2008年08月31日

いろいろ嬉しいですよ

じゃ〜ん!


買っちゃいました・・・。



コレですよ・・



これ!!

DSC01904-1.jpg

iPhone です!!!!!



なかなか家でブログの更新ができないときもあります。
そして、コメントを書きたくてもかけない時もあります。



ほとんど、そのためですね。。


でも、まだ全然使ってないけど、いろいろあるみたいですよ・・・。



結局使いこなせないような気もしないでもないけど・・・。



だけど、appleってすごいですよね〜。



アレだけのものを開発してもwindowsにそのままパクられて
ものすごい凋落ぶりだったのが、ipodで復活して、さらにiPhone!



さすがです!





さて今日は私の決意を!


まずは、この写真見てください。

DSC01905-1.jpg

今月から、読んだ本を紙に書いて、事務所に貼り出すことにしました!!
目標で1ヶ月5冊とは決めてますが、やはりそれ以上は読みたい!
読んだ実績をビジュアル化することで、モチベーションがあがればと・・。
そして、月末に近づいて、私の事務所にきたスタッフに指摘されないように・・。
逆に、中旬くらいで目標達成したところを見せれば、刺激も与えることができるのではと。


月初めは読む予定の本の写真をアップします。
月末との比較ができるようにですね。



まだまだ意思が弱いので、強制力を持たせなきゃですしね!



8月は一応6冊。
あと少しで読み終わる本も入れると、7冊ですね。
なんとかノルマクリア〜。







本題です。


このブログを書いている時間はちょうど23時を回ったころ。
今日はレセプトをやっています。
担当はまだやっています。


でも、スタッフ今現在6人残っています・・・。



検査担当のめがね。
新人看護師(ベテランですが・・)のイノッチ。
ど新人の岡ちゃん。

(みなちゃんも少し前まで一緒に頑張ってくれてました!ありがとう!!!)




メガネはいつも残ってくれています。






でも、驚きは岡ちゃんとイノッチ。



な〜んにも言わないで、黙々と楽しそうにできることをやってくれています。




ありがたいのはもちろんですが、嬉しいです。




こういう時間が、人間関係を深めるチャンス。




土曜日に夜中まで残るなんて、なかなかできないですよね・・・。




そしてイノッチなんて子供がいるのに・・・。






さっきイノッチにいとう眼科DVDを観てもらいました。




イノッチ、涙・涙です・・・。



お涙いただきました〜〜!



パチパチパチ!




DVDを見たイノッチの感想。。




「みんな、オリンピック選手より輝いている!」




嬉しいです。嬉しいです。



感じてくれるイノッチの心がです。



イノッチも一緒に輝きましょう!


ココのところ、毎日毎日代わっていってるよね。

日に日に感じがよくなってきていますよ。

すごいですね〜。










そして岡ちゃんもこんなこと言ってました。



「いとう眼科に来てから、すぐ泣くようになって驚いている」と。



感性が磨かれてきたのですね。
いろいろな心の殻が取れてきたのですね・・・。




最高じゃないですか!




岡ちゃんも、今日たくさんの笑顔もらいました。


外来ではなかなか見れない表情をたくさん見れました。



明日休みで1日あいちゃうのが、もったいないな〜。




月曜日から、また楽しくやりましょう!


posted by M at 00:00| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

運命の日6

こんばんは、今日も張り切ってブログ書きます(山村先生風)!


さて、今日(昨日)は新朝礼のお披露目!
最高でした!
というか、自分では無我夢中で周りは全く見えてませんでしたが
後から他の人の反応を聞くと、よかったそうです・・・。
あまりに、入り込んで、周りみえない・・・。

そんな朝礼でした。


でも、朝礼の生みの親の一人である美奈ちゃん。
今日は始めての朝礼リーダーであったにも関わらず、最高のパフォーマンスを。
とにかく、最高でしたよ!
最高すぎます!!
しかも、今日は学校があるのに、掃除と朝礼だけのために来てくれた!
美奈ちゃんサイコー!



そして夜は2日続けてMゼミ。
今日はMゼミ参加者8名!
増えたな〜。
今日は私がメインとなって話しました。
運命の日のこと、福島先生のことなどなどです。
そして後半は、全員に話してもらいました。
涙有りの熱い熱い語りタイムでした。
新人さんの話を聞く機会はあまりないので、すごくいい会でした。
そして、先輩達も、さすがです!
話すレベルが違ってきましたね!
信じられないレベルですよ、みんな!
毎日頑張ってるもんね〜〜。
おめでとう!




さて、本題。


運命の日シリーズもとうとう最終回。。



今回はいとう眼科スタッフから提出されたアツい感想を紹介します。




今回の出会いが彼女達にとってどれだけのものだったのか。


今後この出会いを彼女達がどういかしていくのか。




深く胸に刻み込まれた、彼女達にとっての「運命の日」。




では、どうぞ!






Fortune   「ベジータ」


去る8月24日は、私にとって忘れられない日となりました。
これまで「いとう眼科」では、自分を高められる場、成長できる場を数多く経験させていただきました。てんつくマンや大嶋さん、加藤さんの講演会ももちろんそういった場所だったに違いありません。
しかし・・・
今回は特別というか。。。どのようにこの気持を表現したら良いのでしょう・・・
例えていうならば
今までの講演会の方たちは凄く遠い存在の方・・・言葉でいうならば師匠。
すまいる歯科さんのメンバーは志が同じ・・・言葉でいうなら同志。
もちろん、中村文明さんの本『人生の「師匠」をつくれ』の中で書かれているように、師匠と呼ぶ人たちは沢山いますし「すまいる歯科」のメンバーの方たちも、もちろん私の師匠です。
「すまいる歯科」さんはは私にとってブログの中だけの遠い存在。事務長からは山村先生やメンバーの方の話し、ブログは拝見させていただいていました。やはりお逢いした今となって言えることですが、過去を振り返ればピンときていなかった気がします。逢って数時間一緒に過ごさせてもらった今は、事務長の言葉どおりピッタンコという感じ!私は今事務長からお借りしている「お〜い!竜馬」やテレビで見ている「篤姫」の影響でしょうか・・・例えていうなら「すまいる歯科」さんと「いとう眼科」が坂本竜馬と西郷隆盛が会ったという感じです。表現の仕方が大げさというか、かなり下手ですが、私の中ではまさにそんな出逢いとなる運命の日となりました。
今回愛知に行くにあたり、数々の障害がありました。障害があって仕方ないと私は思っていました。主婦であり、母であり、二人の子供がそれぞれ部活に入っているので保護者でもあります。それらが全て重なってしまった最悪の日でもありました。
しかし良かったなぁ〜・・・動いてみるものです。
まったく自分の中では愛知に行くのをあきらめておりました。しかし事務長が「どうにかなるよ!」と背中を押してくれたこと、愛知に行くことが決まっていたメンバーが「一緒に行きたいです!」と言ってくれたことで、更に私の背中を押してくれました。そして何より家族には私の我がままを聞いていただき、本当に感謝感謝です。
しかし、苦労してまで愛知に行って本当っ〜に良かったです!最高の出逢いでした。
「すまいる歯科」のメンバーにあったらどんな話しをしようか?盛り上がらずにシ〜ンとしてしまう時間があったらどうしようか・・・間がもつのだろうか?
事務長からは、「すまいる歯科」さんのメンバーのプロフィールを覚えて、事前準備をしていくようにとのことでした。
私個人としても、「すまいる歯科」さんの日々のブログを読み返したり、そのブログは誰が書いたものなのか?そのブログを書かれた方の顔とあだなを、一致させておく、そおいった事を覚えました。
なぜなら、私にはそこまでしなければならない理由もありました。
今回一緒に行くスタッフは5名。私の短所でもある「目立たないように過ごす」といったことはできません。そして家族に対して無理を言って愛知に行く事を承諾してもらった。そこまでしたからには沢山のことを吸収してきたい!後悔したくない!そんな思いが強かったです。ですから、話しの話題がなく、シ〜ンとなることなど絶対に嫌だったのです。
覚えていったその結果は
「ピンポ〜ン!!!」
大正解!
ブログに関しての話題を出したいときは
「○○○さん・・・前に書いてあったブログの中で・・・・は面白いですね」みたいな感じです。
「えっ!!!  何で私の書いた内容知ってるの??よく私だって知ってたね?」そんな感じで一瞬止まります。
でも嬉しそうにお話を始めてくれました。
サイコーです!そして、すまいる歯科さんも私と同じようにブログの内容についてチェックしてくれていたのがわかりました。なぜなら、事務長がブログで私のことについて書いていただいた「大衆劇場の女の子」の話しをいろんな方に聞かれたからです。やはり同志!!!同じことをしていたんですね。
そして、当初心配していた話題がなかったらどうしよう・・・シ〜ンとしたらどうしよう。心配していたことが馬鹿げているように思えるほど、まったく問題がありませんでした。
駅のホームに着くと歓迎の暖かいメッセージを持って立っている団体。第一発見者はヤッター!!!私!!!「事務長なにやら団体がたっています!」の報告に事務長の駆け出しが早い! 早い! ありゃ? 私が第一発見者なのに気づいたときには何メートルも先を走っています。私も負けないぞ〜!!
そして暖かいメッセージをまじかに目にし、暖かい方たち「すまいる歯科」さん一人一人ガッツリ握手。なぜ暖かく感じるのか・・・メッセージが可愛らしい手作り。まったく手抜きを感じさせない素晴らしいメッセージです。そしてニコニコの笑顔がまた素晴らしい。
わざわざ一人一人にネームプレートも作っていただいたご配慮。私たちが初対面なのを「すまいる歯科」さんもかなり意識されていたんだと思いました。また、「すまいる歯科」さんの像さんワッペン(?)苦労して作ってよかったなぁ〜・・・だって凄く喜んでいただきました。それも「いとう眼科」スタッフはいろんな場所に付けていったので「ここについているので取ってください」そこでさらに和むことができたのではないでしょうか。良かった!良かった!
その後移動してすぐに「てっぺん 桑名店」をご紹介してくれ、感激!感激!後にその前を道を挟んで通ることになるのですが、てっぺんの方が私たちに手を振ってくれました。おもいっきり!! うわぁ〜  凄い!!外まで意識しながら仕事している!それも営業時間外。行って握手したかった!!!あの手の振り方は素晴らしい!!! その思いが牛ちゃんの五七五の一句!それもまた素晴らしい!
昼食会は名産ということで「蛤定食」を食べながら自己紹介したり、楽しい会話をしてかなり盛り上がりました。料理もおいしかった・・・この時間で更に「すまいる歯科」さんが身近に感じました。  話しの話題がない?? 初対面の緊張??  まったく感じませんでした。すまいる歯科のメンバーさんは本当にお話が上手でした。まず学ぶべきところです。私たちが話しやすい環境、話題、引き出しをたくさんもっていられました。一緒にいるだけで普通にお話しできる環境を作り出してくれている、マジックにかかったような感覚さえ覚えます。本当にすばらしい!!!今回心配だった初対面という壁。「すまいる歯科」さんとお別れするまで、まったく心配いりませんでした。数々の楽しい話し、刺激、本当にありがとうございました。
そして何より、山村先生のご配慮。本当にありがとうございました。講演会場で先に行って席をとっていただいたこと、車を先に回してくれるところ。お土産を持たせていただいたご配慮。そして満面の笑顔と物腰が柔らかいお話しの仕方。はぁ〜・・・どれをとっても素晴らしいな・・・メンバーのみなさんが山村先生を尊敬しているというお言葉は数々お聞きしました。その関係も素晴らしいです。
そして、たまたま講演会場で横に座られた山村先生。いつも時計を気にされてくれました。何度も何度も時計を意識していたんです。ごめんなさい・・・私たちのために。もっと集中して講演会のお話しを聞きたかったのではないでしょうか。最後まで講演会も聞きたかったと思います。メンバーの方も途中退席で申し訳ありませんでした。本当にすみません。
最後にもっと一緒に過ごしたかったという思いが大きかったです。群馬にこられる日が待ち遠しいです。そう思うと愛知と群馬。遠くてなかなかお逢い出来ないほうが気持ちが大になっていくのでしょうか・・・今からかなり楽しみです!
今回お話しを持ってきてくれた事務長。ほ〜んとに!!!感謝感謝です!!!
「すまいるメンバー」さんと共に頑張りましょう!また日本一という言葉が近づいてきましたね。今回の出逢いはかなりの前進に間違いないですよ。サイコーでしたもん・・・ありがとうございました!!!
そして医院長!!!行けなかったスタッフにアウトプットしていきます。今回参加できたスタッフはかなり成長できました。かならず「いとう眼科」の力になれるよう頑張ります!ありがとうございました!






すまいる歯科さんと出牛って 「GYU」

 すまいる歯科さんと出会えて本当によかったです。初めてブログを拝見させていただいたときは思いの強さ、行動力に、こんな歯科さん本当にあるの??と信じられない思いでいっぱいでした。いいなって憧れはあったものの、実際にすまいる歯科さんのように取り組むことは私にはできないと勝手に壁を作ってしまっていました。
 しかし、いとう眼科での事件をきっかけに、自分を高めること、刺激をもらうこと、変化を求めること、わくわくする気持ち、真の仲間を持つこと、皆を尊敬する気持ち、信じる気持ちなど、多くの感情が自分の中で行き交うようになりました。
 その後、多くの講演会に参加させていただき、気づいたらわくわくした気持ちで講演会に参加している自分がいました。自分の中にある遠慮した気持ちや、私にはできないだろうと決めつけることが少しずつなくなってきているのを実感し始めたのです。
  そして、すまいる歯科さんの川島さんの講演。これは私にとって最高のタイミングで出会えたものと思っています。川島さんの「決断と焦点」のお話によって救われ、自分の中で一生忘れることのない教訓となったこと。この講演会の後、川島さんに会ってみたい!!と強く思う自分がいました。
 
 これらのことがあった為、遠いとこにいると思っていた方たちなのに、急激に会ってみたい、話してみたいという思いに気づいたら変わっていました。だから、すまいる歯科の山村先生が、いとう眼科にきてくれるというブログをみたときは、非常に驚きました!!そして、思っていた以上に早く会えると分かったときには、信じられない思いでいっぱいになりました。急なお話だったのにも関わらず、事前にプランを考え送ってくださった山村先生には驚かされました。
 しかし、この素敵なプランをいただいたことにより、私たちのサプライズ精神に火がつきました。この方たちに何かわたしたちもサプライズがしたいと。こういった素敵なものをもらってばかりではいられません。わたしたちも何か与えたいと思い、会う前から刺激をもらっていました。

 そして、ついに当日。あのホームページの中のすまいる歯科さんが、すでに私たちの目の前にいます!!なんどもイメージした場面です。握手していきなりあだ名で呼んで、、、
しかし、イメージしていたのにも関わらず、興奮してしまい、自分のことはよく覚えていません。とにかく、すまいる歯科さんが最高の笑顔で出迎えてくださり、握手してくれて、喜んでくれて、そして、皆さんきれいで輝いていて、、、とにかく興奮しまくりでした。
これが初対面でした。

そして、お昼ご飯を食べながらお話させていただき、初対面であることを忘れるほどの大盛り上がりでした。初対面でしたが、ブログなどを拝見させていただいていたので、すぐに親密感が生まれたような気がします。私たちはもちろん聞いてみたいこともいろいろあったのですが、すまいる歯科さんもいろいろなことを質問してくださり、興味を持っていてくれたことが伝わってきてとても嬉しかったです。
 初めのうちはスタッフ紹介が多かったです。それぞれのスタッフのエピソードを紹介し合っていました。しかし、その紹介は自分でするのではなく、周りの人たちが説明していることが多かったような気がします。こんな紹介の仕方ってめずらしいような気がしたのですが、すまいる歯科さんも私たちも、スタッフ同士の関係がいいからこのような会話の仕方ができるのだろうと思いました。仲間のことをよく知っていると、より親しくなるきっかけを作りだすことができることを学びました。交流する上で、相手のことだけでなく、自分たちのこともよく知っていることも大切なことだと思いました。
 また、質問されたことでは、いとう眼科で取り組んでいる掃除のことや、キャニオニングやラフティングのこと、個人的なことも聞いてくださいました。興味をもってもらえるようなことがあると、話も自然と弾みます。こういったネタ作りのためにもやはり、何かに力を入れて取り組むこと、いろいろと経験していくことは大事だと思いました。そして今は事務長がブログを通して発信してくれていますが、自分たちでも発信することも大事だと思いました。興味を持っていただいたことで、いとう眼科の良さを改めて実感することもできました!!また、個人的ですが看護学校に通っていることに興味を持ってくださり、「応援している」と言っていただいたことは本当に励みになりました!!がんばっちゃいますよ!!わたしは川島さんの言葉のお陰で乗り越えたことがあったので、私にとって本当に貴重なお言葉をいただきました。
 
 すまいる歯科さんとのお話の中で気づかせていただいたこともたくさんありました。先生のことをお話されているスタッフが今でも印象に残っています。先生のことを尊敬していることがすごく伝わってきました。仲間のことを話していることも非常に愛が伝わってきて、話を聞いているだけでもすごくいい気分になりました。気持ちのいい集団なんですよね。お互いがお互いに高い意識を持っているのだと思います。そして私ももっともっと、いとう眼科の皆と向き合っていきたいと思いました。いいところを伸ばすことってスタッフ同士でもできるのだってすまいる歯科さんを見ていて気付きました。

 わたしは最初に今回の交流のお話を聞かせていただいたとき、参加しようかどうか悩みました。急で予定もあったので正直今までのわたしだったら参加していまかったと思うのですが、たまたまそのとき、「やるかやらないかで悩んだときはやる」ということを自分の中で決めたばかりだったので、参加させていただきました。以前から少しずつですが、自分の考え方が変わってきて、そして、ようやく手にしたこの出会い。自分で行動を起こせたからこそ余計に素敵な出会いにもなったのだと思いました。



すまいる歯科さんが私たちは大好きで、以前は一方的な片思いだったのが、今回の出会いで更に大好きになり、そして、すまいる歯科さんも私たちのことを気に入ってくださり、今はまさに両想いなのですね!!わたしは仲間意識を持ってしまいました。そして、輝く場はお互いに違うけれども、共に頑張っていきたいと思います!同世代の人たちが輝いている集団を見させていただいたことは何よりも収穫です。より明確に自分のなりたい姿をイメージすることができました。こんなに輝くことができるのだって今でもわくわくした気持ちです。女性としてキラキラしたものを持ちたいと思いました。わたしも同世代の人たちに刺激を与えることができる存在になりたいです。相手と向き合い、良さを伸ばし、お互いに共通の考えを増やし、相手に対して指摘もできるような人になりたいです。こんなふうに仲間に対する思いが強くなったのもすまいる歯科さんのお陰です。本当にありがたいことです。

 また、今回山村先生から「ムードメーカー」と言っていただいたことも非常に嬉しく、それと同時にそうなっていかなければと強く思いました。役割がすまいる歯科さんは明確なのですが、今まで自分の役割って何だろうと模索していたのですが、山村先生や事務長にもそう言っていただき、改めて自分でも意識していとう眼科でのムードメーカーになりたいと思いました。

 本当に収穫のある出会いでした。きっとこの先も自分でじっくり考えて出てくる答えもあると思います。それだけ今回学びの多い機会でした!!そんなすまいる歯科さんとまた近々お会いできるということなので、今から楽しみで仕方ありません。次回もよりいいものにしていきます☆わくわくがいっぱいです。







「ボブ」

初めてすまいる歯科さんを知ったのは、スタッフさんのブログからでした。
事務長から「ものすごい歯科がある!!」と紹介され、ブログを拝見し、衝撃を受けました。チームメンバーの皆さんの意識の高さ、熱い思い、結束の固さが、文章を読んでいるだけでひしひしと伝わってきて、「すごい・・・!こんな思いでやっている医院があるなんて!」と目が覚めるような思いでした。
まさに私にとって、この瞬間が運命の出会いだったと思います。
私がそんな気持ちで感動している間、事務長はさっそく動いていました。
何かを得たいのならば、それに見合う行動をとらなければ始まらない。
一通のメールというすまいる歯科さんとの種をまいたのです。
すべてはこの種から始まりました。
思えばこのころは、まさかすまいる歯科の皆さんとお会いするなんて夢にも思っていませんでした。
しかし、山村先生から熱いメールの返信が届いたと事務長から聞いたとき、あのすまいる歯科さんと繋がったんだ!って、嬉しくて仕方なかったです!
その後、すまいる歯科さんからは沢山の刺激を頂きました!
川島さんが育成塾で講師を務めたというブログを拝見したときは、正直かなりの衝撃でした。
歯科医院さんは、本当に意識が高くて、スタッフさんの意識も他科に比べて高いところが多いことは知っていましたが、そこまでのスタッフさんが存在しているということが何より驚きでした。
こんなに高い意識でやっている人たちがいるんだって知ったことでワクワクすると同時に、自分の甘さを痛感しました。
スタッフだからこのくらいできてればいい、とかそんなものないんです。
私は知らずに自分の限界を決めていたことに気づかされました。
信じれば、自分の可能性って無限なはずなのに、最初から自分のハードルを低く設定していた。
それってすごくもったいないなって思いました。
川島さんの存在を知ったことで、意欲が湧き出てきたあの夜は、今でも思い出すと自分の中では特別な日でした。
同時に、同世代の若いスタッフでそれだけの強い思いを持って日々を過ごし、講師という形で伝えている川島さんにすっごく惹かれました。
かっこいいな!どんな話をしたのだろう?とその講演に参加したかったと強く思いました。
なので、その後山村先生から、川島さんの講演DVDを送っていただいたのは、ものすごーく!嬉しかったです!
講演DVDを見て、ますます川島さんに惹かれました!
本当にキラキラ輝いていて、私も川島さんのように輝く人になりたい!って、川島さんは私の理想像だと感じました。
そこで川島さんがお話されていた内容にもかなり影響を受けました。
一番は決断と焦点の話。
しっかりとしたビジョン、焦点が定まっていれば、日々現れてくる選択肢もその焦点に沿ったものを選べるようになる。
これは本当にそのとおりで、焦点が定まると、行動も変わってきます。
誰かに無理やりさせられているのとは違って、自分の焦点が定まっているからこそ、周りからみると辛いことも「苦」ではなく乗り越えられるようになる。
それをキラキラ輝く川島さんがお話されているからこそ、余計に説得力がありました。
素晴らしい!そして、DVDには写っていないけれど、講演する川島さんを温かく見守り続ける山村先生やメンバーの皆さんの顔が私にははっきり見えていました!
不思議です。写っていないのに、沢山うなずきながら「がんばれ!がんばれ!」って言ってる姿まで見えてくるんですよね。
すまいる歯科さんの結束の強さなどをブログを通して感じていたからでしょうか。
とにかくその意識の高さと熱い思い、行動力・・・すばらしいチームと出会えたことがうれしかったです。
そして山村先生のブログでいとう眼科の話をしてくださったときは本当に嬉しくて感動しました!そして最後に驚きの文面が・・・!皆で興奮していました!
あの文面により事務長がまた動いてくださり、そして今回の企画に繋がったのかと思います。
本来なら、事務長ひとりで行くはずだった名古屋。
私たちのすまいる歯科さんへの熱い思いを知っている事務長は私たちを誘って連れていってくださり、本当に感謝しています!!
本当に今回、「動けば変わる」を実体験しました!
実際お会いして、ますますすまいる歯科さんの凄さを感じました!
まずは、やはり山村先生、メンバーの皆さんの魅力的な人柄!
群馬から来る私たちを喜ばせるために、さまざまなサプライズを準備してくださいました!
桑名駅に着いたとき、さっそく皆さん最高の笑顔で出迎えてくださり、初対面にもかかわらず最高のテンションで握手をしました!
正直、行きの新幹線のなか、ワクワク半分ドキドキ半分。
ちゃんと話せるかな、とか心配していましたが、お会いした瞬間その心配もふっとびました。
心から出迎えてくれたことが本当嬉しかったし、目の前にすまいる歯科さんがいるという現実に、かなり興奮してしまいました!
駅でさっそくすまいる歯科さんの作ってくださったネームプレートをつけ、「いとう眼科さま ようこそ」と書かれた手作りのプレートを持って記念撮影!
本当に皆最高の笑顔でした!
プレートも伝説のいとう眼科の写真とすまいる歯科さんの写真とが貼ってあり、
描かれている絵もすべて意味があるという凝ったもの!
そして枠につけられているモールは、前日までつけるかつけないかであややさんと先生は喧嘩(本気じゃないですよ)までしていたとか!
より素晴らしい完成度で迎えたいという気持ちがあちこちで感じられて、最初から本当に感動でした!
そしてさっそく桑名のハマグリのお店へ連れて行ってくださいました。
せっかくの機会だからと、あえて身内が固まらないような席順にしたおかげか、本当に初対面とは思えないような盛り上がりようでした!
お会いするまでお互いを知る情報はホームページしかなかったけれど、それぞれがホームページをすみずみまで見ていたからこその盛り上がりだったように思います。
初対面だけど、もう会ったことがあるような感覚☆
人見知りの私でも躊躇せず、時間を惜しんですまいるさんの話を聴きたい、もっと話したいって夢中でした。
自分でも不思議なくらいです。
すまいる歯科の皆さんは、本当に話をするのも上手だし、引き出すのも上手でした!
みなさんと話をしているだけでも学びがありました!
そしてみんな揃っておそろいのmy箸でご飯。
身内以外でこんな大勢でmy箸で食事をとるのは初めてで、なんだかとても嬉しかったです。
ただおそろいのmy箸を使っているのではなく、同じような人たちの講演を聴いたり、培ってきた思いがそのmy箸に表れている気がして、思いを共有できている感覚がして嬉しかったんです。
美味しいご飯を頂いて講演会場に向かう途中、例のてっぺん桑名店の前を通りました!
最初見たときにはまだスタッフさんいらっしゃらなかったけれど、今は早速開店準備をしている様子でした。
さっきのお昼ご飯での興奮がまだ冷めないハイテンションな状態で、皆で、「てっぺんだ!てっぺんだ!」って、たぶんものすごい笑顔で眺めてたのだと思います。
てっぺんのスタッフさんたちが思い切り手をふってくれました!
私たちも、走っていきたい衝動を抑えて思い切り手をふりました☆
本当にいとう眼科皆ハイテンションでした!
興奮しながら、この道で「動けば変わるんだね!動いて良かった!」
すまいる歯科さんとの初対面できたことの喜びを語っていました!
そして、桑名活性化イベントの講演会場に着いたのですが、そこでも既に事前に席をとっておいてくださるという行き届いた配慮に感動でした!
しかも、いとう眼科席には、しっかりいとう眼科のロゴ入りの紙がおいてあるではありませんか!
どこまでもサプライズに手を抜いていない!
そして福島さんの講演が終わり、プレゼンが中盤に差し掛かったころ、山村先生のメモが回ってきました。
「この話がおわったら出ます」というような内容です。
最初からすまいる歯科さんはこの講演に参加する予定だったとのこと。本来なら講演もすべて見ることができたはずが、私たちが来るということで、スケジュールの関係で講演も途中退席することになったのです。
しかも、私たちスタッフが名古屋駅から帰るという都合に合わせて、わざわざ車を準備して名古屋まで送ってくださるのです。
申し訳ないという気持ちと本当にありがたい!!という気持ちとで、ますますすまいる歯科さんのあたたかさや、山村先生のご配慮とに感謝でした!!
夜の食事も、本当なら事務長だけの参加の予定が私たちまで誘っていただき、本当にありがとうございました!!
夜も最高の時間でした!本当に時間が過ぎるのがあっという間で、帰るのが本当に名残惜しかった・・・!!
ここでもメンバーさんとお話ができ、いとう眼科も最高のリーダーと仲間に囲まれているけれど、すまいる歯科さんも、山村先生という本当に素晴らしい先生と魅力的なメンバーさんとで形成されている最高の場所だと感じました!!
距離は遠いし、まだまだ及ばないけれど、同じように熱い思いで顔晴っている皆さんとお会いできたことが本当に奇跡で、本当に感謝です!
これからもきっとすまいる歯科さんはどんどん上を目指していって、沢山の刺激を与えてくださるのだろうと思います。
いとう眼科も絶対すまいる歯科さんに良い刺激を与えられるよう、顔晴っていきたいって強く思いました!!
秋には皆さんで群馬に来てくださるとのこと。
今からとっても楽しみにしております!!
そして、次にお会いできるときまでには、あーボブさん成長したねえって皆さんに思っていただけるように、毎日を着実に前進し過ごしていきたいと思います!!
最高の一日をありがとうございました!!
この機会を作ってくださった事務長、本当に感謝します!
この出会いを無駄にしないよう、邁進し続けていきます。
院長、行けなかったスタッフの皆、今回得たことは背中で見せていきたいと思います!
より、自分を見つめる良いチャンスになったし、さらに成長していきたいという気持ちが強くなりました!!すべてに感謝です☆ありがとうございました!





「トム」

すまいる歯科さんとの出会いは本当に最高でした。私の中のスイッチがバチバチONになっていくのを感じられました。いとう眼科に戻ってから、たくさんのスタッフから「どうだった?」と聞かれるのですが「最高によかったよ!」「すまいる歯科さんは本物だよ!」「みんなすごいんだよ!」としか伝えられず、心の中で沸きあがっている感動を上手く伝えられない自分がもどかしくて仕方ありませんでした。今回、いとう眼科の中には行きたくても行けなかったスタッフもいます。帰ってきた私達の反応を見て、本当に残念に悔やんでいる仲間をみると、どうしてもこの感動を伝えて皆と共感していきたいと思うのですが、しっくりいく言葉か見つからず、この何日かはモヤモヤしっぱなしです。何ヶ月、何年かかるかわかりませんが、少しずつでもこの感動を皆に伝えていき皆と共感し、そして皆と向上していきたいと思いました。
すまいる歯科さんの話をする時は、自然といつも私は笑顔になっています。あんなにもすばらしい人達と出会え、お近づきになれた事がまだ夢みたいです。すまいる歯科のみなさんの笑顔は本当に最高です。目の輝きは半端じゃありません。見ている所は果てしなく上の上です。仲間の絆の強さや深さは最強です。あの明るさ前向きさは向かう所、敵なしです。外に一歩踏み出すと、そこには夢に向かってどんな努力や犠牲もいとわず、前に突き進んでいる人達がいるたくさんいる事を改めて気づかされました。そして仲間の素晴らしさを改めて実感しました。この出会いに心から感謝です。
実際にすまいる歯科の皆さんに会うまでは、本当に緊張の連続で上手く話ができるのか受け入れてもらえるのか心配で心配で仕方ありませんでした。よくいとう眼科のみんなとも大丈夫かと相談していたものです。この緊張は桑名の駅に着くまで続いていました。でも、実際に駅の改札口を出て、すまいる歯科のみなさんの姿がみえた瞬間、誰が言ったのでもなくお互いに駆け寄り、固い握手を交わしてからは今までの不安か嘘みたいにとんでしまい、最後のお別れの時にはあついハグを交わすまでの仲になっていました。最後はすまいる歯科のみんなが大好きで大好きで仕方なかったですし、昔から一緒にいる仲間みたいな感じがして帰るのが名残り惜しくて名残惜しくて・・・仕方なかったです。
私は、すまいる歯科のみなさんに実際に会うまでは、すまいる歯科さんのただのファンにしかすぎませんでした。でも、実際にお会いして、みなさんの姿勢や輝きに共感でき刺激を受けられた今は、勝手にですが、すまいる歯科の皆さんは私の同志だと思っています。追いつき追い越せで、早くすまいる歯科さんのように多くを発信できる立場になってもっともっと上からの景色を楽しみたいと思いました。お互いがいい刺激をし合える仲になれるよう私も負けていられない!と心から思いました。

すまいる歯科さんの一人一人から、たくさんの刺激と気づきを得ることができました。本当に感謝です。

山村先生・・・すまいる歯科さんのメンバーさん達を見れば、山村先生の凄さは一目瞭然です。先生の優しさから溢れ出す情熱やブレのない理念には本当にすごい刺激を受ける事ができました。先生から「ブログを見てて、最初は少し自信なさそうなコメントもあったけど、今はすごいね」といってもらえて事が本当に嬉しかったです。
川島ねーさん・・・DVDをみた時からお会いできるのが楽しみでした。本当にいろいろな所から吸収し学ぼうとしている姿勢が感じられて勉強になりました。いとう眼科をよく見ていて下さった事が伝わりました。引き出しの多さもすごかったです。勉強になります。
てらさん・・・なんだか私と似た感じがあるようですが(笑)てらさんの笑顔は最高でした。てらさんかいるだけで場の雰囲気が和んでました。てらさんの話の聞き方をみているときっと患者さんへの対応も優しさ溢れるものなんだろうなぁと思いました。
あやや・・・みんなの笑顔を自然と引き出せる魅力的な人でした。最後、隣の席でたくさん話せて大好きになっちゃいました。あややといるだけで笑顔と元気がもらえます。コミュニケーション能力抜群のあややともっともっとお話したかったです。
まゆポン・・・独特の雰囲気を醸し出していたまゆポン。もっともっとその魅力に近づいてみたかったです。存在感は抜群でした。冷静に周りをみれる目を眼鏡の奥から感じました。次回お会いできるときは近くでいろいろお話したいです。
ピーちゃん・・・今回お会いできなくて残念でした。近々結婚されるそうで。いなくてもすまいる歯科のメンバーさんが嬉しそうにお話しているのを聞いて、きっと魅力的な方なんだろうと感じました。
ごっちん・・・まだまだ新人さんとのことでしたが、すでにすまいる歯科さんでの存在感は抜群でした。きっとみんなから愛されキャラなんだろうなぁと感じました。受身だけではなくて、もうすでに発信している存在なんだろうと感じました。
わんちゃん・・・最後の最後までよくして下さり本当にありがたかったです。まさに縁の下の力持ち。すまいる歯科さんでも大きな存在なんだと思います。そして意外とキレキャラなのかと。車のバック駐車お見事でした。野球の話をするわんちゃん楽しそうでした。
みなさん・・・みなさんの気配りやテキパキとした動きの早さはかなり見習わせていただきます。居酒屋さんでもみなさんを見てうっとりしていました。できる女って感じで、憧れてしまいました。

すまいる歯科さん、みんな最高でした。一人一人が輝いていました。とてもバランスがよく、きちんとみなさんの輝く場所がある感じがしました。いとう眼科も負けていられません。スタッフも増え、より強力な家族になるよう皆で刺激しあっていきたいと思いました。
そして、最後にすまいる歯科さんからのお心遣いに心から感謝です。最高の一日を過ごすことができました。そして、本当にたくさんの事を学ばせていただきました。お土産まで用意して下さり感謝の気持ちでいっぱいです。ものだけでなく、すまいる歯科さんから持ち帰ったものは本当にたくさんでまだまだ整理しきれていませんが、少しずつ整理し、自分の中に落としていきたいと思います。最高の出会いをありがとうございます。これからもっともっとすまいる歯科さんとの交流が深まるように、私自信、いとう眼科の仲間を誇りに日々向上し自分磨きをしていこう思います。






すげ〜量だな〜!!

これだけ感じてくれれば、私もやりがいあります。

本当によく響いてくれるスタッフです。

これからも、もっともっといろいろ企画し、動きまくります。

彼女達なら絶対に応えてくれるってわかってるから・・・。

そんな彼女達に、心から感謝です。




posted by M at 00:00| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

運命の日5

まだ続きますよ〜。


今日の朝礼当番は、ウシ君。


スピーチはやはり運命の日のこと。



そして、こんな言葉がありました。



「次にすまいる歯科さんと会うときは、絶対に今より成長していたい。
成長していない自分は会いたくない」



ステキ過ぎる覚悟ですよ。



そんなウシ君にとっても刺激をもらいました。



そして、今日はMゼミ。


すまいる歯科さんが来てくださったときにそなえて朝礼の練習。


今まではほとんどてっぺんの朝礼のパクリで、事件後なんとか変えようと
したけど、結局もとのてっぺんバージョンに戻って今に到っています。



今回考えだしたのは、全くの新バージョン!


凄いです!


全員おなかを抱えて、気持ち悪くなるまで笑い、声をだし練習しました。


ありえないくらいの大声で練習しました。



酸欠状態です・・・。



すごいの出来ました!





さて、本題に戻ります。



運命の日。
当日はすまいる歯科さんのプロフィールを新幹線に持ち込み、おさらいをしていました。
クイズで趣味やニックネーム、ギフトなどを覚えあい、楽しみながら桑名へ向かいました。



すまいる歯科さんのHPみたことありますでしょうか?



プロフィールの中に「2008年 年間目標」という項目があります。


そうですよね、上を目指すには目標を具体的に決める。

そして、それを人に言い、強制力をもたせる。


HPにのっけちゃうの、相当の覚悟です。


そういえば、私達、やってない・・・。




いまさらですが、新幹線の中で、みんなで考えました!



それをここで発表しちゃいます!



【エム】

○ 毎月本を5冊以上読む
○ ブログを毎日更新する
○ ブログコメントをくれた人には全員コメント返しする
○ 最高の院内パンフレットを完成させる
○ ホームページを変更する
○ 日創研の同志と再会し夢を語る
○ 雑誌に文を投稿する
○ 来春の院内に講師を呼ぶ予定をたてる
○ 5時間睡眠!
○ 事務所のファイルをすべてチェックし整理する


【ボブ】

○ 月に3冊以上本を読む
○ 人を喜ばせることに焦点をおいて行動する
○ 広くアンテナをはり、気付ける人になる
○ 思いついたらとにかくまず動く
○ あきらめないで「今自分にできること」を考える習慣を身につける
○ 外来後の終わり方を改善し、皆の時間資産をつくりだす
○ レセプトマニュアルをわかりやすく作り変える
○ 資料請求した資格の口座を今週中に申し込み今年中に資格をとる
○ 眼科の勉強の時間を毎日30分以上は必ずつくる
○ 「早寝早起き」の生活リズムを体に植えつける
○ 朝は早く(できれば1番に)出勤し、最高の笑顔で皆を出迎える
○ 入り口の番号札入れを使いやすいようにつくりかえる
○ 忙しくても気持ちのよい日本語と笑顔で対応する



【ベジータ】

○ 本を1ヶ月に3冊読む
○ 迷うことが出来たときは、自分がやりたいと思うほうを選ぶ
○ 思い立ったらすぐ行動する
○ 行動して失敗しても、自分を責めない
○ 自分の変化を恐れない
○ 最低2ヶ月に1回はMゼミに参加する
○ 月に2回ある朝の外掃除に、最低1回は参加する
○ 講演会にはじゃんじゃん参加する(ぱくり)


【GYUちゃん】

○ 月に2冊本を読む
○ やるかやらないか迷ったときはやる
○ 早起き(朝15分勉強する)
○ 早く出勤する
○ 人を笑顔にさせる
○ 日創研でリーダーになる
○ 学校の成績を上げる(10位以内)
○ いとう眼科のよさをいろいろな方に伝える


【トムくん】

○ 常に笑顔を絶やさない
○ 患者さんとの会話を大切に楽しむ
○ たくさんの患者さんの名前を覚えて、自分の名前も覚えてもらう
○ 検査にいけるようになる
○ 会計PC、2分以内
○ 迷ったときは必ず前に進む道を選ぶ
○ あすなろ歯科さんとのイベントを成功させる
○ 仕事中は常にすばやいうごき
○ 常に全体を見れる目をやしなう
○ 残り4ヶ月で10冊以上の本を読む
○ レセプトチェックをできるようにする
○ すべてにおいてプラス受信を心がける
○ 時間管理をきちんとする
○ 1日2回以上滅菌チェック



なんか、その人の特徴でますよね〜。


でも、すまいる歯科さん効果は、こんなところにも出たんですね・・。
だって、たぶん愛知に今回行かなかったら、残り少ない今年の目標なんていまさら立てないし・・。
そして、これを公表したからには、絶対に実践しなきゃ!



やはり、いろいろなところで影響受けてます。



頑張っている人、輝いている人は、いろいろなところに影響を与えることができるのですね。



いとう眼科もそういう集団になりたいです!




さてさて、運命の日シリーズもそろそろ終盤。


明日スタッフから提出された運命の日の感想文をアップして終わりにしたいと思います。




しかし、「運命の日」ブログ、続きましたね〜。



そりゃそうですね。



今年にはいって、本当にいろいろな人とであい、そしていろいろな出来事がありました。



私の中では、今回の「運命の日」が今年一番の衝撃です。



そりゃ、力はいりますよ。



読書感想文提出してくれている人(ボブちゃん、むっちー、ミシェルちゃん)、もうちょっと待ってね・・・。




posted by M at 00:00| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

運命の日4

今回は、運命の日の写真を載せます!


DSC01890-1.jpg

桑名駅で初めてあった写真です。
ご覧のとおり、すまいる歯科さん、美人さん揃い!
でも、いとう眼科も負けてませんよ〜。
手作りの心のこもったウェルカムがまぶしいです!




DSC01891-1.jpg

見覚えないですか・・?
あのDVDで観た、てっぺん桑名店です!
たいしたことないかもしれませんが、なんだか
妙に嬉しくなりました・・。
ですので、記念撮影!



DSC01892-1.jpg

めがねの人誰だかわかります?
私も最初気づきませんでした。でも、どこかで見た気が・・・。
そうです、あの、てっぺんの、あの人です!
「桑名の暴れん坊」(勝手に命名)こと、松尾篤樹さんです!
DVDで異様にアツかった、あのおにいちゃんです。
髪型が違うから、最初気づきませんでしたよ!
イベントの会場にいたので、声を掛けちゃいました!
ミーハー丸出しです・・。
でも、ウチのスタッフが物販のてっぺんのブースに行くと
「いとう眼科さんですよね?」と声を掛けられたらしいですよ。
三重県でですよ!
いとう眼科、全国区!




DSC01896-1.jpg

夜の会食(?)です。
はじまって10分後くらいの写真でしょうか・・・。
ヤバイですよね、このノリ。
とても初めて出会ったとは思えない!




DSC01897-1.jpg

コノヤロ!
俺の尊敬する山村先生に、なんて無礼な顔を!
しかも、よく見ると、クチから何か出そうとしてるじゃない!
どこまで、無礼なんだ・・・。
けど、目線はどこか、しっとり・・・。
ひょっとして、ひょっとする??




DSC01898-1.jpg

皆で。
でも、おいしかったです!名古屋はおいしいものが沢山で、最高です!
エビフライも、てんむすもひつまぶしも(ボブは「ひまつぶし」と読んだ!)名古屋こーちんも、すべてすべておいしかった。
名古屋飯最高!



DSC01900-1.jpg

最後は硬い握手!
見てください、この私の尊敬の眼差しを、山村先生の澄んだ眼を!!




今回あまり写真は撮りませんでしたが(興奮してそれどころじゃなかったし、時間がもったいなかったから)、
次回はバシャバシャとりたいですね。



楽しみです。




明日もまだまだ続きますよ!










posted by M at 00:00| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

運命の日3

私、山村は常日頃から、すまいる歯科のチームメンバーに
「メンバーの日常の言動や患者さんへの対応は、院長の鏡に映っている姿なんです」ということを伝えています。

なぜかというと私が、ホームページなどで、どんなにきれいな言葉を並べても、実際にすまいる歯科に来院していただいた患者さんや、業者さんが、院長およびメンバーの対応に満足されなければ、「なんだ、口だけか、ここの医院は・・・」ということになり、結局はマイナスイメージになってしまうからなのです。

だからこそ、私はチームメンバーに言葉で伝えることもたくさんありますが、それ以上に「やってみせる、してみせる」ということを毎日意識して、実践しております。


例えば、患者さんに丁寧な口調で対応して欲しければ、まずは、私が、チームメンバーに対して丁寧な口調で話さなければ、その本気の気持ちは伝わりません。

「○○ちゃん、あれ取って」ではだめなのです。
「○○さん、△△を取っていただけますか?」


こんなことは簡単に思えますか?
実際にやってみるとわかりますが、忙しくなって、みんながピリピリしはじめると、こんな簡単だと思えることが難しくなってしまうのです。


人間は変化を恐れる動物です。
混んでくると、院長がイライラしだすのであれば、メンバーはその状況になることを恐れるようになるでしょう。
それが、ストレスとなって蓄積していく・・・

だからこそ、「絶対にイライラしない、横柄な言葉使いはしない、どんなにメンバー同士仲良くなっても診察室では馴れ合いの言葉は使わない」
この院長の本気さがメンバーに伝わらなければ、患者さんにはとうてい実践することはできないのです。


「男の背中をみせる」


これは、かっこいいことばではなく、院長の決意をメンバーにみせる。という意味のことばなのです。


院内が、暇になると私は、常にクイックルワイパー(よくゴミがとれます)をもって、歩き回っていますが、そんな時、何も言わなくても、メンバー達はいろいろなところの掃除をしています。

「暇なら掃除をしなさい」なんていう言葉なんか、言う方も言われる方も嫌な気分になりますよね。だからこそ、院長がまずはやってみせる。そのことが大切なのですね。

「トイレ掃除を院長がやれば(つまりは汚い場所を率先して、院長が掃除すれば)スタッフはついてくる」という、話をしてくれた先輩がいます。

その言葉に従って、トイレ掃除は自分がやろうと決めていました。
でも、
でも、
でも、

いつもトイレ掃除を率先してやってしまうメンバーがいます。
彼女いわく、「トイレ掃除にもこつがある」そうです。



完敗です・・・(苦笑)



明日から、彼女に負けない掃除場所を探して掃除することにします(笑)








冒頭からいきなりの転用で失礼いたしました。


コレはご存知のとおり山村先生のブログです。


すごいでしょ!


確かにすごいです!


でも、驚かないでください。


このブログ、2年前のブログです。


すまいる歯科さんが開業して4日目のブログです!



・・・・・・・・・



今私が課題にしてやっていることを、すでに開業前から取り組んでいる・・・。



これが私の尊敬する山村先生の山村先生たる所以です。




今回山村先生とお会いし、最初に度肝抜かされたのが山村先生の
メンバーさんに対する対応。


物腰が柔らかく、やさし〜い口調。



はっきり言って、惚れますよ!



もちろん、ただ優しいだけじゃ惚れません!



意味のある優しさです。



先日福島先生のセミナーで教えていただきました。



究極のリーダーとは・・・



「何も語らず、背中で人を成長させる人」



や・山村先生のことだ〜〜!



聞くと、メンバーさんに対してほとんど怒らないと。
とにかく、接し方が愛にあふれているのですよ。
それをメンバーさんが100%受け止めている。



メンバーさんに聞いたところ、先生の姿を見ていれば、怒られなくても
自分のやるべきことは気づくと。


心から先生を尊敬し、そして背中を追って成長し続けています。



最高の関係だ・・・。




さらに、驚くべき事実。


すまいる歯科さん、開業はいとう眼科より遅れて1年と12日。


つまり開業して、約2年半。




辞めたメンバー「0」



ありえないです。




絶対、ありえないです!



でも、あったのです。




これは、間違いなく私と山村先生の違い。




私はとにかく厳しいです。
父性の象徴のような育て方をします。

いい面もあるかも知れませんが、それに耐えられなくなって辞めたスタッフも多々います。

その事実は受け止めなければ。



私の中で「こうあってほしい」というチーム像は明確にあります。
それが理念につながりもしますし。

そして、本当にありがたいことに、問題は皆無ではありませんが、そのチームはほぼ実現しています。


山村先生もそういう像はあるはず。
そして、それも実現しています。

そして、ほとんど血を流さずに・・・。
(山村先生は人知れず血を流していると思いますが「血便を・・」)



どっちがいいか。


昔ならいざ知らず、今の時代はあきらかに山村先生のやり方の法がいいのでしょう。
結果でも明確に出てますし。




スタッフの教育方法は本当に悩みます。




先日も少し山村先生に相談させていただきました。



「伊藤さんのやり方で行ってください」


ありがたい、本当にありがたい言葉をいただきました。



そうですね、私は私ですもんね。



山村先生や野村先生、本当にすばらしく参考になる方たち、
大嶋さんや福島さん、本当に多くのことを教えてくださる方たち。


せっかくのご縁でそんな方たちに出会えたので、その方たちの考えを
自分の中に入れながら、私なりの、自分にあった方法でやっていきたいと思いました。




父性と母性を併せ持つ山村先生。




もっともっと、話したかった・・・。
考え、理念、経験・・・もっともっと話したかった・・・。





でも、これで終わりじゃないですから。



次回お会いできるのを本当に楽しみにしています!




今回の出会いも必然かもしれませんが、
本当に心から心からその出会いに感謝します!



次回もまだまだ続きますよ〜。



posted by M at 00:13| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

運命の日2

あっという間に過ぎ去った1泊2日(私だけ)。



2日目は名古屋駅前で福島先生の研修。



さすがに、面白い!
(研修の話は後日にします)



でも、前日のすまいる歯科さんとの出会いがあまりにも強烈
だったため、なんとなく、ふわふわした感じでの研修になっちゃいました!



福島先生の話も相当強烈なはず



でも、それ以上に強烈だったのが、すまいる歯科さんとの出会い!
(くどいかな・・)



すまいる歯科さんのメンバーさん。



なんだか、自分のとこのスタッフのような錯覚さえしちゃいましたよ。


ウチのスタッフと同じニオイがプンプンしましたよ・・。


いろいろコメントなどでも書かれていますが、お互い会ってすぐのありえない馴染み方。


驚いたのが、皆さんの勉強(?)量。相当私のブログ・スタッフのコメント読み込んでくれているな〜。
正直ウチのスタッフ以上読み込んでくれているかも・・・。
しかも、みなこさんまで!

そしてウチのスタッフもすまいるさんのブログは興味津々で見てました!



きっとお互いが同じ思いで尊敬しちゃってたんですね。
会ったことがないだけに、よけいその思いが強くなり
期待と不安とドキドキとワクワクだったんでしょうね・・・。


そんな思いがあった瞬間にぶつかって、それも同じ量の思いがぶつかって・・


だから、あんな雰囲気になったのでしょう!



まるで合コンのように、身内同士は固まらないような配置になったお昼。
いきなりはじけましたね。



身内同士は全然話さないで、お互い「知りたい!」。



相当、思い強かったんでしょうね。。。




私にはすごく嬉しい光景でした。


ほほえましい光景でした。



言い訳になっちゃいますが、歯科業界と比べると眼科業界は意識が低く
お互いに見学しあってお互いを高めるといった習慣がほとんどないのが現状です。


スタッフ達には、なんとか現状に満足しないでもっと上を見てもらいたいと思っても
そんな機会がなかなかない・・・。



すまいる歯科さんは全国からたくさんの歯科さんが見学にきたり
また自分達でも見学に行ったり・・・。
そして経営塾。



他院の方と接っすることに慣れてるんだろうな〜。
ウチは大丈夫かな〜?なんて思ってました。



けど蓋を開ければ全く心配なし!




ウチのスタッフはそういう場に飢えてたんだ!



こりゃ頑張ってもっともっと機会を作らねば!



初めて会ってそれほど話してないのに、抱き合ったり
バカやったりしているお互いのスタッフ。



純粋に嬉しさでいっぱいという感じがすごく伝わってきました。



すまいる歯科さんのメンバーさん。


とても元気なんですけど、全体のバランスが最高です!


しっかり冷静に皆をまとめるねーさん、一番最初はガチガチでしたが、その天然の明るさで引っ張るあやや、超癒しでいるだけで和む生仏のてらさん、派手さはないですが、さりげなさで存在感抜群のまゆポン、妹みたいでかわいがられタイプのごっちん、縁の下の力持ちのわんちゃん、スーパーしっかりあねごのみなさん・・・。


元気だけど、自分達だけではしゃぐわけでなく、きちんと周りを見れてそれでいて自分達を出して、相手を引き出して、たてて・・・。



すばらしい方たちです!




そしてそんなすばらしい方たちを束ねる 山村先生!






私の熱い思いは明日へ続く!



posted by M at 00:13| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

チャ〜ンス

名古屋のホテルからワンダフルモーニング!


いや〜、昨日はブログにも書きましたが、最高でしたね!

で、最高ついでのことがおこりました。


本日は私は別の研修のため、昨日は名古屋のホテルへ宿泊。
一緒に行ったスタッフ4名は途中で食事を切り上げ一路群馬へ。
20時の新幹線に乗って23時には高崎に着く予定・・・。


夜、一通のメールがありました。


スタッフからです。



「事務長、最高の一日をありがとうございました!!!」


もっとあったのですが、感謝の気持ちにあふれるメールで
読みながら、私もニコニコしてしまいました。


そしてその後報告が・・。



「チャ〜ンス」と。



???



新幹線が雨で途中で止まってしまったと・・・。



どうやら東京まで着いても、高崎までの終電には間に合わないと・・・。



外来をメインでまわしている4人が外来に間に合わないかもしれない事態・・・。




<普通の人の思考>


「なんで〜!?」

「どうして私だけが!!」

「ついてない!」

「最悪!」

「JRはなにやってるんだ!」

「あと1時間早く出ておけばよかった!」

「体もたないよ!」



「どうしよ〜〜〜〜」



ですよね。


当たり前ですが、でてくるのは、マイナスの思考ばかり。



だって、状況的にそうですよね!



でも、彼女達からの第一メールは


「チャーンス!」



何がチャンスなの?
どこがチャンスなの?


おかしくなっちゃったのかな?



今まで学んできたことで頭ではわかってます


「ピンチはチャンス」と。


でも、実際にそのピンチに直面したとき、とっさにそんな考えは
浮かぶかというと、難しいですよね〜。


仕事に対して責任感が人一倍強い彼女達だからこそ「ヤバイ・・」と思うはずですよね。



そんな状況で「チャンス!」



最高です!最高ですよボブちゃん、べジータさん、GYUちゃん、トムくん!



すてき過ぎます。



その時点でできること。


最悪を考えて、少しでも外来をスムーズにまわせるような体勢を整える。


そうだ!


いとう眼科には、救世主がいるじゃないですか!



受付から検査、介助まで、すべてにスーパーにできる眠れるカリスマが。



育児休業中のカリスマミユッフィが。



出動依頼!



快諾!



最高です!





でも、なんとか3時過ぎには東京に着くことができ、
始発で群馬に戻れました。



体力的には相当厳しいですが、これでなんとか外来はまわせます。




最高の出会いが最高の経験を引き寄せたのですね。



この1日で、ものすごく成長したのではないでしょうか。




おめでとう、愛すべきボブベジータウシトム君。





おっと、研修に遅れちゃいそうです!
行ってきます!!!






posted by M at 08:59| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

運命の日

昨日は岡崎市にあります、すまいる歯科さんと会ってきました。


私的には、24日が桑名でのイベント、25日が名古屋で福島さんのセミナーに参加予定。
でも、メインはあくまですまいる歯科さんとの出会い!


今回、相当の電車代がかかるにもかかわらず、5名のスタッフが
行きたい!といって一緒に行きました。


急遽決めましたが、決めたときから行くまでワクワクしっぱなしでした。
どうすればすまいるさんが喜んでくれるか、サプライズを考えたり
すまいるさんのメンバーさんのプロフィール覚えたり・・・。


会えることへの期待感と、会ってがっかりさせないかなという不安感をもち当日を迎えました。


朝、8時前の新幹線にのって、11時30分に三重県桑名駅に到着!


待っていてくれました・・・。
超・超素敵なウエゥカムを持って・・・。


あとで聞けば、すまいるさんも緊張していたとのこと。


でも、会って、全員が握手をしたとき、その不安が全くの
杞憂だったということに気づきました。


「しっくり」


本当にそんな感じでした。


山村先生をはじめ、メンバーさんにも初めて会いました。


でも、挨拶しただけで、すでに、親友!


そのまま地元名産のハマグリのお店にご招待していただきました。
すまいるさんは、準備完璧です!


そこでも、ありえないくらいの盛り上がり。
初めてあった人どうしとはとても思えない雰囲気でした。


ハマグリはおいしいですし、会話は楽しいし、まだ来たばっかりなのに
「来てよかった〜!」と満足感いっぱいでした!


その後は、桑名のイベントへ。
ここでも、すまいるさんの動きには脱帽・・・。


先乗りして場所取りをしてくれているではないですか・・・。


完璧でです!


イベントは福島さんの講演とドラエモン(漢字忘れました)のプレゼン、
感動の夢のプレゼンでした。


個人的には居酒屋甲子園3回連続決勝進出のドラエモンのプレゼンが
良かったです。朝礼は最高で、いとう眼科の朝礼のベースとしたいような朝礼でした。



でも、メインはやはりそのあとのすまいるさんとの会食!
信じられないくらい、幸せな時間でした!



でも、その前もすごかったんです・・・。
イベントが終わると、すまいるさんが車を回してくださり、
高速を使い、一路名古屋へ。
その、おもてなし、完璧すぎます。参考になりすぎです!



とくにウチのスタッフは電車の関係で最初の1時間しかいれませんでしたが
一瞬の出来事のように時間がすぎていました・・・。



本当にありえないくらいの共鳴・・・。



こんなことってあるんだ〜っと不思議で仕方ないくらいです。



まさに「同志」


群馬から愛知まで400キロ。
そんな遠く離れた地にも同じ志をもっている人たちがいると思うと、本当にうれしいです。


すまいる歯科さんのメンバーさんは、本当にキラキラキラキラ輝いて
素敵過ぎました!


最高です!


最高ですよ、すまいる歯科さん!!




そして、やはり山村先生。。



メールでやり取りはありました。
そのときから、非常に私は惹きつけられ、強烈な尊敬の念を抱いていました。


お会いする前は、正直びびってました・・。


「ちゃんと話せるかな・・・」と。



ブログやメールで受ける印象は、すごく情熱的な方なんだろうな〜と。



でも情熱だけなら私もあるので、そこをがんばって伝えればいいやと。


あった瞬間、肩の力が抜けました。



すごい包容力。

ひきつけられる笑顔。

気配り。

行動。

熱意。

そして情熱!



完璧でした。



話せば話すほど考えに共感でき、感動という言葉では軽すぎるくらいの
衝撃をいただきました。



すまいる歯科さんのメンバーさんからも「運命的な出会い」と言って頂きました。
ありがたいです。
そして、私にとってもまさに


「運命の出会いです」



すばらしい方です。



本当にすばらしい方です。



山村先生、すまいる歯科さん・・・。



この出会いはいままで一生懸命やってきたことに対する神様のご褒美なんでしょうね。



この出会いで、自分達が目指している道は間違っていないという思いを強く持つことができました。


そして、大切な同志のすまいる歯科さんを一生応援していきたいと強く思いました。



すまいる歯科さんから、スタッフやいとう眼科に対するお褒めの言葉、たくさん頂きました。


尊敬する方からの言葉は、本当に励みになるし、うれしすぎます!



この出会いはこれで終わりにしないで、絶対に今後につなげていきたいと思います。



今回は突然の訪問にもかかわらず、お忙しい中一生懸命準備してくださり、本当にありがとうございました!



そして、この出会いに心から感謝です。



お互い、お互いのため、日本のためにがんばりましょう!

posted by M at 23:08| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメニモマケズ

昨日は早朝掃除の日でした。
これは、スタッフ達が自主的に決めたことです。
いつもは院内や駐車場くらいしか掃除はできませんが
月に2回、朝7:30から周辺の道路をキレイにすることにしています。

昨日はあいにくの雨模様。
でも、手製のカッパを作成し、草むしりに励みました。
天気は悪くても、気分は爽快!

掃除って、サイコーですね!

DSC01888-1.jpg


尊敬する鍵山さんが言ってました。


「雨が降ったって、雪が降ったって、掃除は毎日続けますよ。」


掃除に限らず、生きていればいろいろなことがあります。

すんなりできることのほうが少ない。

そんななか、あれこれ理由をつけて、決めたこともやらないで
何を成し遂げることができるのか?


「凡事徹底」


そういう意味でもあると思います。



動かなければ何もおきないです。
今日もあえて動いた結果、かわいらしいカッパをつくることが
でき、このブログのネタにもなりました!
そして、朝から笑いをとれました・・・。



「動けば変わる」



さて、今日はちょっと遠くへお出かけ・・・。
感想はまた後日。


行ってきます!
posted by M at 06:00| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

教育

今回ちょっと新人の教育について、考え方を変えました。


今まではどちらかというと、「教えてもらうのを待っているのではなくて自分で覚えなさい!」という考えでした。


最終的にはそのほうが身につくかもしれません。


ただ、そのやり方で自信をなくしてしまう人もいるのも確か。



教える手間を面倒がっていたのでは??とも考えられます。



一番働かなくてはいけない立場の私が、一番たいへんな新人の指導を怠っていて・・・。



今まで新人さんが入って、しばらくは毎週1回は面談していました。
外来で、気になるところは指導してきました。
いつか、時間ができたら、数人集めて教えよう!などと甘い考えで
結局時間を作らずにきてしまいました・・・。


でも、それでやっていたつもりだったのですね。


自分の教えられること、一から自分で教えてきたということはありませんでした。



一番たいへんな仕事のはずなのに・・・。



深く反省しました。



この間読んだ本「リーダのためのとっておきのスキル」

516A9NBFXCL__SL500_BO2,204,203,200_PIsitb-dp-500-arrow,TopRight,45,-64_OU09_AA240_SH20_.jpg

に書いてありました。

「仕事ができない人はいない」
「仕事ができるようにキチンと教えていないだけ」

と。


こんなことが書いてありました。


自分がパイロットに強い憧れがあって、ようやく夢が実現し
飛行機の操縦を習うシーンを想像してください。

ベテランパイロットから説明を聞いた後、後部座席に乗せてもらいました。
そして、実際の飛行操縦を見学します。
一通りの操縦を終えて、着陸した後に、先輩パイロットが言いました。

「操縦なんて案外簡単だろ。さあ交代しよう」

「いきなり飛ぶなんて無理です」

「大丈夫だよ。空には障害物なんてないんだから」

あなたはおそるおそるエンジンをかけ、始動の準備をします。
ところが・・・次に何をすべきかわかりません。

「どうしたら動くんですか」

「さっき教えただろ!あとは自分で考えろ!そのほうが身につく」

とまどいながら計器のつまみをいじっていると、エンジンが停止
してしまいました。

先輩パイロットの舌打ちが聞こえます。


「おい!やる気あるのか!」



職場のOJTはこれと大差ありません。



「新人社員は業務の素人である」ということを真剣に考える必要があります。




技術的なことは私に教えることはできませんが、考え方、外来のまわし方であれば教えることができます。


当院で一番大切なのは「人」です。

その「人」を育てるための時間は、何より大切な時間のはずです。


忙しいと理由をつけて、徹底的に向き合っていなかった自分に反省します。


自分に教えられない分野は、講師を依頼するとか、自分のできることは
やります!



ありがたいことに、当院のスタッフは「教えてもらえること」に飢えています。


「勉強会」  猛烈に反応します。


そんなすばらしい子達の期待に応えたいです!



さて、明日は、いよいよ・・・。



楽しみだ〜〜〜。
posted by M at 18:13| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

感想文だよ

今日はみなちゃんの感想文をのっけちゃいます。
たぶん、いとう眼科のほとんどの人が読んだ本ですよ!
ずいぶん前の話なので、思い出すのに、最適な感想文ですよ。


ではっ!



「感動無き続く人生に興味なし」 著 軌保博光

私は多くの人が感動のある人生を送りたいと願っていると思います。感動という喜びのために日々努力しているのかもしれない。しかし、感動のある人生はどんな風にすればいいのか分からないものである。私も「感動のある人生を送りたい」と思い、いざ動こうと思ってもいったい自分は何をするべきなのか、どんな風にすればできるのかわかりませでした。しかし、私はこの本を読んで、私も彼のように感動のある人生にしたいと強く思い、私でも感動ある人生を送れるのだと知りました。軌保博光(てんつくマン)はすごい人生を送っていて、いろんな人に感動を与えたりもらったりして、自分の人生を楽しんでいる。この本には感動のある人生を送るヒントがいくつも書かれていました。以下に述べていきたいと思います。
 まず、てんつくマンは思いを実現する方法として3つのKを常に実行するように心がけている。「『考える・語る・行動する』まず、自分がやりたいことを考える、見つかったらとにかくどこかに出かけ、誰かにそれを語る。語る時は魂を込めて。話すと必ず反応やアイデアが返ってきて、どうすれば形になっていくのか、問題点がわかって、それを繰り返すと思いが形になっていく。」と本で語っている。私がこの文章を読んで感じたことは、思いを実現するためには、一人ではなく、人との関わりが重要なのだと思いました。考える・行動するは一人でもできることかもしれないが、語るは一人ではできない。誰か聞いて、反応してくれる人が必要なのだ。一人では、思いを実現までもっていくことは難しいのだと気づけました。「語る」ということは今まで思いつきもしなかったので、この発見は私にとってとても大きなことでした。
また、てんつくマンの「どんないい事だって、悪いことだって、全ての出来事には必ず、意味と原因がある。」この言葉も胸に響きました。悪いことをただ悪いことがあったから、私は不幸だとかで収めるのではなく、悪いことがなぜ起きて、ここにはどんな意味があるのかを考えると、悪いことは、決して悪いことではないということに気づくことができました。
次に、「沢山の出会いというピースを心の中に埋めていき、成長していく。」という言葉。本には「たくさんの出会いのピースを埋めていけば、いつか自分の夢や向かうべき道の地図が描かれている。出会いが多ければ多いほど、絵が浮かんでくる。本が大好き、映画が大好き、服が大好き、音楽が大好き、「いっぱいの大好き」というピースを自分の中にたくさん持つことが楽しい。」と書かれていた。私はこの文章を読んだ時に感動しました。本当に出会いはパズルのピースのようだと感じました。今の自分があるのもたくさんの出会いのピースが重なってできているのだと思いました。そのピースは私にはなくてはならない物で、そのピースと出会えてことに私は精一杯の感謝をしなくちゃいけないと思いました。これからは、もっとその出会いを大切にして、心の奥にはめて、もっとたくさんの出会いを求める人間になろうと思いました。出会いは偶然なんかではなくて、必然なのだと改めて実感できました。
 本を読み進めていく中で、てんつくマンは人生におこる一つ一つに精一杯感動している人間だと思いました。私は、感動できる人間とは人を馬鹿にしたりせず、先ばかりを見て怖がっているのではなく、今を大切に精一杯頑張って、今に感謝のできる人間だと思う。憎んだり、悩んだりすることは簡単にできるけれど、感動することは意外に難しい。なぜなら、自分が感動したいという気持ちをもっていなければできないからである。感動することは、自分の殻を破って前に進まなければできない。今の自分は本当に感動できる人間なのか考えるとまだできる人間ではないと思いました。なぜそのように思ったかというと、私は感動するまでの一歩をいつも遠ざけてしまているからだと思いました。最初の一歩と最後の一歩を自分で踏み出さなければ私は感動できる人生を送れないと気づきました。
てんつくマンがなぜいろんなことに感動できるのか、読みながら答えを探していると、「てんつくマンは、何事にも逃げていないからだ」ということに気づきました。さまざまな出会いに逃げることなく、ぶつかり、さまざまな出来事にも真剣に最後までぶつかっている。だからてんつくマンは最後に感動をもらえているのだと思いました。他人が辛いと思うことでも、自分がつらいと思わなければ前に進める。前に進むから感動が最後には待っている。そんな人生を送っているから、てんつくマンは感動が常に耐えないのだと思いました。
私はこの本を読んで自分に何が足りないのかを改めて実感することができました。物事に最後まで取り組む姿勢を忘れてはいけいこと、逃げ道を自分で作ってはいけないこと、そして感動は他人が作るのではなく、自分自身で作り上げることをこの本から学ぶことができました。この本を読むことができたことに感謝です♪ありがとうございます♪



みなちゃん、おつかれちゃん。


そっか、そういえば、みなちゃん、てんつくマンと会ってないんだよね。
すごい人だったよ!
でも、DVDとか講演CDたくさんもってるから、今度Mゼミで見ましょう!
今てんつくマンは映画のパートUを作成しているから、できたらまた上映会をしたいなと思ってるよ。
資金が集まらなく、頓挫してるらしいけどね。。。
けど、いとう眼科のスタッフ、楽しみにしていてください!
そして、冬か春にはまたイベント考えてるのでね!
たまには刺激もいいかな・・・と。



いろいろ考えてますよ〜。



ワクワクさま。


みなちゃん、また待ってますよ〜。


posted by M at 20:57| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

愛すべきスタッフ達

私はいとう眼科のスタッフが大好きです!
(いつも言ってますね・・・)


こんなすばらしい子たちと働けて、本当に幸せです。


いつも前を向いて、キラキラ輝いて、全ての人たちに
自慢したいスタッフ達です。


ですので、今日はそのスタッフを一言ずつ紹介!
多いので、本当に一言ですけど・・・。




ボブちゃん

いとう眼科のスタッフリーダー。成長欲、無限大。自分に対する厳しさ無限大です。新生いとう眼科の創設者であり、今なお、生きる伝説として、その存在感でいとう眼科を引っ張ります。不器用だけど、頼もしい!そして温かい。毎朝一番に出勤!時には早番より早い!背中で語るリーダーです。みんな大好き、働くモデル。俺も大好きボブちゃんです!



ミユッフィ

笑っている顔しか見てません。何があっても笑っています。けど、俺が怒ると、逃げていきます・・・。愛嬌たっぷりの3児の母です。ペース早すぎ!いとう眼科のために体を酷使して、ありえないくらい頑張ってくれた大恩人です。「体をはる」ってこういうことなんだな〜って知りました。育児休業1ヶ月で復帰のスーパーな人です。ありがたい!




ベジータ

本当に大きいです。人間がです!患者さんから絶大な人気です!なぜって?それは、あったかいから・・。人間味あふれすぎです!
そして、スタッフからも心の支えとして、絶大な人気です。
ベジータも決して器用ではない。でも、コツコツコツコツで、背中で語ってます。尊敬できる人です。



GYU

純情一直線ですね。前向きさ、人に対する優しさ、純粋さ、100点満点です。根性、120点です。今日も勝手に研修に出ちゃうほどの、行動派。常に謙虚で、でも動く!笑いのセンスは、いとう眼科一ですね。お風呂エピソード、パンツエピソード、最高!いるだけで安心できる人間力ありすぎます。



キャシー

ひときわ元気で明るい声が、いつも院内で響いています。声を聞いているだけで元気をもらえます。通称「フットワークナース」。動き、最高です。かなりの美人さんだけど、意外とオヤジ。でも、とにかく華があるから、いるだけで、場が明るくなります。



れいちぇる

お色気たっぷりの検査員です。とにかく知識、スゴイです。ぜも全然おごらないで、謙虚に仕事をしてくれています。ORTとしての誇りをもって本気で仕事に取り組んでくれている、ナイスな人です。とにかく責任感が強いので、安心して仕事をお願いできます。まさにいとう眼科の救世主!


トム

仏。仏のように穏やかな方です。その貫禄から「専務」とも呼ばれます。とにかく、いとう眼科愛・すごいです!感謝の気持ち、すごいです!成長欲、すごいです!受付にいるだけで、場が和みます。何があっても前向きに受け止め、自分の糧とできる、すばらしい成長型人間です。実務の成長ぶりもすごいですよ〜!



メガネ

頑張ってます!とにかく頑張ってます!しょっちゅう大きな壁にぶち当たってます。でも、頑張ってます。必ず乗り越えられるでしょう!そして、心の純粋さ、ピカイチです。人のためになりたい、支えたい・・・患者さんを心から思う、優しい子です。気丈にいつも笑顔です。ちょっと泣き虫だけど・・。


むっちー

頭はいいし、積極性はあるし、謙虚だし、優しいし、文句ないですね。あるとすれば、言葉に弱い。言葉を覚えられない・・・。カタカナだけかと思ったら、漢字もだった・・・。すぐに文字が逆転するんだよね・・・。でも、キレは抜群、そして超達筆。文字は心を現すってよく言いますよね。むっちーの字を見ていると、和みます。



ミシェル

今日は久しぶりにあったけど、やっぱり、いいな〜。なんか、笑顔になってしまいます!まだ学生だけど、能力の高さは、スゴイですよ!期待大大の大型新人です。妹みたいな感じもしちゃいます。積極性もすごくて、すでにいとう眼科でのお泊まり、3回もしちゃいました。絶対に欠かせない存在です。




イノッチ

先週から登場です。オペ室での動きは驚愕でした!当たり前ですが、完璧すぎます!全く違う職場で不慣れだとは思うけど、元気に挨拶頑張っています。朝礼頑張ってます。掃除頑張ってます。日に日に声も明るくなって、今日は外来で掛け声も自然に出てました!本当に頑張りやさんです!来てくれて、よかった〜。



mao

きっと不器用です。でも、その不器用さが最高ですよ!今日の研修でも一所懸命うなずきながら頑張っていました。言葉はなかなかでないかもだけど、思いは伝わります!胸の奥に秘めた思いは相当のものだと思っています。早く一緒に働きたいです!


クロクロ

まじめでまっしぐらですね。とにかく愚直に誠実に・・。すばらしいですよ。いろいろな苦労がいままであったかと思います。でも、ありえないプラス受信。きっといとう眼科に大きなものをもたらしてくれるはず・・・。



イッシー

ピーンときましたよ!あった瞬間に。私やいとう眼科の存在意義を教えてくれた大切な人です。とにかく、一緒に幸せになりたいです。謙虚なしせい、前を向く姿勢、最高です!いとう眼科の皆、応援しています!





おいおい、いとう眼科、何人になったんだ???
数ヶ月前は5人・・・。

志をもつと、こうなるんだな〜〜。



みんな、ありがとう!
心から感謝です。嬉しいです。



一緒に頑張りましょう!幸せになりましょう!幸せにしましょう!
posted by M at 22:17| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

トムくんもすごい!

今日はトムくんの感想文です。
トムくんも休み中に頑張ったようです。
旅行で、ゆれる船の中でも頑張ったようです。


まずは「小さな人生論」

この本は私の中で「NO.1」の本です。
ありがたいことに、いとう眼科のスタッフ、結構この本持ってます!
最高ですよ。ふか〜い、ふか〜い本ですよ。


そんな本をトムくんの言葉でご紹介!




「小さな人生論」を読んで

 この本はきっと何回読んでもいろいろな感じ方ができ、自分が成長すればする程深く感動できる本だと思いました。
その中でもいくつか私の印象に残った項目について書きたいと思います。
・プロの条件
 これは朝礼でも紹介した項目ですが、最近強くこのプロについて意識するようになりました。というのも、最近はいとう眼科がたくさんの人達に注目されるようになり、自分たちが常に「見られる」立場になってきた事を感じたからです。私はいとう眼科でのプロでありたいと思っています。まだまだ知識も経験も未熟ですが、外から見たらそんなことはまったく関係ありません。私もいとう眼科の一員として皆と平等な立場で見られています。いとう眼科の名を汚すことなく、アマではなくいとう眼科の“一流プロ”として活躍していきたいと思います。その為には自分に厳しく、自己責任をきちんと持っていこうと思いました。そして、時間(命)も含めた自己管理もきちんとしていきこうと思いました。
・人を育てる
偉業をなす経営者の共通した要因は、求心性と遠心性を同時に備えていると書かれていました。求心性とは「自分の生き方、リーダーとしてのあり方などについて、これでいいのかという問いを絶えず持ち、掘り下げて磨くこと」。遠心性とは「求心性によって体得した心境や世界を幹部や部下などに及ぼし、自分のレベルまで引き上げようとする。つまり経営者の向かう方向に社員を向かせること」と。
いとう眼科は、院長や事務長だけでなく皆がその求心性を持ち併せ自分自身をとことん深く掘り下げ、磨き上げているのを感じます。そして、その影響が大きな遠心性となり全員で上へ上へとレベルアップしていっている気がしました。いとう眼科一人一人から私は育てられ、成長できているのだと実感しています。私もそういった環境の担い手の一人になりたいと強く感じました。
・この道を行く
 一道を究めた果てに至りついて心境、境地の共通点。
第一に「楽天的」ということ。どんな困難な状況のなかでも一ミリの穴から光が見えれば、その光を信じて進んでいくという強い精神力の事です。私は、いとう眼科に来てどんな事でも自分の身に置き換え考えられる勇気とプラスの発想力を持てるようになってきた気がします。それに気づいたとき、まだまだですが自分的には精神的に強くなったと感じる事ができました。
第二に「感謝の念が強い」ということ。
第三に「感動する」ということ。この二つは、いとう眼科にいれば誰もが感じられることだと思います。特に私はいとう眼科にきてから本当に涙もろくなりました。これはきっと、いろいろな事に感動できる心を持てるようになってきたからだと思います。いつまでも感動する心を大切にいつかは私も感動を与えられる側の人間になりたいです。
そしてこの項目の最後には、天からの封書について書かれていました。人はこの世に生まれた瞬間全員が天から封書をもらって生まれてくる。そしてその封書には、あなたはこういう生き方をしなさいと書いてある。中にはその封書を一回も開かないで死んでいく人もいる。この道を行くとは、天からの封書を開くということであり、あなたは天からの封書に気づいただろうか、とありました。私は今、封書通りの人生を送っているかはわかりませんが、たった一度きりの人生、絶対に悔いの残らぬよう目的意識をもって一分一秒を大切に人生を送っていきたいと思っています。そうすれば、きっと自分の可能性にどんどん目覚め、封書も天からではなく自分から綴っていけるのではと思えました。
・人間力を養う
 何度も読んだ項目の一つです。人間力とは、一言でいうのは難しいですが、本であるように「その人の体全体から滲み出る味わいでその人物がわかる」私もそんな人物になりたいです。いとう眼科で人間力を養い、輝いていたいと思いました。

「小さな人生論」はまた少し時間が経ったら読んでみようと思います。その時、今とは違うどんな感じ方ができるのか楽しみです。



私も「プロの条件」は大好きな項目のひとつです。
この間遅ればせながら「イチロー262のメッセージ」を買いました。
全部は読んでないですが、まさに「プロ」ですね。


私も「プロ」になります!






「『親のようにならない』が夢だった」(加藤秀視)を読んで

 想像以上の内容でした。壮絶な加藤さんの半生を知ることができ、改めて加藤さんの生きる力に感動しました。本を読みながら、講演会で加藤さんがお話して下さった言葉を思い出しました。「自分が変わらなければ何も変わらない」。加藤さんだから言える重みのある言葉だったのだと気づかされました。そして、加藤さんの半生を通して、自分がいかに恵まれた環境にいるかを感じる事ができました。私には温かい家族があります。困った時には手を差し伸べてくれる友人がいます。一緒に夢を描いて上を目指していける仲間がいます。たくさんの人達からたくさんの愛をもらっています・・・。今まで当たり前だと思っていたことが何一つ当たり前の事ではなかった事に気づかされました。今の状況に感謝するとともに、この状況に甘えることなく加藤さんのように目の前にある壁にどんどん立ち向かってその姿を見て誰かを勇気づけられるような人になりたいと思いました。
 本の中で、加藤さんが講演中に涙しながら話した言葉で「今、目の前にある苦しさは、決して単に苦しいことではなく自分に必要な出来事なのだと思います。それは今後の人生に必ず生かされます。目の前にあるつらさをどう受け止めるか。考え方を変えることで人生は変わっていきます。この私が変われたくらいなのですから」とありました。講演でも加藤さんは「心構えがすべての現象をつくる」とおっしゃっていました。分かっていたつもりでしたが、心のあり方・向き合い方の大切さを改めて感じました。
 そして、加藤さんの講演後、自分の中で何度もつぶやくようになった「Think」の姿勢はこれからもずっと大切にしていこうと思います。加藤さんもずっと「Think」の連続で今まできたことが本を読んでよくわかりました。
 加藤さんの講演会や本を読んで、改めて加藤さんの偉大さや深さを感じました。そして、その加藤さんがいとう眼科を「日本一の感動専門科」と紹介してくれたことが本当に嬉しいです。言葉負けしないよう、これからも日本一の感動専門科の一員として自分を磨きあげ上を目指していこうと思いました。



加藤さん、また会いたいですね。
でも、きっと会える気がしますよ。
だって加藤さんから「一生のお付き合い」の言葉をもらいましたからね。

「日本一の感動専門科」


その名に恥じぬ眼科にしないとだね!
posted by M at 22:36| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

ベジータすごい!

ベジータから感想文の提出がありました!
夏休みに読んだ本です。
すごい・・・すごすぎる・・・!
他にも提出してくれたスタッフもいますが、今日は
ベジータの分。
明日は違うスタッフを紹介します。




どんな仕事も楽しくなる3つの物語  福島 正伸

この本は随分前にパソコンで知っていながら、なかなか購入せず、笑ちゃんが朝礼で紹介し、行動力のある事務長や香織ちゃんが読書感想文を提出した本です。
この本にひかれつつもなかなか購入せず読まなかった。私なりに反省して、絶対に近いうちに読もうと決めた本です。
おもしろかったです。物語風に三話書かれてあったので、簡単に読め、また深いコアな部分もきっちり伝えられている本です。時間がないというスタッフにお勧めできる本です。
おっと!・・・・   「時間がない」は言い訳でした。

事務長や香織ちゃんの感想文を私は前に読んでしまったので、もしかしたらかぶってしまう部分もあるかと思います。

まず仕事を感動に変えるということ。私も長い間仕事をしてきました。以前の仕事でしたら「仕事=感動」なんて考えもしなかったことです。ここで問題なのは、わたしが今使用した「以前の仕事」という使い方。仕事事態はどの仕事も感動に繋がるんということ。
この本の中では
「面白い仕事も、つまらない仕事もありません。そこに関わる人が、面白いものにしたりつまらないものにしたりしているだけなんです」
と書かれてありました。仕事に対する考え方によってきまるんですね・・・。私も今まで自分の仕事に対しての考え方があまりにも駄目でした。無駄な時間をすごしてきてしまいました。金融機関の本部として、窓口として、そしてファミリーレストランのパートとして、今の目線で仕事を見つめたら、まったく違う時間を過ごせたはずだと、今こうして自分の仕事を見つめ直す環境にしてくれた、いとう眼科に感謝します。
1、 仕事の意味を考える
小さな仕事に思えることも、全てが有機的に連動して、社会に貢献しているということ。そして仕事が面倒に感じた時こそ、仕事の意味を思い出すことが大切と書かれてありました。
いとう眼科の外来はとても忙しいです。時々待ち時間が長くなると、早く外来を回すことだけに気持ちがいってしまうことがあります。一人一人の患者さんにきちんと向き合う前に、私の手からその患者さんのカルテを次に流してしまうことも多々あります。確かに時間に追われ、全く問題のないコンタクトの患者さんなどの中には、早くカルテを回すことだけを望んでいる方もいるかもしれない。けれど私はようやく気づくことができました。プライベートカルテを書くことを目的に、最初は沢山の会話を患者さんとすることを意識しました。けれど、患者さんの中には私とお話をすることを楽しみに思っている方がいてくれるのです・・・。本当に嬉しいのです。
先日家族旅行のために長期のお休みをいだだきました。久しぶりの月曜の勤務。やはり朝玄関を開けた瞬間はかなりの長蛇.それなのに受付に向かわず私の方に向かってきてくれた患者さんがいました。
「ここ数日顔が見えなかったので心配したよ・・・・寂しかった」と。
本当に嬉しかった・・・・。混んでいるにも関わらず受付する前に私に声をかけてくれたこと。寂しいと言ってくれたこと。サイコーの言葉でした。
これも私の仕事の一つなのかもしれない・・・。そんなふうに思えました。

2、 ものごとを前向きにうけとめる
「自分が簡単にできることことは、他人にも簡単にできる。どのような出来事も自分の受け止め方によっては、その後は全く違ってくる。この受け止め方は性格ではなく、選択です。」と書かれてありました。
人間は同じ環境にいたとしても、楽しむほうに進むのか、辛いほうにすすむのか自分次第ということ。問題が起こるほど人間は成長できるんですんね。
あの例の事件もそうです。前向きに考えたからこそ今のいとう眼科があります。それは間違いないです。それはあの事件を前向きに考えた医院長や事務長、香織ちゃんのおかげでもあります。
3、 自己原因で考える
どの場においても必ず自分の出番があるということ。まずその出番があることに気がつきそれらに優先順位をつけ、できることから実行していけば良いというものです。
自分の出番をつくるために、根本的原因を自分自身に見出すことを自己原因というそうです。
そして思い通りにならない他人や環境・・。、問題がおきたときに他人や環境のせいにしてしまうと、問題解決は難しくなってしまう。自分自身に全ての原因があります。
自己原因については仕事もちろんそうですが、家庭に戻り母親としての立場に戻ったとき、なぜこんなふうに育ってしまったのか。なぜ聞き分けが悪いのか。全て親である私の責任です
4、 自分の可能性を信じて、自分らしくやる。
「こだわり」は無限。「こだわり=個性」とも書かれてありました。
私はパートであり、常勤職員が多々羨ましいと思うことがあります。
いとう眼科では最近サプライズを計画することの機会がふえました。私も正直最後まで一緒に残りサプライズを最後まで計画していたいとおもいます。しかし、家庭がある身。残念です。イラダチを感じる事さえあります。でも、私にしかできない「こだわり、個性」が絶対にあるはず。あせらず、しっかり私にしかない個性を仕事に生かしていこうとおもいました。
5、 目指すことを、あきらめない。
あきらめることは、自分自身にしか出来ない。自分があきらめない限りすべてに可能性がある。
「あきらめない」という言葉。最近多く耳にします。てんつくマンや大嶋さんがあきらめなかった人の師匠です。沢山の左折や困難にも負けずに諦めなかったからこそ今の姿がある。そしてそのあきらめない姿は人に「感動」を与える。サイコーですね。


これらの五つの心構えを念頭に入れ、仕事が感動に変わるように人間力・経験力を高めていきたいです。





いとう眼科でのベジータの存在は大きいですよ。
そして、ベジータにしかできないことも沢山有ります。
ベジータはいとう眼科にとって、かけがえのない存在ですよ。
そして、患者さんにとっても・・・。

何とか成長したい、大きくなりたいと望んでいる姿、
痛いほど伝わります。
でも、大丈夫ですよ。
私が言うのもかなりの上から目線ですが、ベジータ最高ですから!






人生の「師匠」をつくれ  中村 文明

この本は先日の講演会場で購入した本です。勉強になる内容でした。
この本のタイトル「師匠」というのは、誰か個人名を挙げて、自分の師匠になる方をつくりなさい、そしてその師匠とはこういった方を選びなさい・・・そういった内容がこの本に書かれてあるのだと、私は勝手に思っていました。確かに成功した方たちには「人生の師匠」といった方がいます。しかし、この本でわかったのは「師匠」と呼べる人は身近に沢山いるのだということです。中村さんは本当に心が広い凄い方だと思います。
ある時は高校生や子供を師匠だと呼び、ある時は上司や先輩を師匠と呼べる。耳が痛いこと、嫌なことをハッキリ指摘し、注意してくれる。そして「誰もが師匠をもてる、師匠になれる」と書かれてありました。私もいつか師匠になれる日がくるのだろうか・・・?
中村さんが本当に沢山の出会いをし、そこから沢山インプットし、アウトプットされている方だと、この本を読むことでさらに分かります。つねにアンテナを張ってるんですね・・・
「大きくなるより強くなれ!人間に大事なのは大きさより強さだ」と言ってくれた事業家の河中さんの言葉。この言葉はこれから私自身が成長していく過程でとても大切な言葉だと思いました。
私の尊敬するてんつくマンの話しも沢山書かれてありました。飾らない人柄、呼ばれた物を食べるという考え。やはりてんつくマンはでっかい人です。あまりにもでかすぎて遠い人ですが、でも大好きです。改めて思いました。少しでも一緒に同じことをしたいなぁ。それは行動を一緒にしたいという意味ではありません。環境問題を考えるなら、少しでもリサイクルに回したり、ゴミを減らしたりということです。距離は遠くでも少しでも役にたちたいな・・・そんな感じです。そして、こんな風に人に与えることができたらサイコーだろうな・・・ふとそんなことを思ってしまいました。
この本の最後の方に中村文明さんの亡くなったお父さんのことが書かれてありました。
「でっかいことをしろ!」と教えてくれる師匠も、とてもすばらしいのです。
しかし、平凡なやさしさと思いやり、毎日を丁寧に生きるという当たり前のことを教えてくれた父も僕の大切な師匠です」と・・・
当たり前のことを当たり前にする。決してそれは簡単そうに見えて難しいこと。鍵山さんの言葉「凡事徹底」。中村さんの父親も当たり前のように行い、父の背を子は見て育ってきたんですね。素晴らしいです。たくさんの人生の師匠をつくり、やがて誰かの人生の師匠に私もなりたい。常にアンテナをビンビンに張って生活していきたいと思う本でした。




中村さんの本って、あんまりタイトルと内容一致しないんだよね・・。
でも、この本は、俺も読みました。面白かったですよね。
最後のお父さんの話。
大きいことをするだけが人間として大きいというわけではないですよね。
平凡なことを一生懸命、そして、他人を思い、まじめにコツコツ生きる。
そんな生き方を貫けることも、すごいですよね。
そう思うと、身の回り「師匠」だらけだよね。







僕たちの“夢のつかみ方”をすべて語ろう!
中村文明・大嶋啓介

このお二人は講演会に行かせていただき、尊敬する方であり、大好きな方です。お二人の本がでるのを楽しみにしていました。講演会の時もそうでしたが、それぞれの方の個性が語られていて楽しいし、やはり勉強にもなりました。
「カッコいい大人になるには」というところで、中村さんが『当てにされる人間になれ』と書かれてています。自分の役割を果たすこと。他の誰かじゃなく、お前じゃないといけない。つまりそれが役割を授かった人間なんだと。
これは先日お借りしてみた「すまいる歯科の川島さん」を思い出しました。彼女も同じ内容を講演会の中で話していたからです。川島さんが講演会に中で使った言葉は「真のベテランになる」ということ。他の誰でもなく自分にしかできない仕事をする。それが役割を授かった人間であり、カッコいい大人なのではないかと私も思えるようになりました。
「夢を叶え、幸せになるには」というところでは、中村さんが『 「Mの心」であえて挑戦してみる』と書かれてあります。「受けて立つ」という思いでやることが、夢を叶え、自分も周りの人たちも幸せにする。それだけ夢を叶えるためには次から次へと難問や困難が現れるということですよね。成功者といわれる人は輝かしいところしか人目にはつきません。あの人は生まれもって凄い人なんだ、あの人は成功していいな、などという言葉は今となっては恥ずかしい言葉なのかな、そう思いました。
「価値観を見直してみる」というところでは。中村さんと大嶋さんの奥様のお話が出てきます。本当に素晴らしい奥様で尊敬です。さすがお二人が選んだ女です。二人の奥様が共通しているのは、贅沢な暮らしができる中でも物を大切にし贅沢をしない。小さな幸せでも満足できる感性を持つことや、幸せとは、けして贅沢することでなく、そのことに気づかせてくれる人を持つこと。なんだかとてもあったかい気持ちになれました。私たちもそんな夫婦になります。
「失敗を回避するには」というところでは大嶋さんが『イテテの法則』というのを書かれています。「もうダメだ!」という限界が実はその人の能力を引き出してくれるポイントをあらわしているそうです。失敗を恐れ、恥を恐れ、転ばないように注意をはらっているから成長できない。失敗することで「チャーンス!!」これが大嶋さん風ですね。
「落ち込んだときはどうする」というところでは、大嶋さんは『 「仲間がいるからがんばれる」仲間の存在が元気の源』と言っています。私もかなり落ち込むことが多々あります。家庭内でも落ち込むことがあり、朝はテンションが下がった状態で出勤してしまうことがあります。しかし、不思議ですね・・・仲間の明るい元気な挨拶で気持ちが随分楽になります。「大丈夫ですか?」と声をかけてくれることもあります。そんな態度をしてしまう自分に反省するとともに、共に喜びや悲しみを共有できる仲間がすぐそばにいる幸せをかみしめたいと思います。感謝です。
最後に、若いときから沢山の苦労をし、今があるお二人を影ながら応援していきます!



この本、まだ読んでないんだよね。先を越されました。
いつか、こういう日が来ると思ってましたが、早かった・・。
以前は、ボブ以外は誰も本なんか読まない状況。
でも、少しずつ読み始める人も(その中にベジータ)
そして、事件後、急激に皆読み始める!
でも、それはM文庫の中から。
でも、嬉しかった。
喜んで紹介しましたよ。
「コレがいい!」と。
その人にあった本を紹介して、感想を聞かせてもらえるのって
最高ですよ。みんなありがとう!
で、ここのところ、みんな自分で本を買います。
自分で・・・。

カシータのDVDで言ってました。

「人は自分でお金を払わないと気付けないものがある」

今回のケースに当てはまるかは微妙ですが
自分でほしくて買った本。
これは身になりますよ〜。


俺も負けてられないな!


いつも刺激をありがとう!



そうそう、俺の「かっこいい」と思うこと。

とにかく、一生懸命。うまくいかなくっても、泥臭くても
一生懸命。徹底的に自分に厳しく頑張る人がカッコイイと思います。
Mですから・・・。

posted by M at 15:09| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

ビジョンについて

「ビジョン・リーダーシップ」

0708_2.jpg


すごい本に出会ってしまいました・・・。

新たな「気付き」を得たというよりは
漠然と思っていたことをこれでもかってくらいに説得させてくれた本でした。


著者は「田舞徳太郎」さん。
日創研の社長さんですね。


お盆休みに読んだ本ですが、かなり読み応えがあり、ずし〜んときた本でした。


タイトルどおり、リーダー向けの内容の本ですが
この本は、福島さんの「メンタリングマネジメント」と並んで
私のリーダーとしての指針となる本ですね。


リーダーたるもの、常に明確なビジョンが必要です。
ビジョンを掲げることで、自分自身人間的に成長するし
会社も豊かになり、そこで働く人たちも豊かな人生を送ることになる。
生きるということはビジョンをもつこと。
私欲ではないビジョンを持って、公益の為に役立てていく。
そして一人でも多くの人間をそのビジョンに巻き込み、将来の為に人材を育成し、
すばらしい未来を思い描きながら一生懸命に努める。


大まかに言うと、そんな内容の本でした。



ただ、あまりにも内容が豊富で、感想文としてまとめることはかなり
無理があるので、印象に残ったフレーズを紹介しながら感想を述べます。


長いですぞ〜。


いつもブログは考えないで、思ったまま書き綴っていましたが
今回は考えながら書きましたぞい!


だから、長い!


じっくり時間が取れるときに読んでくれれば幸いですよ。



では、スタート!


自分の行なっていることに疑問を持つ。自分のつくっている商品に疑問を持つ。自分の話をしていることに、自ら疑問を持つ。それが考えるということです。考えていない人は、自分の行動や態度がどんな影響を与えているか気にもかけません。そういうことを考える力がなくなっているのです。
常に疑問を抱いて、それに対して自らの考えを探し出す。世の中にこんな矛盾があると疑問を感じたとすれば、それは他人の問題ではなく、自分自身の生き方に関わる問題です。自分の生きる社会の問題は、自分の生き方の中で解決していかなくてはいけません。こういう社会はよくないと思うならば「よりよい社会にするためにわが社はどうあるべきなのか」と解決策を考える。そう考えるところに大きなビジョンが生まれてきて、そのビジョンの実現を目指すことによってイノベーションが行なわれ、企業は成長発展していくのです。自分の知識や経験の範囲内でやっている間は、新しいことに出会っても何も考えないし、何の疑問も生まれません。たとえ疑問をもっても、会社が悪い、社会が悪いと人のせいにして、自分に義務を課さないのです。疑問を自分に課して悩むところから、この自分が本来持っているポテンシャルみたいなものがどんどん新しく生まれてくるのです。私達は様々な回答の中に囲まれているわけで、まるで回答の中へ生まれてきたといった具合で、習慣的に、当然のごとく思い込んでいるものも多いです。しかしその一切をひとたびは疑ってみること。この場合、疑うとは変革し破壊する力です。頭脳とは考える手であって、これを以って自然を変革していく。生まれるためには破壊しなければなりません。
なんの疑問を感じないところには、絶対にビジョンは生まれないのです。目の前の事実だけ、自分の経験だけ、自分の学んだ知識の枠の中だけでは一切それ以上の進化はないのです。



深いな〜。
もう少し難解な文でしたが、少しまとめて平易な言葉にしたら、かえってわかりにくい文章になってしまいましたね・・。



とにかく「自己責任」と「Think」ですね。まず考えよう。疑問に思おう。そして問題は自分にあると思おう。



こうも書いてありました。


当たり前を疑うためにビジョンを持たなければならないのです。あるべき理想の姿をしっかり描き、そこから現状の自分を見たら、矛盾だらけのはずです。ビジョンとは、現実と理想との差を自覚して、自分自身に徹底的に疑問を課すものなのです。
人間はビジョンをもつと葛藤が生まれます。現実とのギャップの中で闘いが始まります。そのギャップの中で闘って苦しむところに、人間は生きている実感を味わうのです。
つまり生きている実感を味わうためには、ビジョンが必要なのです。



ビジョンをもつことは、自分自身を研鑽するための動機付けでもあるのですね。


2兆円もの利益を生み出す世界の「トヨタ」。
そのトヨタも豊田佐吉さんや豊田喜一郎さんが掲げたビジョンを脈々と受け継ぎ、悩み続けているそうです。結果「1時間後には1つでも2つでも現場が改善されなければ・・・」という徹底した改善運動につながっているらしいです。

1時間で改善ですよ・・・。
あれだけの歴史と知識がある会社でもです・・・。
たった3年のいとう眼科が完成するわけがない!
小さな満足で終わりたくないですね。



常に大きなものを見て、飽くなき成長心で生きていきたいですね。




「ビジョンを掲げれば人間を大きく成長させることができる」ということを説明した面白いエピソードがありました。



1970年にカリフォルニア大学で行なわれた実験。

親知らずを抜歯する10人の患者さんを選び、5人には鎮痛のモルヒネを打って抜歯をし、残り5人には鎮痛効果の全くない粉薬を鎮痛薬と偽って飲ませて抜歯したそうです。結果偽薬を飲まされた5人のうち3人が全く痛がらなかったそうです。
「すごい新薬がでた」と知らせ、その薬の効果を信じ込ませ偽薬を飲ませると、かなりの確率で病気が治るそうです。これを「プラシーボ効果」というらしいです。


何が言いたいか。


人間は自分で痛くないとイメージできれば、脳内で何らかの作用があり、痛みに耐えられるもの。


つまり、明確なビジョンを掲げて「当院はこうなる!」と信じて努力すると、いつのまにかそうなってしまうということがある。


逆にアレがない、コレがないと現実をみてできない理由ばかり言ってビジョンを持たなければ、現実に縛られたまま終わってしまう。


ビジョンを持つということは、その人間の人生に意味を持たせることで、たとえ実現しなくても、生きる意味が高まるのですね。



誰でもみな死ぬ運命にある。それを空しいと感じているのです。だからこそ生まれて死ぬまでに自分は何をなすべきなのか。どういう生き方をすべきなのか。このことに疑問をもって自分に問いかけてみる必要があります。どんな人生であろうと「何のために生きるのか」という疑問を自分に問いかけている人間は、自分の仕事というもののあるべき姿を必ず模索し、模索しながら苦悩し、苦悩しながらビジョンをつかんでいくのです。




私自身に対して。


経営者としての心がけ、こんなことが書いてありました。



幹部は社員の10倍働き学ばなくてはいけない。
経営者は100倍働き学ばなくてはいけない。
身を粉にして働いて社員を守らなくてはいけないのです。


この本では一貫して松下幸之助さんの思想に焦点を当ててきていました。



その松下幸之助さんの言葉


「経営とは人間の研究や。人間の研究をせんと立派な経営者にはなれん」


人間を研究するには、まず自分を磨かないと。そうして磨かれた自分に少しずつ見えてくるものがあるはず。少し見えたら、また自分を磨く。そうすればまた少し見えてくるはず。結局はその繰り返しなのですね。



私の苦悩と田舞さんの苦悩とでは、像とアリほどのレベルの違いはありますが、すごく自分に当てはめて考えられる文章がありました。

この仕事をしていてしんどいことはたくさんあります。理想を語れば語るほど、自己矛盾が襲ってきます。人に対する徳目を述べれば述べるほど、いかに自分がその徳目を実行していないかがよくわかってきます。「俺はやっぱりいい加減な人間なのか、それともこのままの生き方でいいんだろうか」という自責の念を抱いてしまいます。でも、夢が叶いそうでなくても、あくまで自分のビジョンに立ち向かって闘おうと決意するのです。


私にここまでの決意があるのかと問われれば、正直微妙です。でも、同じような気持ちになることもあります。そのときは、迷わず闘える自分でありたいです。



私自身の役割、使命はこう感じています。


スタッフが意味を失って仕事をしているときでも、なんとか仕事をすることに対しての意味づけを植えつける努力をすること。
今やっていることは点かもしれない。でも、未来に先回りしてその点と点をつなげてみることはできない。できることは、過去を振り返って、その点と点をつなげることだけ。だから今はつながっていない点でも、かならずつながると信じて、自分を信じて歩む必要がある。それには明確なビジョンが必要。何が起きてもブレることのないように、明確なビジョンが必要です。自分自身のビジョンをしっかり打ち出すこと、最終的にはスタッフ一人ひとりがビジョンを持ち、それに向かって、一生懸命に生きること。
少しでもスタッフが意義のある人生を送れるように全力でサポートすること。
そして、そんなスタッフ達が世間に対して影響力を持ち、最高のプラス発信集団として医療界を変えていくことです。


ビジョンは自分の人生に希望の光を灯し、意味のある最高に幸せな人生を送るために欠かせないものである。とこの本を読んで私は勝手にまとめます。




最後に自分自身といとう眼科の皆へ。


日本には幕末の志士、戦時の名もない兵など、今では考えられないほどの偉人がいます。ありえないくらいのビジョンに向かって、ありえないくらいの決意で望んだ偉人が。そういう人たちが日本の国をつくったのです。そういうことを語り継いでいくのも私達の責任です。語り継ぐためには勉強が必要です。勉強をしなければ、言葉を語り継げないのです。中途半端な自分でもわかったようなわからないような言葉では、伝わっていかないのです。一念、思いというものを深めるためには、言葉がいるのです。言葉を磨き、心を磨く・・・。それが文化を創り、伝えていく力となるのです。小さな成長で満足する人間ではなくて、常に自分の限界知らずの可能性を信じ、生きていきたいです。




おつかれさん。
posted by M at 19:25| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

かえりました

本日、ようやく家に帰ってきました。
13日〜17日。
なが〜い、なが〜いお休みでした。


でも、みんな、コメントありがとう!
コメント返しはできなかったけど(さっき全部しましたよ)、毎日何度も何度も
携帯で見てましたよ。ホントに何度も・・・。
嬉しいです。感謝します、感謝します!


今回はまたしてもスパリゾートハワイアンズ


「ハワイ」といいたいとこだけど、福島県の「ハワイ」です。


少し紹介しちゃいます。



群馬から車で約4時間(順調にいって)。


福島県はいわき市にある、全天候型のプールです。


プールの他にも、日本一の広さを誇る温泉「与一」や
映画「フラガール」でおなじみのフラダンスショーなど
目玉が豊富です。


施設内にホテルは2つしかなく、ひとつは「ハワイアンズ」。
もうひとつは、毎回私が利用する「ウィルポート」。
こっちのウィルポートは本当にお勧めです。

まず、プールに一番近い!
コレはロングステイには欠かせない条件。

そして、部屋がきれい。
いごごち抜群です。

食事は、コレは最高においしいです!
残念ながらバイキングですが、いままで食べたどのバイキングより
おいしいです。レベルが違います!コレは、オーバーじゃなくホントです。
しかも綿菓子を自分で作ったり、ソフトクリームを自分で作ったり
と子供ウケも最高です。

最後は、ウィルポート宿泊者専用のプールがあるということ!


私は毎年、2,3回行きます。
仕事の都合で、GW,お盆、お正月ですね・・。
混雑はハンパじゃないです。
ちなみに、今回途中で1日海まで外出しました。ホテルへ帰ったのが
3時頃。駐車場に入るのを待つ車は2時間待ちでした・・・。
ずら〜〜〜〜〜〜っと道路は車・車・車。。
流れるプールも、「ザ・いも洗い」。
ホント、人は凄いです!
スライダーは軽く1時間以上待ち!!

でも、宿泊者専用のプールは、時間によっては貸切!
最高ですね。


ま〜、もう10回以上も行ってるので、いつ、どこに行けばいいかは
熟知してますから、快適なハワイアンズライフは送れますけどね・・・。


ウィルポートは50部屋くらいしかないから、すぐに予約がうまって
しまうけど、お勧めですよ!



さて、いつも旅行は思考の時間。
家にいるとなかなか時間が作れません。
でも、旅行に行くと、子供が寝たあとは、原則すべて自分の時間ですから・・。
本を読んで、考えて・・・。
考えて、本を読んで・・・。
遊びに行くも、実は一番有意義な時間。

昼は家族と思いっきり過ごせて、
夜は、思いっきり自分の時間。

幸せだ・・・。


今回も本を3冊持っていきました。
1冊は非常に骨のある本でしたが、3冊読破!
(あとで、その1冊は紹介します)

考えさせられたな〜。


そして、温泉が、またいいんです。


ぼ〜っと考えていると、普段思いもつかなかったことが
思いつくんですね。
やっぱり、日常を離れたところだど、思考もやわらかくなるんですね〜。


いろいろな案や思いが出てきましたよ!


そして、自分の理念が結構形になって固まってきたような気がします。


日常を離れるって、いいですね。


そういえば、てっぺんも沖縄で合宿してますね。
日創研のある研修も沖縄でやっているそうです。


いとう眼科、そろそろ沖縄進出か?


ただし、グアムのように遊びじゃありません。


青い空と青い海、白い雲の下で思う存分頭をやわらかくして
考えに考える!


そんな最高なプランも浮かんだ旅行でした。



目一杯家族とすごして、ブログでスタッフとつながって
頭の中はずっと思考で、本当に最高の夏休みでした。


明日から、いよいよ後半戦。。


皆に会えるのを心から楽しみにしています!
posted by M at 23:11| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

ワクワク

ワクワクについて少し思ったこと。


先日も書きましたが、この間私ともう一人のスタッフの誕生祝いと
いうことで、スタッフがとてつもないサプライズをしてくれました。


繰り返しになりますが、相当時間かかったはず。
仕事で時間が無いはずなのに、寝る時間を削って頑張ってくれたはず。



でも、クチからは


「すごいワクワクしながらやってたんですよ!」と



これって、すごいことですよね。

じゃあ、どんなときに「ワクワク」できるかっていうと



「人の喜びの為に動いているとき」



って答えが導き出せますよね。



ワクワク=幸せ



人を喜ばそうとしていると自分が幸せになれるんですね!



先日の研修で「夢」のことの話がありました。




たとえば、「車が買いたい」



夢にいい夢、悪い夢は無いですが、

「車が買いたい」は自分のため。



夢は人のためになるものであるべき。



そんな話がありました。


今回の研修で「支援」の大切さを学びました。
人が本当に力を発揮できるのは、他人からの支援があったとき。



「夢」である以上、そんな簡単には実現できないですよね。
簡単に実現できたら夢じゃないから。



達成が困難だから支援も必要。


でも、「車を買いたい」って夢に対して、支援ってできるかな・・・。




夢にいい夢、悪い夢はない。



でも、どうせなら、「人のため」という夢をもち
皆に支援してもらい、共に幸せになりたいですね。



支援するときって、きっと最高のワクワクだと思います。



ワクワク最高!




ワクワク様でした!


posted by M at 07:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

ベジータのこと

少し(というかかなり)ネタは古いですがベジータのこと書きます。


ベジータは開院した年の12月に入ったいわゆる「古株」。


その包容力で、頼れるアネキ的存在。


2児の母でもあるベジータ。


いとう眼科では絶対に絶対に欠かすことのできない、ベジータ。


いとう眼科の危機を救ってくれたベジータ。


スーパーサイヤ人、ベジータ。




そんなベジータの伝説の事件を少し書きます。


いとう眼科にはプライベートカルテなるものが以前よりあります。
通常のカルテに記載するような医学的な内容ではなくて
患者さんとの会話のなかから得た情報を書き留めておくものです。

ありはしたのですが、イマイチ活用ができていない・・・。


ある日、その重要性を再度認識してもらい、積極的に活用するよう話をしました。


ベジータがすごかったんです。


記載したプライベートカルテ。



1週間で55枚。


眼科は回転が速いんですよ。
あるいみ、時間が勝負みたいなところもありますし・・・。


でも、結果残しましたね。



おっと、そんなことが伝説じゃないんですよ。



伝説話はここから。



検査中のふとした会話の中から聞き出した情報。


ある若い女の子が家族の反対を押し切って、大衆演劇の世界に飛び込んでやっていると。


普通の今時の子らしいです。


そんな子から話を引き出したことも凄いです。



そこでベジータは「今度見に行くね!」と約束をしたらしいです。



そういった口約束って、だいたいは守られませよね。


友達同士だって、口だけになってしまうこと多いです。


まして、患者さんとなれば、もう会わない可能性だってあります。



でも、動いたんですね。
すぐに会いに行ったらしいです。



スバラシイ!



その行動力、文章では表現できないですが、伝説です。



そして、行ったそのときは、子供のサッカーの試合の途中だったとか。


サッカー場から直接見に行って、帰ってみると試合も終わって
いるはずの子供がいないとか・・・。



ベジータはあわてたとか・・・。



子供は遠い道のりをペットボトルの入った重いクーラーボックスをかかえ
炎天下のなか歩いて一人で帰ったとか・・・。




まさに、伝説!





そんなベジータは合宿で一緒に寝泊りしてくれました。

いや〜、いや〜



ベジータ最高!

geki.jpg


posted by M at 07:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

SC研修

おそくなりましたが、ただいま帰りました。
研修から・・・。


前回行ったSA研修。
テーマは「気付き」


今回行ったSC研修。
テーマは「変革」でした。


でも、私にとっては「更なる気付き」でした。


今回も沢山のことに気づきました。


プラスもあれば、マイナスも・・・。



まず、自分自身の甘さに嫌って程、気付かされました。
前回も気付いたはず。
そして、スタッフに申し訳ない気持ちで涙したはず。
今回も、もっと気付いてしまいました。


一言

「甘い!」


ですね。。。



自分で本気、100%と思っていたものは、全然そうじゃなかった。
もっと自分はできる。もっと本気になれると気づきました。
いい言い方をすれば、自分の限界、可能性が広がりました。


そして、どうしたら本気になれるのか。


もちろん自分自身で本気になる必要もあるが


人は「援助」をもらうことで、もっと自分の限界値を上げることができる。



その援助ももちろん本気。



本気の援助が相手を可能性を広げる。


そんなことに気づきました。



自分を振り返ってみる

スタッフを援助しているつもりだけだったんじゃないか・・・。


もっと本気で援助できるのではないか・・・。


方法はわかりません。



でも、もっと本気でスタッフを援助し、可能性を広げます!



また、自分自身の貴重なダイヤモンドに気づきました。


本来自分が持っていたすばらしいもの。


今までの失敗経験や環境で、いろいろな殻がびっちりついてしまっていました。




でも、その殻をはがしたとき、
自分の価値に気づきました。



それが、本来の自分かどうかはわかりません。



でも、それに気付いたことによって、心が軽くなったのは事実。
元気になったのも事実。



であば、それを受け入れ、感謝して生きていこう!


そんなことを思った研修でした。



今回の研修でも様々な方に励ましてもらい、援助してもらいました。


私自身一生分泣いた気もします。



たった数日の付き合いですが、かけがえのない友もえました。



本当に実りおおい3日でした。



さあ、いとう眼科のスタッフよ、
燃えませんか?



posted by M at 07:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

合宿

8月11日、12日で合宿を行ないました。



今回はまじめな合宿です・・・。


「お互いをもっと知ろう」


が、テーマです。


前半最後の外来日。
あわただしく合宿はスタートしました。


まずは、食事。

あの「富光」さんへ皆で行ってきました!


やはり、美味しい。
ココは、本当に美味しいです!
そしていつもですが、サプライズあり。
時間があまり無いので、行く前に注文をして
行ったら、即食事。
超高速で食べて、急いで帰ってきました。
伊勢崎にあるお店ですが、群馬に在住なら
是非、一度は行っておくべきお店です!

tomiko.jpg


急いで高速を使って帰ってきたら、即語り。


いろいろなことを語りました。


テーマを決めない語りもあり
自分の憧れや理想像の語りもあり
相手の長所をフィードバックする語りもあり
自分の夢の語りもあり


涙と感動で、本当にすばらしい時間でした。


「こんなチームって、本当にあったんだ・・・」と
思えるような感動的な語り合いでした。


時には、相手の成長を心から願いあえて苦言を言うこともあり
時には、思いをこらえきれず涙した相手をそっと励まし
時には、普段なかなか言えない相手への感謝の気持ちを誠実に伝えたり・・・



日創研のセミナーでやってきたあるワーク。
講師からは「職場でやらないでください!」と言われました。
研修を受けている受講生と受けていない職場では温度差がありすぎ
失敗するからと・・・。


でも、確信があります。
いとう眼科のスタッフなら大丈夫!


案の定大丈夫でした。



いとう眼科、最高です!

katari.jpg



時には合宿場(いとう眼科ですが・・)が卓球会場に早変わり!

takkyuu.jpg


結局寝たのは、4時過ぎかな・・・。


で、ほんの数時間の睡眠をとって翌朝は


掃除!



やっぱ、いとう眼科は「掃除」でしょ!



眠かった〜。


でも、汗を流しながらの掃除は、やはり、最高!


ほら、こんな、楽しそう!

souji.jpg





掃除を終えたら、いよいよ合宿最後のマスのつかみ取り&バーベキュー!

これがまた、楽しかった!

tukamidori.jpg


家族と一緒にマスを捕まえて遊んだ後は、自分達で魚をさばいて
そのままバーベーキュー。

sabaki.jpg taberu.jpg



その後はスイカ割りで締めは温泉!



最高の2日間でした。


私にとっては心から嬉しいサプライズもあり
そして、皆の思いを聞くことができ、
何より、皆の笑顔を見ることができ、


最高です。。。



今回当院の患者さんで、まだ高校生ですが、ウチに受診しているうちに
ウチに憧れ、一緒に働きたい!という子が一緒に参加しました。
精一杯頑張っていました。



そして、メガネ!


本当にお疲れ様でした。
すばらしい合宿だったよ。
よく、頑張ってくれました。
ありがとう!



夏休みを前にした前半、最高の終わり方をできました。
夏休みは、バッチリ充電して、後半に向けたいと決意しました。



みんなに感謝しながら、最高の夏休みを送ってきます!



posted by M at 07:00| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

35歳

やってしまいました・・・。
約80日間続いたブログの書き込みがストップしてしまいました・・・。


言い訳はできないですね。
やらなかったという事実が残っているだけ。



何でブログを毎日続けていたのか・・・


何を得るかはわかりません。
いつまで続けるという明確な目標もありませんでした。
でも、きっと続けていたら、何かが見えてきて、何かが起きるはず
と信じて続けてきました。


ひょっとしたら、私のブログで元気になってくれる人がいるかも
ひょっとしたら、続けることで、スタッフの背中を押すことができるかも
ひょっとしたら、自分自身の壁を乗り越えることができるかも


体調が悪い、忙しい、家にいない、研修中、旅行中・・・
そんなのは関係ないですね。
私よりはるかに多忙の大嶋さんは1年間続いていました。


昨日でその挑戦は終わってしまいましたが、
またスタートです。
さあ、仕切り直しです!


8月17日でいよいよ(?)35歳になります。


昨日今日と、心震えるサプライズがありました。


昨日が外来最終日で、そのまま今日まで合宿。
次に皆と会うのが8月18日。
ですので、少し早い誕生日を祝ってもらえました。


嬉しかった・・・。


その喜びはとてもブログなんかじゃ表現できない。


ものすごい愛をもらいました。


幸せです。


サプライズ。


本物のサプライズです。



相当考えたはず。
そしてそれをやるのに要した時間。


外来で忙しい毎日。
帰るのはだいたい9時頃。


いつの間にやったの?
だって、私はもっと遅くまで医院にはいます。


数時間でできる内容じゃないです!
皆で考えて考えて相当手間と時間をかけてやらないとできないはずです!


あるスタッフが徹夜していたそうです。
おそらく、私の研修中、土曜も夜中まで、日曜も出てきてやってくれたはず。


だって、そうまでしなきゃ、絶対できないもん!



「なんとか喜ばしたい、驚かせたい」という気持ちが
あふれ出ているサプライズでした。



家族以外からこんなにしてもらったの、生まれて初めてです。



本当に凄かったんです!



俺って、幸せだな〜。


だから、もっとスタッフ達を幸せにしたい!
ちょっと、傲慢かな。


幸せになれるよう、精一杯本気で援助したい。


それが、私の心からの想いです。



いとう眼科のみんな、本当に本当に心からありがとう。

2 021.jpg

2 022.jpg

2 023.jpg

2 024.jpg

2 025.jpg


posted by M at 17:04| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

旗について

以前千田さんという方のセミナーに行った時

「旗」という話を聞きました。


自分の「旗」を立てると、自然と人は集まってくると。


最近、感じます。



「集まってくる」という感じではないですが、
「引き寄せてもらえる」という感じでしょうか・・。



宇宙の法則ですね!



「自分を成長させたい」
「人間力をつけたい」
「最高のチームを作りたい」
「医療を変えたい」
「人を幸せにしたい」



いろいろな思いが私にはあります。

そして、それはことあるごとに語って、またブログで書いてきました。


伝わるもんですね〜。



本気になればなるほど、沢山の方が応援してくれるようになり
一緒に働いてくれているスタッフも、同じ気持ちをもってくれるようになりました。



1年前では考えられないです。



私も知らず知らずに、何かに本気で取り組んでいる人を
進んで親交をもちたいと思うようになりました。



その結果、少しずつではありますが、「同志さん」が増えていきました。



何も言わなかったら、旗を立てなかったら、こうはいっていなかったはず。



「旗を立てる」



そしてその旗を振り続けたいです。



大きな旗じゃなくてもいいです。


絶対に倒れない、安心感のある旗。



旗を立てることができる環境に感謝しながら振り続けたいです。





今日は研修から帰ってきた日。



何を得ているのでしょう?



このブログを書いているのは、研修前夜。



今から、楽しみです。






posted by M at 20:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

ベジータの感想文

今日はベジータさの感想文を発表します。







夢を叶えるゾウを読んで

この本は買ったにも関わらずなかなか読まなかった本です。理由なんてありません。
しかし、おもしろかった!!!凄く濃い内容が書かれてありましたが、とてもおもしろかったです。ガネーシャサイコーです。さすがTVドラマ化決定ですね。
前よりは本を読む機会が多くなり、講演会を聞く機会までつくっていただき、少しずつ変わってこられた気がしていました。しかし、この本の中でのガネーシャの言葉が私の心の中に響きました。
「もし自分が変われるとしたら、経験して行動した時。その時だけ」
そして答えるのです。
「わかりました」と。
ガネーシャは言います。
「わかっていない。自分は今『座っている』だけだ。確かに話を聞いている。でも、今、自分は何かを学んで、知識を吸収して、成長していると思っているかもしれないけど、本当は・・・成長した気になっているだけだ。知識を頭に入れるだけでは人間は絶対に変われない。人間が変われるのは『立って、何かをした時だけ』だ」
ガネーシャは続けます。
「自分が変わるための最も重要な課題。それはまず実行に移すこと。さらにその課題をこれからの人生において実行し続けること。可能な限り毎日、自分の一部となるまで続けること」
確かにそうでした。講演会で学んだときは実行に移せます。その講演の内容がとても理解できた気になります。時間が経つと思いが薄れてきます、自分の一部になる前に思いが少しずつ薄れて、行動も回数が少なくなってしまっています。そんな自分に渇を入れていただきました。
何もしない。
実行にうつさない。
経験に向かわない。
もし、実行に移すのなら、昨日までとは違う何かを今日行うなら、仮にその方法が間違っていたとしても、それは偉大な一歩だとも書かれてありました。
深いと思いました・・・全ての根本はここにあるのではないでしょうか。
行動に移すか、移さないか。
夢をもって生きたい。夢を現実にしたい。輝いて生きたい。そして、それらに必要なのは自分自身の行動であること。どの本にも書かれてあることかもしれませんが、まずは行動に移すことが必要だと改めて思います。
誰かが自分の夢を叶えてくれるわけでもない。
本が自分の夢を叶えてくれるわけでもない。
講演会で自分の夢が叶うわけでもない。
夢を叶えるのは、自分自身。まず行動に移すこと。
そしてその「夢」・・・。自分自身まだハッキリとした夢を語ることが出来ません。ガネーシャの言葉でいうと、それは机に向かってうんうん唸ったり、自分のやりたいことって何だろうって漠然と考えている、一番駄目な方法だとか。まずは考えずに「体感」すること。実際にやってみて、全身で感じること。やることが分からない人は、何もやっていない人。
確かに全てにおいてそうかもしれません。考えていることにより、失敗を恐れる自分が生まれてくるのも確か。理由をつけて行動出来ない理由を探していただけだったのです。
今まで難しかったことが、いつになったら簡単にできるのか?今できないことはいつになっても出来ない。出来ない理由ばかり探してしまう。
「後悔しないようように生きろ」それは、沢山の人が後悔したまま死んでいったから・・・
人は後悔したまま死んでいく人が沢山いるかもしれない。けれど、私はそうなりたくない!そう強く思いました。
最後に「感謝すること」。
今ある自分の環境や今まで出会えた人たち。いとう眼科で働かせてもらえていること。医院長や事務長、その周りのスタッフの仲間。そして毎日訪れる沢山の患者さん。何より支えてくれる家族。たくさんの人に毎日感謝することがとても大切だとガネーシャの言葉にもありました。
「感謝すること」身近すぎて分かりずらい人にこそ、感謝の気持ちをもとうと思いました





相変わらず、深いです。

私もベジータさんと同感です。

「動く!」

コレは、最近の私の大きな課題のひとつでもあり
気付いている人もいるかもですが、最近の私の「NO.1宣言」です。


かっこいいことはいくらでも言えます。
でも、行動が伴わないと、逆に相当かっこ悪くなります。


ここでいう「かっこ悪い」は失敗したことではないです。
動かなかったことです。


偉そうに理念ばかり、夢ばかり唱えていても、
唱えれば唱えるほど、動かなければ、人は離れていきます。


ですので、「行動!」
できなくてもいいから「行動!」
失敗してもいいから「行動!」
スタッフたちに、私の動いて失敗する姿も見せたいです!


でも、ベジータさん・・
そう思えることで第一段階クリアのような気がします。


だって、読書もしない、人の話も聞かない、講演会も行かない・・・
それでは、「動く」前に気付きがないですよね。


まずは何かを得ようと動いたから、得た先に動くということに
焦点を向けることができたんですね。


前進、前進ですよ!



そして日創研の研修に家庭がありながら「行きたい!」といってくれた
ベジータさん・・・、感動でした!何万円もするのに・・・。
でも、無理しないでください。あくまで、家庭の協力が得られたら
行ってください。



今頃私は研修の真っ最中です。


少しでも大きくなって帰りたいです!



いとう眼科のみんな!待っててください!
posted by M at 20:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

山村先生(後編)

さてさて昨日に引き続き、山村先生。


いきなりですが、ブログを転載します。

前編・後編 2回分です。




みなさんこんばんは!
岡崎市・豊田市の歯医者 すまいる歯科の山村でございます。
今日も元気にはりきっていきましょう!


今日は2カ月ほど前より、交流させていただいています、ある医院さんをご紹介したいと思います。


時は、さかのぼるほど3カ月ほど前です。


すまいる歯科のメール相談にある1件のメールが届きました。

メールを開けた時から、その方の情熱がほとばしるくらいの熱いメールでした。


本当に恐縮なのですが、すまいる歯科の医院理念やその取り組みについて、感動されたのだという内容でした。


しかも驚くべきことに、その方は歯科医院の方ではなく、「いとう眼科」さんという
眼科さんの事務長さんだったんです。


さらに、その眼科さんは、愛知県ではなく群馬県にあるとのことに、さらにびっくりしました。


伊藤事務長さんとはその後、何回かメールでやり取りさせていただきまして、HP・ブログも拝見させていただきました。


感想を一言・・・




「すごすぎる」


でした(笑)



伊藤事務長さんのブログ(夢を叶えるブログ)で感じられる、
伝える力。
そして使命感。
情熱もさることながら、沈着冷静なところもあり、ぐっと引き込まれる文章。


毎日繰り広げられるスタッフさんたちとのコミュニケーション。

そのスタッフさんたちのプラス受信の感度のすばらしさに実行力。

そして感想文の表現力。


圧倒的なんです。
その内容も、表現力も。



そして、驚くべきは、伊藤事務長や、スタッフのみなさんが、いつも言っている
「まだまだこれから」というその謙虚さ。


ひよっこのすまいる歯科からすれば、すでに、いとう眼科さんはチームとしてはかたい絆で結ばれており、理想形に近いチームなのですが、当の本人たちはそうは思っていないようです。
そのあたりも、さすがなんですよね!


更なる自分たちの成長に餓えているというのが正しいのか?(失礼ですね、この表現)
常に目標を持ち続け、まだまだ先をみて、成長を続けるんだという強い決意を感じるんですね。


僕もいろいろな医院さんを見学させてもらいましたが、これほどまでの使命感をもった集団を感じたことは初めてです。


でも、伊藤事務長さんや、いとう眼科のスタッフさまたちとメールや手紙ではありますがやり取りをさせていただくと、その壮絶な使命感の理由がわかるのです。
(後編にて、触れさせていただきますね)


並大抵じゃないんですね。ほんとに。



僕が勝手に思うに、いとう眼科さんのみなさんが、一日一日を、とても大切に、無駄にすることができないという覚悟を感じるんですね。


一度、HP・ブログをみていただくことをおすすめします。


必ず、そのすさまじさがおわかりになるとおもいます。


なぜ、いとう眼科さんが一枚岩になって努力されているのか、その使命感はどこからくるのか?


きっと、わかると思います。


「いつも心にすまいるを」に遊びにきてくれているみなさん。


一度、ご覧になってみてくださいね!



3日後くらいに、後編をお届けします!!

それでは!






みんさんこんばんは!

岡崎市・豊田市の歯医者 すまいる歯科の山村でございます。
最高に暑い日が続いていますが、体調など崩していませんか?


山村の健康法は、クーラーをなるべくつけないこと!

寝るときはもちろんです。
でも、1時間だけはタイマーつけちゃいますけど(焦)

朝起きたら、シャツが汗でびっしょり!!

でも、そのほうが、体調がいいんですよねぇ〜。


まぁ、お酒も抜けますしね・・・(ゴホン!)


さぁ、今日もはりきっていきましょう!!



みなさん、「いとう眼科」さんのブログみられましたかぁ?

すごいですよね!

毎日毎日を一生懸命、大切に走り抜けている景色が、瞼を閉じると映像に浮かんできますよね!


すごいです!


影響力受けまくりです。

すまいる歯科もがんばらなければ!


さて、ここからは、少し重めの内容になります。
よろしくお願いします。


尊敬する「いとう眼科」さんについて。

いとう眼科の伊藤事務長さんと、メールの交換をしだしてまず最初に感じたことは、非常に感情のだしかたというか、伝え方がすばらしい方だということです。


自分で言うのもなんですが、私も、ブログを通じて勉強させていただいていますが、何かを伝えるという点では得意だと思っていましたが、伊藤事務長さんは、遥かに上。


伊藤事務長さんとメールや手紙のやり取りを通じ、その感覚は大いにモデリングさせていただきました。


ここで、言いたいのはそれは「感覚」であり、「手法」ではないということ。


相手の一番気にしていること、つまり「コア」の部分に触れられるかどうかということが、一番大切なんです。


美しい言葉や、固定観念に縛られた定型の言葉では、相手の心には届きません。
テクニックじゃないんですよね。
人の心をとらえるということは。



「コア」の部分に触れるからこそ、共感も感動も得られるのです。



ただ、これは正直、「両刃の刃」でもあります。


その「コア」がその人にとって実は弱い部分であることだってある。


その判断は、残念ながら100%わかるものではないので、難しい・・・


この世の中は「光と影」で成立しています。


強い光で照らせば、そこには濃い影ができるもの。


でも、影を恐れて光を照らさなければ、結局は何も得ることはできません。



だからこそ、強い光を照らせば、必ず濃い影ができるということをしっている人物であるかどうか、その集団であるかどうかということがとても大事なことなんですね。



「いとう眼科」さんは、その光も影もわかっているすばらしい人達でした。


それは何故かというと、「いとう眼科」さんは、「従業員の崩壊」という、経営者の立場からすれば、最強に不安な出来事を経験なさっているからです。


大きい・小さいに関わらず、必ず「スタッフ問題」といのは起こります。

避けることはできなんですね。

もしまったく起きていないなら、それは相当お互いに関心が無いのでしょう。


医院経営も順風満帆で、患者さんの信頼を多く得て、人気医院になられたいとう眼科さん。


すべてが順調に思えたとき、スタッフ間の問題が生じたそうです。


話は少しそれますが、みなさんにとって、「進化」ということがすべて素晴らしいことだと思っていらっしゃる方もおられるかもしれませんが、実は違うと私は思います。


それはなぜかというと、「進化」というのは「変化」も共に生じてしまうことなのです。


まさに、「光と影」なんです。


人間というのは、実は「変化」を最も恐れる生き物だとも言えます。



「結果」がわかっていれば、人は多少の変化も受容することができます。


でも、この世の中、「結果」が先にわかっていることなんて皆無に近い。

むしろ「結果」がわかっているのはどうでもいい、簡単な事柄だけだと思う。



自分たちがこだわって、生活をかけて実践していることなんて、やる前から「結果」がわかっていることなんてない。


これは、「失敗するかもしれない」ということも含んでいるからです。



だとすれば、確約のとれないことがあるなら、「今のとりあえずの安定を求める」人がいても何の不思議もない。
なにも変えなければ、ひとまずは安定してますからね。
見た目上。



僕の高校時代、カラオケに行っている人は不良だといわれた。
携帯電話をもっているのは遊び人だといわれた。


今では、どうだ。


僕が話すまでもないだろう。



つまり、結果から逆算できれば、その行動は正当化されるかもしれないが、その瞬間では理解できないのである。




医院改革も同じである。


その瞬間ではわからないんだ。


今おこなっていることが正しいかどうかなんて。




「いとう眼科」さんも、苦しい時期があったそうです。


それは院長・事務長さんの掲げるその理念に、一部のスタッフが反発したそうです。



改革派とそうでは無い派。



疑心暗鬼の中、お互いの心を傷つけあう事態に発展したそうです。


心が折れるとか、そんなレベルじゃない事態に・・・


12人のスタッフがいる中、そのうちの8人が自分たちの主張が通らなければ、辞めるという事態に発展したそうです。


12人中の8人・・・。


はっきりいって、そのまま8人が辞めたら、医院運営はなりたちません。

涙を流しながら、その要求を飲むしかない。
普通の会社なら、そんな状況なんです。
だって、普通は無理だもん。



でも、TOPが下した選択は・・・



「志の高い、残りの4人と一緒にやっていく」でした。


凄まじい。



凄まじすぎる。



僕は同じ決断ができるかどうかはわからない。


自らの保身に走るかもしれない。



でもいとう眼科さんは違ったんですね。



事実、伊藤事務長からいただいたDVDにその時の映像が残されていました。



患者さんの出入り口に、貼り紙があるんです。


「いとう眼科は新しいスタートをきる」という内容の貼り紙が。


当然、昼休みなんかない。


3人でやっていた仕事を1人でやらなければいけない現実。


でも、「いとう眼科」さんの選んだ道は、


「志なくして成功なし」という想いだったんですね。


いや、違う。


「志がない仕事に何の価値もない」かもしれない。

それは「心がつながっていないのに、その心を患者さんに伝えることなんかできない!」という思いだったに違いありません。

きっと、想像を絶する過酷な勤務だったとおもいます。


肉体的な疲労は限界だったかもしれません。



でも、きっと心はガソリン満タンだったんだろうなぁ。



「いつか必ず・・・」という思いのもとに・・・





時は過ぎて今・・・



伊藤事務長のブログの内容とその理念。

多くのスタッフさんたちの感想文に、ブログに対するコメント。


カシータやイエローハットの研修。

大嶋さんやてんつくマンの院内講演。



正直ありえないです。



でも、そのありえないを実現するいとう眼科さんのパワー、院長・事務長さんのパワー、スタッフさんのパワー。



桁違いです。正直。



人間は、自分が今、行っていることが必ず正しいのだと思いながら行動している人はそれほど多くないと思う。


わかるわけないですからね。


神様じゃないんだから。



でも、まずは信じるということ。



回り道もあるかもしれないけど、きっと正しいんだと、信じる力。



私の勝手な思いだが、いとう眼科さんの皆さんは、それを全部わかっているんだと思う。



光が強ければ、影も濃くなる。



でも、その影を恐れていては、光りを照らすこと(自分らしく、自分の理念を貫く)もできない。




この世の中を変えることができる力はそのような力強い使命感だと思う。




それはブログの中からも、読書感想文の中からも、いとう眼科の皆さんからはそのような覚悟がはっきりとうけとれるんですね。



僕はうれしい。


いとう眼科さんのような医院がいるということが。


まだまだ、僕がやることはたくさんあるな、こりゃ。



「やり方ではない、あり方が大事なんだ」(岩渕龍正氏より)


「何を言うかは問題ではない。誰が言うかだ」(不詳)



僕は駆け抜けたい。




紅葉がきれいな頃。




見学に行かせてください(笑)


いとう眼科さんに・・・





どうですか!


世紀の名文です!



びっくりしたでしょ!
私はびっくりしました!!


そして、嬉しかった・・・。



こんなにも深く私を理解してくださる方がいたことを・・・。


このブログは、私の宝物です。




山村先生は謙遜されていますが、その伝え方私など比べるすべもないくらい
ハンパじゃないです。



正直あまりにも凄すぎる評価なので、心から恐縮してしまいますが
いただいた言葉のすべてが心に響きました。



「人間は変化を恐れるもの」



そうなんですよね、そうなんですよ。



でも、私はもっと臆病だから、逆に変化をしない自分が怖い。



このままでいいのか?

いつも思っています・・・。



そんな私の思いと、変化を拒む一部スタッフと思いは
必然的に衝突するのですね。



人生は決断の連続。



「やる」という決断を常にできる勇気がほしい。



山村先生のおっしゃるとおり、結果なんてわからない。



でも、不確定な結果に恐れをなして動かなければ、何も変わらない。



「人は、やってできなかったときは後悔しない。
 やらなかったときに後悔するものだ」


前回の研修で教えていただきました。
というか、身をもって体験しました。



結果がわからなければわからないほど、燃える自分でありたい。



そして、「志がない仕事に何の価値もない」というお言葉。



まさに、そのとおりでした。



仕事とは志事。



経営って理念をもつことですよね。


もちろん、お金だけもうけたいって理念もあって当然。


でも、その会社には魅力ある社員があつまるか?
その理念でお金は本当に儲かるのか?


素晴らしスタッフがあつまるには、リーダーがその人たちが賛同できる理念を持つ必要がある。



それを「志」とも言います。



理念のない経営。
志のない仕事。



私にとっては本当に何の価値も無いことです。




最後になりますが、先日山村先生からいただいたメールがあります。

「そうなんです!」と心から思い、心がアツくなりました。
全く同じです!


ですので、勝手に転載はできませんので、私の思いで言葉を変えて紹介します。




私たちが発信するのをやめてしまったら、スタッフたちは行き場がなくなってしまう。
彼女たちが輝ける場所を作るのが、私たちの責任。
彼女たちの努力が報われるように導くのも私たちの責任。

疲れていることもあるし、気分が落ちていることもあります。

自分の思いが空回りしてるなぁって感じることも多いです。

でも、止めたらだめなんですね。

私たちの背中を見続けてくれる人もいる。

そして、そんな人からたくさんのものももらっている。


いろんなところからいろんなものを吸収して、旗を振り続けていこうと思います。


そしたら、なんかいいことが起こるようなそんな気がしてなりません。


現実に、いいことは起こり続けています。


今現在、最高の人生を送っています。


誰に対してでもなく「ありがとう」と言いたいです。





私も駆け抜けたいです・・・。
posted by M at 20:00| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

山村先生(前編)

遠く、愛知は岡崎より、凄いブログが発信されました。


それは、すまいる歯科さん・院長・山村先生のブログ。



山村先生は私のブログでも何度か書かせていただいていますが
そもそものご縁は、私のメンター・あすなろ歯科さん・理事長野村先生です。


尊敬する野村先生がわざわざ群馬から見学に行ったのがすまいる歯科さん。


いったい、どんな医院なのだろう?と興味本位でのぞいてみたすまいる歯科さんの
ホームページに度肝抜かされました!!



まず、メンバーさんの意識の高さ。
これは、ホント、驚きです。
そして、表現力の凄さ。
輝きが凄いです!

毎日自分自身とキチンと向き合って、常に考えながら仕事をし、
そして明確なビジョンをもって過ごしていなければ到底そんな輝きは出てきません。

会ってもないのですよ。
ただ、メンバーさんのブログを読んだだけ。
それだけで、ひきつけられてしまう・・・。



正直、いとう眼科のスタッフも日本に誇れるほどのスタッフだと思っていました。
もちろん、今も思っています。でも、他にも凄い人たちがいたんだ・・・。


そんなすごい人たちの世界を知りたくてもなかなか知ることの
できなかった私にとって、その出会いは衝撃であり、とてつもなく嬉しかったです。



もっと上を目指せるんだ・・・。



もちろん勝ち負けではありません。
いとう眼科のスタッフ、すまいる歯科さんのメンバーさん、いいところ、悪いところはあるはず。
どっちがいいかの問題ではないのです。



大切なのは、自分自身の成長を心から望み、精一杯志(仕)事をして、輝いているということ。



「人が輝く条件」


本気になること。


そして、輝くさらに上


「人を感動させることができる条件」


他人の為に本気になること。


(自分で勝手に考えちゃいました・・・。)



すまいる歯科のメンバーさんは本気なんですね。
自分のため、仲間のため、そして山村先生のため・・・。



えっ・・・?



先生のため??



普通経営者の為に本気になれる社員ってそうはいないですよね。



一体、どんな先生なの??



単純に興味が湧きました。
そして、同時にうらやましくも思いました。




そもそも考えよう。



会社であったり医院であったりひとつの入れ物があったとします。
その入れ物は様々なカタチをしています。
社員が液体だとすると、100%入れ物の形に収まります。



つまり、メンバーさんの姿は、山村先生の姿だったんですね。



少しばかりスタッフを導くという経験をもつ私



最初から自分に賛同してくれる人はそうはいない。
最初から自分の理念をわかってくれる人はそうはいない。



そもそもその「理念」も人をひきつけるほどのものを持っていないと、当たり前ですが人は集まりません。


人をひきつける理念を持つためには、自分自身がまずしっかりしていないと。。
そこまでの、苦労・・・。



学校を卒業してドクターになって勤務医として経験をつんで、さあ開業!


ドクターとしてのブランド、技術、知識だけでは、人を集めることはできません。
頭数ならそろうと思います。でも「心を持った人」はなかなか集まりません。



山村先生は、医師として、人として、本当に自分自身と深く向き合い、努力を重ねて開業をされたのだな〜と勝手に想像しています。



開業はゴールではありません。
単なるスタートです。


いろいろなご苦労があったことは容易に想像できます。



純粋に職人として医業(患者さん)と向き合う自分。
同時に経営者としてスタッフと向き合う自分。


限られた時間の中、試行錯誤の繰り返しだったと思います。



私には医師としての苦労は正直わかりません。
でも、人に関する苦労は、少しは経験上少しはわかるかもです。



私にとっては、それだけでも、精一杯です。
スタッフと向き合うことで精一杯です。



それを山村先生は・・・。



どうにやったらあんな意識が高いメンバーさんを育てることができたのか?



私の出した答えは


「情熱」と「行動力」



経営者がアツくないのに、スタッフがアツくなるわけないですよね。


先日の研修でも教えてもらいました。
メモが禁止だったので、数字は確かではないですが・・・。


経営者の情熱(温度)が100だったとする。
そうすると幹部はの温度はせいぜい60
その下になると40,20とどんどんさめてくる。

トップが100でも、スタッフは20.



じゃあ、トップが50だったら、スタッフは・・・




スタッフの情熱を100にしたかったら、トップは限界を超えた情熱をもつ!


そして、それは、行動力にもいえますね。


情熱だけ持ってアツく理想だけ語っていても、ダメですよね。
実際に行動してナンボですよね。



トップが100動いてスタッフが20.



スタッフに自分と同レベルの100の動きを望むなら、自分は限界を超えた動きをしないと。



きっと山村先生はそれを実践してこられたと思います。




そうじゃなければ、理由がつきません。



経験上スタッフが勝手に成長するって、信じられませんから・・。



「トップを見れば社員がわかる」
「社員をみればトップがわかる」



トップと社員、どっちかだけがいい会社なんて無いんでしょうね。
どっちも悪いか、どっちもいいか!




そんなどっちも「いい!」すまいる歯科さんの山村先生のブログを拝借しちゃいます。



ようやくですが。



でも、長いので続きは明日。


でも、見ようと思えば、見れますけど・・・。



なので、ブログに関する私の感想を明日アップします。



山村先生のパクリですが、後編をお楽しみに!
posted by M at 21:16| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

歯医者さん

今日も一日お疲れ様でした。


今日はBadDayでした・・・。


なんて内容のブログを書こうと思いましたが、意味が無いのでやめました。


楽しん読める内容がいいですよね。




歯医者さんの話をします。



歯医者さんって、すごいです。


身近な方で言うと、あすなろ歯科の野村先生、すまいる歯科の山村先生、1回しかおあいしたことないですが、わたなべ歯科の渡辺先生、小板橋先生。知り合いになった方、みんなすばらしいです。
しかも、私が知っている先生なんて、歯医者さんのなかではほんのごく一部。あたりまえですが・・・。



お医者さんって、治療だけしているイメージないですか・・・。



でも私が知っている方は、心が凄いんです。
そして、意識がすばらしく高い(上から目線でスミマセン)。



それは、もうびっくりするくらいです。
下手な企業の社長さんなんか比べ物にならないくらい高い!



原則は職人さんのはず。
でも、経営者なんですよね。
そして、皆さん立派なチームを作っていらっしゃる。



正直、脱帽です。



だって、私なんかは、チーム作り、人づくりだけを考えて仕事をしていても大丈夫なんです。



でも、先生たちは、昼間は治療。当たり前ですが、ずっと患者さんと向き合っています。



そして夜は、経営者に戻ります。


保険制度の影響や歯科医人口の影響で、歯医者さんの経営は難しいと聞きます。
ですから、経営をするからにはマーケティングの勉強から、財務諸表の勉強までやらないと。
経営が厳しい歯科さんでは、私のような立場の人を雇うことなんか、難しいはず。
だから、全部自分でやるんですね。


そして、歯医者さんの業界はすごく新しい考え方が、頻繁に入ってくる世界とか。
だから、本当に先生自身も自分の医療の勉強も熱心にしているとか。



そして、スタッフも育てて、チームをつくる・・・。



「超人」ですね。



私が知っている先生は、皆、背中で語っています。
スタッフより楽をしている先生なんて皆無でしょう。
当たり前かもしれませんが、とにかく情熱をもって、すごいです。



ある方は、半年先までの日曜日の予定が決まっているとか。
もちろん、研修や勉強でですよ。

ある方は、年間数百万円も自分に投資しているとか(勉強代で)

ある方は、寝る時間をを削っているとか。



そんな人たちを知っているからこそ、私もやりたい!と思うんですね。



ぜんぜん足元にも及ばないですが、せっかくすばらしい影響を与えていただいているので
私も、そんな方々に少しでもいい影響を与えることができるようになりたいです。



明後日、日創研のSC研修に行ってきます。
それが終わればいとう眼科で合宿です。



ワクワク様!



posted by M at 22:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

面接2

今日は、朝からスーパーな日でした。
あの愛知の星、すまいる歯科の山村先生がいとう眼科のことを
ブログで書いてくださいました。後編。
とても、光栄で、ありがたい内容でした。
それには、後日触れさせていただきますが、とにかくテンションあがりました。


そんな中、今日も面接がありました。


最近、面接でも泣かしちゃうようになりました・・・。
外来だけでは飽き足らず、応募者にまで・・・。
きついことを言うときもありますが、そうじゃなくて泣かれてしまうことも・・・。
はて・・・?



今日の面接、初の試みですが、オープンディスカッション(?)


応募者2人、当院スタッフ3人、私がパネラーとなり
輪になって話しました。

様子を見たいスタッフは周りに座って見学。


ちょっと変わった試みでしたが、やっちゃいました。



もちろん質問の内容は「今までで一番〜したことは?」
とか「今までの仕事は〜?」とか「今まで〜〜」という内容は
一切なし。

あくまで、これから何をしたいのか、何を掴みたいのかを聞く質問に絞りました。


ただ、今回面白いのは、その中にスタッフを入れて、同様の質問を入れました。


面白かった〜。
大成功!


オブザーバーのスタッフまで意見をいい、かなり白熱(?)しました。


結局最後は何故か朝礼。
合否も決まっていない応募者を交えての朝礼。。


いとう眼科、ちょっと変?


こんなことを書いていいか微妙なところですが、今回合否はスタッフに完全に任せました。


応募者は、いとう眼科の理念に強烈に惹かれ、「どうしても!」といって来てくださったから。


「合否は別として、会えただけれも感謝!」
「こんな理念がある職場があると知っただけでも、勇気付けられた」
「ここで一緒に働けなかったら路頭に迷う(生活苦じゃないですよ)」

など、目頭をアツくしながら語ってくれた応募者。


いとう眼科が人の人生を変えるほどの影響力を持ち始めたと実感した瞬間。



スタッフ達の目は輝きました。



「なんとかしたい」


そこには、応募者の医院に対しての適正や、仕事に対しての適正などは一切関係なかった。



「思いは受け止めたい」


「なんとか応えたい」



そんな粋でいなせな思考が全開でした!



医療改革。


本当に大きな夢です。


でも、人生に光、望みを失った人が、いとう眼科を知って再び灯がともる。


そんな灯を絶やさないように、精一杯援助する。


ここに、また一つ大きな使命感を覚えた一日でした。



自分の進んでいる道は、絶対に間違っていない!

そう言い聞かせて日々過ごしていますが、迷うことも。
間違った道を示してないか?
リーダーの責任は大きいのです!
でも、山村先生のお言葉、自分達の姿勢を見て人生が変わるほど強い共感を覚えてくれる人たち、
そんな方たちがいると思うと、本当に嬉しく、心強いです。


まだまだ道を間違うこともあるはず。


でも、今は本当にたくさんの方が私たちを応援してくださっています。
絶対にその期待は裏切りたくないですし、もっともっと成長したいです。



今日、スタッフの発表を聞いていて、感動感動でした。

みんな心からいとう眼科を愛してくれて、真直ぐ、本当に真直ぐに
生きているんだな〜と。
友達と遊ぶ時間も取れないです。趣味の時間も取れないです。テレビなんて見れないです。睡眠もあまり取れない日もあります。

それでも、それ以上に楽しいことを見つけて毎日充実して生きてくれています。


そのよりどころが いとう眼科



スタッフからの言葉です


「いとう眼科で働くと人生観が変わる」
「他の人と見ている目線が変わってくる」
「仲間が家族に思える」
「感謝できる人間になる」
「いとう眼科は全てです」


希望の光を見失ってしまった人、変わりたいとは思っていても変わりきれない人・・・
そんな人たちに自分達が勇気を与えて、一緒に幸せになりたい!


そんなアツいメッセージが今日スタッフから聞けました。


「医療」という枠を超えた、いとう眼科。
一皮むけたと実感できた瞬間でした。


そしてそれは、自分達がやっていることを心から信じて、充実して生きているからこそ
思える気持ち。



最高のスタッフ達です!



そんなスタッフ達が、真直ぐについてきてくれるような真のリーダー、
メンターになろう!と強く思いました。


すごい刺激をありがとう!
posted by M at 21:47| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

昨日のブログのこと

昨日のブログで「時間」のことを書きました。


スタッフから沢山のコメントが。

今日はこの場を借りてコメントを返します。


トムくん、サッカー観戦で疲れただろうに・・・。
そんな時は寝ていいと思うよ。
でも、いいとこに気付いたよね。
「やらなきゃ・・」じゃ苦痛だけど
「やりたい!!」だと、どんどん入ってくるよね。
同じことをやるのでも、気持ちの持ち方でぜんぜん違ってくるからね。
やりたいことをやる人生って最高じゃないですか!



エミリー、自分を含めて「時間はない」はいいわけだよね。
「時間は創るもの」。
いいこと言ってくれたね。
「心残りなく眠りにつきたい」
いいね、それ!
毎日寝る前に、「今日はやったぞ〜!」って思って
「今日も一日ありがとう」って寝たいよね。


ボブちゃん、すごいね・・・。
「時間資産」  いい言葉だね。
時間をつくるために、今の自分自身の時間を使い方を見直す。
その見直しに投資してできたものが「時間資産」
すごい考え方だね。
俺も、もっともっと投資して、資産を増やしたいな。
でも、なんだか、俺を持ち上げすぎじゃない???
ぜんぜんそんなんじゃないんだけどな〜。



ベジータさん、時間の遣い方もすべて「選択」なんだよね。
人生は選択の連続。
常にプラスの選択ができるよう、自分を高めたいよね。
そのための勉強でもあるのかもね。



GYUちゃん、、、
私だって、弱弱ですよ〜。
朝は起きれないときあるから、それなら寝るのを遅くして強引に
睡眠時間をすくなくと・・。
昨日はその作戦でした。
でも、事務所で仕事してるとふと、意識が飛ぶときが・・・。
この間もお中元のお礼状書いているとき、意識がなくなりました!
だめですね〜。



さて、さて、皆ホントすごいです!
なんてプラス受信のスタッフたちなんだ・・・。


またしても私の好きな幕末の話。


坂本竜馬
西郷隆盛
勝海舟


立場は違うけど、3人は密にからみあって、日本を動かしました。



当時幕臣として軍艦奉行をしていた勝海舟が一介の浪人だった坂本竜馬と
天下の薩摩藩の西郷隆盛を引き合わせました。

2人が会見した後日、坂本竜馬は勝海舟に西郷隆盛を評してこんなことを言ったらしいです。


「われ、はじめて西郷を見る。その人物、茫漠としてとらえどころなし。
ちょうど大鐘のごとし。小さく叩けば小さく鳴り。大きく叩けば大きく鳴る。」


意味は言葉のとおりだと思います。

みんなのコメントを見ていて、ふとそのフレーズを思い出してしまいました。



みんな、よく鳴るな〜。


あとは大きくなるか、小さくなるかは俺次第!



ちなみに、西郷隆盛は坂本竜馬のことをこんな風に評していたらしいです。


「天下に有志は多く、自分はたいていこれと交わっているが、度量の闊大(かつだい)なること、
竜馬ほどの者はいまだ見たことがない。竜馬の度量は計り知れぬ。」



アツすぎるね〜、幕末!


ちなみに、西郷隆盛って何で死んだかしってます?
もちろん戦争でですが、「義」の為に死にました。
西郷、最高!



ともあれ、お互いに大きく響きあう関係でいたいと思った一日でした。
posted by M at 20:23| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

睡眠

研修から帰ってきてひそかに決心したことがありました。


睡眠時間は5時間!



「時間を買いたい!」
などと、情けない気持ちを以前は持っていました。
もしくは「コピーロボットがほしい」。



「時間は命」


研修で教えていただきました。


時間を無駄に使うことは、命の無駄遣いをしていること。


唯一全ての人に等しく与えられたものが時間。


自分自身を省みないでその時間を自分だけ人よりもらおう
なんて情けない考えをしているからだめだったんですね・・。


単純な私は、「だったら睡眠時間をけずろう!」と。


もともと私は寝不足には相当弱いクチ。
12時には寝て、7時間くらい睡眠をとらないと、どうも体調がすぐれない。
昔は違ったのに・・・。


でも、そんな規則正しすぎる生活で成功してる人っているかな?
同世代の星、大嶋啓介さん、加藤秀視さん、中村文昭さん・・・
みんな、寝てないです!

もちろん日本を引っ張るリーダー達も寝てないです。

身近な私のメンター夫婦だって、9時過ぎまで働き、朝は4時頃から出勤!

ちょっと違うけど、永田町のおじさん達だって、寝てないはず。

しかも、みんな日曜日ってあるの??



でも、元気なんですよ。


俺は何?


目指すところだけ高くて、やっていることは凡人。。


せめて、睡眠時間を削って、その分やりたいことをやろう!と
決意しました。


実際研修から1週間くらい、睡眠は4,5時間が続きました。
でも、不思議なほど元気なんですよね。
やっぱり「気」からくるんでしょうか?
でも、そうじゃなきゃ、永田町のおじさんたちのあの体力は説明できないですよね。
70過ぎのおじいちゃんが・・。


でも、やってしまいました・・・。


昨日も帰りが12時頃。
すぐに寝て、6時過ぎには起きる予定だったのが、子供に強引に起こされたのが8:30。。。

今日はお昼から長女のピアノの発表会だったので、午前は次女をみているはずが、気づいたらソファーでウトウト。


お昼にピアノの発表会へ行って、その待っている間ウトウト。


夜は伊藤家で食事して、ビールを1杯飲んだので、帰りは車の後部座席でウトウト。


さっきは子供の本を寝室で読んでいたらウトウト。



・・・・・。



だめじゃん。。。

だめすぎじゃん。。。



そういえば思い出しました。

あの辛く過酷な社労士の勉強時代。


最も恐れる敵は「睡魔」でした。
睡魔との格闘の2年間でした。



あのときを思い出せ!



打倒、睡魔!





posted by M at 21:36| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

読書法

先月の読書、なんとか最低限のノルマ5冊、クリア。。


でも、ここのところ少しトーンダウン。


なぜか。


研修。


研修に行ってから、どうも本があまり面白くない!


実は研修には2冊の本を持っていきました。
行き帰りの電車用とホテルで夜読む用。


実際はぜんぜん読めませんでした。


行きは、もっと自分をしろうと、ひたすら思考。
でも、実は半分は「ウトウト」

研修中は、読書なんてとんでもなかった・・・。


帰りももちろん読めず。


そして、帰ってきてから今までも、ページはめくってはみるが
なぜか面白くない。。
面白い内容のはずなのに・・・。



成功者は例外なく読書はたくさんしていますよね。
それがスポーツ選手でもしかり。
経営者ならなおさら。
ずっと昔から、「勉強」といえば、「読書」。
それは今も昔も変わらないはず。


でも、今はなぜか読めない。


研修でも読書の重要性は教えていただきました。


きっと研修での内容が今はウエートが高すぎて
他の知識をシャットアウトしてるんですね。
もうちょっとしたら、スッキリするかもなので
そしたら、再開します!
最近感想文ぜんぜんかけてないから・・。



さて、本に関連してすこし話題を。


「本田直之さん」って知ってますか?

レバレッジ・・・の本田さんです。


本田さんは年間400冊本を読むらしいですよ!
もちろん普通によっぽどのヒマ人じゃない限り無理ですよね。


ちょっとどんな人かを紹介しますね。
参考にできるところはしてみてもいいのでは・・・。
私は読んでませんが。。。


毎月数百冊のペースで新刊が登場するビジネス関連書から、自分に役立つものだけを効率よく選び、しかも短時間でモノにする方法はないか――。年間400冊以上を読破して、確実にキャリアアップに役立てているという著者は、いわゆる「速読」とは全く異なるやり方で、多忙な日常に「多読」の習慣を取り入れる方法を提案する。
まず、本選びには戦略性が必要だと言い、目的とするテーマや専門性をしっかり設定した後に、新聞や雑誌、オンライン書店などが薦める書籍をチェックして選抜せよと助言する。また、1冊を端から端まで読むのでは効率が悪く、「自分にとって重要な記述は2割程度」だと割り切って考えよと言い、目的とする知識だけを拾い上げていくユニークな読書法を指南する。
なぜ「速読」より「多読」なのか?
1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法
訓練不要であなたの思考が劇的に変わる

ビジネス書は、成功者の体験やノウハウを短時間で疑似体験できるツールであ
り、その多読こそが最高の自己投資である。現在、コンサルティング会社を経
営する著者が、ビジネススクールで身につけ、さらに進化させた読書術を紹介。
コンセプトは「多読」である。速読とは違う訓練不要の読書法である。月間に
500冊の新刊といわれる氾濫するビジネス書の中から読むべき本を選び出す。
1日1冊で年間400冊を読破し、ビジネスで成功するためのノウハウを紹介。本
の選び方、書評とのつきあい方、書店の利用法、時間術、実践に活かすための読
書後の活用法など。




話はもどります。。

読書が軽く感じられてしまうようような、あの研修。
続きをまた行くことにしちゃいました。
決めたら動く!

動いた先に未来がある!


「動けば変わる」 by てんつくマン
posted by M at 20:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

面接!

昨日は面接ラッシュでした。。


1時前からスタートして終わったのが9時過ぎ・・・。
8時間休憩なしで面接してました。


私の面接のスタイルは以前と全く変わりました。

面接は難しいです・・。


以前はまさに「面接!」でした。

志望動機から始まり、今までの仕事のこと、人間関係のことなど
通り一遍等のことは聞いていました。
よく面接本にのっているようなことですね。


でも、「?」と思ってしまった時がありました。


「質問に対する答えが返ってきても、どう判断するの?」ってことです。


志望動機が私の納得できる回答じゃなかったら落とすのか。
仕事の内容が私の納得できる回答じゃなかったら落とすのか。
人間関係が私の納得できる回答じゃなかったら落とすのか。

話しがつっかえつっかえだったら落とすのか。
緊張してたら落とすのか。
回答が的外れだったら落とすのか。


面接に来る人は受かりたくてくる人。
そんな人は受かるために自分を取り繕うのがあたりまえ。

そりゃ、緊張もしますよ。


でも、肝心の私には、その人を面接で見抜く能力がない・・・。


もしその能力があれば、ほとんどスタッフは辞めていないはず。


現実はどうか・・。


今いるスタッフ約10名。

過去に辞めたスタッフ3年間で約30名。


やむをえない事情で辞めたケースも多々あります。
でも、この事実を受け止めないと。


簡単に面接といっても、面接に来る人にとっては一大事。
ものすごい決意で臨んで来る人もいるはず。
その人の一生を左右するかもしれないのが面接。
そしていとう眼科の将来を左右するのも面接。



面接恐るべし!



で、今とっている方法。



ほとんど落としません。
熱意が感じられたら。


面接というより、私の考えの発表会。
いとう眼科の考えの発表会。


もちろんあった瞬間に「ダメかな?」と思う人もいます。
でも、大体短くて1時間、長い人で2時間は話し続けます。



しかも、その人の過去のことはほとんど聞きません。


「これからどうしたいのか」


が主です。



私の考えを100%受け入れてくれて、「やりたい!」という
強い意志を見せてくれた人は、断れないでしょ・・・。


でも、その「強い意志」・・・
私の見る眼は厳しいです。



たとえば、事前準備。


本当に熱意があれば、私のブログを面接前に隅々まで熟読することはあたり前で
その上で、ブログ内で紹介した本を数冊読むくらいじゃなきゃ!

そしてもちろんHPも隅々まで読むこと。
間違っても「院長とどのような関係ですか」なんて聞かないこと!

昨日の面接者の中には感想文を書くのに2日かかった人、4日かかった人いました。
ロクに考えないで書いた人の感想文はすぐにわかります。



できることを精一杯やって面接に臨む。



そんな人な、こんな私でもわかるのです。


残念ながらそんな人はほとんどいません・・・。



今まで3年間での応募数は約700。


ほとんど採用していません。


でも、昨日すごい人と会いました。



詳細は書けませんが(後日許可があれば書きます)
書類選考の感想文(書類選考で、ブログの感想文を提出してもらいます)を読んだ時点で、「じ〜ん」


私のブログとみんなのコメントを読んで、人生が変わったと・・・。


これほど嬉しいことはないですよ。


それまで人生をあきらめていた人にスイッチがはいる。


そんなとてつもなく大きなことに役立てた・・・。


よかった〜。


ブログ続けててよかった〜。



しかもそんな方が数名いました。


「旗をたてる」


本当に大切なことだと思いました。


その「旗」にスタッフの皆があつまってくれ
いとう眼科以外の人も引き寄せられてくれる。


「人を幸せにしたい」


先日の研修で自分自身の思いに気付きました。



よし、これからも、ブログ、顔晴るぞ!!



たかがブログ
されどブログ
posted by M at 20:12| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。