立てになってるので、読みやすいですよね!


さて、内容。

「すべてが自分が作り出した結果」

もう、納得するしかないですね。シンプルに・・。


イッシーの言葉で「子供を信じる」って話。
同感です。何があっても自分の子は信じたいですね。
「ウチの子に限って」って、アレ、ありだと思います。
「私しかいない」。そうだと思いますよ。
今井ちゃんがこの間の手紙の朗読でもお父さんの言葉、言ってくれていましたよね。








食堂かたつむり
                     石田 幸代

最初の書き出しを読んだ時、どんな物語なのかとワクワクしました。
久しぶりの物語、読み出したら止まらなくなり、すぐに読んでしまいました。

家に帰ったら、もぬけの殻だった・・・。
私だったら倫子さんと同じに声が出なくなってしまうくらいショックを
受けると思いました。
恋人との想い出を思い返しながら、これからどうしていくのか
考えている事がひしひしと伝わってきました。
どんなインド人とつきあっていたのか、なんとなく想像してしまうくらい
日々の生活が事細かく記されていました。
料理がとても好きな人だということは最初のページで分かりました。
祖母から譲り受けたぬか床だけは残されていて思わず抱きかかえた時の
倫子さんは、とても孤独だったと思います。
何もかも失い唯一の心のよりどころが祖母のぬか床、誰もが故郷に
帰りたくなるはずです。

倫子さんは父親の顔を知らずに育ち、母を憎み続けた。
父親の顔を知らずに育った事を憎んでいたのではなく、素直に母親に
甘えられない自分に腹が立っているだけだと思いました。
早く甘えてしまえばいいのにと私は、もどかしい気持ちになりました。
親元で食堂をたちあげる事がどれだけ幸せな事か、倫子さんにとっては
なかなか気付けない部分だったと思います。

熊さんがとてもいい人だという事は倫子さんの昔の話を聞いてわかりましたが
少し偶然すぎる様な気がしました。
頼まれたとしても倫子さんにあそこまでの事が出来るかと考えたら
なかなか出来ないと思います。
倫子さんの母親に世話になった熊さんは、他の感情もあったかもしれませんが
感謝の気持ちもあって倫子さんの力になったのだと思います。
倫子さんも食堂かたつむり最初のゲストに熊さんを呼び、色々熊さんの事を考え
悩み、ザクロカレーを作った。
熊さんの喜ぶ顔が見たくて一生懸命に作った。
私は日々生活している中で誰かが喜ぶ顔を毎日、見たいです。
喜んでほしいから、その人の為に小さいながらも何か出来たらいいと思っています。

エルメスがどれだけ大きな豚だったか、お妾さんがどんな感じなのか、母親の性格はどうなのか、白い馬に乗っているネオコンがどれくらいお金持ちなのか、梢ちゃんのつれてきたウサギがどんなのか、想像力が豊かになる物語です。
料理ひとつにしても、読みながら作れば私にも作れるかもしれないと思ってしまう程
鮮明に書かれていました。

身近にいる存在の父、母の事を深く考えさせられました。
住んでいる所は離れていますが、会える時間をもう少し大事にしていかなければ
ならないと思いました。
当たり前にいる父、母に対して、今出来る事をもっと深く考えて感謝して生きていきます。





このテの本って感想文書きにくいけど、よく書いたね!俺も一応書いたけど、なんだか全然ダメ感想文でしたよ・・。
やっぱ、感性が乏しいのかな・・・。

熊さんの偶然につっこむイッシーは、面白かったです。
なんか、普段啓発系のビジネス書類しか読まなかったけど
たまにはこういう本もいいですね。
純粋に気持ちがあたたかくなるからね。
それにしてもエルメスの大きさまで気にしてしてしまうイッシーって
やっぱり想像力が豊かだよね。



なんにしても、読書ってやっぱいいよね!


posted by M at 01:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

エムゼミ

今日はショートエムゼミの日!


明日からGYUちゃんが日創研の研修に行くので、早めに終わらせようと。。



でも、相変わらず終わらなかった・・・。


しかも、テーマがまるまる1つ残ってしまった・・・。




何故?






俺のせい・・・。






キレてしまいました・・・・。




特に、GYUちゃん、萩原さん、ごめんなさい。




そして、フォローしてくれた猪野さん、ありがとう!





言っていることは正論じゃないとわかっていても、
感情論であったとしても、それでも押し通したい意見もあります。


それだったんですね。。。




今のいとう眼科があるのは・・・




知らなきゃいけない事実、大切にしなきゃいけない事実があります。




重いエムゼミだったけど、一旦家へ帰って食事の準備をしてからきてくれたり
午後はお休みなのにそのまま残って参加してくれたり・・・・

本当にありがたいです!



さて、日誌の件。


よかったですね。

みんな、いろいろ考えて、いろいろ頑張ってるんだって、すごい刺激になります!




日々目標を決めて、日々実行している姿って、すごい魅力的ですね。



以前書いたブログで反響が大きかったてんつくマン。



「コツコツ」




似たようなことを尊敬する鍵山秀三郎さんも言っています。




大事を成す秘訣は「コツコツ」と。







最近はまっているSEAMOのコンティニュー。


「どんな夢でも叶える魔法 それは続けること」







さて、冒頭でも触れましたが、明日はいよいよGYUちゃんが日創研。

今日のエムゼミの締めはみんなの粋な計らいで、GYUちゃんを送り出す朝礼。



今井ちゃんのパフォーマンスは最高でしたよ!



「牛はできる!牛はできる!!牛はできる!!!!!!!!!」

「Yes GYU Can!」



GYUちゃん頑張れ!

応援してます!


posted by M at 01:15| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

むっちー感想文

今日はむっちーの感想文を紹介します。
最近むっちー頑張ってるね!
今日もDVDと本もって行きました!
あんまり、無理しないでね!


さて、「もう、不満は言わない」


いとう眼科でも結構の人が呼んでくれています。
巷でも結構有名な本ですので、読んでいない人は是非!




「もう、不満は言わない」


私はこの本を読む前に、21日って結構簡単なんじゃないかと思っていました。ところが、実際にやってみると、本にも書かれていましたが、人は自分が思っている以上に不平不満を言っているものなんだなーと気づきました。ただ、不満を口にしている自分に気づいていないだけでした。不満を言わない21日間にチャレンジして、そろそろ3週間になりますが、2日以上持ったことがないのが現実です。

不平不満が無くなるということは、まず、自分が幸せになることから始まります。一見すると利己的と思われますが、自分が幸せになれば、世の中の幸せレベルが高まるそうです。そして、そのさざ波は広がり続けるのです。

不満を言わない段階は4つの段階に分けられます。

1. 自分が不平を言っていることに気づかない

2. 自分が不平を言っていることに気づく

3. 意識すれば不平を口にしないですむ

4. 無意識に不平を口にしない

残念なことに私のスタートは1でした。そして、今は3の段階です。

不平不満とは満たされない思いを表現することでした。そして、それを口にすることで、その問題から逃げているのです。不満を言わないということは、何事も正面から受け止め、その問題をどう対処したらよい方向へ向かうかと、前向きに考えられることなのだと思いました。

最近はセミナーや、読書の中から、言葉が体にも影響を及ぼしているということがスムーズに自分の中に浸透してきたように感じます。言葉が体にも影響を及ぼし、精神は肉体に大きな影響を及ぼすということから、私たちは、言葉が大きな力を持っているということを頭において、気をつけて使う責任があるのだと思いました。

偉大なリーダーたちは、「人は非難よりも、評価に対してより良く反応する」と知っているそうです。好意的な評価を与えられた人は、もっと評価を得たいと思って更に伸びる。非難は人を引きずり落とす行為なのです。その状況を改善できる立場の人に事実を告げることは不平不満ではない。しかし、誰かに怒りをぶつけたり、自分あるいは他の人に向かって状況を嘆いたりするのは不平不満です。その態度はますます自分の欲しない状況を引き寄せてしまうのだと解りました。

世の中を良くしたいと思えば、まず自分の心の中の不満を無くすことから始めることが大事なのだとありました。言葉を変えれば考えが変わり、周りの世界を変えることとなる。不満を言うことを止めることで、心のあり方が変わって、ただそれだけのことで幸せさえ感じられてしまうことに感動してしまいました。そして、言葉の重みを再確認できました。

引き寄せの法則にもあるように、前向きな考えや態度は他の人からも同じような態度を引き寄せられるものなのかもしれません。いえ、絶対にそうだと思います。いとう眼科が良いチームになっているのも同じ理由ではないでしょうか。不平不満は言わない代わりにみんなが前向きに解決の先を見てワクワクしている。何か起きたとき、他の人を攻め立てるスタッフは一人もいません。この事実から、不平不満を無くすことで幸せレベルが本当に高まっていることを感じました。

不平不満を言わない21日間のチャレンジを成功させて、いとう眼科でも、自宅でも、そして、そのほかの場所でも、どんどん幸せレベルを上げていこうと強く思いました。









むっちーでも、不平不満があるんだ・・・
まあ、家に帰ると、小さい子供がいるから仕方ないよね・・・。
でも、むっちーすごいと思うけどね・・。

俺なんか、違う意味ですごいよ!
あまりの多さに、もう何度あきらめたことか・・・。
付け替えるのが面倒くさいくらい言ってるから・・・。
けど、これは「決意」が問題なんかもですね。
スタッフとかかわるのに、どうしても言わなきゃいけないことがある!
って思い込みすぎです。言わないと指導(本当は『支援』がベター・・・)なんてできない!って思っちゃってるんですよ。

もう不満は言わないって決めちゃえばいいんですよね。
自分は言わない人間だ!って。


よし、明日を見ていてください。むっちー、ありがとう!



今日もさんざん言いまくりましたけどね・・・。
posted by M at 22:22| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙

私が禁煙をする訳ではないんですよ・・・。



というか、生まれてこのかたタバコをただの1本たりとも吸ったこともなく
おまけに、吸いたいと思ったこともないような男ですので・・・。



ご縁があって禁煙に関する本を読むことがあったので、その本の紹介です。



「チェアーサイドの禁煙支援ガイドブック」


著 渡辺勝先生 長山和枝さん


そう、わたなべ歯科のお二人です。


本を出しちゃったんですね〜。スゴイ!

280.jpg


購入はコチラからできますよ。



まずは、さすがに私のメンターが書いた本。


内容は禁煙支援ですが、「スタッフの成長支援」と置き換えても全く問題ない内容です。



「はじめに」の文章がすべてですね。



なんとか禁煙させたいと考えるのではなく、「禁煙したい」という思う方をどうやって応援しよう、と考えること。




禁煙支援において、禁煙を破ったことが「失敗」ではない。
禁煙支援においての「失敗」とは患者さんとの関係が切れてしまったときだけ。
患者さんが禁煙したといっても、禁煙させるわけではない。
患者さんが「禁煙したい」という気持ちを応援するもので、その過程でなにがあっても「失敗ではない」。


なるほど〜ですね。


この本はコミュニケーションの本質について書かれている本なんですね!



しかも医療者が書いた本ですので、なおさら参考になります!


「医療従事者から答えはその場しのぎで、行動変容に繋がることはない。
医療従事者の役割は患者さん自信が考え直し、変化するための手助けをすること。
患者さんがもっている動機をうまく引き出し、それを行動変容に結び付けていくサポートです。」


とありました。



本の中では「指導」と「支援」という言葉を使い分けてありました。

「こうなってほしい」という思いが強くなると押し付けとなり、逆に相手に壁を作られてしまう結果に。
「こうなってほしい」というのは、あくまで自分の願望であり、それは押し付けるものではない。

でも、そうは言っても自分の信じたこともある。

押し付けてはいけないかもしれないが、相手のことを思うからこそ聞いてほしいことも。。

この本はそういった場合のことについて書いてあるように感じました。


私はどうも短いスパンでものを見てしまう傾向があります。

せっかちな性格なので・・・。


でも、本にもありましたが、人は自分で変わりたいと思わなければ変わらない。

変わりたいと思った人を支援する。


自分にとっても、変わりたいと思った人を支援しているほうが楽しいですしね。


本で言う、「両者の利害が一致する」ですからね。



ただ、私の場合は経営であり、チーム作りですので、一概にそうだとは言えないですが、すごく大切なことを再確認させていただいた本でした。




そして他にも気づきがありました。



いとう眼科の次のステップが見えたような・・。



今いとう眼科ではプライベートカルテをたくさん活用しています。
結果、患者さんが身近になり、すごくいい関係が気づけるようになりました。

そして、そこにさらに医療者としての立場からメッセージをこめたコミュニケーションが取れたとしたら・・・。

定期的に来て下さる患者さんで、全く眼に問題がない人はいないはずです。
ひょっとしたら、スタッフとの会話を楽しみに通院してくださる患者さんもいるかもですが、そんな患者さんに対しても、医療者として、眼の健康保持に関するメッセージを入れたコミュニケーションが取れたらどれだけ、いいか。



そんなことも考えさせてくれた本でした。



イメージではこういった類の本は、
まず喫煙や禁煙によるメリットデメリットを紹介し、そこから禁煙にたいする意識を喚起させるものだろうと思っていましたが、
なんか、衝撃的でしたよ。。



でも、最後のほうにはきちんと医学的な見地から喫煙のデメリットも沢山挙げられていました。

私自身、勘違いしていたことも沢山あり、そういった意味でも、勉強になりました。




喫煙恐るべし!



渡辺先生、長山さん、いい本をありがとうございました!



posted by M at 00:16| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

感想文 敬天愛人

さて、みなさん。
連休は充実して過ごせましたか?
世は3連休が多いですが、いとう眼科は残念ながら2連休。
でも、ほとんどない連休ですので、充実してもらえたら嬉しいです。



今回はお休み中に提出があった稲盛さんの本の感想文をアップします。
書いてくれた人は萩原さんです!
では、!






敬天愛人 を読んで

少し前に事務長がブログの中で紹介していた本です。
稲盛さんのことが書かれていた沢山の事務長のブログを読んで、私
もどれか読んでみたくなり購入しました。
そして稲森さんの本を読めば事務長の考えをもっと知る機会になる
と思い読んでみたくなったのも事実です。
稲盛さんの本は難しいイメージがありましたが、字も大きく読みや
すかったです。
実はこの本、お風呂に入りながら2日間で読んだ本です。
なぜ、お風呂場なのか・・・。誰にも邪魔されないところでもあり
、誰にも文句を言われない場所だと考えつきました。一人で部屋で
読んでいると、邪魔も入ります。また、「本を読む前にすることが
あるのではないか?」という声。実際主人も家族も何も言いません
が、うしろめたさのような感じがしていたので、家族の前だとなか
なか集中できませんでした。まさか、主人も私がお風呂場で本を読
んでいるとは思わないはずです。また、長時間入ることによって、
体も温まります。自分では、凄くいいことを思いついたと、満足し
ています。
本の内容ですが、稲盛さんも会社を立ち上げた頃は、人心をまとめ
ていくということについて、苦労が絶えず
「経営において確かなものは何だろか」と眠れない日が続いたそう
です。稲盛さんは悩み抜いた末に「人の心」が一番大事だと結論に
至ったそうです。
経営=人の心
私もいとう眼科に勤務するまで、この図式は理解出来なかったと思
います。
でも今ではこの図式の大切さがわかります。
仕事ってお金ではないですね。(まったく関係ないといえばウソに
なりますが)
今のいとう眼科では、心があるからこそスタッフのまとまりがある
し、心があるからこそたくさんのサプライズにも繋がる。心がなか
ったら、なにより患者さんからのあれほどのお褒め言葉はいただか
ないでしょう。
かなり話しがそれてしまいました。
仕事=人の心 になってしまいました。結局「人の心」は大切とい
うことです。
そして稲盛さんは
「人間はなんの為に生きているのかを考えたい。時代や国が変わろ
うと、誰でも【人と生まれてきた以上、充実した人生を送りたい】
」と考えたそうです。私みたいな凡人はなかなかそこまで考えませ
んでした。充実した日々とはどういったことをいうのか?
充実とは世の役にたつこと。そして自分も幸せだったと分かっても
らうこと。
「自分も幸せだったと分かってもらうこと・・・」
これは自分も幸せになる必要があるし、幸せそうに見えなければ意
味がない。
自分から「幸せだな」と口にすることも一理あるのではないかと思
いました。
いとう眼科では「私はいとう眼科で勤務させてもらっていることが
幸せです」とか「仲間に恵まれて幸せです」とか「幸せ」という言
葉をよく耳にします。実際、回りの方から見ても私たちはキラキラ
と輝き、幸せそうに仕事をしている自信があります。稲森さんが伝
えたいことはこういったことなのでしょうか。

稲森さんは経営の目線からメッセージなので、私が感想を書くと上
目線的でなかなか伝わりにくいとですが、思った以上に楽しかった
です。
稲森さんの本はもう一冊購入したので、少しづつ稲森ワールドに入
っていけたらと思いました。










嬉しいですね〜。
読んでくれた動機が!
最近、いろいろな人が稲盛さんの言葉引用してるんですよね。
まあ、影響力ある人ですから!

本を読むにも「うしろめたさを感じる」って共感しまくりです!
私も、そうなんですよ!別に本を読んでても何も言われないし、むしろ
「気にしないで読んでいいよ」と言ってはくれますが、やっぱり
うしろめたいんですよね・・・。だから家族が寝てから読むとか、なんとなく
勝手に肩身の狭い思いをしちゃうんですよね・・・。わかる!


なんか、二宮尊徳(金次郎)みたいですね。。。


稲盛さんは「人としてどう生きるか」「人としてどう社会に貢献できるか」を強く言っています。
稲盛さんが事業で残したものは、稲盛さんの「心のあり方」によるものが大きかったと思います。
でも「心」だけではなくて、経営者としてもやはり卓抜なものをもっていたので、アレだけの会社になったのですね。
ホンダでいう「藤沢武夫」さんみたいな存在がなくてもここまできたというのは、まさに奇跡ですね。


私が思う「充実した人生」って「自己満足」なんですよ・・・。
言葉は適当じゃないかもですが・・・。


どんな時に「自己満足」するかというと
「人の役にたったとき」「人に喜んでもらえたとき」「夢が叶うとき」「自分が成長できたと実感したとき」かな・・・。


たぶん稲盛さんの充実した人生って、「清く正しく人のために生きた人生」なのかなって。



「自分が幸せになること」って、すごく大切だと思います。

前も話したことありますが、私には「自分が不幸でも他人を幸せにしたい」ってなかなか思えないんですよ。

「自分も幸せで、他人も幸せ」

幸せじゃない自分が他人を幸せになんかできないのでは・・・と思ってしまうんです。


このあたりになると、結構アツく語っちゃいますけど・・・。


でも、本の解釈って人それぞれでいいんじゃないですか?

だから楽しいんですよね!


もう1冊の稲盛さんの本ってなにかな?



「ガキの自叙伝」はやっぱりいつかは読んでもらいたいです!
posted by M at 23:27| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーマソング

今日は歌の話。


私は全く歌の歌詞に興味がない男でした。


だって、今まで聞いてきたのはほとんどが洋楽。

わからない・・・。

私にとって、歌って、「カッコイイ」それがすべての判断基準でした。




ところが・・最近変わってきたんです。



歌詞を見ちゃうんですね〜。



ムービーを作るときに、歌詞を見ちゃうんですよ。



そしたらね、結構いい歌詞あるじゃないですか!



で、見つけたのがある曲。



聞けば、結構有名な曲だったらしいですね。。。

全然知らなかった・・・。





そう、いとう眼科のテーマソング。



「栄光の架け橋」 byゆず




 誰にも見せない泪(ナミダ)があった
 人知れず流した泪があった
 決して平らな道ではなかった
 けれど確かに歩んで来た道だ
 あの時想い描いた夢の途中に今も
 何度も何度もあきらめかけた夢の途中

 いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある
 だからもう迷わずに進めばいい
 栄光の架橋へと…

 悔しくて眠れなかった夜があった
 恐くて震えていた夜があった
 もう駄目だと全てが嫌になって
 逃げ出そうとした時も
 想い出せばこうしてたくさんの
 支えの中で歩いて来た

 悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある
 さあ行こう 振り返らず走り出せばいい
 希望に満ちた空へ…





もう、最高すぎます!
歌詞もいいし、曲もいい。



なんかこの曲聴くと、自分に酔っちゃうんですよね。

そして、自分の心のなかで、勝手にステージを演出している。。



特に好きな部分。



「いくつもの日々を越えて辿り着いた今がある」


そうそう。。



「悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある
 さあ行こう 振り返らず走り出せばいい希望に満ちた空へ」



行っちゃおう!!!!!




いい曲あるんだな〜って、この年になって、初めて気づきました。










そして、先日諏訪先生からサプライズDVDをいただいて、その時初めて知った曲(全然知らない男なので・・・)



「continue」 bySEAMO



もう、この曲ヤバすぎ!




あきらめる あきらめない 決めるの自分 ♪

負けたら終わりじゃなくて やめたら終わりなんだよね ♪

どんな夢でもかなえる魔法 それは続けること ♪

苦しみ 悲しみ その先見える光 自分の道 ずっとずっとコンティニュー ♪♪



ヤベー!!


栄光の架け橋と、2大テーマソングだね、こりゃ。




ちなみに歌詞はコチラ↓

Continue SEAMO 歌詞情報 - goo 音楽






その他にもこんなの気に入っています。↓


ありがとう 井上陽水奥田民生 歌詞情報 - goo 音楽


夢 THE BLUE HEARTS 歌詞情報 - goo 音楽





歌詞のいい曲ありましたら、どしどし教えてください!
posted by M at 18:00| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BBQA

もうちょっとだけ、BBQネタを。。。



今回参加の子供。


キヨト、カイト、ミキちゃん、龍ちゃん、ナオキ、ヤマト、アユム、ミチャキ、ショウマ、リュウセイ、ゆかちゃん、もえ、こはる  総勢13人!


これはすごいですよ!



そしてその子供たちが、一緒に何かをやっている姿をみると、なんか・・・  信じられないです・・・


小さい子をあやしてくれていたり、
キャッチボールや卓球、バレーなんかを和気藹々と。。


いい光景でした。






中には3世代で参加の家族もいました・・。





みんな頑張って家族を連れてきてくれたんです・・・。


なんとかいとう眼科を知ってもらおう!
なんとかこのすばらしい仲間を見てもらおう!
なんとかこの最高のチームを見てもらおう!
なんとか輝いている自分を見てもらおう!


きっとそんな思いだったと思います。




それって、スタッフが今の自分が輝いていると心から感じ、仲間のことを心から信頼しているってことですよね・・・。




嬉しいですね。



そして、昨日の私のブログに対するスタッフのコメントからも伝わりますね。


長いんですもん、コメントが。




私にとっても最高の日でしたが、皆にとっても同じ日だったと思うと余計に嬉しいですね!




また何か企画したいです!
posted by M at 00:32| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

BBQ

今日はいとう眼科始まって以来初の大イベント!



今までイベントは結構やってきましたが、今回はとてつもなく大きな意味を持ったイベント。



そもそもきっかけは12月14日に行なうあすなろ歯科さんとのフェスタに向けての準備。あまりにも事前準備がたいへんなので、皆で泊まって合宿をしながらやろうという趣旨でした。


でも、どうせなら、昼間にBBQをやろうと。。


そして準備を進めていくうちに、家族を呼んでみようということになりました。



いとう眼科は、スタッフの家族にあまり良く思われていないケースが多いです。


それはそうですよね。。。


毎日朝も早いし、夜も遅い。
医院に泊まることも結構ありますし、日曜日もセミナーに行ったりしています。
家に帰っても、読書をしたり、感想文をかいたり、ブログのコメントを書いたり・・・



一体、女の子に、何をやらせているんだ!と思われるのは当然です。



良い悪いは別として、明らかに拘束時間は長いですし、
スタッフも自分の趣味の時間などほとんど取れていない。



心配されるのは当然です。



100%は難しいにしても、何とか少しでもいとう眼科のことを知っていただきたくて今回家族をお呼びしようと考えました。



でも、いきなりBBQをやるから来てください!と言っても、
抵抗あるはずです。

私だったら、嫌だから。

そんな状況の中、いとう眼科スタッフはなんとか自分達をわかってもらいたい、ステキな最高の仲間達を見てもらいたいという一身で家族の方を頑張って誘ってくれました。




人数が集まるうちに、どんどん気持ちはエスカレートしていき、
いろいろな案が出てきました・・。



卓球大会をしよう!

どうせなら、ごちゃまぜのダブルスで、親睦をはかろう!




最初はこの程度だったんです。




でも、まてよ?



こんな機会なんてそうはないのでは・・・。


日ごろ遠い世界の出来事のように感じていた「両親への手紙の朗読」。



今なら、やれるかも!



やると決めたら、即実践!



決めました!

そして、スタッフも「手紙なんか、無理!」といいながらも、両親を説得してくれて、
結局参加者、総勢36名!



盛大に開催することができました。




最初はドキドキしてたんですよ・・・。



初対面どうしのご両親達で間が持つのかな・・。

折角来ていただいたのに、つまらない思いをさせてしまわないかな・・。



でも、そんな不安は杞憂でした。



さすが、我が誇りのいとう眼科スタッフのご両親。



皆さん、本当にすばらしい方たちでした・・・。




自己紹介も、和気藹々、
リーダー今井ちゃんやGYUちゃんはみんなの前でNO.1宣言をしてくれました!

奥多野さんにお手配いただいたおいしいビール、富光さんにお手配いただいた、最高のお肉、猪野さんとイッシーが一生懸命考えて調達してくれた食材もどんどん無くなっていきました。



そしていよいよお手紙披露。




でしたが、当日突然思いついて
先に、家族の方から、家庭でのスタッフの様子を語っていただくことにしました。



普段見れない、スタッフの一面。

楽しかったです。

皆様、突然のマイク、たいへん失礼いたしました。






その後で、ようやくお手紙。



もう涙涙でした・・。



私は相変わらず、ダメでしたが、さすが、ウチのスタッフ。

もう、最高でしたよ。



なんでこんなに良い子達なんだろうな・・・。



そして手紙の内容を聞いていると、本当にすばらしいご家族なんだな〜ってしみじみ思いました。


だからこそ、スタッフもこんなに輝いているんだな〜と。




私達が毎日充実して幸せに暮らせているのは、家族の温かい支えのおかげ。


その日ごろの出したくても出せなかった感謝の気持ちが、今日は少しでも出せたなら、こんなにいいことは有りません。



いつも無償の愛で支えてくださるご家族の皆様、本当にありがとうございます。




そして、感動のお手紙タイムは終わり、卓球大会へ。



ご家族の皆様、ありがたいことに参加してくださって、
しかも始めての方まで一生懸命やってくださって、最高に楽しかったです。




やっぱり、楽しいな〜。



大好きなスタッフの家族なんだから当然か・・。




気付けばスタートから5時間・・・。


あっという間でした。




いつも優しい笑顔がステキな今井ちゃんのお父さん。
今井ちゃんに似すぎて、最高の今井ちゃんのお母さん。

予想外のキャラで、場を和ませてくださった、最高に楽しいGYUちゃんのお父さん。
笑い出すと止まらなかったGYUちゃんのお母さん。

しっかりしていて、優しそうなトムくんのお母さん。

おちゃめな行動がとてもステキなエミリーパパ。

和服が似合いすぎる、驚きの若さのカリナママ。
子供キラーのスーパーイケメンのキヨト。
相変わらずのしっかり者のカイト。

最初はちょと緊張気味だったけど、笑顔がかわいい、ミキちゃん。
朝から一生懸命お手伝いしてくれた、ナイスボウズ。

一人で頑張ってきてくれた卓球上手な龍ちゃん。

ヤマト、アユム、ミチャキ、ショウマ、タツオ・・・


みんな、本当に本当に最高です。ありがとうございました!




最後はスタッフルームで合宿気分でカレーを食べて、終わってから
フェスタの準備をして一日が終わり・・・。




今回のイベントは任せてはいましたが、すごい意気込んでいました。


絶対に、いとう眼科を認めていただきたい!と。


でも、実際に会をやってみると、不思議とそんなこと忘れてしまいました。




とにかく、楽しい。

大好きなスタッフを育ててくださって方との時間は最高!



不思議ですね・・。




いとう眼科を認めていただけたかはわかりませんが、
私にとって最高の時間だったことには変わらず、是非またやりたいと思いました!




おいしいビールをお手配いただきました奥多野の松岡さん。
最高のお肉をお手配いただいた富光の岡田さん。
最初から最後まで本当に一生懸命頑張ってくれたイッシー。
なんとか会を盛り上げようと頑張ってくれた猪野さん。
そして、やはり最高だったいとう眼科スタッフ。

最高の一日をありがとうございました!





最後に、今回のイベントの写真をたくさんアップしました。
こちらですよ。

http://www.myalbum.jp/pc/Albm_Dspy.aspx?albumID=502ca624c9d7
http://www.myalbum.jp/pc/Albm_Dspy.aspx?albumID=eeff89d3ce2f
posted by M at 00:45| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

軽め

今日は軽めの内容ですよ〜。


肩の力をぬいて、リラックスして読んでください。



私、今月からスタッフの仲間に入って「早番」をやることにしました。


別に自分だけやらない理由ないから・・・。


嬉しいことあったんですね。


最初に早番したとき、なんか他のスタッフも来るのが早いんですよ。


いつもこんなに早かったっけな?と思ってたら、


私の早番が心配で早く来てくれたみたいです・・・。


優しいですね・・・。



そして、今日。私が早番でした。










完全に忘れていました。すっぽかしです。



で、医院についたときはすでに早番の仕事は終わっていました・・・。



すっぽかしたといっても、ついたの8時です・・・

(じつは、寝坊ですが。。。本当は毎日7:50にこなきゃですが)



みんなありがとう!



そして、頼れるリーダー、今井ちゃん。


毎日早番と同じくらいにきて(早番よりはやいことあるよね)
やってくれるよね。


絶対的な安心感です。


昨日みたDVDで原田さんが言ってましたね。



「日本一になったヤツは、必ず人より早く来て準備し、帰りも一番最後だ!」って。



さすがですね、今井ちゃん!





話は変わって、いとう眼科ではお弁当の集金係というのもがあります。
毎日代金を集めて持ってきてくれる人です。



今月は衣ちゃん。



これが、うれしいんだ。



毎日一言メモを添えてくれるんだよね。



ほんとうにちょっとしたことです。
でも、そのちょっとしたことが嬉しいんです。



先日読んだ本は「人を元気にさせる人」に関して書いてありました。



いっつも元気でエネルギッシュな人が「人を元気にさせる人」じゃないんです。



さりげないけど、相手のことを思って、何気なく行動できる人が
「人を元気にさせる人」らしいです。



今回、衣ちゃんからは元気をもらいましたよ。



自分も、見習って、さりげなく、何気なく元気をあげる人になりたいですね!




最後に明日。



いよいよですね。



家族BBQ。



いとう眼科の大きな大きな課題。



「家族の理解をいただく」



皆が同じ思いを持ってくれていたので、多少強引にでも腰が重い家族を誘ってくれて
今回はなんと35名の参加!
すごいですね〜〜。



明日はありのままのいとう眼科を見ていただきたいです。


輝いているスタッフを見ていただきたいです。



ちょっとしたサプライズも用意しています。



卓球大会も用意しています。



なんだか、今からどきどきです。



絶対に絶対に成功させたいです!




今回準備に猪野さんとイッシーが本当に頑張ってくれました。



あと一息です。



頑張りましょう!
posted by M at 00:27| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

エムゼミと感想文

今日はエムゼミの日。



先日買った原田さんの本についていたDVDを皆で鑑賞!

32154650.jpg


それで、内容について語りました!



今日はその本の感想文とMゼミの内容を書きますね。



本のタイトルにもなっていますが、原田さんは「成功」に重きを置いています。


でも、DVDをみたり、本を読んだりして、ある疑問が浮かんできます。




「成功」って何?




本の序文にこんなことが書いてありました。


「成功は技術です」




私は若干の違和感を感じてしまいます。



Mゼミで話しました。「成功」とは何かを・・・




・努力して目標をクリアすること
・過去を振り返って「あのころが一番よかったな〜」って思わない瞬間のこと
・日々充実していること
・努力できている自分
・人に認めてもらえること


いろいろな意見がでました。


私はなんとなく成功って基準はなく、カタチはともあれ、自分が今の現状に満足することが成功なのかなって思っていましたが
原田さんは明確なんですよね。




「思いを実現させた人」




そうなると大切なのは「思い」をもつこと。



原田さんは「自立型人間」になろう!と言っていました。



その自立型人間の特徴の一番目は


「夢をもっている」


ということでした。



ちなみに自立型人間というのは全体の5%しかいなく
成功者の3〜5%というのとほぼ、同じ。


成功者=自立型人間 という図式も納得ですね。




原田さんが教師として伸び悩んでいたとき、ある経営者に言われたそうです。


「理念」が見えてこない・・・と。


経営者にとって一番大切なものは「理念」


つまり「こうしたい!」という思いですよね。



その思いがなければ、「成功」という概念がでてこない。



自分はどうか?


思いは強いのか?




強い!




であれば、その思いを実現させることが原田さんのいう成功なんですね。



なるほど。



あたりまえか・・・。




先ほどの自立型人間の特徴の2番目。


「夢を目標に変える」




3番目

「夢を具現化する方法を考える」




そのノウハウを教えるのが、原田さん。


だから、「成功は技術」なんですね。





こんなことが書いてありました。


「プロとアマの差は『準備力』にある」



プロと呼ばれる人は未来に心を向けて、これからおきるであろうあらゆる問題を予測し
それらに対して万全の解決策を準備し、自信をもって行動する。
その準備がすごいから、常に安定して高い結果をだせる。




これは「成功」にも置き換えられますよね。



成功するために準備をする。



成功に向けての道や方法を分析し、順序だてて落とし込む。

その「準備」ができていれば、おのずと成功してしまうんですね。




そのためには、自分の今日やってきた結果と明日の目標の確認という
地道な作業が大切になる。
その積み重ねが、小さな目標を達成し、小さな目標の達成を繰り返すことで
大きな目標の達成になり、やがて、夢の実現にいたる!



その過程で大切なもの、原田さんお教え子で結果を出しているひとがやっていることは「日誌」を書くということらしいです。


さっそく今日のエムゼミで決めました。



みんなで日誌を書こう!



どんなものになるかはわかりませんが、さっそく今日から実践です!




後日ブログでも報告します!




最後に原田さんの教えで、おもしろいな〜って思うことを書きますね。


原田さんは、陸上の先生。


そこで大切なのは、普通は「心・技・体」ですよね。

原田さんは、そのなかで一番大切なことは「心」といっています。

そして、その心を育てる場として生活をあげています。



「心・技・体・生活」


こんなことを言っていました。




「夢を絶対に実現させたいと思うなら、心と生活を変えなければなりません」




なにも難しいことを言っているわけではありません。

掃除をきちんとするとか、靴をそろえるとか、挨拶をきちんとするとか、人として当たり前のことを当たり前に継続してやることです。


鍵山さんの教えですね。



成功する人としない人で結果に違いが出るのは、「生活の質」が違うからなのです。





たいへん、刺激的なお話・本でした。



よし、まずは、日誌を継続して書き、思いをもっと煮詰めてそしたら
原田式の「長期目標設定用紙」を書いてみよう!

そして、掃除、ますます頑張ろう!家でもね・・。




では、これから日誌書いて寝ます。



今日もいい一日でした!
posted by M at 01:11| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

努力

最近 努力 ってなんなのかな?と思います。


スポーツ選手なら練習のことなのだろうけど、

自分の努力って一体なに?



稲盛さんの言葉に「誰にも負けない努力」ってあります。

研究者なら研究でしょう。




でも、経営者の努力って??



勉強することかな?


経営の勉強。
つまり、人の勉強。教育であったり、人間学であったり・・。
それを「努力」して学ぶってことは、どういうことなんだろう?



本を読むことかな。

でも、本は単純に楽しいから読んでるだけだし・・・。




セミナーに行くことかな?

でも、セミナーなんてもっと楽しいしかた行ってるだけだし・・・。





う〜ん。。





24時間経営のことを考える!

言葉通りには人間なのでできないですが、気持ちはそうですね。

でも、別に努力してるわけじゃない。

好きで、考えてるだけだから・・・。





私が本を読んだり、ブログを書いたり、セミナーに行ったり、人に会いに行ったり、企画を考えてみたり・・・


そんなことを好き勝手しているとだけなのに
なんか、最近評価していただくこと多いんですよね。



でも、本当はたいしたことないんですよ。。


楽しんでやってるだけだし、それで、周りからはほめていただき・・・。



すごい役得だな〜って。



そうなると、ますます、外来や手術を頑張ってくれている院長やスタッフに申し訳ないので
頑張らないと!って思うんです・・。



でも、その「頑張る」って・・・。





実は自分の中で答えがあるんです。




好きなことをやっていても、体力的にきつくなるまで追い込んでやる!

好きなことをやっていても、何かを犠牲にしながらやる!




自分、変だな〜って思いますよ。




やっぱエムですよね。




「ラク」だと不安なんですね。


精神的にゆとりがなくなってしまうような生活・・・

それこそが、自分にとっての「努力」なのかもです。。。



だって、普通にしてたら、楽しいことだらけだから・・・。




なんか、あんまり考えないで書いたけど、

こんな私なんです。




ふと思ったんです。



私は「楽しい」よりも「感動」を望んでいると。



「感動」するためには、厳しさを乗り越える「努力」が必要なんですね。





そう考えると、ふと思いついた言葉


「努力なくして感動なし」



結構自分そのままじゃん って思えました!



ひょっとしたら、明日ふと何か思いつくかも・・。

そしたら、それを頑張ろう!




まあ言えるのは、上を目指す気持ちだけは負けないかなって。

行動がイマイチともなってないですが・・・




今後の課題(というか、前からの)



動く!




でした。





posted by M at 21:41| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

ダイヤのエース

今ダイヤのエースという本を読んでます。



マンガです。。

4482854.jpg


キヨトから紹介されたんです!



これが面白しろい!


高校野球マンガですが、やっぱスポ根モノは面白いですよね!


何故かというと、登場人物が輝いてるから。


目標に向かってどんな苦労にもたえて死ぬ気で努力する。
特に全国を目指そうとするならば、一切の誘惑も寄せ付けず
ただひたすら。。。


だからこそ輝くんですね!


でもそんな彼らも社会人になったら
「あの頃はよかったよな〜」と。。


何故社会にでるとそうなのか。。。


仕事だって本来楽しいし、夢だってもてる。


でも、学生みたいに死ぬ程やる、仲間と限界までやる
ことが無いんですね。。。


だからかなって思うんです。


つまり何も見えなくなるような努力があって
初めて輝きを持つのではないかと。
感動があるのではまいかと。





「努力なしに感動なし」



そんな感動をみんなで味わいたいし、そんな姿を
世間様にみてもらいたいな。。と思った今日でした。。





キヨト、最高の本をありがと!!!
posted by M at 23:48| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

寅衛門

寅”衛門


ご存知の人も多いと思いますが「ドラエモン」。


愛知県に数店舗ある居酒屋さんです。


決してネコ型ロボットの「ドラえもん」からきた名前ではなくて

「dream on」 夢を見続けよう・・・ というステキな意味があるそうです。



寅衛門は3年連続居酒屋甲子園の決勝に進んだすごい居酒屋。

8月に桑名で朝礼のパフォーマンスをみてしまい、すっかり魅了され
今のいとう眼科の朝礼のベースとなっています。


社長の赤塚元気さん、ちょうど1年位前にセミナーでお話を聴きましたが、お話が面白く、それ以来ひそかに注目していました。


実は5月に大嶋さんをお呼びした際、赤塚さんにも知人を介して声をかけていたという裏話もあるんですね・・・。
実現はしなかったですが・・・。


そんな寅衛門がDVDを出しました。


ちょっと高いかな?と思いつつも、買ってしまえ!ということで
思い切って購入し、先日のエムゼミで皆で見ました!




私的に大正解!




つくりはいたってシンプルで、ストレートで、メッセージがわかりやすい!



なんか、すご〜く、考え方にてるような・・・。


元気さんはずっと「心」の重要性を説いていました。


「作業なんて1ヶ月先でもいいんです。まずは心を教えないと」と。



元気さんのいう「心を育てる」とは

人のために何かをやって喜んでもらって、そのことに喜びを感じる心を育てるということらしいです。



寅衛門のスタッフは仕事中もとにかく楽しそう。

相手の喜んでくれることを徹底して追及しています。

それはお出迎えひとつとってもそうですし、
配膳の仕方もそうですし、いたるところにそういった工夫があるんですね。


今読んでいる本「あなたに会うと元気になると言われる人の共通点」に書いてあったのですが、会っただけで元気を与える人というのは
いかにも『元気です』ってオーラを出しすぎないで、さりげないことをさりげなくやる人だそうです。
「元気オーラ」を出しすぎると、そこで壁を作って人を寄せ付けないという傾向があるそうです。


寅衛門ってきっとそうなんだろうな〜って。
「元気がいい」「活気がある」ももちろんいいかもだけど、「落ち着いて話せない」とか「逆に気軽に話しづらい」とかいうデメリットも大きいですよね。そんなところも意識して、居心地のいい空間をつくるのが寅衛門だそうです。



入り口にお客さんが見えたらダッシュで駆け寄る。
タクシーは電話で呼ばないで、自分の手でとめる。
苦手な食材を聞き出し、食べやすいように調理する。
テーブルごとのお客の情報をスタッフで共有する仕組み。


そして印象に残ったのが「NOと言わない」ということです。



一度ノーと簡単に言ってしまうと、それ以降マニュアル以外のことに
対応するのが面倒になってしまうと。
何とかして、要望に応えようという気持ちがなくなってしまうと。
だから、できる限りお客さんの要望にノーと言わない。


それどころか、進んでマニュアル以外のものを提供しようとするではないですか・・・。



たとえば・・・

デザートでメニューを見ながら迷っているお客さんがいます。

気持ちはわかりますよね。あれもこれも食べたい。

メニューにあるものはみんなおいしそうだから・・・。



それを見たスタッフは、すかさず厨房に確認し、盛り合わせができないか確認する・・。


これですよね!




私もよく思うんですよ。

たとえば4人でご飯を食べに行って何かを注文しようとする。
そのものが一皿3個入り。
でもほしいのは4個。2皿頼んでも多すぎ。

4個にしてもらいたいですよね。

でも、お願いしても結構してくれないんですよね。


それって、100%お店の事情ですよね。

4個単位で出すと、お店側であまってしまうとか・・・

採算を考えたら、3個単位じゃないと・・・。





あとはセットメニューもそうですよね。

よくセットメニューで「パスタはこの中から」と言われますが、パスタはグランドメニューから選びたい。でも、セットにしたい。
差額の追加料金を払うからとお願いしても、ダメなんですよね・・・。メニューにないから・・・。


それは、お店の事情で。手間がかかるから・・・。利益が少なくなるから・・・。



そうなると、いったい何のためにお店をやってるのかな?ってことになる。



利益を上げるため?


お客さんを満足してもらうためじゃないんだ・・・。って。




今日それに似た話がいとう眼科でも出ました。



時間外の話。



これは、かなり物議をかもしそうですが、あえて言います。

ただの、私見ですけど・・・。


よく時間を少しでも過ぎると受けない医療機関があります。

私には理解できません。

何のために医療をやっているのか?


困った人を助けるためではないのか?


診れる人が誰もいない状態なら仕方ないが、
受け入れが可能な体勢であれば、受けるべき。


だって、早く帰るために医療をやっているわけじゃないですから・・・。



逆だったら、どうか・・・。



自分がどうしても仕事が終わらず、でも病院に行かなければ。

「今日ならいける!」って、一生懸命急いでなんとかたどり着いた病院・・。

電気は煌々とついているのに、「もう終わりましたから」と・・・。


トボトボ帰りますよね・・・。

一度出鼻をくじかれると、病院って行きたくなくなりますよね。
結構一大決心で行くようなとこありますから・・・。

そうして、結局病院に行くことなく、不幸にも病気は進んでいく・・・・・。




居酒屋ではささいな悩み(失礼ですが)でも一生懸命かかわる。

人の体を預かることをやっている医院が自分たちの都合を優先して・・・・・。




以前千葉にあるカー用品店のお話を聞いたことがありました。


そのお店は売り場面積あたりの売上高が日本一だそうです。
24時までやっているお店だそうですよ。
で、お客さんが24時前に電話するとします。

「24時30分になっちゃいそうですが、大丈夫ですか?」と。



そのお店の店員
「お客様、運がいい!今日はたまたま24:30まで営業する日だったんですよ!」

もちろんそんなのは方便です。


そしてそのお客さんからさらに電話がかかってきて「1時になる」とのことでも、それまで待つらしい。



カー用品なんてどこでも買えますよね。




話は戻して病院の場合。

もちろん無制限に診れるわけないし、ましてドクターは普通の店員さんと違って有給なんかないし、具合を悪くしても休むわけにはいかない。日々の診察という激務で疲労も蓄積する。

一度例外を認めてしまったら、どんどんルールがなくなってしまう・・。

今回認めると、次回来たときに認めないわけにはいかなくなる・・・。




いろいろな断る理由はつけられます。

でもそれでもいいと思うんですよ。

次回は診れなくても、今回診れれば。

目の前に困っている人がいるのだから・・・。




今日もそうだったのですが、いとう眼科では院長、スタッフ全員の総意で時間外の患者さんにも対応します。


そんな心をもったいとう眼科を誇らしく思います!




話はヤバいくらいに脱線してしまいましたが、「何のため」って考えることはとても大切なことだと思います。
その答えが見つかると、もう行動がブレないですから。



寅衛門は「お客さんに喜んでもらうため」が目的なんですね。

だから、自分たちの事情は優先しない。



いとう眼科もそう。

「患者さんに喜んでもらうため」



そんな心を育めるよう、寅衛門はさまざまな取り組みをしていました。

業種は違いますが、すごく参考になるDVDでした。





寅衛門、行ってみたいな〜。
posted by M at 23:18| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

GYUちゃんの「不満は言わない」

突然ですが、昨日は何の日か知ってますか?


11月15日。


ピンと来た人は、かなりの幕末オタクですね・・・。



そう、坂本龍馬の・・・・・


誕生日でもあり、命日でもある日です!



もし、まだ生きていたなら、173歳だそうですよ。



あの事件(暗殺)がなかったら、どんな時代になってたのかな?



でも、時代を作るのは、私たちですから!






さて、今日はそんな時代をつくる可能性のあるGYUちゃんから提出された感想文をアップします。





「もう、不満は言わない」を読んで
出牛 伸枝
 この本を初めて知ったときに、まず「不満」という言葉に反応しました。なぜなら、いとう眼科で実践していることの一つに「不平・不満・愚痴を言わない」があるからです。いとう眼科内ではほとんどゼロと言っていいほど耳にしません。ここから何も生まれないことを知っているからこそ実践できているのだと思います。

 しかし、この本を読んでいて「自分が不平を口にしているのに気付かない段階」の章を読み、ドキッとしました。職場では意識して、絶対禁句という思いで言ってないつもりでした。
職場以外ではどうだったか? 学校では? 家族に対しては? 身近な人に対しては? 自分の体調に関しては? 自分の感情は? 表情で出していないか?
振り返った結果、仕事と関係してないだろうと思っていたところでは不満を感じ、表に出していたことに気付きました。そして、仕事にも持ち込んでいました。

ここで私にとっての一番の気付きは、「仕事に関係しない感情はない」ということです。仕事以外でも私が感じていることは全て仕事に結びついているのです。

本文にありました。
「人生を作り出すものは考えであり、考えは言葉によって表現されます。明確に言葉で表現したものは、実際に行うことになる。私たちはみな、毎日自分の人生を作っています。だから人生の手綱を取って自分の望む方向に向けてやることができます。人生は自分で脚本を書いて監督している映画のようなもの」

人生は手綱を取って自分の望む方向に向けてやることが大事なことが分りました。
自分の望む方向は「仕事を楽しんでいる姿を見せる」こと。だから仕事以外の自分も充実してなければなりません。仕事以外でも不満や疲れを見せてはいけないと思いました。そこで自分が引き寄せてしまったマイナスのエネルギーが、望むものに対して悪影響を与えていることに気付かされました。
全て手綱で繋がっているのですから、日々の人生をより豊かに活き活きと生きていたいと思います。そんな自分を見て、仕事に興味を持ってくれる人も増えるのかもしれません。そして、喜びや満足を感じながら行う仕事は更に気持ちのよいものになっていくのだろうとワクワクした気持ちになりました。

 また、「不満を言わない」を実践していこうと意識すると、身近な人との関わりが変わってきました。親に関しては、家では不満(時間ないから、疲れているから、いらない、忙しいからなど)が多かったことを反省して、家でマイナスの言葉を使わないことを実践してみました。それのせいか、今まで仕事に対する理解を示さなかった親が、少しずつですが理解してくれるようになりました。
 仕事を楽しんでいることが何で伝わらないのかな?と悩んだときもありましたが、伝わらなくてあたりまえのことを私がしてきたことに気付きました。親や身近な人は特に空気を敏感に感じ取るんですよね!
私が家でも元気よく「ただいま〜」って帰ってきたら親はそれだけできっと安心でき、疲れた空気を感じ取れば心配しますよね!あたりまえなことに気付けていなかったので、良い機会となりました!

それから、私の家で飼っているペットに感謝しました。言葉の力のすごさが身近なところに潜んでいました!私の家で最大の空気を作ってくれているのがペットのチョコちゃんです。チョコちゃんがいるとプラスの言葉ばかりが飛び交います。
「かわいいね、いい子だね」
そして決まってすごい笑顔で!
プラスの言葉が出て、自然と笑顔になれている私たちは幸せな家庭なのだと思うことができました!!

これらの気付きをヒントに更に不満がない人生を作っていこうと思いました!
人生は不満が原因となって問題を起こしていることばかりです!その不満をどう処理していくかが重要なことを非常に感じることができたので、この本と出会えて良かったです!




GYUちゃんカッケーな・・。かっこいいよ、出牛伸枝!


特にこの文 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


「仕事に関係しない感情はない」ということです。仕事以外でも私が感じていることは全て仕事に結びついているのです。


すごい決意だよね!


「仕事を楽しんでいる姿を見せる」ことに焦点を定め、そのために、仕事以外もすべて充実させる!


最高じゃないですか!俺も見習います!


「ただいま〜」って笑顔で帰るの、最高だよね!
この間のツトムくんのブログでもあったけど、大嶋さんみたいにさ。
そんな姿みれば、家族は嬉しくないはずないもんね。
要するにすべては自分なんだね。

今ね「あなとと会うと元気になるといわれる人の共通点」って本読み始めたんだ。
かたつむり終わったから・・・。
「元気な人」と「人を元気にする人」って違うんだって。
俺は後者になりたいから、ちょっと勉強してみますね!
よかったら、GYUちゃんにも紹介しますね!


いとう眼科の鉄のルール。
「不平不満愚痴を言わない」

今井ちゃんや牛君が中心となって、すごい実践してくれています。
本当にいい空気を作ってくれています。
心から感謝していますよ!



ところで、GYUちゃん、リングは挑戦してみる?


posted by M at 22:28| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

わたなべ歯科さん

さてさて。
今回のエムズツアーの締めを飾るのはわたなべ歯科さん。



少数ながらも、すっごい医院理念と信念を掲げてやっている医院さんです。



場所は埼玉県春日部市。



北千住から「きぬ117号」という、きぬちゃんみたいな電車に乗って行きました。


のっけからハプニング。


駅に到着したはいいけど、ドアがあかない・・・。


まさか手動か!なんて思ったら、表示が。。。




「このドアは春日部では開きません」




なにぃぃぃぃぃ〜!


開かないって、開かないって!


出れないじゃん!



次の車両に移らないと、出れない・・・。



でも、この電車は特急。

つまり通路が狭い。

しかも私はコロコロ。

入ってくる人と車両の真ん中編でバッティング。



俺は降りるんだ〜!



「降ります、降ります!」


と叫びたかったんですが、当然ながら小心者の私には心の叫びしか・・。


結局降りれたんですけどね。。。





さて、気をとりなおして、春日部に到着。


春日部といえば、クレヨンしんちゃん。

駅前に何かあるかな〜と探しましたが、当然ながら、何もなし!

でも、記念に駅の表示をパシャリ!

2008_11140113.JPG


さて、あらかじめ印刷していた地図をもとに、いざ春日部へ!と思ったら、

見覚えある顔が、向こうから近づいてくる!


渡辺先生だ〜。


まてよ、到着の電車の時間、言ったっけ?言ってない!

1時ころに着くとしか言ってない!

着いたのは当然もっと前。

ってことは、そのもっと前から待っていてくれたんですね・・・。



おぉぉぉぉ〜。

奥様も登場じゃないですか!

2008_11140121.JPG


初対面です。でも、気さくな方です。

ご夫婦でお出迎え!

すごい、歓迎じゃないですか!

ありがとうございます!




さて、車でホント2分くらいのところ、わたなべ歯科さんに到着!

2008_11140115.JPG



正直前日のすまいるさんからいただいたサプライズがあまりにも
すごすぎたので、もう、よほどのことでないと驚かないだろう!と思っていました。



でも、よほどのことが起きたんですよ。。


わたなべ歯科さんはテナントです。ビルの2階。

自社ビルじゃないんです。



でもね、ビルの入り口、1Fに「ようこそエムさん」って。

2008_11140117.JPG



ありゃ〜。

管理人さんに怒られないかな。。って逆に心配。


でもね、ちょっと印刷が荒いんですよ。


なんか、字がカクカクしているんですよ。。。



気づいちゃいましたよ。

2008_11140119.JPG 2008_11140120.JPG




近づいてよ〜くみたら、その文字は小さい写真の集まりだった・・・。




これね、そんだけ、時間かかったんだか。。

もう、想像もできない手間ですよ!




今回は裏口から通していただきました。


階段側面。


恥ずかしいくらいに私の写真が・・・。

2008_11140124.JPG 2008_11140125.JPG



こんなにあったんだ・・・。

しかもL版じゃないんですよね。

A5サイズ。

それも光沢紙。

光沢紙を写真印刷すると、結構というか、かなり、かなり、時間かかるんですよ!
そして、用紙も高い。普通紙の20倍くらい・・・。
しかも、インクも相当使うんですよ・・・。


エレベーターもありました。



中には私の大きな写真が。。。。

2008_11140127.JPG


だから、自社ビルじゃないんですよ!

他の方も使うエレベーター。

もう、ありゃりゃなんですよ・・・。



正直ウチはある程度サプライズに手をかけることもできます。
なぜならば機動力があるから。つまり人手があるから。

わたなべ歯科さんは・・・。



素直にうれしいです!



サプライズはまだまだ続きます。



入り口付近に一枚のFAX用紙が貼られていました。



なになに、、、



「ようこそ埼玉へ  上田」



上田先生だ〜!さくら歯科の上田先生だ〜!!



もうね、今回、とてつもない感動を皆さんからいただきました。



私のわがままで勝手にしかも急に押しかけたにも関わらず、心のこもった
暖かい、おもてなしとサプライズ。
いとう眼科のスタッフもそうです。私を喜ばせてくれようといつも暖かいサプライズ。


なんて、幸せものなんだ・・・・・。





そして、いよいよ院内に(裏口からですが)。



すると、通路一面にいろいろ貼ってあるんですよ。
しかも、ピンクのラインマーカーでところどころマークが。



ブ・ブログだ〜。。


オイラの夢を叶えるブログだ〜。

2008_11140129.JPG 2008_11140130.JPG

2008_11140131.JPG



なんかこっぱずかしくもありましたが、これは、うれしい!

私の魂の叫び(笑)をこんなカタチで・・・。



わたなべ歯科さんのユニットはステキなんですよ。


でもね、そのユニットに患者さんが座ってちょうど見える位置に

A4の紙が貼ってあるんですよ。



私の写真が・・・・・。

2008_11140134.JPG


しかも、全ユニットに。

そして、一枚一枚言葉が入っているんです。


「凡時徹底」
「人は石垣、人は城」
「動けば変わる」


さらに院内を見回すといたるところに、私やいとう眼科を紹介してくださった案内が・・。

2008_11140138.JPG



寝てないんだろうな〜。



いや、間違いなく、寝てない!



本当にありがとうございました。


でも、感動しちゃいました!


そんなサプライズだらけで始まったわたなべ歯科さん。


もう、衝撃だらけでしたよ。





一言で言うなら、純粋だな〜と。



これは長山さんとお話していてもすごく強く感じることですが、




まさに、患者さんのためにある医院。

そして、自分たちの都合は言わない医院。




純粋に患者さんのことを思った医院なんだな〜って心から感じました。


まず、患者さんが治療の時に座るイス。



これが、電動で回転するんですよ。向きが変わるんですよ。

患者さんとより向き合うカタチでお話ができますよね。

で、実際に向き合って話してるんですよ。


この写真わかります。

2008_11140152.JPG



患者さんは写らないようにしましたが、2人とも患者さんとすごい
話してるんですよ。


本当に一人一人じっくりと。


先生にしても30分に一人しか予約入れてないし、今日の長山さんは1人に
一時間も取ってるんですよ・・・。



利益とか採算とか考えたらできないですよね。



でも、そのためにやってるんじゃないですし。



もう信念が明確で、ブレがないんですよね!


そして、それを実践している・・・。



「経営とか数字とかあまりこだわらないんですか・・・」って聞いたところ

「自分で管理していないから、よくわからないんです・・・」と。




ナルホド。。




ずっと前、先生と初めて会ったとき先生から聞いたこと。

「寄り合い所のような医院をつくりたい」と。。


先生、受付とかしてるんですよ。


患者さんが来れば「こんにちは!」って。

そしてカルテも見ないで、「〜さん、どう?」と話し始める。

患者さんも「お医者さん」と話しているような感覚はないですね。


だからこそ、いろいろな話を引き出せるんですね。



そして院内もとにかくお話が多い。

長山さんなんて、完全に話しながらやってますもん。

もちろんただ単に話が好きで話しているわけじゃないと思いますよ。



先生の理想とする形が出来上がってますね!



以前も似たようなお話を聞いたことがありますが
今回もお話してくださいました。


「本当は僕みたいな人間は不要になるほうがいいんです。
 本来きちんとやっていれば、虫歯なんてならないはず。
 僕らがやっている仕事は、歯が痛いとかいったマイナスの要因を
 なくし、ゼロに戻すこと。いくら、何人患者さんを診たといっても
 ゼロに戻しただけ。
 本当は長山のようなゼロからプラスに持っていく取り組みがメイン
 になる必要がある」と。


この話だけでも、信念の暑い方なんだな〜ってのが伝わりますよね。


私はここまで私欲に無欲で、患者さんのことを100%考え優先している
医院を知りませんでした。



もう、目からうろこですよね!




そして、お昼は近くの中華料理屋に行ってきました!

これが、おいしかったんです。


先生のコップに水を注ぐとき、こぼしてしまうというアクシデントも
ありましたが(前もあったような・・・)、みんなで料理をわけっこして楽しかったです。



ここでの話しもいろいろな意見がでました。


やっぱすごいのが長山さん。

ズバッと行くんですよね!それだけ自分に自身がある証拠。

そしてそんな意見が私にとってすごく刺激的で、考えるきっかけを与えてくれています。

ありがたいですね。




そして、渡辺先生。

やはりすごい人でしたよ。。



診察の風景を見て感じました。

理念を実践してるんだなって。

なかなか難しいはずですよね。

「患者さんのため」

これからも、突き進んでいってください。

必死についていきます!


フォトコレクションです。

2008_11140142.JPG 2008_11140146.JPG

2008_11140137.JPG 2008_11140141.JPG


2008_11140140.JPG




最後になりますが、このエムズツアーの物的戦利品を紹介!

2008_11140110.JPG 2008_11140111.JPG



わかる人にはわかるはず!


posted by M at 01:05| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

すまいる歯科さん

いや、ついに行って来ました。


愛知県は岡崎市。


東海の雄


すまいる歯科!


この日をどんなに待ったか・・。


本当はすまいる歯科さんがどんなすごいとこかをここで紹介したいのですが、
おそらくこのブログを読んでくださっている方はほとんどすでに知っていると
思いますので、泣く泣く省略します(笑)


ですので、今回あった事実、感じた事実だけを書きますね(悔)




天気ははとびきりの晴天。

日本の空ってこんなに青かったのかな〜と思うほどの見事な空!


豊橋駅で新幹線を降り、在来線で岡崎市へgo!(山村先生風)


三河、三河と、しきりに「三河」の地名が。
徳川家康?なんて、ろくに知りもしない戦国時代を思い浮かべてもいました。


窓の外に広がる景色は、な〜んかのどか。
小さな山々が広がる、落ち着く景色です。


そんな景色に和まされながらも、目指す岡崎駅へは着々と近づく。




ドキドキ。。




時刻は10:28。


定刻。



予定通り、電車は岡崎の地に到着。




さあ、いよいよ!



逸る気持ちを押さえながら、あえてすまし顔で改札へ向かう。



いましたよ。



すまいる歯科さんを支える、2人が。。



川島さん、中村さん。。。。

2008_11140076.JPG



なんか、もう完全に知った顔ですよね。
他人の感じなんかしません。


お手製の旗をふりふり、待っていてくれました。



そもそも、本当は一番近くの北野桝塚駅まで行く予定だったんです。
そこから徒歩で・・。



でも、山村先生。「是非岡崎まで迎えにいかせてください!」と。



せっかくだから、ご好意に甘え岡崎駅。



でも、遠かったんです。

岡崎駅からすまいる歯科さんまで・・・。




それを午前中の忙しい時間帯にメインの2人が・・・。




もうほんと、ありがたいですよ!




さあ、到着。
ローターリーでは見慣れたポルテ。
(8月にきたときも乗せていただきました)

2008_11140077.JPG



もう、やられましたよ。。。



なんか、あるんですよ、ドアに。。


かわいく文字が・・・。

2008_11140078.JPG




だって、「私」ですよ。
「私」なんかのために・・・。



スタートから、気分上々で一路すまいる歯科さんへ。




川島さん、中村さんと楽しい会話を満喫しながら30分強のドライブ。


道路は混んでいましたが、あっという間でしたよ。



そして、いよいよ到着!



コレだ〜。HPでみた、あのすまいる歯科さんだ〜!



生すまいる歯科さん。


少し興奮気味で概観の写真撮影。


パシャパシャ!




青空がよく似合う、とても素敵な建物でした。

2008_11140079.JPG 2008_11140080.JPG 2008_11140081.JPG



川島さんに案内され、いよいよ院内へ。



アチャーって感じですよ・・。


趣味も似ている・・。


ちなみに私の好きなインテリア。


こげ茶に白。そして少しモダンさを出すために、シルバーを入れる!
まさに、そのまま。
ひょっとしたら建築士さんのデザインかも知れませんが、そこまで似るか!って感じでした。

2008_11140094.JPG



さて、靴を脱いで、ふと横を見ると・・・。



お、おぉぉぉぉぉぉ〜。


見慣れた自分の名前が・・・。



これはやっぱりうれしいですね!


いや、嬉しいですよ!

2008_11140082.JPG



そして、その上に・・・・


お、おぉぉぉぉぉぉ〜。

いとう眼科のロゴが。。。

2008_11140084.JPG



負けた!でも、嬉しい負け!!



ようやく院内に入れました(笑


そして。。。ぴーんときました。




空気に・・・。



同じだな・・。



いとう眼科と同じ空気だ・・・。



初めてなんだけど、なぜか落ち着く。



自院に入ったかのような感覚。



みなさん診療で忙しいんですけど、あたたかい。



言葉を交わしたわけではないんです。




でも暖かい・・・。




見学にはすまいるポロシャツを用意してくれているではないですか・・・。

2008_11140096.JPG



しかも、くださるとのこと!

最初は気づかなかったですが、なんか私のポロシャツは他のメンバーさんの
ポロシャツよりかっこいい(笑)


お、おぉぉぉぉぉぉぉぉ〜、

オリジナル!


かっこいい星が左胸に。

しかも、見慣れた顔まで入って・・・。


2008_11140097.JPG



もう、気分はすまいるメンバーですよ!

インカムまで支給されちゃったし!



そんな感じで始まった見学。



歯科業界のことはわからないですが、いろいろ感じたことはありました。





まず、空気。

最初にも触れましたが、暖かい空気。

これは、いとう眼科でも心がけているのですが、暖かい空気というのは
院内にいる全スタッフで創るもの。


全員が笑顔で楽しんで仲間のこと患者さんのことを思って初めて創れる空気だと思います。


リッツの「サービスを超える瞬間」にもありました。


5感で感じる・・・と。


それぞれ、テクニックや工夫はあると思います。

礼儀正しい応対や、待ち時間を快適に過ごしてもらうような工夫などなど。。


でも、それら「仕組み」ができていても、肝心の「心」が伴っていないと本物ではないのですね。




すまいる歯科さん・・・


本物でした・・・。




つまり、テクニックと心が一致していたんですね。



話はとんでお昼。


山村先生、犬塚先生、スタッフさん全員でランチ。


その場所で、ホント分をわきまえず皆さんに聞いてしまいましたよ。


「すまいる歯科さんのどこが好きですか?」と。



まあ、予想はしてましたけどね。



ほとんど全員が同じ意見。


だから、あの空気が創れるんだな〜と納得!



ちなみにこんな意見です。


「皆が大好き」
「働いていて楽しい」
「すまいる歯科で働けて、すごく幸せ」

と、ここまではいとう眼科も多分一緒。

で、違うのが




「トップが最高」




いとう眼科でも院長と私、そうスタッフが思ってくれることを願います(祈)(笑)




みんなが同じ思いで働いているから、同じ思いを共感して働いているから
あの空気が創れるんだろうな〜と改めて考えさえられました。






メンバーさんの動き、、すごかったですね〜。

動きが止まってないんですよね。

でも、けっしてバタバタじゃない。

点で動いているのではなくて、線で動いています。

自分がなにをやるべきかがはっきりわかっていて、それがお互いに分かり合っている。

インカムもすごい活用されていました。




受付での応対も印象的でした。

会計が終わったあと、患者さんが外に出て見えなくなるなるまで目線をきらないんですよね。

けど、ホテルの応対のようにそこまで形式ばっていない。


図々しくもメンバーさんに聞いちゃいました。

「結構見送るのってたいへんじゃないですか?」と。

だって、おばあちゃんとか、歩行遅いじゃないですか。それで、靴も履き替えます。
下手したら数分ですよ。あの急がし中それだけ「静」の時間を作るのって・・・。




あるTCさん。
「どんなに忙しくっても、きちんとお見送りするようにしてるんです!」



あるDHさん。
「結構出てから、振り向いてお辞儀してくれる患者さんいるんですよ。私から目線はずせないですよ」




そうだよな〜。



あらためて考えると、あたりまえだよね〜。できてないケースがほとんどだけど。


どんなに忙しくても目の前の患者さんを大切にする。
それすらできなくて、なんにも偉そうなこと言えないですよね。



頭でわかっていても行動はなかなかできないですが・・・。




そして感じたのが、いい患者さんが多いということ。



もちろん、例外のケースもあるはず。

でも、少なくとも見学の最中にみた患者さんはみな感じのいい人。


それって、すまいる歯科さんが作り上げたひとつの形なんだと思うんですよ。



不満や無関心、仏頂面は同じもの引き寄せますよね。

逆もしかり。

笑顔や、関心、感謝は同じものを引き寄せます。というより引き出します。



医療機関って結構つらい場所のはず。

なぜなら、当たり前ですが、「痛い」「つらい」「心配」という負のエネルギーを満タンに
した人がくる場所だから。


もし「引き寄せの法則」が本当にあるとしたら、負のエネルギーを満タンにした人が集まった場所、
そしてその人たちに接する医療スタッフ。


「負」になっちゃいますよね。


だからどっちかが強引にプラスに変えていかなければならない。


負のエネルギーを持った患者さんが自分の努力でプラスに変えようとする人はそんなにいないはず。


だから、私たち医療スタッフが変えなきゃいけないんです。


そしてそれができていたのが、すまいる歯科さんでした。


でも、難しいことじゃないと思うんです。


相手に関心をもち、仲間に感謝し、人とのかかわり、そこからの自分の成長に「快」を結びつけることができたら、自然なんです。




あとは山村先生。

やっぱ、魅力的でしたよ。

すごい、「聴く」姿勢なんですよ。

患者さんの目をみて、聴いてるんですよ。


きっと山村先生って医療を押し付けないんだろうな〜って。

歯科医師としてこうしたほうがいいという考えはあっても、患者さんがどうしたいのかに耳を傾け、
自分の「こうしたほうがいい」という考えと患者さんの「こうしたい」という考えを結びつけて、うまいところに落とし込む。

そんなバランス感覚の優れた方なんだな〜と、診療を見ていて感じました。



もう、とにかく優しいんですよ。上辺だけでなく。



本当に図々しくも待合室で待っているおばあちゃんに話しかけちゃいました。


「なんですまいる歯科さんに通っているんですか?」って。(勝手にスミマセン)


そのおばあちゃん、言ってました。


「先生がほんと、いろいろなところに気を配って、声かけてくれるのがありがたいんですよ。
 私、おしゃべりだからいろいろしゃべっちゃうけど、聞いてくれるし。
 子供がきてもそっちにも気をかけたりと」



驚いたのが、自分への応対だけじゃなくて、他人への応対も見てるんだな〜って。
いい年のおばあちゃんですよ。。



そんな先生の姿勢が午前の最後の患者さんでもあらわれていました。


受付にたって、最後まで見送っているんですよ。。。



その姿勢がすべてですよね。



うわっ!長すぎ!



でも、まだまだ行きます!



舞台はいよいよお待ちかねのお昼。



午前が終わって、皆で外食!


車で5分くらいで着いたお店。




「準備中」




あれっ?





けど、すでに先乗り班がお店でお出迎え。



おぉぉぉ〜。



聞いたら、この日のためにお願いして開けてくれたとのことじゃなですか・・・。


もうこれだけで、感動ですよね。


普通しないですよね。。




そして。


お、ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜。


もう、すまいるさんでは何があっても驚きません。。


コレですコレです。

2008_11140098.JPG 2008_11140099.JPG

2008_11140100.JPG 2008_11140102.JPG




この人たちはヤバいですよね。やっぱ、私たちが尊敬する理想のチームです!



食事もお昼からフルコース!

お・い・し・い。


朝はバナナ1本だったので、もう、でらうまいですよ!

ちなみに「でら」とは「デラックス」の略らしいです。 by カワシマアヤヤ



けど、皆の話聞きたいし、食事がすすまない・・・。


いつもは割りと早食いの私ですが、、一番遅かったかな・・・。


席も、すごい気を利かせてくださいました。


よく知っている川島さん、あやや(なぜか呼び捨て!)、てらさんは、私から離れた席。
ちょっとさびしい。


でも、前回あま話せなかった高嶋さん、後藤さん、そして初対面の吉沢さんが近くにいてくださった。



よかった〜。



やっぱ皆さん、オールスターですね!




採用の話になったんです。


面接まで行く前に、メンバーさんが電話の応対で決めることもあるそうです。


メンバーさんが最終判断ではないにしても、自分の判断で合否を決めるのはプレッシャーのはず。


自分が電話で受けて、「どうだった?」と聞かれても自分の判断でその人を落とすのは気が引ますよね。


でも、自分たちで仲間をさがし、自分たちで育てていくんだ!って意思があれば、そんあことは当たり前。


当たり前を当たり前にできているすまいる歯科さんに、スゴイを感じました!



そして、あややの名言。



後藤さんが応募の時に電話をして、その応対をしたのがあやや。

あややはもうその時から一緒に働くことになるのがわかっていたそうんです。

で、後藤さん

「何か面接の際に持っていくものはありますか?」

あやや





「やる気だけ持ってきてください!」





どえりゃ〜。(意味違います?)




スタッフの採用への関わり方で、ある程度その医院の意識レベルがわかりますよね。

「自分たちはどんな医院にしたいのか」

その思いが明確であれば、採用は避けて通れないみちですもんね。


そういえば、あすなろ歯科さん、わたなべ歯科さんも積極的にスタッフさんが関わっていました。


刺激受けますね〜。




山村先生って、ホント気が利くんですよ。

それは、前回の8月の訪問の時にも相当感じました。


今回も私が大阪へ発つ電車の時間はあらかじめお伝えはしてあったのですが、
話に興じて、私自身あんまり時間が見れていなかった。

でも先生は違うんですよね〜。

そして、ここでもサプライズが。



驚くのをやめた私。

でも・・・。


もう、感動ですよ。


なにがって、それを準備している先生やメンバーさんの姿を想像すると・・。


行くって決めたの、結構最近です。
なのに、なのに・・・。


時間なんてないはずです。

アイディアを出すのにも相当な時間。
買出しにも相当の時間。
実際の準備にも相当の時間。


すまいるさんの本気を見ました。


もう、宝のものです!


その感動の品々を公開しちゃいます!

2008_11140105.JPG ウマくないですか!?すんごいです!


2008_11140107.JPG 山村先生作 日めくりカレンダー!もう、最高すぎます!




まだまだあるんですよ・・・。




そして、最後は再び川島さんとあややが車を出してくださって、岡崎駅まで。

(途中、かるく迷いましたが。。)




お店の前に車をまわしてくださったときに、プチサプライズがありました。



車が豪華になってる!


2008_11140103.JPG 2008_11140106.JPG



もう、もう、もう。。


皆さんに見送られ、岡崎を後にしました・・・。

2008_11140104.JPG


お昼で一番心に残ったことを書いて、ラストにします。



すまいるさんで働いていてよかったと思うこと。




川島さん。


「トップです。院長が私たちの人生を背負ってくれている人だからです」




稲盛さんも言っていました。
経営をするということは、自分のやりたいことを実現するためだけじゃない。
従業員の人生も背負うことだと。。。



山村先生のすごさ。



その決意をメンバーさんが理解できるほどに高めたところ。




そりゃメンバーさん本気になりますよ。



そりゃ、泣きながら語りますよ。




自分にできているか・・・。



彼女たちの人生に大きな影響を与えているとは自覚しているつもりです。

そして、その責任の大きさも自覚しているつもりです。



でも、そのことをスタッフが感じてくれるまで思いを高めていけていたか・・・。



先生と話していると、「自分のため」じゃなくて、「メンバーのため」に動いているのが
いやってほどわかっちゃうんです。



そんな先生だからこそ、メンバーさんはついていくんですね。



理想の姿です。




そんなことを感じた、お昼でした!





その後は大阪へ行って、昨日アップしたセミナーを受け、すぐに名古屋へ戻ってきましたよ。



山村先生と差しで!



まずは、さすが山村先生!

ステキすぎるお店を知ってらっしゃる。


絶品のご馳走でした!


でも、話に夢中で、箸がとまることも、しばしば。



2人のアツい会話なので、内容は控えますが、とにかく幸せな時間でした。



私に影響を与えてくださる、沢山のありがたい方々がいます。

いろいろな影響の与え方をしてくれます。





山村先生。


話していると、勇気がわいてきます。

自分の可能性が広がる気がします。

そして、本気で支援したくなります。




お互いに将来の官能性を信じ励ましあえる間。



一緒にいると、夢がどんどん膨らんでいく、最高のメンターです。




急な話に、無理をいってお付き合いいただき、ありがとうございました。



最後に、すまいる歯科さんの院内を紹介します。

2008_11140085.JPG 2008_11140086.JPG

2008_11140087.JPG 2008_11140088.JPG 2008_11140089.JPG

2008_11140090.JPG 2008_11140091.JPG 2008_11140093.JPG

2008_11140095.JPG

posted by M at 22:39| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪セミナー

今日はお昼にすまいるさん、夕方に大阪でセミナー、夜は名古屋に戻って山村先生とアツい語り。


いや〜、もう本当に充実しまくりですよ!



いとう眼科のスタッフはすまいるさんのことが気になるでしょうけど、
それは、あ・と・で。。。


今回は大阪でのセミナーの報告。



このセミナー、日本経営の藤澤社長よりご案内いただきました。

主催は「日本創造経営協会」


「日創研」とは違いますよ〜。


テーマは「企業生命創造と中核人材の育成」


ダブル講師で、後半はなんと、藤澤社長が実践事例発表!



その話メインでいきました。



まず、会の雰囲気。


かなり、トップに近い方のあつまりだな〜と。
私はどうみても、若造。しかも今回はノーネクタイ。

そして、席は指定で、な・なんと、一番前の真ん中!

一人ででかいコロコロをもって、しかも若造が。。。

ま、いっか!

ありがたいことに藤澤社長さんがセミナー前にわざわざ席まで挨拶に来てくださいました。
そういうとこが、すごいんですね〜。



時間管理がすごいんですよ。

普通セミナーってなかなか定刻に開始できないですよね。

でも、時間になると、ブザーがなって始まるんですよ。

講師が「こんにちは」というと「こんにちは!」と。

この「こんにちは!」の返し方で、なんとなくどんな意識の人たちが集まっているかわかりますよね。

かなりレベル高い「こんにちは」でした(笑)

講師の時間管理もすごいんです!

もう、分単位で時間をまとめます。

すごいですよ。

やっぱり、時間は命なんだな〜と。






さて前半の内容ですが、「人の育て方」を中心とした話です。



こんな話。




「人づくりは10年単位の仕事」



人づくりは長期的に、しかも、目標をもって具体的に計画され、実現してく必要があると。

売り上げは1年で達成できるけど、人材の育成は10年かかる。。と




さらに、人づくりはトップの一番大きな仕事。

「自ら人を育てる」という意識が必要と!



人に関して言えば、やはり迷います。
私は人に関しての仕事しかしてないですが・・・。


あくまで、きっかけを与える役に徹し自立を促すのか
それともある程度の道筋を明確にしてあげて、関わっていくのか。



育て方はひとつではないけど、大切なことは




「成長のテーマを明確にし、成長の機会を与える」ことですね。



そして、「育てよう 」「創ろう」という意思をもってスタッフに接しないととのお話でした。


「いい人がこないんだよね〜」という従属的な考え方だと、いつまでたっても
人材は集まらない。



そんなこと前半では学びました。




10年か・・・。
いとう眼科がスタートしてまだ3年半。
つまり、一番長くいるスタッフでも、3年半。

そもそも「育てる」立場の私が未熟。

だから、もう一緒に学んでいくしかないんですね。

自分を成長させながら、「育てる」ことを常に意識し。


その責任の重さを考えると、不安がないわけではないですが
ラッキーなことに、私は、そういうマイナスとは縁が薄いタイプ。


自分が成長し、人を育て、それに刺激されさらに自分も成長し・・・と
超プラス循環でいきましょう!




後半は藤澤社長のお話。

やはり、すごいな〜と。

お話を聞いているだけで、すごい社風が伝わってくるんですよ。

つくった言葉じゃないので。

家族への感謝、生かされていることへ感謝、利他の心。理念の大切さ・・・。


藤澤社長の日本経営さんは徹底的に従業員の心を育むことに力を入れているすばらしい会社です。

セミナーでこんな言葉がありました。



「躾(心)の最終防波堤は会社」と。


会社(社会)が積極的に人に関わって、心の教育をする必要があるということです。

レジュメの文章を抜粋します。

「会社は人間性を高める絶好の成長の機会であり、目的を持って生きる土俵である」



もう藤澤社長、日本経営さんがわかりますよね。


藤澤社長さんは3代目の社長さん。

すばらしいのは、先代(現会長)、先々代(現議長)を非常に尊敬していること。
そして、感謝し、その思想・哲学を受け継いでいること。

さらに、ただ単に受け継ぐだけではないのです。

経営理念の変更という大会社にとって、常識破りなことも実践しているのです。

しかも、ボトムアップの感じで・・・。

その際も創設者であります、現議長にきちんと説明にいき、その議長さんも
快くOKを出されたと。


もう、すごい会社さんですよ。しかも社長、会長職は世襲制ではないと。

会社は社員一人一人の力によって成り立つ皆のものだからという理由です・・・。



何から何まですばらしい会社です。



そしてその「理念」に関して。


理念(社訓)とはすぐにできるものではないとのお話。


統計で、一番利益を出している会社は社訓を創業してから11年〜20年につくった会社だそうです。

あの経営の神様松下幸之助さんの松下電工は、社訓ができた年を

「命知元年」とし、しかもそれは創業して14年たった昭和7年のことだったそうです。


ちなみに、社訓がある会社の平均利益は4900万円で、ない会社の2900万円と比較し
実に1.7倍で、業績にも社訓の重要性がでているそうです。



藤澤社長は理念を「説く」ことに力をいれているというお話がありました。


従業員さんに説き続ける、つまり話し続ける。


これは、私も昔苦い経験があります。


自分では理念を伝えたつもりだったんです。

勘違いもいいことに、2,3回も言えば伝わっているものと考えていたんですね。。

それじゃ、伝わらないんですね。。。。

2,3回どころか、もう何度もブログに書いたり、言ったりしていても、「なんで日本一になりたいのか」という
ことに関して、一部のスタッフしか理解していなかった事実もありました。


藤澤社長曰く

同じことを聞いたとしても、その状況、心理状態、成長状態、家族構成とうで、入ってくる
中身が別のものになってくる。だから、ずっと話し続けないと。


今の自分。

あいかわらず、徹底はできていない。

ブログという手段で発信。
エムゼミを利用して発信。
よく一緒にいるスタッフには語りつくす。

でも、なかなか時間を共有できないスタッフにはどうかかわってきてるのか・・・

今よりもっといい関わり方があるはず。

急がしいを理由に一番大切なことを避けてないか・・。





いいお話でした。
でも、いいお話で終わらせないで、ちょっとでもいいから、落とし込みたいです!
posted by M at 01:53| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

いよいよ

明日はいよいよ、すまいる歯科さん。
そして藤沢社長。
翌日はわたなべ歯科さん。


もう、ホント、信じられないですよ。

今の自分の状況が・・・。



以前てんつくマンがこんなこと言ってました。




父ちゃんは自分の力の小ささを嫌というほど知ってる。

でも、自信があるかと言われたらあると答える。

それは沢山の仲間が出来たから。

そして、これからさらに新たに仲間が増えていくんやもんな〜。

大丈夫や!なんとかなる。

父ちゃんがみんなに言いたいのは、自分が小さくてもいいんやで〜ってことや。

仲間をいっぱい創ったらいいねん。

仲間の作り方は簡単やで。

志を大きく持って、ほらと笑われてもいいから、夢を語るんや。

世界中がしあわせになる夢を。

そして、大きな夢を語った後はコツコツコツコツ今、出来ることをすることやで。

言うだけやったら、それは逆効果になる。

動かないとあかん。

コツコツコツコツ動く姿を必ず誰かが見てて、いつか誰かが声をかけてくれるようになるから。

楽しむ心でコツコツを続けていけば、必ず仲間がいっぱいになってる。

コツコツ、コツコツは、やがて、ドッカンハッピーに変わるから。

今やっているコツコツをあなどったらいかんぜよ。

そのコツコツに祈りと願いを込めてやっていくんやで。

そしたら、文ちゃんや啓介のような、成功や幸せに会える。

さぁ今日もコツコツを楽しもう。






コツコツ。


コツコツですよね。


でも、動かなきゃ。

動かなきゃ何も始まらない。


てんつくマンの大好きな言葉。



「動けは変わる」



そう。



ここ半年、思い返せばずっと夢を語ってきました。

もう大ホラですよ。。


でも、語れば語るほど、なんだかそれが当たり前になってきて。


次第に信じて疑わなくなる。


すると、不思議なことに様々な出会いがやってくるんですね。


そうれは、もう、不思議なほど。。


しかもその輪はちょっとずつ広がって・・。



出会いが出会いを呼び、そこから何かが生まれようとする・・。




今回のツアーもそんな出会いによって実現したもの。



1年前の自分には考えられない行動。


そして今の自分と一年前の自分の人間関係もまったく違う!



もちろん、私と一緒に働いてくれるスタッフもまったく違う。



もっともっと自分の可能性を広げたいです。



1年後今を振り返って、「まったく違うな〜」っていえるほど。



明日、明後日。


本当に楽しみです。未来のためにも楽しみです。



さあ、動こう!



コツコツコツコツと。。。
posted by M at 23:17| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

ヤバめ

かなりヤバめなツアーが始まります(嬉)



なんか、すべては最高のタイミングでくるってホントですね。。



目的は大阪でのセミナー。
でも、その前に岡崎のすまいる歯科さん
後に春日部のわたなべ歯科さん。

すべて私のメンターです。
そんな人たちの普段の姿を見学にもいけちゃいます!


なんで、こんなにうまくいくんだろ〜。



きっと何か意味があるので、精一杯吸収してききます。




期間中、メールができないかも知れませんが、ご容赦ください。。





すまいる歯科さんとわたなべ歯科さんには見学にお邪魔しますが
もう、行く前からドキドキなんですよ。



診療中に他科の人間が来たって、何のメリットもないのに
どちらも、すごいウェルカムムード出してくれるんですよ・・。



しかもスタッフさんも楽しみにしてくださると。。。



私が行っても先生は診療で手が開かないでしょうから、スタッフさんが大変なんですよね。




それなのに、歓迎してくれる・・・。




もう、ホント、ありがたいです。




いとう眼科も今、少し天狗になっています。
もちろん私もですが。




少しばかり見学していただいた方にほめていただき、もちろん嬉しいですが、他を知らないと・・・。



きっとすごいプラスオーラが漂ってるんだろうな〜。
想像できちゃいますもん!




いや、楽しみでっす!





もう、昨日から準備準備ですよ。



ゴロゴゴ買ったり(キャリーケースのこと)、日程表作ったり、宿泊先の確認したり、道中に読む本を選んだり、あれこれと・・・。



そんな時間すら楽しい。




で、今日は高崎駅にチケットを買いに行きました。



まだ先の日程なので指定なんて余裕であいてるんだろうな〜って思ったら、
開いてない電車あったんですね。

喫煙席はガラガラらしいけど、禁煙席はギュウギュウらしいです。
なんとか3人がけの真ん中の席をゲットしましたが!





そして、今日は初めて高崎駅東口のヤマダ電機に行きました!


まだできて間もない、超大型店です!




でかいな〜。ホントでかいな〜。




ビールとか、食料品、ブランド品、それに、本まであるじゃないですか・・・
おまけに、レストランも・・・



電機って・・・。






昔から思っていましたが、ヤマダ電機はものすごい勢いで成長を続け、売り上げはとんでもない額らしいですが、「人」に関してはあんまり関心ないのかなと・・・




今回のお店もスタッフさんの数はものすごいですよ。



新しいお店で、活気はありました。明るさもあります。



売り場も広いし、通路も広い。品揃えもかなり豊富。



でも、「心」が。



つまり、お店の空気が。。




礼儀正しい言葉遣い、お辞儀、挨拶・・・

教えればできます。



そして一番大切な「心」・・・。



私はあえて、教えてできると言いたいです。

(「気づきを与える」とか「スイッチを押す手伝い」とかの方が適切な表現かもですね。)



でも、教えないところが多いんでしょうね。



「心」を教えることができない、または教える重要性を見出せないというなら


巷にあふれている自己啓発系の本はいったい何なのか?


あれこそ、心の教科書ではないでしょうか。





ヤマダ電機の教育マニュアルはわかりません。



でも、ちょっと考えちゃいました。



あの場所にいる全スタッフがホスピタリティあふれる笑顔で
仕事を楽しみ、心から人と接するのを楽しんでいるとしたら
どれだけのパワーを生むのか。

どれだけのプラスオーラに包まれた空間になるのか。


もう、まさに地域の憩いの場ですよね!





あれだけ集客力を持ち、影響を与えている企業だからこそ見本を見せてほしい。




そうすれば、手っ取り早く日本が明るくなる!





そう思った買い物でした。。





話はそれてしまいました・・・





いとう眼科のスタッフさん、ごめんなさいね!


今井ちゃん、よりちゃん、GYUちゃん、萩原さん・・・

行きたそうでしたね〜。でも、今回は我慢してください!

希望があれば、きっといつか!





そして、山村先生、渡辺先生、藤沢社長、よろしくお願いいたします!
posted by M at 23:28| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

私達の義務

いとう眼科には看護学生がいます。



いとう眼科の闘牛ことGYUちゃん。

そう、つまりウシくん!



平日は午前中医院で仕事をして、午後から学校へ行っています。
そして学校が終わると、ソッコー、戻ってきます。



水曜日だけは学校が一日なので、直接学校に・・・というのが普通ですが

GYUちゃんは、朝掃除と朝礼のためだけに医院にきてから、学校へ行きます。



いとう眼科の朝を過ごせないと、一日が始まらないらしいです・・・。



いとう眼科は本当に日々いろいろなことが起きるんです。


だから、GYUちゃんが夕方帰ってきた時に、GYUちゃんの知らないことも起きてたりします。



そんな時、すごくさびしそ〜なんですね。


そんなGYUちゃん「いとう眼科でみんなと外来をまわせるのって、すっごく自分にとっては大切なことなんですよ」と。


火曜日なんかは、いとう眼科は手術日なので、午後はないのですが
GYUちゃんは学校が終わると戻ってくるときもあります。


「みんないるかな〜」って。。



もう、いとう眼科愛・はんぱないですね(山村先生風)。



でも、たいへんなんですよ。
本人は全く顔に出しませんが・・・。




私は法律の試験しかしたことがないです。

だから推測に過ぎないですが、意識が全く違うんですよ。

確かに法律系の資格は合格率という観点からみれば、いわゆる「難易度」は高いかもしれない。

でも、法律の勉強は、試験に合格することが目的。



看護師の資格は目的は試験に通ることではなくて、知識を身につけること。

実際の医療現場にでてやっていけるための勉強。




私の仕事は書類に間違いがあっても訂正印をおして訂正すればすむこと。


でも、看護師は訂正印は使えない。


つまり、失敗は許されないんですね。


そういう意識も「試験」というカタチを利用して植えつけることもある。


とにかく、学校の授業自体が真剣なんでしょうね。




そして、当然それは学校だけですむ問題ではないです。

家に帰って復習をしたり、試験の前には勉強をしたり・・。



いとう眼科ではいろいろなことをやっています。

外来業務だけではありません。


そして、そのほとんどがいわゆる時間外、つまり夜や日曜日です。



学校に通ってなくても、寝不足になってしまうスタッフもいます。


でも、GYUちゃんはいつも一番遅くまでのこって頑張ってくれています。
(朝は苦手のようですが・・・)





そんなGYUちゃん、この間も試験でした。



でも、結果は・・・・・。



おそらく相当頑張ったはず。



なんでわかるのか。




テストが終わって急いで帰ってきたときに泣いてたから・・・。



23歳が悔し涙。。




聞けば、引っ掛け問題で、ほとんどの人が出来なかったと・・。




問題の良し悪しは私にはわかりませんが、泣くほど頑張ったということは、胸をはれること思います。




GYUちゃんは相当悔しかった。



試験後、医院に戻る前に、学校の先生に聞きに行ったそうです。


そのテストの真意を。。





引っ掛けることに何の意味があるのかと。



決して逆上して行ったわけではないと思います。





私はその思い、行動は大好きです。




GYUちゃん今日の朝礼のスピーチで言っていました。



「悔しい」「勝ちたい」と。



悔しくなければ成長はしない。
勝ちたいと思わなければ成長はしない。



「勝たなければ伝えられないこともある」 byよっしー

「勝つ前から、勝負にこだわらないのは逃げ?」 byエム





先日、山村先生と私のメールのやり取りの一部をGYUちゃんに紹介しました。


実は結構過激な言葉が飛び交ってるんです・・。
とてもブログでは紹介できないような・・・。




そこに含まれる、いろいろなメッセージをGYUちゃんは受け止めてくれて、大きくなってくれたような気がします・・・。





今後が本当に楽しみです。




そして、私達(山村先生と私ですが・・)。



そんなGYUちゃんたちがもっともっと輝ける場を提供するのが私達の義務!



世の中には輝くものをもっていながら、なかなかその輝きを発揮できない人はたくさんいるはず。



現代の若者が悪いんじゃない。



その能力を引き出せない、輝く場所を提供できない私達が悪いんです。




きっと輝きたくてもがいている人もいるはず・・。




もっともっと輝く人を手助けしたい!



先日みた知覧の映画を影響もあってか、そんなことを思ってしまいました・・。



まあ、それには、自分自身が輝いていないとだけどね・・・。
posted by M at 19:54| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

笑顔セミナーF

とうとう笑顔セミナーも今回で最終回。


皆様、長い間お付き合いいただき、ありがとうございました!



最後はいとう眼科スタッフから提出があった感想文をアップします。







『笑顔セミナーを受けて』 田代美幸

今日という素晴らしい日を絶対に忘れない!とまずは言いたいです!
本当に素敵な人達と過ごせた一日でした!
こんな出会いを導いてくれたMさん、本当にありがとうございます!
この出会いを大切にしたいと思います!心残りは岡ちゃんへのストロークシートを埋められなかったこと。ビジョンシートを発表できなかったこと。それと懇親会に行けなかったこと。もっともっと皆さんと話したかったです(泣)。

諏訪先生。『笑顔力』やブログを拝見して感じていた通り茶目っ気たっぷりだけど、どこか姐御肌を感じる、いい女オ〜ラのある方でした。『笑顔』を仕事にしているだけあって本当に笑顔が素敵でした!
さて、今回のセミナーではプライスレスの笑顔で自分や他人に与える影響ってすごいんだな〜と改めて思いました。思えば、中学の頃、病院の受付のお姉さんの笑顔に憧れていなければ今の私はありません。それだけ医院の第一印象は受付で決まるといっても過言ではないです。これは専門学校時代も嫌っていうほど先生達に叩きこまれた言葉です。どんなに院長が素晴らしい人でも私たちが医院の評判を落しかねない。そう思うと今以上に患者さんに『快』を与える人になりたいと思います。そして患者さんだけでなくスタッフに対してもストロークをどんどん投げかけていきたいと思います!
今日、自分自身で一番、衝撃的だったのが第2部で呼吸法を教わり諏訪先生のいう通りの事を思い描いているうちに自然と涙が流れてきた事です。これは以前、東京まで諏訪先生のセミナーに行った人から聞いてはいたけどまさか自分は泣く訳ないな〜なんて半信半疑でしたが、それを根本的に覆す結果となりました。心理学。信じてない訳ではないけれどあんまり信じきれない自分が今までいました。が今回のセミナーを受けてはまりそうです(笑)。
私の夢はまだ漠然としていてうまく言葉ではまとめられません。でも明らかにいとう眼科に入りたての頃とは違います。でもそれは自分が成長しているしるし。と諏訪先生が言っていたのに救われました。いつかいとう眼科を日本一にする為にMさん達が今以上に多忙になるかもしれない。スタッフもどんどん増やさなければならなくなるかもしれない。いとう眼科のスポークスマンの一人として可能性のある原石をみつけだす人になりたいです。まずは自分を磨き、こんな夢を語っても恥ずかしくない人間になりたいです。







「笑顔セミナーに参加して」
武藤敦子
今回2度目の諏訪先生のセミナーでした。前回は2時間コースということで、今日の前半の内容を教えていただいていましたが、やはり、人は忘れる動物ですね。「そうだった、何だったっけ?」と思い出すところがあって、少しずつでも良いから、アウトプットすることを心がけしようと思いました。笑顔が健康にも影響する。笑顔でいるだけで、良いことがおきる。それって、自分の気持ち・心がけ次第でどうにでもなるということだし、すべては自分が源泉なのだということを再確認できました。
今回、これからここに重点を置いて行動していこうと思ったことは、周りのひと、患者様に自己重要間を与えられるように意識して行こうと思いました。良く知っている人は簡単に褒めることが出来ますが、たまにお会いする方だったり、患者様だったりすると、こちらが、褒めたつもりでも不愉快に感じさせてしまうこともあるのではないかと思うこともあるので、そういったことも考えながら、その人がいかに大切な存在であるかを伝えていきたいです。
午後のプラスとマイナスの波動について、「気の力」を実際に目の前で見て、「気」の存在を実感できたことはとても良かったです。そして、以前に事務長から、「涙が出る、と思うより先に気が付いたら涙が出ていた」というお話を聞いたことがありましたが、「このことかー!!」と思いました。自分は泣こうとしていないのに勝手に涙が出ていました。感謝しているとか、そういう気持ちとはまた違う感情だったように思います。ただ、何を考えたわけでもないのに涙が止まらなくなってしまった感じでした。あの時、頭に浮かんだ人たちはいつも、自分を見ていてくれた人たちだったように思います。両親だったり、家族だったり、子供の頃からの友達だったり、そしていとうファミリーだったり、たくさんの顔が浮かびました。そして、思いました。私の周りにはたくさんの人がいてくれるのだなと。そして、支えてくれていることを改めて感じました。これから自分がどうしたらいいのかを考えたとき、あの時、浮かんだ人に少しずつで良いから恩返しがしたいと思いました。それには、いつでも私が元気で楽しんでいる姿を見せることだと思います。落ち込んで、悲しんでいる姿は見せられません。元気に活き活きと働く姿を見せることができたら、いつも私を見ていてくれる人を安心させ、喜ばせることに繋がると思います。そして、「いとうファミリー」の夢のお手伝いにもなると思っています。そして、このとき、気が付きました。私は周りの人に安らぎを与える人になりたいのかもしれないと。「安らぎ」から勇気や元気の源を作り出せるのではないかと思ったからです。今回のセミナーで得たものは笑顔についてだけでなく、自分がどうなりたいか、今まで明確にできなかった「目標・夢」を見つけることが出来ました。この気づきは本当に大きいと思います。今は小さな夢ですが、少しずつ夢は広がっていくような気がします。
これから、やるべきことはやはり「今、ここ、100%」ですね。目の前のことに全力で行きます。患者様に安心感を与えられるよう、もっともっと眼疾患の勉強もします。検査の勉強もします。そして、自分の良い部分を磨いていきます。
最後に、たくさんの尊敬する方々にお会いする機会をいただき本当にありがとうございました。









「1Day笑顔セミナー」に参加して
岡澤久代
本当に楽しい感動的なセミナーでした。
第2部の呼吸法は自然に涙が出てきました。呼吸法をしていて自分の意識に集中した時に、自分が息をしていない感覚になった時が何度かあったので、それは不思議な感覚でした。
自分を「頑張ってるよ。」っていたわること、いつも自分には落ち込んだ時は特に、自分全然だめじゃん、って自分で自分を責めて余計苦しめていたのかな。自分に駄目出しは沢山してきたけど、自分を褒めることや、いたわる事はしてこなかったと気付きました。これからは自分をもっと可愛がっていこうと思いました。
そしてやっぱりカイトです。私も思春期の頃のこと思い出しました。生きるのが辛かったこと思い出しました。もらい泣きです。カイトを抱きしめたくなりましたが我慢しました。家族っていいなって思いました。
そして3部のカイトの夢。前から聞きたいと思っていました。医師かな?と想像はしていましたが、大きな夢で、医院長の様な医師になりたい。感動です。カイトなら出来る!!
これからも応援させて下さい。
夢の発表は最初は自分にはっきりした夢がないので、手を上げられなかったのですが、みんなの発表を聞くうちに、今の自分の気持ちを伝えたくなって手をあげました。発表はできませんでしたがこれも何か意味のあることなのかなと思います。
医院長、事務長、みんなの夢を聞いていて私は本当にいとう眼科で働けて楽しいな。いとう眼科に出会えて、サイコーに幸せだなって思いました。そして夢を聞かせてくれた皆さんの、自分だけのためでなく人のためを思う本気の夢は本当に感動でした。サイコーにカッコイイです。私は夢がまだはっきり定まっていないのですが、私も皆さんの様に人のために頑張れる夢を、私の夢はこれですって、はっきり語れる夢を見つけて行きたいと思います。
今日笑顔セミナーに参加できて、参加して下さった皆さんにお会いできて、夢を聞くことができて、本当にしあわせな時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
そして諏訪先生、本当にありがとうございました。素晴らしいセミナーでした。最後のサプライズ、とってもとっても嬉しかったです。何日もかけて作ってくださったなんてもう本当に嬉しすぎます。本当に本当にありがとうございました。
事務長、この機会を作ってくださってありがとうございました。感謝します。
本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。沢山の刺激を頂きました。ありがとうございました。


セミナー大変お疲れさまでした。







1DAY笑顔セミナー  IN  いとう眼科
萩原洋子
今回のこの企画をセッティングしてくれた事務長、賛同して下さった諏訪先生、今回参加してくれた医院のみなさん、そしてその医院を巡り逢わせてくれたあすなろ歯科野村先生、また日創研に参加した花岡さん、いとう眼科の仲間、全ての人に感謝いたします!!!
忘れられない日・・・  絶対に・・・    

みんな!!  サイコー!!!    
幸せになろうね♪
みんながそれぞれの場所で、笑いながら
「いい人生だったな・・・」って言える
そんな生き方送ろうね♪


今回の1DAY笑顔セミナーは、東京で講習を受けてからの二回目です。
前回参加して、とてつもなく大きな気付き、癒し?を得られたものの、なかなか参加できなかったスタッフに伝えきれない部分が発生してしまいます。でも、今回のセミナーで

「ほ〜ら・・・うちらの言ってた意味が分かったでしょ?」

そんな感じです。いとう眼科のスタッフみんなで(体調不良のため残念ながら参加できなかった人もいますが)諏訪先生のセミナーに参加できたことが何より嬉しいです。
共通の気付きやそれぞれの感想、話題があるのと、ないのでは、チームとしての成長は違うと思います。それは、今気づくのではなく、もしかしたら将来のどこかで大きなものとなって現れるのかもしれませんが・・・

今回は二回目のセミナーとなりましたが、やはり良かったです。忘却曲線はセミナーの中でも触れていましたが、やはり忘れてしまっていた部分があり、思い出されました。

まず自己重要感!
やはり大切なものだと改めて思いました。家庭でもそうですが、職場での自己重要感は大きいと思います。自己重要感とは「認められたい・尊敬されたい」というもの。人生を振り返ってみると、今まで生きてきた中で、こんなにも自分を認めてくれる職場、環境はなかったです。
昨日も質問されました。

「何で仕事感が変わったのか?どこでスイッチが入ったのか?」

私はいつも答えていました。

「人任せにしてきた人生が私の人生だった。楽に楽に目立たないように生きてきた。でも例の事件でそんなことをいっていられない現状があり、どうにかしなければ・・・自分でしなければ・・・そこで自分が変われた」そんなふうに答えてきました。

でも・・・

自分が成長できたのは、それだけではなかったと今は確信していえます。
自己重要感!!まさに私が成長できたのはここです。
確かに、人任せにするのではなく自分で動いたのも確かです。
しかしそれを認めてもらえました。
人任せにしてきたのですから、数多くの失敗も沢山ありました。でも認めてくれた。
私が成長できたのは医院長、事務長、スタッフから認めてもらえたのは私の中ではかなり大きいものとなりました。(まさか・・・認めてない???気のせい???)
ですから、自己重要感を他者、後輩に向けることで必ず成長できると思います。

そこに繋げるためにも、ストロークが大切です。
相手をまず認めること。尊重するための言葉、行動、表情のサインを発していきます。仕事の忙しさにかまけて顔を見ながら返事をしたり、笑顔を向けて話しをすることは難しいことです。しかし意識することで、また違った何かを得ることができるかもしれないし、自己重要感を感じて成長できる後輩スタッフが数多くいればサイコーです。彼女たちの人生も楽しくなるし、いとう眼科も成長できる。一度きりの人生みんなで楽しいものにしたいです。

そして波動の話はやはり面白かったです。
中でもマイナス思考バリバリ出身の私は「マイナス波動を引き寄せる思い癖の例」は納得いくものです。
・ 過去のことを心配(後悔)
・ 先々のことを心配(取り越し苦労)
・ 自分の思い通りにいかないと悩む
まさに今までのわたくしそのものです。全てが完全に捨てきれたものではないのも事実。もっと動いて自分に自信をつけたいと思います。
また、二階に移動しての呼吸法。自分自身を見つめたり、感謝する時間はやはりサイコーの時間でした。前回でもそうでしたが涙ってあんなふうに流れるものなのですね〜・・・
しかし、みんなに涙した姿を見て思いました。ここにいる人はみんな素直で綺麗な心を持っている人だって・・・
私は昔から人前で涙することが大嫌いでした。自分の弱い部分を見せるような、自分の甘えを許せないような・・・へんなプライドがあります。家族にも涙をあまり見せません。でも、最近のいとう眼科は変です。プライドがある私に、涙を流せる環境を与えてくれました。昨日もそういった場所になったのも事実です。
涙を流す人=素直な人、優しい人
そういったことでは絶対にない!!!と思います。でも、昨日のああいった場所で流せた涙は、私自信好きです。

そして夢を語る場所。
数ヶ月前までは夢がありませんでした。小さい頃からなかった。でもこの歳で夢を人前で語ることにより夢が明確になりました。言葉って凄いですね。語ることで明確になってくるのです。
正直、私は東京で涙ながらに発表させていただいたので、前回参加できなかったスタッフ、いつもなかなか参加できないスタッフに発表してもらった方がいいのではないか?そんな迷いが私の中ではありました。なかなか積極的に手をあげることが出来ませんでした。最初はいつも参加できないスタッフの様子を伺っているといった感じです。そういった私の性格が良いのか悪いのかは分かりません。
でも、発表者の話を何回か聴くうちに
「私も発表する!」そう思いました。
自分の夢を語る場所は何度もありました。紙を見ずに語れるまでになりました。
まだまだ伝えきれない部分があります。でも、紙を前に持っていきましたが、紙を見ないで発表できた自分の成長に乾杯♪
もっと伝える力を身に付けていきます。そして言葉の大切さ、語ることの大切さも力をつけていきます。
以前に私は夢を少しだけ語り、それに共感してくださった渡辺先生、長山さんが発表する場所を提供してくださいました。それは来年の1月。
「やります!」と2秒で答えられない自分がいました。私はまだ何もしてない!何もしてない私に人前で語る資格などない!そう思っていました。
でも、今の思いをそのまま語ればいいんだよ、と言われて事務長を初め、背中を押してくれたスタッフに感謝しながら是非夢の一歩を成功させたいと思います。一度きりの人生緊張のワクワクさまです♪そしてそれを応援してくれるスタッフがいることの幸せも感じます。

最後に諏訪先生!!体調が悪い中最後までお付き合いしていただき、本当に有り難うございました。サイコーのセミナーでした。

沢山の同志に囲まれているいとう眼科、これからも大きく個性を伸ばしばがら成長していきます!!!








笑顔セミナーを終えて
出牛 伸枝
 
今日は念願の笑顔セミナー。大好きな諏訪先生をはじめ、大好きな方たちが集まった今回の院内セミナーはとてもとても思い出になりました。
 そして、前回このセミナーに行けなかったスタッフのために、院内でセミナーを開いてくださり本当に感謝しています。

 セミナーで印象に残った呼吸法。みんなで輪になって波の音と同じように息を落ち着かせ、心の扉を開いていきました。今回は二回目なので、新鮮な気持ちがなくなるような気がしていましたが、今回も自然と涙があふれ、ふと周りを見渡すと皆が涙していました。
私の涙はここにいる皆への感謝の思い、それから親や、今までお世話になった方への感謝。そして生まれてきたこと、今生きていることはすばらしいことだと感じ、自分に対してもありがとうと伝えました。それから一番涙したのはスタッフとカイ君の涙です。皆の涙を見ていたら、更に皆のことが大好きになりました。この呼吸法を皆にも体験してもらいたい思いがとても強かったので本当に良かったです。そして、終わるころには心がきれいになり、胸がいっぱいになるほどの幸福感を味わいました。

 最後の夢の発表も印象的です。いとう眼科は普段から思いを伝え合っているのに、あの呼吸法後のこの時間は胸がいっぱいで、皆の思いがストレートに入ってくるのです。発表者の「思い」に触れることで涙が流れてきました。純粋で、愛があって、熱い思いがあって、それが全て自分の中に入ってきて、いとう眼科の仲間が私は本当に大好きだといつも以上の熱い思いが込み上げてきました。大好きな先生、事務長、スタッフがいるお陰で私は本当に幸せですし、皆が私の誇れる存在であることに気付きました!
 それから外部の方にも発表していただき、熱い思いと刺激をいただきました。大好きな方々の発表は興味津々ですし、次回の続きもとても楽しみです!!
 
そして、私たちの発表を心から聞いてくださり受け入れてくれた皆様に感謝です。こんなにもいとう眼科は応援してもらっていることが信じられなくて、ただただ皆様に感謝の思いでいっぱいです。そして、そんな皆様の存在はとても励みになります。共に成長していきたいと感じる仲間がいつのまにかこんなにも増えていたのですね。自分とは遠い存在と思っていた方から支援していただくことができ、非常に嬉しく思いましたし、いとう眼科全体でみても成長していることを実感しました。
そして、同時にいい意味のプレッシャーをいただきました。心から信頼してくださる皆さまを裏切りたくないし、皆さまの期待を裏切ることのないよう日々上を目指していこうという思いが強くなりました!!そして、更なるやる気とワクワクした気持ちをいただきました!そして次回お会いできたときには成長や変化しているいとう眼科でありたいです。

諏訪先生のセミナーはやはり学ぶ点が多かったです。前回教えていただいたところもメモをして、より自分に落とし込む思いでした。そして、先生の発表の仕方も前回以上に見させていただき、笑顔と時には奥深い表情でお話される諏訪先生に新たな魅力を発見しました。表情や声のトーンにもメリハリがあり、そういったところに引き込む力があるのだと感じました。表情がいかに大切であるかは先生を見ているとすごく理解することができました。そして人を笑顔にするために、楽しい日本にするために活動されている諏訪さんは本当に素敵な方です。そして人を笑顔にするだけでなく、幸せや幸福感を与えていることに気付き、世のため、人のために与える側であることに感動しました。

諏訪先生のことすごく大好きですし、私も「仕事の意識改革」を行っていくためには先生のように「人を幸せにする」人でありたいと思いました。そして、そのためにきれいな心でいれるよう、自分の気分もコントロールできる人でありたいです。笑顔と呼吸法という最強の技を教えていただけたことで、意識的に自分の心のケアも今後はしていきたいと思います。

また今回は準備段階でも学びと反省点が多かったので、このことは必ず次回に活かしていこうと思いました!









笑顔セミナーに参加して
11月4日 富岡 依子
 
 最高の一日でした。この感動は書きたくても書ききらないくらいの最高の感動でした。まだ、夢の中にいるみたいです。本当に忘れられない一日になりました。
 会場は朝からプラスのオーラで満ちあふれていました。どこを見ても、大好きで尊敬している人達ばかりです。今回、初めてお会いした上田先生も浜端さんも花岡さんも朝からそうじを手伝って下さったり、温かくて前向きなオーラが漂っていました。一人一人が眩しかったです。
 諏訪先生の笑顔セミナーは、前回東京の1DAYセミナーに参加できず、言ったメンバーの話を聴いて行けなかったことが本当に残念で仕方ありませんでした。それが、今回は諏訪先生をいとう眼科に呼んでセミナーを行ってもらうという大胆な企画に最初は嬉しさと共に驚いてしまいましたが、本当に感謝しています。
 諏訪先生の笑顔はいつみても素敵です。先生の笑顔は一瞬で緊張した心をほぐしてくれました。先生の笑顔は、見ているだけで笑顔の素晴らしさを教えてくれます。
 第一部の「笑顔とコミュニケーション」は前回のセミナーの復習にもなり改めて自分の中に落とし込むことができました。「自己重要感を制することができる人がコミュニケーションを制する。」これからももっともっと、患者様やいとう眼科のスタッフみんなにたくさんストロークしていこうと思いました。また、アフガンの子供たちのお話がすごく心に残っています。明日生きているかわからない子供たちが、今日生きていられることに感謝し笑顔でいられる。そして、その子達の夢は大人になること・・・もっともっと大人の私達が心から仕事を楽しみ、笑顔を絶やさない毎日を送らなくてはと感じました。諏訪先生の仕事の深さを感じました。
 第二部の「プラス思考で心から笑顔になる」のワークは涙・涙・涙でした。自然と涙がでてきて止まりませんでした。そして、たくさんの人達に感謝することができました。泣いた後はとってもスッキリしていました。なぜあそこまで自然に涙が出てきたのか不思議でしたが、時々プライベートの中でもこういった呼吸法を使った時間は必要だと感じました。
 そして、第三部の「ライフワークを笑顔で生きる」ではたくさんの人達の夢を聴くことができました。ほとんど、いとう眼科のスタッフが手を挙げ発表していましたが、そんなみんなが誇らしくますますみんなを応援したくなりました。発表した人もそうでない人もみんなが自分と他人の夢にまっすぐ向き合えた素晴らしい時間でした。私は、まだ自分の夢が細かい部分までしっかりと見えてない点が多く、これからまた少しずつ夢は変わるかもしれませんが、それも成長した証として、今はどんな夢になっても準備してけるようまずは自分をどんどん磨いていきたいと思いました。
 そして、最後は諏訪先生からのサプライズ。本当に嬉しかったです。先生が私達の事を考えながら曲を選んで下さり、体調を崩しながら頑張って下さった大切な大切な宝物です。歌詞の一つ一つが心に響いてきました。本当に先生には与えてもらってばかりです。
 あっという間の1DAYセミナーでした。大好きな先生のセミナーを大好きな人達と聴けたことが本当に嬉しかったです。忘れられない最高の一日でした。
 懇親会も最高の盛り上がりでした。永遠にこの時間が続けばいいのにと何度も思いました。夢みたいな光景が目の前に広がっていました。いとう眼科に入って半年の間に出会ってきた、すごい影響力を持って輝いている人達が一堂に集まって笑顔で呑みかわしていました。そして、その中に自分が入れることが本当に奇跡的でこの上ない幸福感を味わうことができました。
とにかく、たくさんの気づきを与え、勇気を下さる皆さん一人一人に感謝の気持ちでいっぱいです。みんな本当に大好きです。心から尊敬しています。たくさんの人達との出会いがいつも私を奮い立たせ、前に進む勇気を下さります。今回も眩しいくらいに輝いているみなさんを目の前にまだまだの自分を痛感しました。みなさんに恥じない自分でいたいと心から思いました。出会った下さり、ありがとうございます。導いてくださり、ありがとうございます。本気で支えてくださり、ありがとうございます。ただただ、この出会いに感謝するばかりです。
そして、こんな素敵な出会いを下さったいとう眼科に本当に感謝しています。いとう眼科に出会えたことで私の人生が本当に変わりました。いとう眼科に今いれることが本当に幸せです。いとう眼科のみんなでもっともっと幸せを共有していきたいです。院長、事務長をはじめスタッフのみんなでもっともっといとう眼科を盛り上げ、たくさんの笑顔をつくっていきたいです。これからもよろしくお願いします。みんな大好きです。









笑顔セミナー

石田 幸代

諏訪先生の笑顔力を読んだ後で、このセミナーを体験できたので自然に
私の中にはいってきて、復習になりました。
心理学がメインで人を喜ばせる為に表情筋を使うと言うこと、自分の顔は
他人の為に存在しているメラビアンの法則、半分以上ボディーランゲージであり主に表情で印象が決まってくる事、常に意識している事ばかりだったので
更に生かしていきたいと思いました。
海外ブランドの実験はとても興味深いものがありました。
人はやはり笑顔に引き寄せられる事が立証されていました。
今のいとう眼科では実践されている事です。

“変えられるのは今の自分であり、他人と過去は変えられない”
わかっていたつもりだった事が、確信にかわった瞬間の言葉でした。
子供の躾をするときに、やらせるではなく自分が背中を見せて行動する事を
気付いてくれたら、親としてとても嬉しい事だと思いました。
行動を習慣化して心が変わらないように沢山の人にアウトプットして
まず私自身が動く事から始めます。
3の目標も心掛けて中だるみのない様に自分の笑顔をメンテナンス
していきます。

ストロークワークシートでは沢山記入していただきました。
“一緒に働きたい人”と記入されていて今一番言われて嬉しい言葉でした。
私の事を見ていてくれる人がいることに気付き、感謝の気持ちでいっぱいに
なりました。
相手を活かす技術では叱る時はビジョンをもち伝える事が大事。
叱り方についてはここまで考えた事はありませんでした。
褒める事、感謝の気持ちを伝える事、簡単そうでなかなか出来ない事ですが
実践していきたいと思います。

波動についてのお話は、科学の勉強なのかと思いましたが、感情や気分に
影響を与える事になるという話の展開は予想もしていませんでした。
自然に涙が出て、リセットされた私がいました。
感謝する事の重要さを得た事は私にとって初めての気付きでした。
マイナス感情の性質も理解しながら、プラス感情を心掛けたいです。

ライフワークチェックをしてみた所、前の私だったら全部あてはまっていたと思いましたが今は一つもあてはまっていません。
たった2ヶ月でかわっている事に驚きました。
ライフワークのキーワード、本気・人の役に立つ・共感・夢中になれる事、楽しいと思える心に耳を傾け向上させていきたいです。

最後のシャイのお話は親としての私、自分自身見つめ直す、考えさせられる部分がありました。
今まで、こんなに自分と向き合う時間はなかったと思います。
周りの方がいて自分という存在があり、当たり前という言葉は私の中から
消えた貴重な時間でした。
心から感謝します。









1DAY笑顔セミナー
中澤 絵美
 今回は本当に素敵な院内セミナーをありがとうございました。諏訪先生とは以前あすなろ歯科さんのセミナでもお会いしていて、『笑顔の素敵な先生だな』と強い魅力を感じていたので、今回いとう眼科スタッフで、しかもすごいゲストの方たちと最幸の時間をすごせてここ一年で一番心から笑え、喜びを感じました。
 ゲストの方同士は初対面のはずなのにみんなずっとニコニコしていて、昔からの友達のようでした。まだセミナーは始まっていないのに院内はプラスの空気で最高のスタートが出来ました。前日、諏訪先生・はるばる遠方から来てくれるゲストの人達にいとう眼科スタッフとして恥ずかしくないように振舞えるかかなり心配だったのですが、そんなことはすっかり忘れちゃいました。初めましてから始まってハグ(これは欠かせませんよ)、いとう眼科のスタッフについて休む暇なく話しちゃいました。
 印象に残っているのが2階で行った『呼吸法』。瞑想しながら今まで私を支えてくれた人たちの顔が出てきました。私はその人たちに甘えてばかりだったな、きちんと感謝の気持ちを伝えていなかったな、その時に聞こえたスタッフの声。産まれた時に持っていたものに段々ついてきてしまった皮が全て剥けた気持ちになり、素直に感謝を出来る喜びが湧き上がり、涙が止まりませんでした。正直、こんなに流れるように涙が出るのは久しぶりで自分自身でびっくりしました。泣くとはまた違う感覚でした。
 第三部でマイナス波動を引き寄せる思い癖。。。びっくりするくらい毎日してしまっている=悪い習慣が身についてしまっている!ことに気付きました。笑顔になって自分の脳をだまし、プラスの言葉を周りの仲間にも自分自身にもかけてきます!朝の挨拶からそれを実践していきます!!
 夢・コンセプトについて語る場では、いとう眼科スタッフの夢が再確認できました。そして、ゲストの方の夢も聞けてプラスのエネルギーをもらえました。
 最後の最後まで悩んで発表させてもらいました。正直怖かったです。他の人の発表を聞いているときも涙が止まりませんでした。でも、いざ前に出てみるといとう眼科スタッフが眼で『頑張れ!』と応援してくれているのが伝わってきて発表を最後までやり通せました。私があの場で逃げ出さなかったのはスタッフがいてくれたからです。発表後に多くのゲストの方に頂いたお褒めの言葉、嬉しかったです。まだまだ微力ですが、上に伸びていきます。

 事務長、今回は本当に素敵なセミナーありがとうございました。感謝です









「1DAY笑顔セミナー」                      今井香織

企画があがったときから、ずっと楽しみにしていて、「当日はどんな日になってしまうんだろう?!」と胸躍らせて迎えた笑顔セミナー。
本当に本当に、最高の1日でした!!
企画してくださった事務長、そして院長、わざわざ来てくださった諏訪先生、さまざまな土地から集まってくださった参加者の皆さん、一緒に準備から頑張ってきた仲間、すべての人々に心から感謝の気持ちでいっぱいです!!
ありがとうございます!!
まず朝。諏訪先生と福谷さんのお迎えから既に興奮しまくりでしたが、眼科に戻ったときのあの何とも言えないプラスの充満した空気!最高に心地よくて夢の中のような感覚でした!こんなにもプラスの人間だらけ、そして私の尊敬する方々だらけの集まりってこれまで体験したことがなかった。いとう眼科がそんな最高の集まりの舞台になっていることも嬉しくて・・・、あの光景は、きっとずっと忘れられません。
笑顔セミナーは3部構成で行われました。
第1部は「笑顔とコミュニケーション」というテーマで講義をしていただきました。
メラビアンの法則や脳波の話、忘却曲線の話など、以前の東京のセミナーとあすなろ歯科さんでのセミナーでも学んだことが再度確認できました。その中で私は、「自分をコントロールできる人間が、これから先の人生で何でも乗り越えていける人間だ」というようなお話がとても印象に残りました。何かマイナスの出来事が起こったときにも、それをプラスに変えられるのであればそのほうが絶対人生楽しいはず。その方法としてまずは笑顔すること。頭でわかっていても、なかなか実践できていない自分を思い出しました。
その行動を変え、習慣を変え、人生を変えていこうと思いました。
第2部。二階のリカバリールームに移って、プラス波動へのリセット法として呼吸法を行いました。
安らげる心地良い音楽と諏訪先生の優しい声、そしてほのかに香るアロマ。
目を瞑り深く呼吸をする。現実ではないところにいるような感覚。
日創研のときのような涙が、気づくと溢れていました。
なんで涙が溢れてくるのか自分でもよくわかりませんが、あったかい空気に包まれて、自分の体の中の詰まっていた何かが解れていくような、そんな感覚。
感謝法を行い、忘れかけていた大切な過ぎ去った人々を思い出しました。
涙がどんどん溢れてきました。
そして、自分を取り巻く周りの人々への感謝の気持ちや自分が今とても幸せだという感覚で、気持ちがとてもあったかくなりました。
参加者皆抱いている思いはバラバラなはずなのに、なぜか皆と繋がっているような不思議な感覚になりました。
そして、このメンバーで、この笑顔セミナーを、この場所で行えたことに改めて最高の幸福感を感じた瞬間でもありました。
第3部。自分のビジョン(夢)を皆の前で発表するという実習を行いました。
発表者の皆さんの伝える力の凄さに圧倒されてしまって、興奮しました。
何なんだろうこの場は・・・!最高すぎるって思いました。
院長、事務長の発表を聞いて、私はこの2人のもとで働けて本当に幸せだと心から思いました。そして、自分は成長して、絶対2人を支えていきたいって思いました。
そして心強い最高の仲間たちと出会えたことに心から感謝しました。
私は、自分の願いは簡単に言うと「人に幸せになってもらいたい」ということだと気づきました。そして、いとう眼科は、その幸せの発信源に必ずなる、と強くイメージしました。
思えば叶うと信じます!
そして、いとう眼科の目指している道をこんなにも応援してくださっている方々がいるということが本当に有難くて、こういった人々の応援がある限り、自分に甘えてはいられない。
これから訪れる障害や壁は乗り越えていこうと思いました。
「共に勝つ」
私は皆さんの夢を心から応援し続けます。
そして共に幸せになりたい、最高の人生を送って生きたいと思いました。
今回1日中、この素晴らしい皆さんとの出会いに心から感謝感謝でした。

諏訪先生、野村先生、都丸さん、藤井さん、木暮さん、福谷さん、山村先生、川島さん、中村さん、渡辺先生、長山さん、上田先生、浜端さん、花岡さん、かいとくん、いとう眼科の皆、そして院長、事務長。

出会ってくれてありがとうございます。

最高の出会いを大切にしていきます。

そして皆様を私は支援し続けます!!

ありがとうございました!!!





みんな本当にたくさんのことを感じてたようです。

それだけで、私は本当に幸せです。


すぐに実践できること、時間をかけてじっくり実践すること
いろいろあると思います。


「よかったな〜」だけで終わらせないで
いかに日常の生活に落とし込んでいくかを、一緒にやっていきましょう!




お疲れ様でした!
posted by M at 23:55| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑顔セミナーE

いよいよこのシリーズも明日で終了予定。

そもそも9月のセミナーのときも書いてるし、その前も、その前の前も・・・。


もう15回くらいは書いてますね・・・。



あるスタッフがいました(まだいますけど!)

セミナーの前から体調がよくなく、10日以上もなかなか直らない状態。



そんな影響からか、どうも元気がない。正直あんまり楽しさが伝わってこないんです。
いつもは違うんですけど・・。



呼んで話しては見たけど、体調がよくないので、精神のバランスもあまりよくない状態。



まあとにかくまずは体調を戻すしかしかないし・・・と思ってセミナー当日を迎えました。




当日は私自身少しバタバタしていたので、そのスタッフがどんなかかわり方をしていたかまでは確認していませんでした。



でも、翌日、とてつもない変化が現れたのです。



そのスタッフ、まるで、別人。


11月2日、3日は連休で、2日にセミナーでした。

そのスタッフいわく、3日のほうが興奮していた・・・と。



4日の外来。

すごい笑顔で元気なんですよ。

もう、こっちがみていて気持ちいいような・・・。


自分でも「なんか元気になったんですよ〜」と。

私以外の周りも終礼とかで、口々に「変わった!」
「すごいよくなった!」と絶賛です。




笑顔セミナー恐るべし!



人格、いきつくと、人生まで変えてしまう『笑顔』

これは、もう、実践しかないですよね。



昔からよく言われちゃうんです「朝、機嫌が悪い」と。


確かにそんなときもあるのですが、違うときのほうが多い。

なのに『機嫌がわるい』と・・・。

なんでだよ〜。。

でも、もうこれをやればいいんですね。「笑顔」を。

病院につく前にトレーニングをすればいい!

人に見られたら恥ずかしいので、こそっとやってみます湯よ!



諏訪先生の名言があります。




「幸せだから笑顔でいるのじゃない。笑顔でいたから幸せなんだ」




忘却曲線に忠実な私ですが、なんとか思い出して笑顔を心がけたいものですね。





さて、明日は最終回。期待しててください!


posted by M at 00:16| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

笑顔セミナーD

さて、今日はいよいよ諏訪先生です!



諏訪先生・・・。



私の大好きな先生です。



先生の笑顔ってすごい魅力的なんですよね。
笑顔セラピストの先生に向かって失礼ですが・・・。



一瞬で人との距離を縮める笑顔。



そんなステキな笑顔の持ち主です。



だから、惹かれちゃうんです。



話もすーっと入ってくるんですよね。

もちろん内容もすばらしいのですが、これは諏訪先生の人柄によるものが大きいのかな〜と勝手に推測です。


なんです〜っと入ってくるのかな・・・・・と考えました。



「笑顔がステキだから」
「声のトーンがちょうどいいから」
「話が理路整然としているから」・・・・・等


沢山理由はあると思います。


私なりの回答は「相手のことを思っているから」です。


諏訪先生はすごく人のことを思ってくださっているように感じちゃうんです。




もうね、それはいろいろなところから伝わるんですよ!




たとえば今回のサプライズ。
諏訪先生よりセミナーの前に参加者の写真ありますか?って問い合わせのメールがありました。
集めて送りましたよ。そして先生はそれを利用してムービーを作ってくださいました。
もう、できは完璧!選曲も完璧です。私もムービー作るのでわかるんです、選曲の難しさ、重要さが!
そして、微調整にも相当こだわっていました。同じくわかるんです。微調整の大変さが!
それを忙しい中作ってくださるんです。しかも途中で体調を崩され、PCもクラッシュするという不運に遭遇しながら・・・。



たとえば、旅行の企画
旅行を企画してくれているんですよ。そんなの面倒くさいだけですよね。
でも、いいものを紹介したい、感動を味わってもらいたいって思って、頑張ってくれるんです。




たとえば、読すめ
私が行きたいっていってるんです。そして清水店長と会いたいって。
その望みをかなえてくれようと、一生懸命日程調整をしてくれるんです。
でも、諏訪先生も清水店長も忙しい人。残念ながらまだ調整はできてませんが、動いてくれるんですよ。



たとえば、メール。
マメにくれるんですよ。講師の方が。。信じられないんですよね。。




もうね、私たちが喜ぶことをすごく考えて、そして動いてくれるんですよね。




そんな諏訪先生だから、セミナーでも伝わるんですね。



勉強になります。


スタッフと接するとき。
言い方などのテクニックも大切ですが、やはり一番大切なのは想い。
その人に対する想い。
その人のことを本当に思っていれば、伝わるんですね。。。


そんなことを少し学びました。




セミナーの内容に関しても少し。。


午後の第2部。
これは、ヤバイワークですよ・・・。
前回参加したときも感じましたが、今回さらにヤバイ!
もう号泣続出ですよ・・・。
そして、口々に言っていますが、そのあと軽くなったと。
いとう眼科のスタッフも、毎日楽しんで仕事はしていますが、
やっぱり知らず知らずにいろいろなことが積み重なって、心が重くなっているんですね。
今回のような心のストレッチ、定期的にやるのもいいなと思いました。

そして、選曲もばっちりです!
ウチのスタッフでは、その曲を聞くだけで涙がでるという犬のような習性の人がいます。





しかし、あんなフレンドリーな講師もいるんですね。
ホントにみんな初対面の人が多いはずなのに、もう旧知の仲のように接しているんですよ。
懇親会でもそうでしたし・・。





まあ、とにかく諏訪先生、最高でしたよ!




また、絶対に会える気がします。



とりあえず、4月はほぼ決まりですしね!




先生、今後ともよろしくお願いいたします!
posted by M at 01:48| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

笑顔セミナーC

さて、笑顔セミナー編もそろそろ中盤。


今日も私の大好きな人のことを書きます(キ・モ・イ)



もうご存知でしょう。


山村先生でっす!


そう、あの名古屋の雄 すまいる歯科さんの院長先生です!!!



山村先生との出会いは何度も書いているので改めては書きませんが
もう、もう、ヤバイんですよ〜〜。



初めて知ったのは半年以上前ですが、初めて会ったのは2ヶ月ちょっと前。


その様子は以下のブログ。あまりの感動で7話連続(うち1話は番外編)

http://itomasaru.seesaa.net/article/105291810.html
http://itomasaru.seesaa.net/article/105308154.html
http://itomasaru.seesaa.net/article/105428527.html
http://itomasaru.seesaa.net/article/105479308.html
http://itomasaru.seesaa.net/article/105519951.html
http://itomasaru.seesaa.net/article/105645334.html
http://itomasaru.seesaa.net/article/105686226.html


もうその時から、猛烈に惹きつけられて、また会いたい!また会いたい!
早く会いたい(笑)って・・・


スタッフも同じでしたよ・・。



その山村先生が、群馬に来ていただけちゃう。



もう、そりゃ、興奮しないわけにはいかないでしょ!




多分、山村先生に惹きつけられない人っていないんじゃないですか?




完璧なんですよ。



すべてにおいて。。。



そんな山村先生で私が一番うらやましいところは

なんといっても


「メンバーさんとの関係」です!



メンバーさんとお話しするとよくこんな話が出てくるんですよ。


「先生のこと尊敬しています!」って。



先生がいないときに外部の人に対して・・。



「仕事楽しいですか?」と愚問をしましたよ、メンバーさんに。



「先生がいてみんながいるすまいる歯科だから楽しいんです!」と。



そうですよね〜。




で、どこからそんな思いが出てくるのか、ちょっと分析(って程でもないけど)。




先生の思いなんですね、きっと。



それは昨日の先生のブログからもわかります。



先生からは自分がこうなりたいって話、あんまり聞いたこと無いんですよ。

もちろんあるのでしょうけど、それよりも強い思いがある。



先生が思っているのはメンバーさんのこと。



「彼女たちの喜ぶ顔がみたい」
「彼女達を輝かせたい」
「彼女達に勝たせたい」



山村先生は歯科業界では有名人だと聞いています。


そんな山村先生はこんなことも言っていました。



「世間では僕が評価されるような流れですけど、実際は違うんです。
 彼女達がすばらしいから、たまたま大将でいる私が評価されるだけなんです」



実際に医術を施すのはドクター(衛生士さんとかの話はおいておきます)。


ですから、医療機関で言えば、ドクターはやりたいことをするために
「皆、力をかしてくれ!」って考えが普通ですよね。


でも、なんとなく山村先生は違うんです。



「僕が皆の力になる」って発想なんでしょうね。



人間関係の本などでよく書かれていますが

「人から何か(協力とか助けとか)をもらうことを考えるからうまくいかない。
 人に与えることを考える。自分が目の前の人に何をしてあげられるかを考えると
 人間関系はうまくいく」


まさに実践しています。




自分はどうか?


僭越ながらスタッフへの思いの強さは負けてないはず(多分)。

でも、見返りを期待していないか・・。

している!




与えることだけを考えているか・・。

「だけ」ではない!





ただ、これも出すぎた話ですが、山村先生も完璧な聖人ではないはず。

自分自身の心の中で戦っているはず。

その戦いに打ち勝つ強いものがあった結果なんでしょうね!

そういった戦い、戦い方を含めて、私は山村先生を尊敬します!




もうこれは同じことの繰り返しですが、

話をすればするほど、見ているところが似ていることに気付くんですよ。。


そして、そんな似方をしているからこそ、お互いの胸のうちがなんとなくわかるんですよ。

すぐにはわかりませんが、話を聞くと一瞬で理解できるんですよ。



そして、共に研鑽しあいながら、成長していきたいんですよ。




よく本にも書かれているし、いろいろな方も言っています。


「社長を見れば社員がわかる。社員を見れば社長がわかる」




私はすまいるメンバーさんも大好きです。


山村先生のことが大好き(だからキ・モ・イ)だからそのメンバーさんを好きになるのも当然ですよね!





実は、そんなすまいるさんに11月13日に会いに行ってしまうのです・・。



昨日の話ですよ。


私の尊敬する大阪の方があるセミナーをご案内いただきました。

いろいろあるので、なかなか大阪まではいけないので、普通ならひょっとしたら行ってないかもですが

たまたまそのときはその方も講師としてお話をされるとのことでしたので行くことにしました。


しかもその前日は東京でセミナー。


どうせなら、そのまま泊まって翌日東京から大阪へ向かったほうが楽。






んっ!!





お昼が空いているじゃない!




新幹線。


東京-品川-新横浜-名古屋-京都-新大阪




名古屋だ〜。





すぐ、メールしましたよ。もちろん診療中。


すぐ返ってきましたよ・・。




OKOKと。。。





いとう眼科のみなよ!スマン!


抜け駆けしてきまっす!





笑顔セミナーから話はそれてきましたが、次回あたりから少しずつ戻しますね・・。



では、次回へ続く。
posted by M at 12:23| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

笑顔セミナーB

さてさて。


まだまだ興奮は冷めないですよ〜。



あちこちでブログのアップ。



それに執拗にくいつくコメント・・・。



それだけ、皆さんにとっても刺激的な一日だったということですね。



うれしいです。



ありがとうございます。





さて、今日は渡辺先生



ちょっと先日のブログでも触れましたが、
セミナー開始の2時間前に着いたのは、渡辺先生ご一行でした・・・。





もう、やられまくりましたね!





私達より早く来て、掃除をして迎えてくれようとしていたんです・・。



ありえない人達だ・・・。




でも、いとう眼科スタッフもさすがですよ。



集合時間の1時間以上前には到着して、渡辺先生の期待を裏切ってくれたそうです・・。



私は時間調度に・・・。

いや、お恥ずかしい・・・。




私がいない間も窓掃除などをやってくれていたみたいですよ。

証拠写真です。

P1010139.JPG


そして長山さんも受付に入って手伝ってくれていたらしいです。

証拠写真です。

P1010146.JPG



この方たちの行動力って・・。




渡辺先生のことはいつも書いているので、今回はこんな感じで
セミナーで気付いたちょっとしたことを触れますね!




渡辺先生って写真がすごいんですよ。


いただきましたが、多分3,400枚くらいはあったでしょうか・・・。



なんか、本当に人が好きなんだな〜って思いましたよ。


そして、普通絶対写真って偏りがあるんですよね。


極端に写っているのが少ない人がいたりとか。



でも、それが無いんですよ。



絶対考えていますよね!




さりげなく、すごく気をつかってくださる、すばらしい方です。




そんな渡辺先生の夢。

良かったです!



あんなにアツく語る人だったんだ〜。と。



新たな一面を発見。ラッキーですね。



しかも発表一番だし!




夢の内容はこちら

http://ameblo.jp/nabedc/entry-10159747737.html


なんか似てるな〜って感じてしまうんですよね。




大きなものを変えたい!



でも、実際は難しい。



だから、自分達がまず実践して、周りに見てもらう!




同じじゃないですか!



そしてそれを実現するために、人を育てる!



同じじゃないですか〜〜!!




よく渡辺先生に持ち上げられ「エムさんは背中を見せている」といっていただけます。



でも、正直、全然なんですよ。

自分では「どこがかな?」って思っちゃうんですよ。




でも、先生はあきらかに、見せてます!


もう、まぶしいくらいに見せまくってます!




すごいな〜。

渡辺先生すごいな〜。そして大好きだな〜。



心からそう思いますよ!




あと、セミナー終了後の渡辺先生のマイクパフォーマンス。



あれも、ヤバイくらいに嬉しかったです。



あんなに感情を出す人なんだ〜。って発見も嬉しかったですが、


そこまで喜んでくださったこと、本当に本当に嬉しかったです。。





懇親会も先生は飲んでいないはずなのに、相当のハイテンション。

すごいな〜。



本当に楽しい人です。



あとでウチのスタッフから聞きましたよ。




先生、いとう眼科の自慢を相当してくださっていたと。

嬉しい・・・。


話してばっかりいないで、食べなさい!とお叱りを受けてまでも、ウチを語ってくれてたとか。



絶対に期待に応えます!


みててください!





さて、そんな大好きな渡辺先生から私と萩原が舞台を用意してくださっています。


1月に公の場に少し出させていただきます。



もう感謝ですよ。



うまくできる自信なんてまったく有りませんが、少なくても成長するチャンスですし
何かが動く可能性もある。



渡辺先生はそうやって、どんどん周りの夢を実現させて、引き上げてくれてるんでしょうね。



だから、人が集まるんですね。




なんでも、渡辺先生、セミナー会場では神出鬼没らしいです。

どこにいっても、いつもいるらしいです。



そんな渡辺先生と、なんと正月の旅行先が一緒・・・。




ひょっとしたら、本当に背中を流し合う仲になるかも・・・。






さておき、今回のセミナーでは、渡辺先生とお会いできたことも

私の幸せのひとつの大きな要因でした。





今後とも末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。


posted by M at 20:34| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

笑顔セミナーA

さて、今日は笑顔セミナーの第2弾!



野村先生のこと。



そう、あのあすなろ歯科の野村英孝先生。

P1030573.JPG P1030574.JPG




今回の笑顔セミナー、そのご縁をことごとくいただいたのが野村先生。




私が諏訪先生と知り合ったのは、先生に歯科向けのセミナーにお誘いいただいたから。
そこで、諏訪先生との出会いがありました。


私が渡辺先生と知り合ったのは、野村先生のブログを通して。
私と同じ「勝」で、すごい先生がいるとは聞いてましたが、初顔合わせは上記のセミナー。


私が山村先生と知り合ったのは、野村先生が岡崎にある歯科さんに見学にいったとブログをみたから。
気になってHPを拝見したところ、あまりに衝撃を受け思いを伝えたくなり、メールをしたのが、ご縁の始まり。




そして、第3部の発表にもありましたが、私が変わるきっかけのひとつは野村先生との出会いです。






いろいろな意味で、そして節目節目で私に大きなきっかけを与えてくださるのが野村先生。




またしても、やられました。




当日は少し遅れて参戦。
前橋市の北のほうでセミナーの講師をしていて、終わり次第高速で駆けつけてくださった野村先生。


自己紹介の場面に登場!



で、いきなり「お願いします!」と。



先生「何を話してるんですか?」

皆「自分の夢を語るんです」

先生「えっ?」




いきなりでしたよ。

でも、淡々と語り始めました。



いくつかありましたが

「農業をやりたい」・・・・・





ついに来たか!


山が好きで、山を守りたい、自然を守りたい、という話は聴いていてました。



明確になったんですね。。。




野村先生がずっと前から掲げている夢は「自立」。

それはスタッフの自立でもあり、自分の自立でもあります。




「自立」はもちろん私も望んでいること。



でも、プロセスで大きく異なっています。



言葉で言い表すなら


私は「自立させる」

野村先生は「自立してもらう」    かな?





もちろん野村先生も「自立」が最終目標ではないです。

その思いを自身のブログに書かれてありました。



<抜粋>

人は誰かに言われ、押し付けられ、やらされている仕事、
トップダウンの権力や圧力をもって上からものを言われ、
やらされているとき、本当の力・能力を発揮できないからです。
自分が本当にやりたいって思ったこと、
本当にやりたいって思う行動こそ、その人の本当の能力である。

人が本当の能力を発揮するとき、
周囲の人はその姿に魅了され、引き付けられ、
人がしたって来ると思うのです。

人の健康を、人の生活を、あすなろ歯科に関わってくれる方々が笑顔で、
その人らしく生き、充実した生活を送るためには、
その方の人生をサポートする人が本当の能力を発揮しているときだと思うのです。

人と人とが結びつき、長い年月で関わろうと思った時、
そこにいる人が魅力的でなければならないと思うのです。

だから、自ら考え、自ら決断し、自らが行動する組織を作るために、
僕自身が自立し、あすなろ歯科から自立することが必要だと・・・。





私の夢は医療人の意識の改革であり、医療改革。そして、それに向かって頑張っている
スタッフが輝ける場を提供すること。

人から言われて動いて出した結果より、自分で考え動いて出した結果のほうが
数倍嬉しいはず。だから、より大きな嬉しさを味わってもらいたいから、自立してもらいたいんです。





なんだか、私と野村先生は違うようで、似てるのかな?って思えた事実ですね。





いつも大きな命題をいただくんですよ。



ありがたいです。





そして、野村先生は懇親会の締めの挨拶でこんなことを言っていただきました。


「勝ち負けじゃないが、いとう眼科すげ〜な〜って思う」
って。
よくブログとかでもいただきます「勝ち負けじゃないが、負けたくない」と。




私も全く同じ思いです。



歩む道はかなり両極端な野村先生と私です。


でも、どっちが正しいとか間違っているとかは無いはず。


お互い信じた方法で突き進む。



だからこそ、負けたくない。


そして負けてほしくない。





自分は自分の正義(?)に従って突き進む。

野村先生は野村先生の正義(?)に従って突き進む。





時に相手の姿をみて悩みます。


「本当にこのままの自分でいいのか?」と。



だからこそ、成長できるんですね。






時に悩みます。


野村先生と比べて自分は小さいな〜と。



だからこそ、成長できるんですね。





きっと野村先生も似たような感覚は持っているはず(?)




自分と違う分だけ、相手が気になる。。





そういう関係を「ライバル」というんですね。





お互いを刺激しあい、お互いを高め、お互いを認め、共に勝つ!




野村先生と比べれば私なんかまだまだヒヨコですし、
自分から「ライバル」というなんて、おこがましいですが、そうありたいです(願望)。
それだけの刺激をいただいているので、ライバルになりたいです(願望)。






先生の夢「あすなろ歯科を手放す」を実現した先を見てみたいです。


「ひのき歯科」・・・。


ひょっとしてそこまで考えて「あすなろ歯科」という名前をつけたのかな・・・。


そうだとしたら、恐ろしい・・・・・。







そんな野村先生の夢を知るきっかけになった笑顔セミナー。

「笑顔」の一面性にとらわれない笑顔セミナー。




他人を夢を知り、支援し、笑顔で幸せになれるお手伝い。。。




笑顔セミナー、やはり最高でした!




まだまだ続きますよ・・・(走)



posted by M at 17:47| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑顔セミナー@

あっという間でした・・。



待ちにまったこの日。



終わってみれば一瞬の出来事。



でも、今なお頭の中がぼーっとしてます。
何かふわふわした感じが・・・。





振り返ると、朝からとんでもない出来事があり、もう予兆予兆・・。




開始の2時間前にあるご一行さんが到着。
なんでも、いとう眼科スタッフが来る前に到着して
掃除をしてようと思っていたと・・・。



すごいスタート、予想もしていなかったスタートでしたよ・・・。


その後私は諏訪先生とゲストをお迎えに高崎駅へ。


開始の30分前に医院に到着しましたが、もうそこは・・・別世界・・・。



セミナー前からある程度の予想はしていました。

プラスのオーラをまといまくった人たちの集まり。


相当なプラスの空間になるんだろうな〜と。



でも、私の予想をはるかに超えていました。



プラスなんて言葉では言い表せません。



30分前にはほとんど集まってたんですよ。
それ自体、普通じゃないんです。


でも、席に座っている人は誰もいないんですよ。


あちこちでハグをしたり、写真撮影をしたり、談笑したり・・。



もうね、ヤバかったですよ、あの空気は・・・。



だって、どこを向いても話したい人ばかり。

ありえない状況でした。



そんなスタートで始まったセミナー。



講師の諏訪先生は私の大好きな先生です。


初めてお会いしてまだ半年もたっていませんが今回話を聞くのは4回目。


そして1DAYセミナーは2回目!


今回は黒子で動いていたので、あまり参加はできていなかったですが
それでも、大満足です。




参加していただいた方のお顔を見てたら・・・。



きっとみんな諏訪先生が大好きになったはず。
魅力ありますもん。



そんなきっかけを作れたとおもうだけで、もう大満足ですよ!



諏訪先生も私の希望を最大限取り入れてくださってカリキュラムを作ってくださいました。

とくに3部のワークに時間をさいてくださいました。
本当にありがとうございます!



2部の瞑想はやばかったですね。。。
前回のセミナーでは私のやられましたが・・・。


今回はティッシュ配りの役でしたので、一緒にできませんでしたが、
みんなが涙している姿をみるだけで、じーんときちゃいました。


会場中にすごいいい空気が流れているの感じていました。



第3部のライフワーク。

実際にやって、やはり私は文章にかけないんですよね・・・。

そして書いてみると、若干違ってるんですよね。

新たな気付きが毎回あります。

私の夢も少しずつ変化しています。



今回感じたのは、「みんなが輝くのをサポートしたい」ってことでした。


つらい思いを乗り越えて成長する姿、結果ものすごく輝いてイキイキしている姿
そして、他の人から評価の言葉をいただいている姿・・・


そんな姿を見ることに対して大きな「快」を感じるんだな〜と気付きました。



発表は最初は迷ってたんです。
今回はやめておこうかと・・・。

でも、トップで渡辺先生がものすごくアツく語った・・・。


背中を見せた。




そう、私の今の信条「背中を見せる」こと。


ここで私が行かなくて、どうする。
他のスタッフは怖いはず。発表したくても勇気がでないはず。



なら、行こう!




と思ってたら、院長が手を上げた・・・。先を越された・・・。


でも、よかった!




そしてようやく発表できました。



正直すごい緊張しました。



何を言ったかあまり覚えていません。



なぜなら、聞いてくださる方は、ほとんど私のことをよく知ってくださっているかた。

そして、ブログを読んでいただいている方も多いはず。



そんな方たちの前で、下手なことはいえないな・・・。



そして、スタッフ全員が見ている。

外部の方の前で発表する私の姿を見ている・・。



きっと期待もしてくれているはず。
そして、「大丈夫かな〜」と心配もしてくれているはず。



なにより、院長のアツい発表の後・・・。



私は伝えるのが苦手。

アツくても、伝えるテクニックを持ち合わせない・・。





でも、話してよかったですよ。

どう受けられたかはわかりませんが、とにかくよかったです。




他の方には申し訳なかったですが、いとう眼科スタッフも頑張って沢山発表していたのはうれしかったです。


残念ながらさしてはもらえなかったですが、手を上げていたスタッフも知っています。同じくうれしかったです。

そして、手を上げることはできなかったスタッフもいたはず。
でも、いいんです。30分、一生懸命考えてくれただけで、大満足です。




さて、最後は、諏訪先生からの危険すぎるサプライズが・・・。




あんなの、ありえないです。



だって、忙しい方なんですよ。
しかも体調も崩されて・・・。


私にはわかるんですよ。
アレがどれだけの時間を費やすかが・・・。

選択に始まって実行。
数えきれないくらいの微調整を経てようやくできあがる作品。


最高にうれしいサプライズ、ムービーでした。



笑顔セミナーが諏訪先生で本当によかったです。


もちろん、今回も諏訪先生だからこそお願いしたのですが・・・。



私の中ではこのセミナー「幸せセミナー」と勝手に思っています。




そんな気持ちにさせていただいて、諏訪先生、本当にありがとうございました!




会の最後、一旦締めたあとです。


渡辺先生がマイクを取って、この日の出会いに感謝の言葉をおっしゃいました。
アツく、深い想いが伝わってくる、ありがたいお言葉でした。
少し声が詰まっていたと感じたのは私だけでしょうか・・・。
渡辺先生が、そんなに心を動かして下さったこと、感動です。心からうれしいです。
渡辺先生、ありがとうございました!





その後は場所を移して懇親会へ。


何度も言いましたが、懇親会へは「全員参加!」が実現しちゃいました!



遠く神戸、愛知、長野、埼玉・・・
本当にたいへんな思いで来て下さった方たちも・・・。


ありがたかったです。
うれしかったです。


会は、私が今まで経験したどの会よりも温かい会でした。

初対面の人もいたはずですが、みんな会話が途切れることなく盛り上がっていました。


席もあってないようで・・。


ステキな時間でしたよ。。

至福の時間でしたよ。。



別の研修に出ていた私のメンターの一人、チサトさんも途中から来てくださいました!
ありがとうございました!



最後の締めであすなろ歯科の野村先生のお言葉にもありましたが



今回のこのイベントのご縁はすべて野村ご夫妻です。



あすなろスタッフさんとの出会いはもちろん野村ご夫妻。

すまいる歯科さんとのご縁も野村ご夫妻。

渡辺先生ご一行とのご縁も野村ご夫妻。

そして、諏訪とのご縁も野村ご夫妻。


本当に本当に言葉にできないくらい感謝しています。



あすなろスタッフさん。
いつも元気をいただいています。奔放ながらも芯がしっかりしていてすごく輝いている姿は見ていて気持ちいいです。


すまいるご一行さん。
私の大好きなすまいるさんと再会できたこと、本当にうれしいです。2ヶ月ぶりの再会でしたが、やっぱり私の大好きなすまいるさんでした。


わたなべ歯科ご一行さん。
そんなにお会いしてはいないですが、もう旧知の仲のようです。朝からですが、その姿勢に感動です。今度は絶対に私が遊びに行きます!


上田先生
はじめましてでしたが、楽しみでした。あんまりお話できなかったですが、ものすごく腰が低いのに、すごい強さを感じました。今度はもっとお時間をとって話したいです。


浜端さん
ほとんどお話ができなくて残念です。。仕事観とかいろいろ聞きたかったです。でも、最後にハグをしていただき、すごく嬉しかったです。ありがとうございました!


花岡さん
本当にきてくれてありがとう!一人で知らない人の中に来るってすごい勇気だと思ったけど、嬉しかったです!やはりパートナーです。お互い頑張りましょう!


福谷さん
もう福谷さんとは医院と会社とのお付き合いじゃないですよね!個人で接してくれて、ありがとうございます!いつもいつも温かい応援、ありがとうございます。


カイトくん
もう、最高だったよ!きてくれてありがとう!勇気をくれてありがとう!いとう眼科はファミリーなので、いつでも来てね!


いとう眼科スタッフ
本当に最高のスタッフです。私の誇りであり、喜びです。いつも輝いてくれてありがとう。信頼してくれてありがとう!もっともっとお互い幸せになりましょう!


院長
いつもどっしり見守ってくれてありがとう!アツい気持ちを伝えてくれてありがとう!いとう眼科を作ってくれてありがとう!


諏訪先生
本当にありがとうございました。先生の温かさ、大好きです。「今日がスタート」。本当に嬉しい言葉です。また絶対に近いうちにあえる気がします。一生お付き合いをお願いいたします。私たちも諏訪先生の夢を支援します!







あと少しだけ・・・。




当日の夜は前橋のホテルへ遠方からの方はご宿泊。
いとう眼科スタッフも数名泊まりました・・・。


最後の最後までご一緒できたこと、嬉しく思います。
夜が遅かったはずなのに、翌朝のすがすがしい朝食は最高でした。
(私は食べてませんが・・・)



子供の行事のため早朝に帰った萩原さん
早めに帰らなければと一緒の朝食がとれなかった福谷さん
ありがとうございました。


花岡さん、車で大丈夫だったかな?
県民マラソンにつかまってかな?
朝、諏訪先生と山村先生と一緒のテーブルで食事している姿は
オシャレーでさわやかでしたよ!


今井ちゃん、GYUちゃん、よりちゃん
いつもいつも一緒にいてくれて、ありがとう!
お昼も、お邪魔しちゃってごめねね。
そして相当疲れているはずなのに、病院に戻って片付けとレセプト・・・。
頭が下がります・・。
いとう眼科の大幹部としてしっかりしっかり支えてくれて、ありがとう!


山村先生
最後まで私の隣にお座りいただき、ありがとうございます。
折角の連休をつぶしてしまって申し訳ございませんでした。
足かけ3日の群馬ツアー、たくさんの刺激、喜びをありがとうございました!


川島さん、いつもいとう眼科スタッフの憧れとして存在してくださって
ありがとうございます!その川島さんが今回来てくださるとしってスタッフ
は大喜びでしたよ!


あややさん お別れのときの最後の涙はかなり衝撃的でした。最高すぎます!
私は前回桑名でお迎えいただいたときの旗をもってものすごい緊張してお出迎えくださった
あややさんが印象的で大好きです、また会いましょう!


諏訪先生
最後になりますが、ステキな時間を演出してくださってありがとうございました。
優しさ、強さ、温かさ、美しさ・・・天はいったいいくつ与えてしまったのだろう・・・
諏訪先生によきことが雪崩のごとく起きますように(祈)





このステキなセミナーをステキな皆さんと一緒に受けられたこと、幸せすぎます・・。


たぶん、この日は伝説の日です。

私の中で何かが動き出した日。



参加してくださった方も、今後の人生によい影響があるようなことがあれば本当に本当に幸せです。






ありがとうございました。
posted by M at 01:46| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

幻夢

幻のような

夢のような・・・




あっというまに一日が過ぎました・・・。





もう、言葉もないですよ。




生きていることに心から感謝できます。




こんなステキな人たちと同じときに生まれ
同じ時間をすごせ、出会ってします。





この奇跡に感謝です。






詳細はもっと頭が冴えているときに書きます。



もったいないので・・・。






早速ミユッフィから感想分があったよ!






『笑顔セミナーを受けて』 田代美幸

今日という素晴らしい日を絶対に忘れない!とまずは言いたいです!
本当に素敵な人達と過ごせた一日でした!
こんな出会いを導いてくれたMさん、本当にありがとうございます!
この出会いを大切にしたいと思います!心残りは岡ちゃんへのストロークシートを埋められなかったこと。ビジョンシートを発表できなかったこと。それと懇親会に行けなかったこと。もっともっと皆さんと話したかったです(泣)。

諏訪先生。『笑顔力』やブログを拝見して感じていた通り茶目っ気たっぷりだけど、どこか姐御肌を感じる、いい女オ〜ラのある方でした。『笑顔』を仕事にしているだけあって本当に笑顔が素敵でした!
さて、今回のセミナーではプライスレスの笑顔で自分や他人に与える影響ってすごいんだな〜と改めて思いました。思えば、中学の頃、病院の受付のお姉さんの笑顔に憧れていなければ今の私はありません。それだけ医院の第一印象は受付で決まるといっても過言ではないです。これは専門学校時代も嫌っていうほど先生達に叩きこまれた言葉です。どんなに院長が素晴らしい人でも私たちが医院の評判を落しかねない。そう思うと今以上に患者さんに『快』を与える人になりたいと思います。そして患者さんだけでなくスタッフに対してもストロークをどんどん投げかけていきたいと思います!
今日、自分自身で一番、衝撃的だったのが第2部で呼吸法を教わり諏訪先生のいう通りの事を思い描いているうちに自然と涙が流れてきた事です。これは以前、東京まで諏訪先生のセミナーに行った人から聞いてはいたけどまさか自分は泣く訳ないな〜なんて半信半疑でしたが、それを根本的に覆す結果となりました。心理学。信じてない訳ではないけれどあんまり信じきれない自分が今までいました。が今回のセミナーを受けてはまりそうです(笑)。
私の夢はまだ漠然としていてうまく言葉ではまとめられません。でも明らかにいとう眼科に入りたての頃とは違います。でもそれは自分が成長しているしるし。と諏訪先生が言っていたのに救われました。いつかいとう眼科を日本一にする為にMさん達が今以上に多忙になるかもしれない。スタッフもどんどん増やさなければならなくなるかもしれない。いとう眼科のスポークスマンの一人として可能性のある原石をみつけだす人になりたいです。まずは自分を磨き、こんな夢を語っても恥ずかしくない人間になりたいです。
posted by M at 02:10| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

当日

さて、さて、さて!!!



いよいよ当日。



今日が最幸な日になりますように!



posted by M at 08:11| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

前夜

明日はいよいよ笑顔セミナー。



ものすごい幸せを感じた東京での笑顔セミナーから1ヵ月半。



いよいよです。



今回メンバーがすごい!

本当にすごい!



どんなプラスのオーラで溢れるのか・・・。



やばいくらいに興奮してます!



いとう眼科スタッフはまだ準備しています・・。



午前の外来が終わってからずっと頑張っています。




来ていただく方に、喜んでいただけるように・・。




残念ながら作業の写真はまだ載せられませんが、
お金はかかっていませんが、とにかく心はあります!




さて、これからもうひと踏ん張りしてきますので、
ブログもこのくらいに・・・。




まるで、遠足前夜ですよ!
posted by M at 22:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。